FC2ブログ







2016/02/12 記事ではありません。  動画像アップロードテストです。

ftre (1)



ftre (3)

ftre (4)

ftre (7)

ftre (18)

ftre (19)

ftre (9)

ftre (13)

ftre (10)

ftre (11)

ftre (12)

ftre (15)

ftre (16)

ftre (17)

ftre (25)







あの世この世のニュースなど;


辞任だ、いっちゃえ! 仏外相が米の対シリア政策をこきおろす
2016年02月11日 02:56

sptcもっといっちゃえ!
© REUTERS/ Francois Guillot/Pool
http://jp.sputniknews.com/images/158/73/1587308.jpg

近々憲法評議会への異動を控えているファビウス仏外相は10日、米国の対シリア政策を批判した。

「不明瞭なのは連合軍に参加した国々の行動も同じだ。」

米国の対シリア政策については「発言がなされても、行動の内容はそれとは別」と批判。

ロイター通信がファビウス外相の声明を引用して報じた。

ファビウス外相は、米国の行動は多くの点でこれから実施される米大統領選挙に左右されるとの見方を示し、「バラク・オバマ氏は委任期間が終わりに近づくことで、(ケリー)国務長官の指摘するように断固とした行動に出るのかどうか、私は確信がもてない」と語っている。

http://jp.sputniknews.com/politics/20160211/1587386.html







伝説のロシア製カメラ「ゼニト」復活へ(写真)
2016年02月11日 21:57(アップデート 2016年02月11日 22:03)

sptczenitnicecamera
© 写真: Shevchenko Alexander
http://jp.sputniknews.com/images/159/18/1591812.jpg

国営「ロステフ」社はカメラの商標「ゼニト」を復活させる計画だ。同社のワシーリイ・ブロフコ広報部長が発表した。

c写真 IGORS JEFIMOVS http://jp.sputniknews.com/images/159/19/1591966.jpg

ライカと同様に高級カメラのシリーズを発売する計画という。これ以上の詳細は明かされていない。

c 写真ANDREW BUTITTA http://jp.sputniknews.com/images/159/19/1591971.jpg

「ゼニト」はクラスノゴルスクのザヴェレフ記念工場で1952年から2005年まで生産された。生産停止後も工場は閉鎖されず、写真機、映画用カメラ、航空撮影用カメラ等のためのねじ接続式レンズを数種類製造していた。現在は「ゲリオス」や「ミール」といったレンズを製造している。

http://jp.sputniknews.com/russia/20160211/1591835.html






フランス大使:夕方までに新政府が誕生する可能性がある
2016年02月11日 20:55(アップデート 2016年02月12日 01:25)




ジャン・モリス・リペル駐露フランス大使は、木曜夕方までにフランスに新政府が誕生する、との見方を示した。

「いま私は他の閣僚の訪問を準備している。今日の夕方、フランスで新政府が発足するかもしれない」。ロシア議会上院でスピーチした中で述べた。

ファビウス仏外相は10日、内閣改造の結果、辞任することを明らかにした。仏ではオランド大統領によって数日内にも内閣改造が宣言される。

オランド大統領は2017年の大統領選挙を前に閣僚名簿を書き換える構え。ロイター通信パリ支社が報じた。

ファビウス外相は記者団に対し、内閣改造の準備は数ヶ月にわたって行われており、来週にも明らかにされるだろうと語っている。

内閣改造が行われる背景には、オランド大統領の支持率が著しく低下し、テロに関与した市民からフランス国籍を剥奪する計画に関して、社会党内に深い不満が広がったことがある。

ファビウス外相はイランとの国際合意締結および世界気候変動のグローバル合意締結に重要な役割を演じた。ファビウス氏は外相を辞した後、憲法評議会の長を務めることになっている。

内閣改造がどれほどの規模になるかは未だ明らかにされていないものの、複数の情報では、外相にはジャン=マルク・エロー元首相ないしマリー・セゴレーヌ・ロワイヤルエコロジー・持続可能開発・エネルギー相が就任し、ヴァリス首相は現職のままとどまるものとされている。

http://jp.sputniknews.com/europe/20160211/1591689.html






米空軍少将 ブリーフィング中に意識を失う(動画)
2016年02月11日 19:50(アップデート 2016年02月11日 20:02)




米空軍のジェームズ・マーティン少将が、米国防総省のブリーフィングの最中に意識を失った。テレビ局CNNが、その時の動画を公開した。

マーティン少将は、戦闘機F35の製造計画について会見中に気を失った。

その後、マーティン氏のもとに同僚が駆け付け、マーティン氏を椅子に座らせ、水を飲むよう勧めた。

マーティン氏と一緒に壇上に上がっていた予算担当のキャロライン・グリーソン氏は、「これはF35が皆さんと行うことです」とジョーダンを言った。

マーティン少将は、病院へ搬送されたという。

http://jp.sputniknews.com/us/20160211/1591473.html






天皇陛下の荷物を開けた フィリピン税関の「無礼」〈週刊朝日〉
dot. 2月12日(金)7時3分配信


「日本の天皇を歓迎するレセプションに使用するための外交上の封印袋をマニラ国際空港の税関職員があやまって開けてしまった」

 
天皇、皇后両陛下のフィリピン訪問を翌日に控えた1月25日、有力全国紙の「マニラ・ブレティン」がそんな“特ダネ”を1面で報じた。

 
外交関係に関するウィーン条約では「外交封印袋は開きまたは留置することができない」と規定され、「かなり強い効力がある」(坂元茂樹・同志社大学法学部教授)という。

 
地元紙「インクワイアラー」など他のメディアも記事を後追いし、マニラではちょっとした騒ぎになった。各紙の報道によれば、陛下の袋は昨年11月30日に空港に到着。12月2日に開封され、中身は「レセプション用の酒や文書など」だったとされる。かかわった職員はすでに厳重注意処分を受けたという。

 
ところが、本件について宮内庁に尋ねると、「承知していません。宮内庁から送った荷物ではありません」。外務省に聞くと、「陛下のために日本からフィリピンに送った外交行嚢(こうのう)がフィリピン当局により開封されたとの事実はございません」と、事実そのものがなかったというのだ。


現地邦人向けの地元紙「日刊まにら新聞」も「荷物は日本から在比大使館宛てに送られており、酒瓶以外に安倍首相とアキノ大統領の写真アルバムなどが入っていた」と報じていた。

 
まにら新聞の鈴木貫太郎記者は、記事の内容に自信を見せたうえで「マニラ・ブレティンはどちらかといえば政府寄り。書いた記者は私の友達です。親日家で、以前から天皇陛下の訪問を楽しみにしていました」と説明。記事掲載が訪比前日だったことについても、天皇陛下への悪意などなかったはずだという。

 
さらにこう付言した。


「フィリピンでは以前から、すぐに賄賂を要求するような空港職員の汚職が問題視されています。今回の報道で、それに対する国民の不満が爆発し、大きな話題となったのでしょう」

 
宮内庁や外務省について、前出の坂元教授はこんな見方を示した。


「陛下はフィリピンとの友好関係を促進するために行かれたわけですから、日本側としては、せっかくのご訪問に水を差したくないとの判断をしたのかもしれません。陛下のお気持ちを忖度(そんたく)したのでしょう」


週刊朝日  2016年2月19日号

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160212-00000001-sasahi-soci


臭うな・・・臭いな・・・・↑こういう手口で何かをやり取りするのはな亞~。
ワニ安倍は臭いな~。

























↓コイツは足元見られて金を積まれて身代わりヒトミゴクウで清原に渡したと演じて、捜査撹乱本星隠蔽国民欺いて本当の黒幕らが逮捕されずに捜査終了っていうね。そういうのは許されねえな! こんなくだらねえミソクソ芝居で全市民を欺こうと小バカにしてるミソ糞芸能人、在日強姦殺人芸能プロダクション、悪徳弁護士、ウジムシ政治家、それにトロイの木馬裏切り警察官僚OBも含め警察内部裏切り関係者全員逮捕もしくは消せ。 強欲な売国豚はいらね。
全部メーテルミエテル。



[ 2016/02/12 19:08 ] テスト投稿 記事ではありません | TB(-) | CM(-)