FC2ブログ







2016/02/15 記事ではありません。 動画像アップロードテストです。

kamomeakikana (22)


kamomeakikana (16)

kamomeakikana (19)

kamomeakikana (20)

kamomeakikana (18)

kamomeakikana (21)

kamomeakikana (23)

kamomeakikana (24)

kamomeakikana (25)

kamomeakikana (26)

kamomeakikana (27)

kamomeakikana (28)

kamomeakikana (8)

kamomeakikana (9)

kamomeakikana (10)

kamomeakikana (11)

kamomeakikana (13)

kamomeakikana (14)

kamomeakikana (12)

kamomeakikana (15)




あの世この世のニュースなど;


米市民8500人がオバマ大統領を戦争犯罪者として訴える請願書に署名
2016年02月15日 22:29


sptcmeetblockobama
© AP Photo/ Carolyn Kaster
http://jp.sputniknews.com/images/161/60/1616042.jpg

ホワイトハウスのサイトでは、オバマ米大統領を戦争犯罪者として裁判に訴えることを呼びかける請願書が掲載され、これにおよそ8500人が署名を行なった。

「我々はバラク・オバマが自分の戦争犯罪を認めること、またハーグの国際刑事裁判所における裁判を求める。オバマは米国民に対する犯罪者であるだけではない。世界全体に対する犯罪をも行なったのだ。」リアノーボスチ通信が請願書の文書を引用して報じた。

請願書にはさらに、オバマ大統領の暴力の結果、リビアは崩壊し、シリアではオバマの特務部隊が「アルカイダ」とも関係があるテログループを訓練し、金融支援し、組織していると書かれている。請願書はさらに、オバマ大統領がテロ対策を名目に米国民の個人情報を全体的に収集し、政敵の監視に電子機器を使った追跡を行なったとして非難している。


http://jp.sputniknews.com/us/20160215/1616097.html







ロシア外務省 トルコによるシリア砲撃はテロリズムへの公然たる支持
2016年02月15日 20:29(アップデート 2016年02月15日 20:33)

sptctolkoburo
© AFP 2016/ Aris Messinis
http://jp.sputniknews.com/images/161/56/1615612.jpg

ロシアは、トルコ側からのシリア領砲撃を懸念しており、これはテロリズムへの公然たる支持であり、国連安全保障理事会の決議に反すると考えている。ロシア外務省はこのような声明を表した。

ロシア外務省はホームページに次のような声明を掲載した―

「ロシアは、トルコ当局による隣国に対する攻撃的な行動に最も深刻な懸念を表明する。これは国際テロリズムへの公然たる支持、国連安全保障理事会のしかるべき決議に対する違反、そしてトルコがウィーン、ニューヨーク、ミュンヘンでの国際シリア支援グループの参加国として負った義務に反していると考える。」

また外務省の声明では、トルコが今もテロリストの新たなグループがシリアへ侵入することを手助けしていると指摘されている。

外務省の声明の中では、「伝えられた情報によると、トルコ側は、ジハード主義者たちの新たなグループや、戦闘で損失を被った『アル=ヌスラ戦線』、『ダーイシュ(IS、イスラム国)』、その他のテロ組織の部隊の補充要員として武装した傭兵がシリア領内へ不法侵入する手助けを続けている」と述べられている。

http://jp.sputniknews.com/politics/20160215/1615645.html






CIA長官:イスラム過激派が米国でテロを企てる恐れがある
2016年02月15日 17:56(アップデート 2016年02月15日 17:57)

sptc sekaihamachpomp
© AP Photo/ J. Scott Applewhite
http://jp.sputniknews.com/images/07/95/079571.jpg


テロ組織「ダーイシュ(IS、イスラム国)」などのイスラム過激派が、米国で新たなテロを企てる恐れがある。米中央情報局(CIA)のブレナン長官が、14日に放送されたテレビ局CBSのインタビューで語った。

ブレナン長官は、テロリストらは米国に入り込もうとしていると述べ、「私はテロリストらが自分の仲間や、テロを企てるために必要なもの全てを米国へ送り込もうとしているか、あるいは(米国で)それを行うよう人々に呼びかけようとしていると考えている」と語った。

ブレナン長官はまた、情報機関は今、イスラム過激派の全ての行動を詳細に監視することはできないと指摘し、2015年11月13日のパリ同時多発テロ事件を挙げ、「まさにその数日間に我々は『ダーイシュ(IS)』が何かをしでかそうとしていることを知った。

しかしこれに関与する人々は、治安機関がアクセスできない最新の通信手段を使用した」と語った。

http://jp.sputniknews.com/us/20160215/1614913.html









LIVE: Thousands to march against Chinese 'dumping' in Brussels





















































最終更新;2016/02/16 am03:18
[ 2016/02/15 21:08 ] テスト投稿 記事ではありません | TB(-) | CM(-)