FC2ブログ







2016/02/18 記事ではありません。 動画像アップロードテストです。


20150521pic 008

20150521pic 013

20150521pic 052

20150521pic 053

20150521pic 066







あの世この世のニュースなど;

加古川・女性殺人事件 知人の21歳男を逮捕
神戸新聞NEXT 2月18日(木)13時16分配信



 兵庫県加古川市の加古川で昨年12月、アルバイト大山真白(ましろ)さん(20)=大阪府吹田市=の遺体が見つかった殺人・死体遺棄事件で、兵庫県警加古川署捜査本部は18日、殺人の疑いで、加古川市東神吉町、アルバイト礒野和晃容疑者(21)を逮捕した。捜査関係者への取材で分かった。同容疑者は大山さんの知人といい、捜査本部は死体遺棄への関与や動機についても詳しく調べる。

捜査関係者によると、大山さんは昨年12月12日、加古川の中州付近で遺体で見つかった。司法解剖の結果、頭部に鈍器で殴られたような傷が約10カ所あり、死因は脳挫滅と外傷性くも膜下出血とされた。

大山さんは同月6日午前8時ごろ、大阪府茨木市内のアルバイト先を退勤。友人と吹田市内の大型複合施設を訪れ、「加古川に向かう」と伝えて夕方に別れた後、鉄道で移動したとみられる。同日深夜から7日未明にかけ、JR加古川駅周辺の複数の防犯カメラに大山さんとみられる女性が写っていたことが分かっており、9日夜から予定していたアルバイトは連絡なく休んでいた。

また大山さんは昨年12月以降、自身の口座から現金100万円を引き出しており、捜査本部が事件との関連を調べる。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160218-00000006-kobenext-l28








キリル総主教、南極に向け出発
2016年02月18日 07:06

sptckkkkkk555
© Sputnik/ Sergey Pyatakov
http://jp.sputniknews.com/images/155/90/1559064.jpg

モスクワ及び全ルーシのキリル総主教がチリのプンタ・アレーナスから南極に向けて出発した。総主教はロシアのベリングスハウゼン基地で儀式を行い極地探検隊員と面会する。ロシア正教会の広報担当が伝えた。

礼拝ではロシア人の探検家らの他、招待者としてチリも含んだ他国の探検家らも祈りを捧げる予定だ。キリル総主教は聖体拝領の後に探検家らとの懇談を予定している。

「これはロシア正教にとって歴史的な出来事だ。これによってロシア正教会は全大陸で礼拝を行ったことになる。この南極の地で総主教は全世界での祈りを成し遂げられる」とヴォルコフ氏は言う。

キリル総主教は2月11日から22日にかけて南米諸国を訪問。総主教は17日の朝南極半島北端のキングジョージ島に向けて出発した。

http://jp.sputniknews.com/russia/20160218/1628654.html







WikiLeaks、難民流入対策に関するEUの秘密軍事報告を公開
2016年02月17日 21:29(アップデート 2016年02月18日 02:02)

sptcwikileakkk
© 写真: Jagz Mario
http://jp.sputniknews.com/images/51/85/518525.jpg

WikiLeaksサイトで難民流入対策に関するEUの秘密軍事報告の内容が公開された。

「今日2月17日、WikiLeaksは、リビアおよび地中海における『難民ボート』に対する作戦『オペレーション・ソフィア』の最初の6か月分の秘密報告を公開した」とWikiLeaks。

報告書は2016年1月29日付で、EU軍事委員会およびEU政治・安保委員会向けにイタリア海軍のエンリコ・クレデンジノ少将が作成したものとなっている。

WikiLeaksサイトで本日公開された文書は、オペレーション「ソフィア」の最初の6ヶ月間のレポートである。

オペレーションはリビアおよび地中海で難民を輸送するボートを取り締まるためにリビアにEUが軍事介入することを規定している。

報告書はWikiLeaksサイトからPDF形式でダウンロードできる。

文書では難民流入の統計が出され、難民指定希望者に対しすでに実施または計画されたオペレーション(フェーズ1、2A、2B、3)について説明がなされている。

また、共同EU軍の地中海におけるしかるべき活動や今後のオペレーション戦略が記されている。


報告書の主眼の一つは、フェーズ2A(公海)から2B(リビアの領海内)への転換確率。転換は、統一政府の形成過程にあるリビアの情勢不安定によって発生する可能性がある、とWikiLeaks。

文書には、リビアでの「信頼できる」政府の形成プロセスを加速させるEUの機関が名指しされている。

文書によれば、リビアはお返しに、領海内(フェーズ2B)でのオペレーションのためにEU軍を「招待」すべきで、次に陸上(フェーズ3)オペレーションの継続を許可しなければならない。

この一月、EUおよび米国のハイレベル会談(米国務長官ジョン・ケリー氏のローマ訪問を含む)が複数あった。

同時に米軍は、ダーイシュ(IS、イスラム国)戦士約5000人がリビアの沿岸部を占拠した、と発表している、とWikiLeaks。

http://jp.sputniknews.com/europe/20160217/1627081.html











































































[ 2016/02/18 20:27 ] テスト投稿 記事ではありません | TB(-) | CM(-)