FC2ブログ







2016/02/27 記事ではありません。  動画像アップロードテストです。


20150521pic 020

20150521pic 040

20150521pic 006

20150521pic 157

201560102hyut (526)

201560102hyut (487)

201560102hyut (468)






あの世この世のニュースなど;


ロシアのTV撮影班 シリアでイスラム過激派の包囲下に
2016年02月27日 23:17(アップデート 2016年02月27日 23:25)

c AP Photo Jake Simkin
© AP Photo/ Jake Simkin
http://jp.sputniknews.com/images/168/99/1689959.jpg


ロシアのTV局レンテレビの撮影班が、トルコ国境に接するシリアにおけるクルド人の拠点コバニで、イスラム過激派集団に包囲された。これは、テロ集団「ダーイシュ(IS,イスラム国)」の戦闘員らが隣町のテル-アビヤドを攻撃したためだ。TV撮影班のカメラマンが、リア-ノーヴォスチ通信に伝えた。

カメラマンは、次のように話している —

「我々は、数日間、クルド人の町コバニで仕事をし、そろそろイラク領クルディスタン方面に移動しようと考えていたとことだったが、今朝突然、隣の町テル-アビヤドに対しダーイシュ(IS)が激しい攻撃を始めた。
隣町では、一度に15の地点で戦闘が続いている。
テル-アビヤドは炎に包まれ、我々がイラク領に向かおうと計画していたコバニから東に向かう道路は、現在大変危険な状態で、我々はコバニで足止めを食っている。」

先にクルド人の武装組織「人民防衛隊(YPG)」は「ダーイシュの戦闘員らが、テル-アビヤドへの攻撃を始めた」と伝えていた。

http://jp.sputniknews.com/middle_east/20160227/1690035.html






プーチン大統領、「丘の向こうの敵」はすでにロシアの秋の選挙の準備をしている、と警告
2016年02月27日 15:42

プーチン大統領は、ロシアの秋の選挙に対する外部干渉の試みはロシアの主権への直接的な脅威と見なされる、と述べた。ロシア連邦保安庁(FSB)の会合での発言。

「秋には下院選が予定されている。すべての建設的な政治勢力、政党は、選挙が公正かつ自由な競争の精神で、法令に完全に準拠して実施され、結果が客観的であり、国民の実際の意見や感情を反映しているよう望んでいる」

プーチン大統領は、「丘の向こうの敵(国外の敵)」はすでにロシアの秋の選挙の準備をしている、とFSBに警告した。

「私は定期的にあなたがたの作成した文書を、要約形式で読んでいる。そこには、残念ながら、俗にいう丘の向こうの敵どもが選挙の準備をしている、という具体的な指示がある」大統領はFSBに課題を課した。「民族主義、排外主義、過激主義のスローガンを用いて社会を分断しようとする、あるいはしようとするかもしれない人たちの活動を阻止するべく全力を尽くすように」

「もちろん、選挙等の国内政治生活に干渉するあらゆる外部的試みを防止する必要がある」

「そうした技術は存在し、度重なり、多くの国で使用されてきた」
「これは私たちの主権への直接的な脅威であり、我々は適切な対応をすることになるだろう」

「私たちが法律に基づいて、粘り強く国益を保護するために働いているということを、誰もが知っておくべきだ」
プーチン大統領は以上のように述べた。

http://jp.sputniknews.com/russia/20160227/1686977.html






ベルリン地下鉄に秘密の一室が見つかる
2016年02月27日 17:32

c 写真TwitterMephisto
© 写真: Twitter/ Mephisto
http://jp.sputniknews.com/images/168/75/1687583.png

ベルリン地下鉄の従業員らが廃線のトンネルの中に家具付きの一室を発見した。ドイツ紙ベルリナー・クリエールが報じた。

部屋は入居の準備が万端だった。壁は壁紙や絵画で覆われており、ベッド、テレビ、椅子、ドレッサー、ヤシの鉢植えまであった。電源は付近の地下鉄駅に電気を提供するケーブルネットワークに接続することによって確保されていた。

地下鉄職員らは当初、映画の撮影のために特別に設えられたものと考えたが、この説はのちに覆された。

ベルリナー・クリエールによると、国際オンライン賃貸広告に入居募集広告が掲載されたが、まもなく削除された。

http://jp.sputniknews.com/europe/20160227/1687609.html






福島原発事故でおよそ1700社が経営破綻
2016年02月27日 14:29

c AFP 2016 Yoshikazu TSUNO
© AFP 2016/ Yoshikazu TSUNO
http://jp.sputniknews.com/images/25/03/250337.jpg

福島第1原発事故の影響を受けて破綻した企業、民間事業の数は1698件。26日、東京商工リサーチの発表をロシアのRNS通信が引用して報じた。

日本でこれだけ大きな経営破たんが起きた例は福島以前にはなかった。例えば1995年に起きた阪神淡路大震災では破綻帰郷の数はわずか314社だった。

2011年の東日本大震災で一時的ないし完全に失業した人の数は2万6985人。この数値は1995年の阪神淡路大震災の6.1倍にも達する。

しかも東日本大震災後の経営破たんは事務所や工場の倒壊ではなく、顧客やサプライヤーを失ったことが原因だった。

これまでの発表では日本は福島第1原発事故後、稼動を停止されていた原発の運転を徐々に再開しており、第3基、第4基の原子炉が再稼動している。

http://jp.sputniknews.com/japan/20160227/1685858.html












































[ 2016/02/27 23:57 ] テスト投稿 記事ではありません | TB(-) | CM(-)