FC2ブログ







2016/03/11 記事ではありません。  動画像アップロードテストです。







kkjh (1)









kkjh (2)

kkjh (3)

kkjh (4)

kkjh (5)

kkjh (6)

kkjh (7)

kkjh (9)

kkjh (8)

kkjh (10)

kkjh (11)

kkjh (12)








あの世この世のニュースなど;


ロシアからの支援:ガイガーカウンター寄付、被災地から感謝の手紙
2016年03月11日 16:58(アップデート 2016年03月11日 17:21)
徳山 あすか

sptc SputnikSergei YeschenkoFiles
© Sputnik/ Sergei Yeschenko/Files
http://jp.sputniknews.com/images/83/26/832647.jpg

11日で発生から5年になる東日本大震災においては、海外からの緊急援助隊や多くの支援物資が被災地に寄せられた。ロシアからは国内外で豊富な経験をもつ非常事態省の救援チームが二度にわたり派遣され、隊員156名が宮城県石巻市周辺で活動を行った。

日本の外務省は「残念ながら生存者発見には繋がりませんでしたが、ロシアの救助チームは体力に優れ、捜索活動に熱心で,倒壊した家屋に臆することなく入り、時には担当区域を越えて捜索活動を続けるほどでした。

ご遺体が道路から遠く離れて搬送が困難な場所で発見された場合でも、『このまま置いておくわけにはいかない』と困難を押して搬送しました。

タンクが壊れ、人体にとって危険な冷凍用のアンモニア溶液が垂れ流しになっているのをみて、危険を冒して手作業で修理する場面もありました。」(在ロシア日本国大使館「東日本大震災の際のロシアからの温かい支援」より)と支援に深く感謝した。

またロシア政府は、ロシア国営原子力関連企業ロスアトムを通じて、個人の被ばく量を測定する個人線量計400個と、マスク5000個を提供した。

私企業で最もユニークな寄付をしてくれたのが、ロシア発のグローバルセキュリティソフト企業・Kaspersky Lab(カスペルスキー研究所)だ。

ITセキュリティ事業で確固たる地位を築く同社は、日本法人カスペルスキー株式会社を通じ、義援金の提供、日本赤十字社への寄付、震災で失われたライセンスの無償再発行などに加え、ガイガーカウンター(放射線測定器)を5000台寄付した。

ガイガーカウンターの提供はユージン・カスペルスキーCEOのイニシアティブで行われた。カスペルスキー氏は福島第一原発の事故を受け、1986年に旧ソ連で起こったチェルノブイリ原発事故をすぐさま思い浮かべた。カスペルスキー氏は、これから必ず放射線測定器が必要になると確信していた。

実際のところ日本では、震災直後から全国でガイガーカウンターの品切れが続出。万が一、在庫があったとしても値段が超高騰し、本当に必要な人が入手できない状態だった。秋葉原のある店では、アメリカ製ガイガーカウンターが10万円まで高騰。それでも300人待ちだった。

カスペルスキー株式会社・代表取締役社長の川合林太郎氏は、当時をこのように振り返る。

「ガイガーカウンターが日本に届いた後、福島まで送るのが大変でした。公的な機関に一元的に受け取ってもらうことができず、被災地に直接持って行こうか、という話も出た程です。最終的には福島県出身の弁護士の方にご尽力いただき、被災地まで届けることができました。そのことがマスコミで報道された後、個人の方から、もしまだガイガーカウンターが残っていたら分けてもらえないか、との連絡をいただきました。少しだけ会社に残っていたのでそれを送ったところ、感謝のお手紙をいただきました。」

川合社長のところに来た手紙の内容は、「来るはずのない配達車が被災地にやってきて、こちらへ近づいてくるのです。もしかして…と思ったら、自分のところへ来ました。あけてみるとガイガーカウンターが入っていて、思わず涙が出てきました」というものだった。
放射線という目に見えない恐怖と戦うストレスは並大抵のものではない。数値が低く必要以上に恐れる必要がない場合でも、その事実を知ることができなければ不安はずっとついて回ることになる。ガイガーカウンターの提供は、被ばくの不安を共有する国からの、本当に被災者が必要とした支援だったと言える。

http://jp.sputniknews.com/opinion/20160311/1759897.html






日本の学者 ペットボトルを分解する細菌を発見
2016年03月11日 15:55

sptc AP Photo David Goldman
© AP Photo/ David Goldman
http://jp.sputniknews.com/images/12/48/124846.jpg


慶応義塾大学やその他の研究グループが、世界中でペットボトルや容器などに幅広く利用されている「ポリエチレンテレフタレート(PET)」を分解する細菌を発見した。11日、科学誌「サイエンス」で発表された。

PETは世界で年間5000万トン以上生産されており、未だに大きなエネルギーを必要とする複雑な化学的な処理方法しかない。さらにPETは生分解を受けないと考えられていた。

しかし日本の研究者たちが、2種類の酵素をつくり出してPETを炭酸ガスと水に分解する細菌を発見した。
なお実験で細菌はPETの薄片を2週間で完全に分解したという。

http://jp.sputniknews.com/science/20160311/1759760.html






タイのリゾートで日本人男性集団が全裸に 現地で批判、社員旅行の企業が謝罪
ITmedia ニュース 3月10日(木)15時51分配信

 
タイのリゾート地を社員旅行で訪れた日本人男性の集団が全裸になって騒いだとして同国で問題になり、社員が所属する企業「DYM」(東京都)が3月10日、「世間をお騒がせして誠に申し訳ございませんでした」と謝罪した。
 
問題になったのは同国のリゾート地・フアヒン。3月5日夜、全裸になった男性の集団がビーチで騒いでいたとして、不快に感じたタイ人がTwitterに写真付きで投稿し、1万回以上リツイートされた。同地はタイ王室の保養地としても知られ、不適切な行為として批判が集まっていた。

 
同社はサイトに掲載した謝罪文で、「旅行先の解放感でタガが緩み、深く考えることなく、タイ王国の国民の方々の名誉感情を害する行いに至りましたこと、深く反省し、心よりお詫び申し上げます」とした。今後は社員の教育を徹底していくという。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160310-00000063-zdn_n-sci
































In a video shown at a Deschutes County Sheriff’s Office press conference today, the aerial FBI video of the LaVoy Finicum shooting has been synced with a cellphone video Shawna Cox recorded from within Finicum’s truck.
https://www.youtube.com/watch?v=YWLHiU8gYWY











































覚書;

血なまぐさい犯罪の臭いがするよな。

http://dym.asia/about/outline/

株式会社DYM

会社名
株式会社DYM 英語表記: DYM co.,ltd
設立年月日
2003年 8月22日
URL
http://dym.asia/
資本金
5,000万円
役員
· 代表取締役社長 水谷 佑毅
· 取締役 沖之城 雅弘
· 取締役 森部 好樹
· 取締役 松室 哲生
· 監査役 坂本 仁



以下、http://dym.asia/news/pdf/20160310_notification.pdf

関係者 各位 弊社メンバーによるタイホアヒンでの騒動のお詫び 急啓 平素は、格別のご高配を賜り、お礼申し上げます。 この度、弊社メンバーが平成 28 年 3 月に実施したタイ王国への旅行に際しまして、タイ 中部のリゾート地ホアヒンにあるホテルの浜辺にて当社のメンバーの一部が泥酔して全裸 となっていたことが判明しました。 関係者の皆様をはじめ、世間をお騒がせして、誠に申し訳ございませんでした。 特に、旅行先の解放感でタガが緩み、深く考えることなく、タイ王国の国民の方々の名誉 感情を害する行いに至りましたこと、深く反省し、心よりお詫び申し上げます。今後、同様 のことが無いよう、メンバーの教育を徹底して参る所存でございます。 甚だ簡単ではありますが、まずは、弊社の不祥事のお詫びと再発防止のお約束まで申し上 げます。 誠に申し訳ございませんでした。 草 々 平成 28 年 3 月 10 日 株式会社 DYM 代表取締役社長 水谷 佑毅

[ 2016/03/11 22:48 ] テスト投稿 記事ではありません | TB(-) | CM(-)