FC2ブログ







2016/03/15 記事ではありません。  動画像等アップロードテストです。


2016/03/15 記事ではありません。  動画像等アップロードテストです。



yut (1)

yut (3)

yut (2)

yut (4)

yut (5)

yut (6)

yut (7)

yut (9)

yut (10)

yut (11)

yut (13)

yut (12)

yut (14)

yut (15)

yut (18)

yut (19)

yut (16)

yut (17)

yut (23)

yut (24)

yut (22)

yut (21)

yut (28)

yut (26)

yut (25)

yut (30)

yut (39)

yut (27)








あの世この世のニュースなど;


日本からウラジオストクに放射能レンズ持ち込みの試み
2016年03月15日 15:54(アップデート 2016年03月15日 15:55)


c 写真Igors Jefimovs
© 写真: Igors Jefimovs
http://jp.sputniknews.com/images/159/19/1591934.jpg

ロシア連邦・極東の沿海地方税関は、日本から持ち込まれようとした放射能レンズ(アトムレンズ)を発見した。ウラジオストク税関が伝えた。

税関は次のように発表している―

「日本の富山港から『オーシャン・クイーン』号でウラジオストクに本社があるロシアの会社宛に、14個の放射能レンズが到着した。レンズの入っていた箱の表面のガンマ線の等価線量は、1時間当たり約.13ミリシーベルトで、この量は、自然界の線量の10倍であった。」

税関の資料によれば、こうした高い放射線量が検出されたのは、レンズの中にある放射性物質、酸化トリウムと関係があるとのことだ。この物質は、以前、レンズの写りをよくするために光学ガラスに混ぜられていたが、現在では禁止されている。
現在レンズは、ロシア領内から日本へと戻された。

http://jp.sputniknews.com/life/20160315/1784009.html











日本の皆さん、可愛いがってね、ロシアのアムールトラが秋田へ出発
2016年03月14日 22:58

c Flickr Tambako The Jaguar
© Flickr/ Tambako The Jaguar
http://jp.sputniknews.com/images/178/03/1780332.jpg

ノボシビルスク動物園は2歳のメスのアムールトラを日本に向けて送り出した。14日、ロシア農業監督庁シベリア支部の広報部が明らかにした。

広報部によれば、メスのアムールトラは2014年4月25日生まれ。送り先は秋田市にある秋田大森山動物園。

アムールトラはロシア極東のハバロフスク州、沿海地方に生息。密猟や生息地の縮小で1940年代には絶滅の危機に瀕したが、保護措置が図られるようになり、現在、生息数は500頭にまで回復している。

http://jp.sputniknews.com/russia/20160314/1780375.html






米国、アンカラのテロについて事前に知っていた疑い
2016年03月14日 18:58(アップデート 2016年03月14日 19:15)

© FlickrNeerav Bhatt
© Flickr/ Neerav Bhatt
http://jp.sputniknews.com/images/44/17/441730.jpg

在アンカラ米国大使館職員らは、アンカラでテロが行なわれる可能性があることを知っていた、と確認した。この職員は個人のサイトを通じて警告を発していたという。デイリー・サバが報じた。

トルコ当局が米国大使館に諜報情報を伝え、同職員がサイト経由で周知を行なった。この声明に、トルコ側は、今のところ、コメントを出していない。
最新報告によると、アンカラのテロで34人が死亡、125人以上が負傷した。爆発は、公共交通機関の停留所近くにあった車の中で起こった。

http://jp.sputniknews.com/politics/20160314/1778344.html




























































































yut (37)

yut (31)

yut (34)

yut (40)

yut (42)

yut (41)

[ 2016/03/15 23:26 ] テスト投稿 記事ではありません | TB(-) | CM(-)