FC2ブログ







2016/03/30 記事ではありません。 動画像アップロードテストです。







hytu (1)

hytu (4)

hytu (2)

hytu (3)

hytu (7)

hytu (6)

hytu (8)

hytu (5)

hytu (10)

hytu (12)

hytu (14)








あの世この世のニュースなど;

子宮頸がんワクチン集団提訴へ=国と製薬会社に賠償請求―全国4地裁で6月にも
時事通信 3月30日(水)17時16分配信

子宮頸(けい)がんワクチンを接種した若い女性らが全身の痛みなどを相次いで訴えている問題で、被害者連絡会のメンバーらが30日、東京都内で記者会見し、国と製薬会社2社を相手に損害賠償を求める集団訴訟を6月にも起こす方針を明らかにした。

子宮頸がんワクチンの「副作用」を問う訴訟は初めて。全国弁護団によると、提訴先は東京、名古屋、大阪、福岡各地裁で、現在の参加予定者は12人。4月以降に説明会を開いてさらに原告を募り、早ければ6月に一斉提訴する。

訴訟では、国によるワクチンの承認や接種費用の助成などを問題視。製薬会社には製造物責任や不法行為に基づいて賠償を求めるという。

 
問題のワクチンは、英グラクソ・スミスクラインの「サーバリックス」と米メルクの子会社MSDの「ガーダシル」。それぞれ2009、11年に日本国内で承認された。


国は10年11月からワクチン接種への公費助成を開始。13年4月からは小学6年~高校1年の女子に接種の努力義務を課す定期接種としたが、痛みやけいれんを訴える声が相次いだ。


このため、厚生労働省は同年6月から積極的な接種の勧奨を中止。症状を訴える人の実態や、接種と副作用との関連を調査しており、勧奨再開のめどは立っていない。

会見には、原告となる4人が出席し、深刻な症状を訴えた。山梨県の高校2年生望月瑠菜さん(17)は「やりたいことがたくさんあったのに諦めた。たった1本のワクチンに人生を奪われて本当に悔しい」と涙を浮かべた。埼玉県の大学生酒井七海さん(21)は「国や製薬企業は私たちと向き合い、同じことを繰り返さないでほしい」と語気を強めた。

 
問い合わせは全国弁護団、電話03(6268)9550。 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160330-00000098-jij-soci






サッカーの神様ペレ 肖像権侵害でサムスンに対し3千万ドルの賠償訴訟
2016年03月30日 15:21(アップデート 2016年03月30日 15:37)

c AFP 2016Yasuyoshi Chiba
© AFP 2016/ Yasuyoshi Chiba
http://jp.sputniknews.com/images/186/85/1868578.jpg


伝説的なブラジルのサッカー選手ペレは、サムスン電子が広告に、不適切な方法で自分に酷似した人物を使用したとして、およそ3千万ドルの賠償を求める訴訟を起こす考えだ。ロイター通信が伝えた。

報道によれば、問題の広告は、新聞ニューヨーク・タイムズに掲載されたもので、本人のしかるべき承諾を得ていなかった。


今月、シカゴの連邦裁判所に出された訴えによれば、サムスン電子は、2013年にペレ氏との間で肖像権をめぐる交渉が決裂したにも関わらす、昨年10月、超高画質テレビの広告にペレ氏に極めてよく似た人物を登場させた。

訴えの中では「広告では、ペレ氏の名前こそ出てこないが、ペレ氏を強くイメージさせる容姿の男性が登場し、ペレの得意技だったオーバーヘッドキックをするサッカー選手の小さな写真も使われている」-そう述べられている。

http://jp.sputniknews.com/life/20160330/1868527.html






山口組VS神戸山口組の抗争はまだ序盤戦、銃器使用制限が一定の歯止め
2016年03月30日 07:53(アップデート 2016年03月30日 17:56)
徳山 あすか


国内最大級の指定暴力団・山口組。昨年八月下旬から分裂騒動が表面化してきた。離脱派は新組織・神戸山口組を設立。両者の抗争は2月以降頻発し、今月28日には8人が同時に逮捕された。

山口組と神戸山口組に一体何が起こっているのか、鈴木啓之牧師(シロアムキリスト教会)に現在の状況を分析してもらった。

鈴木氏は17歳でヤクザの世界に入り、一時は命を狙われ逃亡生活を送る身だったが、その後改心してキリスト教の世界に入ったという異色の経歴の持ち主だ。

現在は平成駆け込み寺の施設長や人生やり直し道場の理事長としても活躍し、人の悩みを聞き、命を守る活動に精力的に取り組んでいる。

鈴木氏によれば、銃器の使用に対する刑罰が重くなってきているため、抗争の内容は昔とは変わってきているという。

鈴木氏「現実問題、銃器の使用に対する刑罰が非常に重くなっているので、一人ひとりに『刃物や銃器を決して使用しないように』と通達しています。本来、ヤクザの抗争で、そういうものを使用しない、などということは考えられなかったのですが。つまりそれ位、当局の締め付けが厳しくなっているのです。殺傷能力の強い銃器を使うと重い刑罰を課せられます。」

スプートニク:抗争と言っても、深夜に車で突っ込んだり、消火器などを事務所に投げ込むなどのレベルにとどまっているのはそのためですか。

鈴木氏「そうです。組織として、内部の力の温存が必要ですが、ほんのわずかなことでも軒並み組員が引っ張られていきますから。抗争は言ってみればまだ序盤戦で、本当の戦いはこれからです。

もしどちらかの組織の、名のある幹部が殺されるということになれば、相手はやり返すしかないわけですから、抗争は泥沼化します。ただ抗争に、実際に行
く人間というのは、下部組織や末端の人間です。彼らは『鉄砲玉』として行くわけです。

しかし鉄砲玉一人では行かせられないので誰か責任者がついていきます。抗争の結果、人が亡くなってしまったら、少なくとも当事者やその責任者は無期懲役になるわけですね。

以前は無期懲役であれば、実際は十数年程度で仮釈放の対象になっていましたが、今は30年間は刑務所にいなければいけません。そうなると自分の人生はある意味で『終わる』わけです。

そう考えれば、軽はずみに動けません。昔は抗争事件で『勤めに行って(=刑務所へ入って)』帰ってきたら組の幹部に就任する等の保障があったわけですが、今はもうありません。そもそも、組が存続しているかどうかも、自分が生きて刑務所から出られるかどうかもわからないわけです。」

鈴木氏は、両者の抗争はまだまだ続くと見ている。

鈴木氏「ヤクザのルールですから、今は『やられたらやり返す』ということが連鎖しているだけです。

どこかで大きな問題が起きない限りは、まあ小康状態とまでは言えませんが、実際には本当の戦いとは言えないような、つばぜり合いがしばらく続くだろうと思います。」

http://jp.sputniknews.com/opinion/20160330/1866627.html




































最終更新;2016/03/31 am00:21
[ 2016/03/30 23:18 ] テスト投稿 記事ではありません | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する