FC2ブログ







2016/04/03 午前様更新

yrew (1)



yrew (2)

yrew (6)

yrew (8)

yrew (9)

yrew (10)

yrew (18)

yrew (12)

yrew (14)

yrew (13)

yrew (15)

yrew (11)

yrew (19)

yrew (17)

yrew (16)

yrew (20)

yrew (21)

yrew (23)

yrew (27)

yrew (28)


今夜は午前様投稿の様子。

せっかくのサクラさんも早々に葉サクラと化してしまったなどという。

花の命は短し?

でもね、道路に落ちたサクラの花びら一枚ですら、風流というものなのです。

雨のサクラもまたそれはそれで風流。

でもまだ遅咲きのサクラもね、なので今度は太陽の光がサクラを透かすような、そんなお写真を撮影できるものでしょう。

わたしの好きなスノウフレイクも、サンフル溢れる太陽の光と一緒に撮影したいものなのです。


あの世この世のニュースなど;


オリバー・ストーン監督 クリントン候補を汚職で告発
2016年04月03日 08:05

c Sputnik Grigoriy Sisoev

米国の著名な映画監督オリバー・ストーン氏は、米大統領選挙民主党候補使命争いのトップを走っているヒラリー・クリントン前国務長官を、汚職問題で告発した。

監督は、自身のFacebookの中に、大統領選挙で民主党を代表するのは、サンダース上院議員であるべきだと書き込んでいる。

ストーン監督は、次のように主張している―

「彼は、少なくとも、財政上の分別から、外国に対する我々の干渉を縮小し、部隊を故国に帰し、憎しみのために何兆ドルも費やさず、お金を自国民や学校そしてインフラに投じて、祖国を守ろうと試みる心積もりのある唯一の候補者だ。

また国政における汚職に反対する唯一の候補者でもある。
一方クリントン候補は、汚職にまみれている。」

3月26日の段階で、民主党の大統領候補指名争いでは、クリントン前国務長官が大きくリードしている。彼女は、サンダース上院議員の952人に対し、1690人の選挙人を獲得した。なお確実に民主党候補となるためには、2383人の選挙人を集める必要がある。

米国大統領選挙は、今年秋11月8日に実施される。

http://jp.sputniknews.com/us/20160403/1891193.html






フィギュアスケート世界選手権 メドヴェジェワ選手が金メダル!
2016年04月03日 17:06

c SputnikAlexandr Vilf
© Sputnik/ Alexandr Vilf
http://jp.sputniknews.com/images/189/24/1892496.jpg

米ボストンで開かれたフィギュアスケート世界選手権女子シングルで、ロシアが2つのメダルを獲得した。

16歳のエヴゲニヤ・メドヴェジェワ選手がショートプログラムとフリーで合計223.86点を獲得して1位となり、ロシアのアンナ・ポゴリラヤ選手も3位に入った。2位は、米国のアシュリー・ワグナー選手。

フィギュアスケート世界選手権ボストン大会は4月1日に開幕し、38カ国から172人の選手が参加している。

http://jp.sputniknews.com/sport/20160403/1892558.html






ロシア国防省の建物で火災 火災複雑レベル最高度
2016年04月03日 19:26(アップデート 2016年04月03日 20:07)

モスクワ中心部にあるロシア国防省の建物で火災があった。3日、リア・ノーヴォスチ通信が、消息筋の情報として伝えた。

同火災の複雑さのレベルは、5段階中最高度の5レベル。
火は、モスクワ中心部ズナーメンカ通りにあるロシア国防省の5階建ての古い建物全階に広がった。

現場には、消防救急班30班以上が派遣された。

http://jp.sputniknews.com/incidents/20160403/1893531.html






バヌアツ諸島沖でマグニチュード7.2の地震 津波の可能性
2016年04月03日 19:03(アップデート 2016年04月03日 19:14)

3日、バヌアツ諸島沖でマグニチュード7.2の地震があった。震源地は、居住地区ソラから南西に77キロの太平洋。太平洋津波警報センター(PTWC)によると、津波が発生する可能性がある。

PTWCの発表では、次のように述べられている‐

「地震に関する現時点でのデータに基づくと、震源地から半径300キロの沿岸部で大きな被害をもたらす津波が発生する可能性がある。」

http://jp.sputniknews.com/incidents/20160403/1893279.html






現代世界の低出生率、理由は「貪欲」
2016年04月03日 21:40

Fotolia Drubig photo

今日の世界における少子化の主因は、名誉あるものの所持と言う形で表現される、高い社会的地位をめぐる競争である。フィロソフィカル・トランザクションズ・オヴ・ザ・ロイヤル・ソサイエティ誌に論文が発表された。

この仮説は、人類学者らにより、ツィマネ(ボリビアアマゾンの狩猟採集民)の国民性を例に、証明された。ツィマネの一般家庭では9人の子供もふつうであり、親はすべての兄弟のための食料や衣類を簡単に見つけることができる。
しかし、ツィマネが都市に移動した場合、子供の平均数は3に落ちる。市場経済に巻き込まれるためだ。

「彼らは最初の収入を社会的地位の象徴である、予想外に高価なものに費やす」という。

同様のプロセスが、人口が都市に移動してお金を稼ぎだす他の国でも発展しているという。すべての力が隣人並みになることに費やされ、子供たちに多くの物を買う余裕はない、感じられだす。

http://jp.sputniknews.com/life/20160403/1894034.html


























[ 2016/04/04 01:36 ] 日常の風景 | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する