FC2ブログ







2016/05/13 殺気5月サツキの憑きモノどもによる原発テロ人工地震大犯罪等注意警戒監視阻止記録中



fghk (2)

fghk (1)

fghk (4)

fghk (5)

fghk (6)

fghk (3)

fghk (7)

fghk (8)

fghk (11)

fghk (9)

fghk (10)

fghk (12)

fghk (13)






美居子さまは今日も来られました。







あの世この世のニュースなど;



全世界で旅行者による子どもへの性的虐待が深刻化、報告書
AFP=時事 5月13日(金)12時10分配信


【AFP=時事】観光客や旅行者による子どもへの性的虐待は、防止に向けた過去20年間の取り組みの裏をかくように全世界で深刻化しているとする報告書が12日、タイ、南アフリカ、米首都ワシントン(Washington D.C.)で発表された。吐き気を催すような記載もあるこの画期的な報告書をまとめた調査チームは「こうした犯罪が起きていない地域はなく、責任を免れる国もない」と結論付けている。

国連(UN)の支援を受けて作成された報告書「Global Study on Sexual Exploitation of Children in Travel and Tourism (旅行や観光による子どもの性的搾取に関する世界調査)」は、児童福祉当局や慈善団体、研究機関など70以上の専門家が参加して、この分野の報告書としては最も包括的な調査が行われている。

報告書の執筆者らは、性的虐待が容易に行えるようになりこの問題をまん延させた要因として、格安の旅行手段と性的虐待者間の情報共有を可能にした最新テクノロジーの2つを挙げた。一般の人々や警察の児童買春を目的とするツアーについての認識は時代遅れになっていることが多いという。

児童性的虐待者の中で「欧米の裕福な中年の白人男性」はもはや典型的なタイプではなく、その多くは自らを常習的な小児愛者だとは認識していないとみられるという。

東南アジアでの被害者は、日本や中国、韓国からの観光客など、地元や比較的近い地域からの旅行者のターゲットとなる場合が多い。その主な理由は、東南アジア各地を旅行する人はこうした地域から来た人が圧倒的に多いからだという。

 しかし、複数の児童保護団体は、東南アジアでは欧米に比べて政府が協力的ではないと指摘している。児童虐待について調査しているカンボジアの団体APLEの代表者は、中国人が絡むケースを多数調査したが、中国当局が捜査や自国民の起訴に踏み切ったケースは1件もないと語った。近隣諸国の政府や法施行機関の多くも同様だという。

かつて児童買春を目的とした観光客の出身地として知られていた欧州は、現在ではこうした旅行の目的地の一つとなっている。特に、児童保護法制が整備されていない中東欧の一部の国でその傾向が強い。

また、性的搾取者らが遠隔地で虐待に及ぶケースが増加している。研究チームは、未確認ながらミャンマーやラオス、モルドバ、ペルー、太平洋の一部の島しょ国で性的虐待のため買われる子どもが増えているという情報があるとしている。【翻訳編集】 AFPBB News

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160513-00000019-jij_afp-int







日本人の約3分の1がマナーの悪い外国人旅行者を懸念している‐世論調査
2016年05月13日 12:30

日本人の約3分の1が、同国の礼儀作法を守らない複数の外国人旅行者のマナーの悪さを懸念している。

政府の世論調査によると、回答者の26パーセントが外国人旅行者のマナーの悪さを懸念していると答えた。

これは外国人旅行者が増える中で日本人が考える一番大きな問題となっている。
なお読売新聞によると、日本人は何よりも安全保障問題を心配しているという。

地元当局は、マナーの悪さに対処するために様々な方法を用いているが、最も効果が高かったのは、外国人に何をしてはいけないのかを示す看板だったという。

公式統計によると、日本には昨年1974万人の外国人旅行者が訪れた。
安倍政権は、観光を経済成長の促進を可能とする重要なファクターとみなしている。

http://jp.sputniknews.com/japan/20160513/2128166.html









東京オリンピック招致に買収疑惑 高まる報道不信 名指しされたJOC、電通の反応は?
BuzzFeed Japan 5月13日(金)5時0分配信


「電通」も名指し

英紙「ガーディアン」が11日、2020年の東京オリンピック招致を巡り、招致委員会側が当時の国際オリンピック委員会(IOC)の委員で、国際陸上競技連盟(IAAF)の会長を務めていたラミン・ディアク氏の息子が関与する口座に130万ユーロ(約1億6000万円)を支払った疑惑があると報じた。ガーディアンによると、すでにフランス当局が捜査を開始しているという。【石戸諭、山光瑛美 / BuzzFeed Japan】

ガーディアンは、この口座はシンガポールの金融機関のもので、ラミン・ディアク氏の息子で、国際陸連の「コンサルタント」を務めていたパパマッサタ・ディアク氏につながっているものである、とする。

フランス検察当局は12日、東京オリンピックの招致活動で、東京側が2013年にパパマッサタ氏の関連会社宛てに約2億2000万円を支払っていたと捜査状況を明らかにした。当局は声明の中で「(支払いは)日本の銀行口座からで、名義は2020年東京五輪招致委員会だった」と述べたという(時事通信)。

共同通信によると、ラミン・ディアク氏は国際陸連会長時代にロシア選手のドーピングをもみ消す見返りに少なくとも約100万ユーロの賄賂を受け取った疑惑があり、既にフランス当局の捜査を受けている。シンガポールの口座はこのドーピング隠しに絡む金銭授受にも使われているという。

朝日新聞によると、ディアク氏はセネガル出身で2015年夏まで16年間、国際陸連の会長を務めている。パパマッサタ氏ら息子2人、私的な法律顧問ら非公式のグループで周囲を固め、主導的な立場で不正に関与したという。パパマッサタ氏は国際陸連から永久追放処分を受けた。

ガーディアンによると、ディアク氏は当時、IOCの委員も務めており、13年9月に決まった、東京オリンピック開催にも影響力を持っていた。

また、パパマッサタ氏につながる口座を管理していたのは、スイスのスポーツマーケティング会社「AMS」のコンサルタントを務めていたIan Tan Tong Han氏だと指摘。さらにAMSが大手広告代理店・電通関連の「子会社」であるとし、Ian Tan Tong Han氏と電通が関係しているとしている。

インターネット上では、ガーディアンの記事を引用しながら報じた国内全国紙、通信社の記事に「電通」の名前がないことに「書かれていない」と指摘するユーザーの声があった。

東京オリンピックの組織委はガーディアンの取材に対し「招致期間中に起きたことは知る術がない」と答えている。

BuzzFeed Newsが12日、JOC(日本オリンピック委員会)の広報担当者に、東京側が130万ユーロを支払ったとするガーディアンの報道について、事実関係を尋ねたところ「報道は我々の理解とは異なる。東京はIOCにベストの提案をして、選ばれた」と話す。支払いの有無について、繰り返し質問したところ「すでに招致委員会は解散しており、ガーディアンの報道に答える立場にない。我々の理解とは異なるとしか言えない」と語った。

また、BuzzFeed NewsがAMS社に問い合わせたところ「担当者が出張のため、答えられない」。電通の広報担当者は「報道されている支払いについては何も知らない。Ian Tan Tong Hanという人物が電通のコンサルタントであったという事実はない。AMSは多くある取引先の一社で、子会社ではなく、出資関係もない。現段階で、弊社にフランス当局からの捜査はない」と話した。

BuzzFeed NewsはIan Tan Tong Han氏のメールアドレスに質問状を送ったが、13日午前1時の時点でまだ返信はない。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160513-00010000-bfj-soci
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160513-00010000-bfj-soci&p=2








独占情報:トルコの地区病院でダーイシュ(IS)戦闘員が治療されている(写真)

2016年05月13日 22:41

c SPUTNIK HiKMET DURGUN

トルコのガジアンテプにあるエルシンアルスラン地区病院でダーイシュ(IS)戦闘員が治療されている。匿名希望の医師がスプートニク特派員に語ったところ、5日、シリアとの国境で負傷した戦闘員4人が病院に搬送されたという。医師によれば、ダーイシュ戦闘員の入院および治療は病院側で書面による裏づけを受けていない。


先にガジアンテプのオグゼリ地区でシリア国境を不法に越えようとしたダーイシュ外国人戦闘員らにトルコの国境警備が発砲したことが明らかになった。結果、戦闘員3人が死亡、11人が負傷した。4人がエルシンアルスラン病院に運ばれた。


医師は次のように述べた。「当院にダーイシュ戦闘員4人が運び込まれた。うちの1人が1993年生まれのアフガン人、バグル・フェルハドだ。私も検診を行なった。みな銃創を負っていた。全員、命に別状はない。

4人ともカルテに正式に記載されてはいない。彼らがここで治療を受けたことが知られないように、との病院指導部の配慮だろう。一部の医師や医務院はダーイシュの制圧下にあるシリアの地域から連日ミサイル攻撃を受けている町の出身者であり、戦闘員の治療に反対している」


http://jp.sputniknews.com/middle_east/20160513/2133133.html







トルコのシリア難民キャンプの子どもたち、従業員から性的暴行を受けていた

2016年05月13日 23:50(アップデート 2016年05月14日 00:02)

ニジプにあるキャンプで10〜14歳の少年30人が4ヶ月間にわたり性的暴行を受けていた。スプートニク特派員が犠牲者から証言を得た。

27歳のトルコ人清掃員E.E.から暴行を受けた30人のうち、両親に事情を話したのは8人のみだった。
ある少年は次のように述べた。

「E.E.は僕をトイレに呼び、僕とちょっと楽しみたいと言い、10リラ(3ドル)くれると約束した。そのあと、ちょっと物を取りに行くと言って出て言った隙にぼくは逃げた」
犯人は性的暴行および多数の未成年者を強姦した罪で懲役230年を科せられる可能性がある。

http://jp.sputniknews.com/life/20160513/2134255.html



















Spain: Toxic smokes fills sky as huge fire rips through Toledo tyre dump












































fghk (14)

fghk (15)

fghk (16)



覚書;

glaucoma

gnosis

adovanced

patient

suffering

舛添要一

処刑



トカゲ臭いぞ ベッキー

アマゾン臭いぞ 舛添

二匹どちらも妖怪だ

君とボクとで変態だ

小さな下衆から 大きな下衆まで

みんなで潰すぞ 妖怪天国



最終更新;2016/05/14 am02:03
[ 2016/05/13 20:31 ] 日常の風景 | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する