FC2ブログ







2016/05/14 殺気5月サツキの憑きモノどもによる原発テロ人工地震大犯罪等注意警戒監視阻止記録中



kiuyt (1)

kiuyt (4)

kiuyt (3)

kiuyt (2)

kiuyt (6)

kiuyt (7)

kiuyt (5)

kiuyt (9)

kiuyt (10)

kiuyt (11)

kiuyt (12)

kiuyt (13)

kiuyt (14)







美居子さまは今日も来られました。







あの世この世のニュースなど;



北朝鮮がロシアのヨット拿捕=乗員4人、解放交渉か
時事通信 5月14日(土)17時43分配信

【モスクワ時事】14日のインタファクス通信によると、北朝鮮の沿岸警備当局は13日、日本海上で、ロシアのヨットを拿捕(だほ)した。

ヨットは北東部の咸鏡北道金策市に移送されたとみられ、乗っていた4人の健康状態は問題ないとされる。

ロシア外務省にも通報され、北朝鮮側と乗員の解放に向けた交渉が始まったもようだ。北朝鮮側は拿捕の理由を説明していないという。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160514-00000094-jij-kr







英国人の80% ロシア極東への移住を準備か

2016年05月14日 14:31(アップデート 2016年05月14日 16:34)

ロシアでは市民一人に極東の土地1ヘクタールを5年間無償で分け与える
「土地分与法」の施行が決まったが、これに関連して英国で実施された世論調査で、驚くような結果が出た。新聞「Daily Express」が英国市民2万2千人以上に「あなただったら移住するか?」とアンケートで問いかけたところ、なんと78%が「イエス」と答えたのだ。

その際、アンケート参加者の一部は、きわめてユニークなコメントを寄せている。2つばかり、御紹介したい。

「今やプーチン大統領のことが前より好きと言えるくらいだ。もし30歳若かったら、あちらに行っていただろう。」

「この土地の分与には、ロマンがある。極東というはるか彼方で、自然に戻るというアイデアは、ロマンチックだ。」

今年5月2日プーチン大統領は「土地分与」法に署名した。希望者は、6月1日からもう、無償で1ヘクタールの土地を受け取ることができる。

http://jp.sputniknews.com/russia/20160514/2135688.html







ユーロコプター社のヘリコプターがレニングラード州の湖に墜落

2016年05月14日 19:05

ユーロコプター社のヘリコプターと連結して飛行中だったヘリコプター「ベル」司令官は、サンクトペテルブルク近くの湖に墜落したことを報告した。

救急班がインターファクスに土曜伝えたところでは、両機はサンクトペテルブルクのサスナ飛行場から未登録の飛行を行っていた。「スホドリスコエ湖上を飛行中、ベル司令官は、ユーロコプターが湖に落ちたと報じた」という。

ユーロコプターには2人が乗っていたが、墜落後湖面にはいずれも顔を出さなかった。捜索救助活動が行われている。
事件の詳細解明が待たれる。

http://jp.sputniknews.com/incidents/20160514/2137363.html







北朝鮮中央新聞、オバマ氏の広島訪問は「偽善」

2016年05月14日 17:30

北朝鮮の新聞「ノドンシンムン」は初めて米オバマ大統領の広島訪問計画に触れ、これを非難した。共同通信が報じた。
オバマ氏はG7サミット出席のため今月26-27に広島を訪問する予定。

米国は「こうして再び「核兵器のない世界」という理想を掲げて核犯罪者という自己の本質を隠蔽しようとしている」と同紙。米国の核兵器削減訴えは「きわめて偽善、不誠実」とした。

http://jp.sputniknews.com/asia/20160514/2136779.html







歴史家、「第0次世界大戦」について語る

2016年05月14日 16:30(アップデート 2016年05月14日 17:01)

c 写真Public domain

第一および第二次世界大戦に加えて、世界ではもうひとつ大規模な戦争があった。いわゆる「第0次世界大戦」だ。スイスの学者の発表をニューサイエンティストが伝えた。

約3200年前に勃発したもの。世界史では海洋民族の進撃として知られているものだ。
主要な戦いは小アジアの海岸部で行われ、「青銅器時代」の人々、およびヒッタイト人が参加した。

「第0次世界大戦」の鍵となる出来事はトロイの戦い。ホメロスの「イリアス」や「オデッセイ」といった古代の文書に記されているものだ。

http://jp.sputniknews.com/science/20160514/2136474.html






豚の内臓で作られたロボット 人体から危険な異物を取り除く(動画)

2016年05月14日 12:17



sptc2000000000000016



東京とマサチューセッツの大学の研究者達が、人間の身体から、例えばバッテリーなどのような異物を取り除くことのできる医療用ロボットを作り出した。

ロボットの一部は、豚の内臓から作られ、折り紙の原則に基づいて形成されている。「The Verge」が伝えた。

統計によれば、毎年、米国市民は、3500個を超す異物を飲み込み、病院などで治療を受けている。

http://jp.sputniknews.com/science/20160514/2135369.html





























































覚書;
許三蔵法師 ゆるさんぞう!ほうし

[ 2016/05/14 23:00 ] 日常の風景 | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する