FC2ブログ







2016/06/29 611人工地震/人工津波等人工気象兵器テロ/原発遠隔操作破壊工作員テロ等警戒中  臨時記事です。  今夜追加更新させていただきます。
















BREXIT ?

B = Baal[バアルakuma]

R = Reputirian[悪魔]


EXIT!![心広い人類からお知らせします。さあ、二度と地球へは来られない出口へと続く絶対一方通行避難経路です!わたしたちが寝ている演技に飽きてキレてしまう前に出口から速やかにお帰りください]

[悪魔トカゲ・ネズミ・ノ-ズグレイ等人体ハイジャック/人類擬態迷彩エイリアン=illuminati=illuminazi] 







美居子さまは今日も来られました。









あの世この世のニュースなど;




乳児への「予防接種拒否」で家裁が「親権喪失」決定…どんな背景があったのか?
弁護士ドットコム 6月28日(火)10時27分配信

乳児への予防接種を拒否したことなどを理由に、九州地方の家庭裁判所が3月、児童相談所による母親の「親権喪失」申し立てを認めていたと共同通信が6月上旬に報じた。「親権停止」ではなく、予防接種拒否を理由にした「親権喪失」は極めて異例だという。

報道によると、乳児は昨夏、自宅玄関前に放置されていたことから、ネグレクトとして一時保護された。児童相談所は、乳児を親から離して里親委託しようとしたが、法定の予防接種を受けていないために、委託先を決められなかった。子どもに予防接種を受けさせるには原則保護者の同意が必要だが、児童相談所が再三、同意を求めても、母親は応じなかったという。

親権喪失は、虐待など、子どもの利益を害する行為について、2年以内に改善が見込めない場合、無期限に認められる措置で、民法で規定されている。

家裁は、母親の予防接種拒否の意向は、思想・信条よりも、児童相談所への反発からと判断したが、「親権喪失」という異例の決定をどのように評価するべきか。榎本清弁護士に聞いた。

家裁は、予防接種拒否だけでなくネグレクトを総合的に判断

「通常、『予防接種の拒否』というケースは、親権停止が想定されています。しかし、今回の決定は『親権喪失』です。影響の大きい手段を取ったという点で、問題をはらむ決定です。

予防接種のような医療ネグレクトの場合は、親が同意して通常特定の医療行為がなされればよいわけです。つまり、2年以内に原因が消滅するため、親権停止という影響の小さい手段で対応可能です。もちろん、今回も、予防接種を受けさせれば問題は解決しますよね。このため、親権停止という取扱でも十分だったという考え方もできます」

しかし、それでも家裁は親権喪失に踏み切った。

「そうですね。今回のケースには、2つの特殊性があります。

(1)前提として、予防接種拒否以前に、ネグレクトがあったこと

(2)予防接種の拒否が医学・思想上の問題ではなく、児相職員への感情的な反発心を背景にするものであった――という点です。

医療ネグレクトについては、思想・信仰上の問題等のデリケートな問題を含むことが多く、その判断にも一定の配慮が要請されます。信仰による輸血拒否は、有名な事例です。予防接種にも同様の問題を生じうるところです。

しかし、今回は、(2)の理由から、予防接種の拒否に関する思想・信仰にどのように配慮するかという問題にはなりません。そして、(1)の状況と相まって、養育態度が著しく不適当という判断に至ったものと思われます」

今回は、特殊な事例と考えるべきなのか。

「はい。親権の制限というものは、家族への影響が非常に大きいものです。このため、できるだけ抑制的に行うべき決定です。ですから、このケースを『予防接種の拒否を理由に、親権喪失を認めた』という形で一般化すべきではないでしょう」

榎本弁護士はこのように述べていた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160628-00004826-bengocom-soci








日本の電力会社の株主たちが原子力エネルギーの放棄を呼びかける
2016年06月28日 20:29

日本の大手電力会社の株主たちが、2011年に福島第1原子力発電所で起こった悲劇を繰り返す危険性から、原子力エネルギーの放棄を呼びかけた。28日、共同通信が伝えた。

なお共同通信によると、福島第1原発を所有する東京電力を含む9社は、このような提案に反対しており、9社の総会でいずれの議案も否決された。

九州電力の複数の株主は、昨年再稼働した川内原発1、2号機(鹿児島県)の運転停止を求めたという。

共同通信によると、四国電力は7月に伊方原発3号機(愛媛県)を再稼働させる計画。
他の電力会社も、福島第1原発事故後に運転を停止した原発を再稼働させる方針だという。

http://jp.sputniknews.com/japan/20160628/2385746.html







新しいNATO本部がナチスの「稲妻」を思わせるのは偶然か?(動画)
© 写真: Damir 1

2016年06月28日 19:14



恐らく、それはデザインとして失敗作と言っていいだろう。しかし、対ロシア国境地域において、NATO軍部隊の数が増えているという現在の状況下では、とてもシンボリックに見える。

「あなた方及び将来の世代にとって」の新しいNATO本部の建物は、大きな反響を呼び起こした。建物は、独自のデザインにより、ナチス軍人のユニフォームの襟の所についている「稲妻」を不気味に思い起させるものになっている。

ナチスのシンボルが、NATOの大規模軍事演習「Anaconda War Games」に参加したドイツ軍部隊と共に、やってくる。この演習は、ナチス・ドイツによるソ連領内への宣戦布告なき侵入からちょうど75年目に当たる時期にポーランドで実施された。

http://jp.sputniknews.com/us/20160628/2385203.html









<中国軍>空自機に攻撃動作 空自OB指摘
毎日新聞 6月29日(水)0時48分配信


空自創設以来初めて、実戦によるドッグファイト

元航空自衛隊空将の織田(おりた)邦男氏(64)が28日、インターネットのニュースサイトに、東シナ海上空で中国軍の戦闘機が空自戦闘機に対し攻撃動作を仕掛け、空自機が自己防御装置を使用して離脱したとする記事を発表した。政府は公表していないが、政府関係者は記事のような事実があったことを認めている。

毎日新聞の取材に織田氏は同様の内容を答えた上で「中国機の動きは少なくとも16日以降、続いているようだ」と話している。

織田氏は記事で、中国軍艦が9日に沖縄県・尖閣諸島の接続水域に入ったり、15日に鹿児島県の口永良部島の領海に侵入したりしたことを記述しつつ「中国海軍艦艇の挑戦的な行動に呼応するかのように、これまでの(一定の距離を保つ)ラインをやすやすと越えて南下し、空自スクランブル(緊急発進)機に対し攻撃動作を仕掛けてきた」と書いた。

さらに「空自機は、いったんは防御機動でこれを回避したが、このままではドッグファイト(格闘戦)に巻き込まれ、不測の状態が生起しかねないと判断し、自己防御装置を使用しながら中国軍機によるミサイル攻撃を回避しつつ戦域から離脱したという」とした。

織田氏は毎日新聞に対し、攻撃動作とは中国機が、後ろから近づいた空自機に対して正面から相対するような動きを見せ、さらに追いかけるような姿勢を見せたことだとした。空自機の自己防御装置は、熱源を感知するミサイルから逃れる花火のようなものをまく「フレア」だったとして、かなり近距離だったのではと指摘した。

織田氏は記事で「空自創設以来初めての、実戦によるドッグファイトであった」と書き「上空では毎日のように危険極まりない挑発的行動が続いているという」とした。

織田氏は元戦闘機パイロットで2009年に航空支援集団司令官で退官した。【町田徳丈、村尾哲】

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160629-00000000-mai-int

























覚書;


przyklepany

mieszkanie

kury

ktyek

Replica SenToshian

Baal Reputirian

electricsheepmagazine






最終更新;2016/06/29 pm21:40
[ 2016/06/29 04:43 ] 日常の風景 | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する