FC2ブログ







2016/07/13










美居子さまは今日も来られました。






あの世この世のニュースなど;





天皇陛下が生前退位の意向
2016年07月13日 19:59(アップデート 2016年07月13日 20:07)



明仁天皇が生前退位の意向を示されていることが分かった。13日、共同通信が、政府関係者への取材で明らかになったと報じた。

NHKは13日、「天皇陛下が、天皇の位を生前に皇太子さまに譲る『生前退位』の意向を宮内庁の関係者に示されていることが分かった」と報じた。

http://jp.sputniknews.com/japan/20160713/2478238.html








サンダース上院議員 米大統領選民主党候補者争いから撤退しクリントン前国務長官支持を表明
2016年07月13日 00:59(アップデート 2016年07月13日 02:12)



12日、米国のサンダース上院議員は、民主党の大統領候補としてヒラリー・クリントン前国務長官を支持すると公式に明らかにした。

サンダース上院議員は「クリントン氏は、民主党の大統領候補者となるための戦いに勝利した」と述べ「私は、この事で彼女におめでとうを言う。私も、彼女が米国大統領となるようできる限りのことをするつもりだ」と強調した。

サンダース上院議員は、長い期間にわたり、民主党の大統領候補者を選ぶ予備選で、クリントン前国務長官の唯一のライバルとして、戦い続けた。

先に、米国議会はクリントン氏に対し新たな調査を要求した、と報じられた。

http://jp.sputniknews.com/politics/20160713/2472970.html




これで思考もせず短絡的にクリントン支持へまわるサンダース上院議員元支持者たちの中の人類は、この闇のデキレース作戦の愚かな捨て駒の陰謀に初めから利用されていることさへ気がつかないのだろうか?









彼女できない腹いせ…少年ら10人がバイクで“暴走”
テレビ朝日系(ANN) 7月13日(水)11時59分配信

彼女ができない腹いせに蛇行運転や信号無視などバイクでの暴走行為を繰り返したとして、18歳の少年ら10人が摘発されました。

埼玉県川口市の少年ら10人は2月、東京・板橋区から埼玉県にかけて、バイクで蛇行運転や信号無視を繰り返した疑いなどが持たれています。

警視庁によりますと、少年らは、リーダー格の少年(18)がバレンタインデーまでに彼女ができなったことを理由に仲間を集め、腹いせに暴走行為を繰り返していました。

取り調べに対していずれも容疑を認め、「東京のパトカーは埼玉には来ないと思った」などと供述しています。

警視庁は、少年らが2年間で10回以上、暴走行為をしていたとみて調べています。

最終更新:7月13日(水)13時35分



http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20160713-00000014-ann-soci










女性を薬物中毒死させた疑いで男逮捕 5年前は「病死」
朝日新聞デジタル 7月13日(水)13時43分配信


5年前に女性を薬物中毒にさせるなどして死なせた疑いがあるとして、愛媛県警は13日、住所不定、無職入交龍太郎容疑者(53)を傷害致死の疑いで逮捕し、発表した。認否は明らかにしていない。

県警によると、入交容疑者は2011年8月10日午前3時半ごろ、松山市内の女性(当時21)のマンションの一室で、女性を急性薬物中毒などで死なせた疑いがある。女性は接客業をしており、入交容疑者との関係について調べている。

県警によると、女性の遺体発見当時、病死の可能性があるとして事件と断定できなかったという。しかし、昨秋に入交容疑者を別の恐喝容疑事件で逮捕。捜査中に女性と入交容疑者が一緒に映っている動画が見つかり、再捜査の結果、傷害致死事件と判断した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160713-00000052-asahi-soci



↑レプチョンによる犯罪! [illuminati JOB!! Illuminazi JOB!!]








<米警官銃撃>「兵役後に人が変わった」容疑者の母語る
毎日新聞 7月12日(火)21時2分配信

【ロサンゼルス長野宏美】テキサス州ダラスの警官銃撃事件で、死亡したマイカ・ジョンソン容疑者(25)の両親が米メディアの取材に応じ、昨年4月に終えた陸軍の兵役で「人が変わった」と話した。保守系メディア「ザ・ブレイズ」のインタビューが11日、一部公開された。

母親は7カ月のアフガニスタン派兵を含む約6年間の兵役を経て「陽気で外向的」だった容疑者が「世捨て人」のようになったと指摘。子どもの頃は警察官になるのが夢で、「彼は国を守りたいと思っていた」が、「軍は彼の期待と違っていた。とても失望していた」と振り返った。

父親(55)も退役後、容疑者が徹底的に黒人の歴史を調べるようになったと語った。だが、両親は容疑者が白人や他の人種への憎しみを外に向ける兆候はなかったと述べた。

地元紙ダラス・モーニング・ニューズによると、容疑者は2013~14年にアフガンに派兵された際、女性兵士からセクハラで訴えられた。女性兵士は容疑者がメンタル面で支援を受けるべきだと忠告し、自身や家族への保護措置を要請したという。

容疑者の弁護士は同紙などに「彼は軍の司令部から嫌われていた」と指摘した。女性兵士はアジア系という。

容疑者はオンラインを通じて人種差別に関心を深めたとみられる。CNNによると、黒人社会に残る不当性に焦点を当てたサイトを閲覧。憎悪団体とされる団体のサイトも複数含まれていた。

一方、ダラスの事件につながった南部ルイジアナ州と中西部ミネソタ州の警官による黒人射殺に抗議するデモはシカゴやアトランタなど全米に広がった。CNNによると、11日までの3日間でデモ参加者ら計300人以上が逮捕された。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160712-00000091-mai-int









ラヴロフ外相 自分の義務から逃げているとして国連シリア問題特使を批判
2016年07月13日 09:10(アップデート 2016年07月13日 14:27)

ロシアのラヴロフ外相は、国連のデミストゥラ・シリア問題特使が、ジュネーヴでの国際会議の新しいラウンドを招集しないことに憂慮の念を表した。

ラヴロフ外相は、記者会見で、次のように指摘した-
「シリア問題に関する国連事務総長特別代表のデミストゥラ氏は、自分の義務から逃れ、国際交渉の新しいラウンドを招集しない。

彼は、ロシアと米国が、シリアにおける政治調整に関しどうすべきか、まず合意すれば、その時は国連も書記局と共に、国際協議の定例ラウンドを招集するだろうとのべている。」

先に伝えられたところによると、ロシアのラヴロフ外相と米国のケリー国務長官は、電話で、テロリズムとの戦いにおけるロ米の協同行動の可能性を含め、シリア紛争克服の方策を討議した。

http://jp.sputniknews.com/politics/20160713/2474159.html









ポルトガルの潜水艦が仏トロール漁船の網にかかる(写真)
2016年07月13日 15:54(アップデート 2016年07月13日 16:05)

CnM7RRlXYAAj-KW (1)

12日、フランス西部サンブリュー沖で、英海軍の艦艇との合同演習に参加していたポルトガルの軍用潜水艦Tridenteが、フランスのトロール漁船の網にかかった。FranceBleuが伝えた。

事件が起こったのは、英リザード岬から南に約55キロの沖合。潜水艦は水面に浮上し、トロール漁船に連絡したという。
網は、英国の海南救助隊によって除去された。なお、けが人は出ていない。

先に伝えられたところによると、米沿岸警備隊がコカインが限界まで荷積された潜水艦を拿捕した。

http://jp.sputniknews.com/europe/20160713/2475752.html












































[ 2016/07/14 00:21 ] 日常の風景 | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する