FC2ブログ







2016/07/19

20150521pic 010

illuminati   illuminazi Lizards Tokage Not a human2

koo544






美居子さまは今日も来られました。








あの世この世のニュースなど;







ドーピング検査容器の製造会社 容器を損傷なしに開けることは不可能と発表

2016年07月19日 23:56(アップデート 2016年07月20日 00:07)

Fotoliamotorlka

ドーピング検査容器の製造会社Klaus Metzler Eckmannは、検査容器を目に見える損傷なしに開けることは不可能だと発表した。これはリチャード・マクラーレン氏率いる世界アンチ・ドーピング機構(WADA)の委員会が発表した報告データと異なっている。

Klaus Metzler Eckmann社の代表ハンス・クラウス氏は、「我々の容器は最高水準の安全性を有しており、スイスの会社1社と複数の政府機関のテストを受けている。

我々は、WADAの委員会メンバーが容器を開けるためにどのような方法を使ったのか知らないが、我々の調査によると、容器を目に見える損傷なしに開けるのは不可能だ」と語った。タス通信が報じた。

先にWADAは、国際オリンピック委員会と国際パラリンピック委員会、そしてすべての国際スポーツ連盟に、ロシア人選手の国際大会への参加を拒否するよう勧告した。

http://jp.sputniknews.com/sport/20160719/2522023.html











ロシア機スホイ24を撃墜したトルコのパイロットの二人が逮捕

2016年07月19日 06:02(アップデート 2016年07月19日 06:25)

2015年11月にロシア機スホ24を撃墜したトルコのパイロットの二人が逮捕―マスコミがトルコの当局者の情報として伝えた。

http://jp.sputniknews.com/world/20160719/2512860.html










「米国人と日本人にとって北朝鮮のミサイル発射は毎回贈り物だ」

2016年07月19日 22:08


c REUTERS KCNA

米国人と日本人にとって北朝鮮のミサイル発射は毎回贈り物となっている。19日、ロシア下院(国家会議)国防委員会の委員長で元ロシア黒海艦隊司令官のウラジーミル・コモエドフ提督が、ロシアの通信社「インターファクス」のインタビューで語った。

コモエドフ氏は、「米国人と日本人にとって北朝鮮のミサイル発射は毎回、自国のミサイル予算をさらに増大させるための贈り物だ」と述べた。
コモエドフ氏は、次のように語った―

「米国と地域の主要諸国は朝鮮統一を恐れている。もし統一が起きたら、力と資金が統一され、北朝鮮の強力な軍が韓国の強力な財源へのアクセスを得る。結果、朝鮮統一による影響の高まりが、地域の経済的、軍事・政治的状況を根本的に変えるだろう。これを理解しているのは我々だけではなく、恒常的な紛争と緊張による半島の弱体化で得をする大勢の人たちも理解している。」

ロシアは北朝鮮のミサイル実験を支持していない。しかし緊張を高めない問題解決を提案している。

コモエドフ氏は、「朝鮮問題は解決する必要がある。だが圧力を強めたり、エスカレーションさせたり、地域にミサイル防衛(MD)システムを配備するなどの方法でそれを行ってはならない。奥深くに目を向けて、分断された民族の問題を解決する必要がある」と述べた。

先に伝えられたところによると、米戦略司令部(US STRATCOM)は、北朝鮮が製造したミサイル3基の発射を確認した。

http://jp.sputniknews.com/politics/20160719/2520161.html










米空軍が置かれているトルコの軍基地で捜査が行われる

2016年07月19日 10:00

トルコの警察は、米国主導の国際有志連合の航空部隊が置かれているインジルリク空軍基地で捜査を行った。アナドル通信社が報じた。

先に米国は、インジルリク基地でテロ組織「ダーイシュ(IS、イスラム国)」に対する作戦が再開されたと発表した。

15日夜、トルコ指導部は同国で軍事クーデターの試みがあったと発表した。一方で軍側は、政権を掌握したと宣言した。16日午前、反乱を起こした兵士たちは降伏し始めた。

トルコ当局は、クーデターの試みは失敗したと発表した。

その後トルコ当局は、インジルリク基地へのアクセスを遮断し、電源を断った。その後、基地の敷地内で、空軍基地の責任者ベクィル・エルジャン・ヴァン将軍を含む複数の軍人が逮捕されたことが明らかとなった。

http://jp.sputniknews.com/middle_east/20160719/2513554.html









ロシア、露国境の不安定な情勢に憂慮

2016年07月19日 09:33

ロシア大統領報道官ドミトリー・ペスコフ氏がロシアの国境近くに位置するトルコ、アルメニア、カザフスタンといった国の不安定な情勢について発言した。

ペスコフ報道官によると、ロシア国境近くの様々な国で起きた出来事を一様に評価することはできないだろうという。トルコの場合では、国家転覆の試みについて話が行き、アルメニアとカザフスタンの場合では、「多様な犯罪の表れ」について話がいく。

「われわれはできれば隣国の安定し、繁栄し、将来が予測可能な姿を見たい。そしてこの場合、我われの隣国は上記にあらわしたような国になるために不可欠な潜在能力を有しているとの考える全ての根拠はある」とペスコフ氏は強調する。

7月16日夜、トルコで軍事クーデターが試みられた。アルメニアの首都エレバンでは17日、正体不明の人が警察署を占拠し、数人を人質に取った。カザフスタンの首都アルマトイでは18日、正体不明の構成員からなるグループがアルマリ地区の警察署と国家安全保障委員会(KNB)の建物を襲撃し、その結果7人が死亡した。

http://jp.sputniknews.com/world/20160719/2513401.html








ウィキリークス トルコの権力構造に関する文書50万件公開へ

2016年07月19日 13:

内部告発サイト「ウィキリークス」は先に、トルコの政治権力構造に関する文書10万件以上を公開する計画について発表したが、改めて50万件の文書と30万通の電子メールが公開されると伝えた。

ウィキリークスの公式ツイッター・アカウントは、「私たちの次の公表はトルコの政治権力に関する10万件の文書だって?冗談でしょ。最初は30万通の電子メールと50万件の文書だよ」と述べられている。

トルコ指導部は同国で軍事クーデターの試みがあったと発表した。一方で軍側は、政権を掌握したと宣言した。16日午前、反乱を起こした兵士たちは降伏し始めた。トルコ当局は、クーデターの試みは失敗したと発表した。

http://jp.sputniknews.com/world/20160719/2513756.html










マスメディア:軍事クーデター未遂後、トルコ艦14隻消える

2016年07月19日 20:53

トルコで起きた軍事クーデター未遂後、トルコの艦隊から14隻の軍艦が消えた。英紙タイムズが情報筋の情報を引用し報じた。

16日のクーデターまで、軍艦はエーゲ海と国会で軍務についていた。それら軍艦が消えたことは、軍艦がギリシャの港に向った可能性を示唆する。クーデター未遂後、トルコ兵8人がヘリコプターでギリシャに逃亡し、難民申請をした。

さらに、艦隊のベイセル・ケゼレ司令官はクーデターの起きた16日、応答しなかった。また、クーデターでのケゼレ司令官の役割は依然不明のままである。しかし、ケゼレ司
令官はクーデターの指導者の1人だったか、反乱軍の人質となったかとの仮説がある。トルコのマスメディアは、ケゼレ司令官は反乱軍によって罠にかけられたと断言している。

http://jp.sputniknews.com/life/20160719/2519350.html










女性をモノ扱いした東大生たちの所業が明らかに 全裸で号泣する女性に割り箸
産経新聞 7月18日(月)17時5分配信

「むりやり全裸にさせられ、胸を隠してうずくまった私の肛門を割りばしでつつき、陰部にドライヤーの風を吹きかけた。笑いながら背中をたたかれたり蹴られたりした。泣いている私に馬乗りになり、キスをした上、馬乗りの姿勢のままカップラーメンを食べ、胸に麺を落とすなどした」(被害者女性の供述調書)

酒を飲ませた女性=事件当時(21)=にわいせつな行為をしたとして、強制わいせつ罪などに問われた東大生や東大大学院生ら3人の公判が7月、東京地裁で始まった。被害にあった女性は被告の一人に好意を寄せていたという。法廷で明らかにされたのは、偏差値的には日本最高のエリートでありながら、女性の気持ちをもてあそび、女性を“モノ扱い”していた被告たちの知性を疑わせるような所業だった。

■サークルの裏の顔は“わいせつ目的”

同罪などで起訴されたのは、東大生、松見謙佑(けんすけ)被告(22)▽東大院生、松本昂樹(こうき)被告(23)▽東大生、河本泰知(たいち)被告(22)-の3人。

検察側の冒頭陳述などによると、松見被告らは今年4月、「誕生日研究会」と称するサークルを立ち上げた。表向きは大学生同士の交流を図るインカレサークルだったが、“裏の顔”は「女性に酒を飲ませ、わいせつ行為をする目的のサークルだった」(被告らの供述調書)。実際に被告らは事件以前にも、別の女性に酒を飲ませ、独り暮らしをしていた河本被告の自宅マンションに連れ込み、集団でわいせつな行為をしたことがあったという。仲間内では「あいつは尻が軽いからすぐヤれる」「今度はあの女でAV(アダルトビデオ)を撮影しよう」などとやり取りをしていた。

被告らは今年5月10日夜、「女性をおもちゃにする目的」(松本被告の供述調書)で、東京都豊島区のJR池袋駅近くの居酒屋で飲み会を開催。飲み会には、同会メンバー5人と被害者女性、同席した女性の7人が参加した。以前、被害者女性と性的関係を持ったことがあった松本被告は飲み会の参加メンバーにそのことを伝え、「あいつはGカップでマジで巨乳だから、触ってもいいよ」などと話していたという。

飲み会では山手線ゲームなどをし、わざと女性が知らない問題を出題して罰ゲームとして酒をむりやり飲ませるなどした被告たち。酔わされた被害者女性は寝たふりをしたが、ブラジャーを外されたり、胸を触られたりしたという。

■さらにエスカレート

1次会が終わって帰ろうとした女性に、被告らは「2次会を河本被告の家でやる」と提案。飲み会には参加していなかった河本被告も「わいせつ行為ができるかもしれない」と考え、自宅マンションを使わせることを了承した。そこでも被害者女性はさらに酒を飲まされ、意識が遠のいたところで衣服を脱がされ全裸にされた。被告らはうずくまる女性の胸や尻を触ったり、体を蹴ったりたたいたりしたほか、被害者女性の肛門を割りばしでつついたり、ドライヤーの風を陰部に当てるなどした。女性は号泣していたという。

2次会にも参加した同席女性がこの様子を見て、「これは犯罪だ」と被告らに指摘したが、被告らは笑いながら「大丈夫、大丈夫」などと答えた。この女性は被害者女性に「帰る?」と聞いたが、反応がなかったため、そのまま部屋を後にしたという。

松見被告はさらにエスカレートし、被害者女性をあおむけにし、馬乗りになってキスをした。さらにそのままカップラーメンを食べ、麺を胸に落とすなどした。

そうした様子を被告らは笑いながら見ていたが、被害者女性が泣き叫んだため、近隣住民に警察に通報されることを恐れ、松見被告を女性から引き離し、服を渡した。被告らは女性が部屋から出ていかないようハンドバッグなどを渡さなかったが、女性は部屋から飛び出し、近くの公衆電話から警察に通報。駆けつけた警察官が松見被告を緊急逮捕し、後日、現場にいた4人も逮捕した。その後、関与の度合いが強かった3被告が起訴された。

■被告たちの印象「真面目そのもの」

公判に現れた被告らは“遊び人風”とはほど遠く、いずれも短めの黒髪で眼鏡をかけるなど、東大生の名にふさわしく真面目そのものといった印象だった。

3人とも起訴内容を認め、一様に「酒で理性を無くしてしまい、女性を傷つけてしまった。大変申し訳なく、反省している」などと謝罪した。

また、「松本被告に好意を抱いており、性的関係を持ったことがあったが、松本被告は私と交際する気はなさそうだった。その後、松本被告に交際相手ができたと聞き、これからは友人として付き合っていきたいと思っていた」とする被害者女性の供述調書が読み上げられた際には、松本被告は拳を握りしめ、うつむきながら聞いていた。

一方、公判では、松見被告が逮捕された後の被告らが、現場にいた友人女性に対し、「松見被告以外は関与していない」と口裏合わせを求め逮捕を免れようとしたものの、断られていたことも明かされている。

公判は今後、それぞれの被告人質問が行われ、情状証人として親らが出廷する見通しだ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160716-00000505-san-soci




Relax and watch Old Faithful Geyser - Yellowstone National Park












































最終更新;2016/07/20 am01:49
[ 2016/07/19 23:04 ] 日常の風景 | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する