FC2ブログ







2016/07/20

20150521pic 022







美居子さまは今日も来られました。







あの世この世のニュースなど;





米専門家「ロシア選手なしのオリンピックなどつまらない」
© Sputnik/
2016年07月20日 16:50(アップデート 2016年07月20日 16:52)

ワシントン政治学ユーラシアセンターのアール・ラスムセン副所長は、スプートニク通信記者のインタビューに応じ「ロシア選手すべてがリオデジャネイロ夏季五輪から排除される可能性があるが、そんなことになれば、大会の雰囲気は台無しになり、多くの人々がオリンピックを見るのを止めてしまうだろう」と述べた。

ラスムセン副所長は「こうした禁止措置は『クリーン』な選手たちを罰するばかりでなく、大会の雰囲気を台無しにし、メダル争いや他の選手達の活躍に対する人々の関心を下げてしまう」と指摘し、次のように続けた-

「そうなれば、本当の意味での面白い大会を見るチャンスが、人々から奪われてしまう。ロシア選手に対するこうしたキャンペーンは、政治的動機を持ったものだ。ドーピングに関わる同様の状況が、世界中で起きている。こうした状況の中で、オリンピックから国が丸ごと締め出されれば、前代未聞の出来事となる。ロシア選手団が排除された場合、多くの人達は単に、オリンピックを見ないだろう。私自身も、見るつもりはない。」

先にプーチン大統領は、ドーピング問題についてコメントしたところによると、ロシアは国際的な義務を果たしているといった。

http://jp.sputniknews.com/world/20160720/2524613.html

ドーピング検査容器の製造会社 容器を損傷なしに開けることは不可能と発表

2016年07月19日 23:56(アップデート 2016年07月20日 02:22)

ドーピング検査容器の製造会社Klaus Metzler Eckmannは、検査容器を目に見える損傷なしに開けることは不可能だと発表した。これはリチャード・マクラーレン氏率いる世界アンチ・ドーピング機構(WADA)の委員会が発表した報告データと異なっている。

Klaus Metzler Eckmann社の代表ハンス・クラウス氏は、「我々の容器は最高水準の安全性を有しており、スイスの会社1社と複数の政府機関のテストを受けている。我々は、WADAの委員会メンバーが容器を開けるためにどのような方法を使ったのか知らないが、我々の調査によると、容器を目に見える損傷なしに開けるのは不可能だ」と語った。タス通信が報じた。

http://jp.sputniknews.com/sport/20160719/2522023.html











「ウィキリークス」 トルコ与党関係者の約30万通のメールを公開
© AP Photo/ FABRICE COFFRINI

2016年07月20日 15:19(アップデート 2016年07月20日 15:56)

内部告発サイト「ウィキリークス」は、トルコの与党公正発展党の電子メール情報の一部29万通以上を公開した。

先に伝えられたところでは「ウィキリークス」は、トルコの政治権力機関の構造に関する文書⒑万以上を公開するとのことだったが、その後、文書50万、メール30万通を白日の下にさらすことを確認した。

電子メールは、公正発展党の主なドメインであるakparti.org.trから取られたもので、最も新しいメールは、今年2016年7月6日に送られたもので、最も古いものは2010年のものだ。

「ウィキリークス」によれば、こうしたメールは、主に、世界の諸問題に関するもので、極めてデリケートな国内問題についてのものではないとのことだ。

それにもかかわらず、与党のメンバーのメールのやり取りが公表された後、トルコ当局は「ウィキリークス」のサイトへアクセスできないよう、しかるべき措置をとった。

http://jp.sputniknews.com/middle_east/20160720/2524010.html







靖国爆発音事件、日本はこれを抗議行動ととらえようとはしない


2016年07月20日 21:10(アップデート 2016年07月20日 22:16)

東京地方裁判所は、昨年靖国神社のトイレに爆発物を設置し天井を壊した罪に問われた韓国人の男性(28)に 懲役4年の判決を言い渡した。

被害を受けたのが公衆トイレだけで人間はだれも負傷しなかったという事実を考慮すると、この判決はあまりに厳しくないだろうか?また、最近起きた暴行の罪で、沖縄の米兵は懲役2年5か月を言い渡されただけだった。そもそもこの2つの犯行を1まとめにしてもいいのか? 専門家らは、同じ性質のものと見なすことは到底できないとの見解を表している。

沖縄の暴行事件は、犯行の重大さにかかわらず個人に対する国内犯罪だと見られている。しかし、靖国神社での爆発事件の後、日本のマスメディアは性急に事件の罪を韓国と中国にかぶせ、この2国には「歴史問題を理由に暴力的行動をする準備ができている団体があまりに多い」と指摘した。これではすでにテロに近い。

韓国のナショナリストらにとって日本の軍国主義と植民地主義というテーマは、未だ過去の出来事ではなく、非常に痛々しいまま残っており、その結果、今回のようなことを日本で実行しようなどと考える、精神不安定者が時に現れることもある。

ロシア科学アカデミー経済研究所、朝鮮研究センター所長ゲオルギー・トロラヤ氏はスプートニクのインタビューで次のように述べている。

「爆破やテロリズムは疑いなく、国家に向けられた重犯罪だ。そのため、判決に反論することは難しい。つまり、今回の事件には日本に対して未だ残されている韓国一般の不満に裏付けられた政治的動機がある。

韓国は、日本は第二次世界大戦時の犯罪に対して十分に謝罪していないととらえている。確かに日本は最近、戦時に朝鮮女性を慰安婦として利用したことを謝罪したが、それでも2国間の歴史問題に関するクレームは依然として、日韓関係における長きにわたる要因として残っている。

そして、靖国神社といった日本人にとって象徴的な場所での爆破事件に対する今回の判決は、被告に対する実際の罪ではなく、この爆破事件が日本にどう解釈されるかという話に置き換えられてしまにおそらく話がいくだろう。おそらく、隣国である日韓の国民が歴史を受け入れるためには、まだ数世代は変わる必要があるだろう。なぜなら、この問題の証人はいまだ多くが存命で、歴史の恨みは非常に長く記憶されるからだ。」

現代世界でテロはいつの間にか当たり前のものになり、政治的目的を達するための手段に変わった。韓国専門家コンスタンチン・アスモロフ氏はスプートニクのインタビューに対し、こうした理由で今回の韓国人による靖国神社のトイレ爆破は無害な抗議活動ではなく、深刻な犯罪だと日本で受け取られるのは驚きではないとして、次のように述べている。

「今回の爆破事件の犯人は自分を、日本の弾圧に対し自由を求める韓国戦士の後継者だと位置づけた。韓国では、植民地解放を求めて闘争した同国人は未だに正義の戦士だとも呼ばれているが、日本ではテロリストだと考えられている。

しかもこの犯人は、おそらく技術不足からうまくいかなかった1度目の爆破試みの後、再び試みを繰り返そうと新たな火薬とともに日本に再び戻ってきた。韓国ではこの男性を正当化しようとする人もいる。つまり、爆破は悪く、正しくないが、真実を復元するという善意が犯人を動かしたのだという解釈だ。」

いずれにせよ、靖国神社のトイレでの爆破のような事件は、長い空白の後修復され始められたばかりである日韓の善隣関係を促進しないだろう。

http://jp.sputniknews.com/opinion/20160720/2527355.html








未だ日本に巣食う気色悪いストーカー在日レプチョン下衆イルミナティーどもに告ぐ!

早急に地球から消えうせろ!

































[ 2016/07/20 23:33 ] 日常の風景 | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する