FC2ブログ







2016/08/13










美居子さまは今日も来られました。







あの世この世のニュースなど;






長崎市長「プーチン大統領訪問、実現すれば歓迎」
2016年08月12日 22:59(アップデート 2016年08月12日 23:38)
徳山 あすか


8月9日、長崎原爆の日に発表された今年の長崎平和宣言は、ロシアでも注目を集めた。平和宣言が「日本政府は、核兵器廃絶を訴えながらも、一方では核抑止力に依存する立場をとっている」という矛盾を指摘したことは、ロシアの日本研究者らから勇敢で大胆であると評価されている。

ロシアの立場から日本を見てみると、日本は唯一の被爆国として核兵器廃絶を訴えるリーダー的な国という地位を占めようとしている一方、米国の核の傘の下で守られることを拒否していない、矛盾を孕んだ国である。

その上、核兵器の非保有国であるにもかかわらずプルトニウムを大量に有しているので、「いざとなれば核武装できてしまうのではないか」という懸念がある。

しかし、長崎市の田上富久(たうえ・とみひさ)市長は、日本の反核の世論は非常に高いと述べている。

田上市長「長崎の街は71年前の経験をもとに、被爆者が体験した悲惨な思いを二度と、世界中の誰にもさせない、という思いと、長崎を最後の被爆地にしようという強い決意で、広島市とともに核兵器廃絶を訴えてきました。

世界中にたくさんの平和市長会議の仲間もいます。

日本国内には全部で1800ほどの自治体がありますが、そのうち約9割の自治体が非核宣言を行っていて、国内の反核の世論は非常に高いと思っています。

これをより恒久なものにしていくために、長崎平和宣言を通し、これまでも非核三原則の法制化や北東アジア非核兵器地帯構想について求め、提案し続けてきました。」

北東アジア非核兵器地帯構想とは、日本・韓国・北朝鮮の3か国を非核兵器地帯にしようとする試みだ。

この地帯が非核兵器地帯として完成するためには、3か国に核兵器が存在せず、近隣の核保有国(米国・ロシア・中国)が、これらの国々を核兵器で攻撃しないことが条件になる。

北朝鮮は核実験を強行に繰り返しており、朝鮮半島の非核化は困難な状況だ。

ロシア科学アカデミー極東研究所・日本研究センターのワレリー・キスタノフ所長はスプートニクのインタビューで、プーチン大統領が年内に訪日するにあたり、日露関係を討議するだけではなく、長崎あるいは広島を訪問して何らかの声明を出すことが、世界が核兵器を放棄する助けとなるだろうという見解を示している。

これに対し田上市長は「もしプーチン大統領の長崎訪問が実現すれば、もちろん歓迎したい」と述べている。

田上市長「長崎平和宣言でも申し上げたように、被爆の実相を知るということは核兵器のない未来を考えるスタートラインだと思っています。特に核兵器保有国のリーダーの皆さんに被爆地を訪問して頂き、原子雲の下で人間に何が起きたのかを知ってもらいたいのです。

核政策や核軍縮を議論するためには、被爆の実相を正しく理解して頂くことが重要で、そのためにも訪問は大きい役割を果たしてくれると考えています。

特に長崎は歴史的にもロシアとの様々なつながりがありますから、プーチン大統領の長崎訪問が実現するならば、長崎市として歓迎申し上げたいと思います。」

長崎は幕末、レザノフやプチャーチンが来航しロシアとの窓口となった。かつて長崎にあったロシア領事館は、原爆投下で破壊されてしまった。

http://jp.sputniknews.com/opinion/20160812/2635732.html












米の洞窟で行方不明の日本人留学生ら3人を無事発見
8月12日(金)10時55分配信
 
アメリカ南部アーカンソー州の洞窟で、10日から行方不明となっていた日本人留学生2人を含む3人が無事発見されました。

 
地元メディアによりますと、無事、発見されたのは、日本人留学生のイトウ・ダイキさん(19)、タカギ・ダイスケさん(18)ら3人です。3人は10日に州北部の洞窟に入りましたが、予定の時間になっても戻らず、地元警察などが捜索を続けていました。(12日07:47)
最終更新:8月12日(金)14時2分



http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20160812-00000016-jnn-int













IOC、ロシア人選手の心情を傷つけた米選手らに批判

2016年08月13日 12:42

国際オリンピック委員会(IOC)はリオ五輪参加選手らに互いを尊重するよう要請。IOCのアダムス会長は、競技を終えた選手らが互いの健闘を讃えあわないなど容認できない行為と批判。

「スポーツ選手が互いの健闘を讃えあわないなど言語道断だ。これではライバルを尊重していないことになる。」リアノーボスチ通信がアダムス会長の声明を引用して報じた。IOCのこうした反応は水泳で金、銅メダルを受賞した米国選手らが銀メダル獲得のロシアのユリヤ・エフィーモヴァ選手に否定的な態度をとったことに起因して出された。

火曜日9日未明に行われた女子100メートル平泳ぎの後、金メダルを獲ったリリー・キングと銅メダルのケイティ・マイリの両米国選手は表彰式でエフィモワ選手を祝福しなかった。

2014年エフィモワ選手はドーピング検査でアナボリックステロイドの陽性反応が出たため16ヶ月の出場停止処分を受けた。今年3月には禁止薬物メルドニウムの陽性反応が検出されて暫定的に資格停止処分となったが、体内の薬物濃度が許容値を超えなかったため疑いが晴れた。

http://jp.sputniknews.com/sport/20160813/2637063.html












日本の原爆投下の実被害は過大視されている、仏学者が発表
2016年08月13日 10:30

仏の分子生物学者バートラン・ジョルダン氏は米国が広島、長崎に投下した原子爆弾による長期的後遺症は極度に誇張されたものとする結論を出した。調査結果は「ジェネティックス」誌に掲載。

被爆者のガン罹患率は被爆していない人のそれに比較すると高いものの、著しい差はない。調査の結果、被爆者のガン罹患率は年齢、性別、また爆心地からの距離によって異なることがわかった。

1958年から1998年の間では被爆者のガン罹患率は、放射能被害を受けていない一般の例に比べると10%高い。

生き残った大多数の被爆者の吸収線量値は1グレイ以下の小さい。被爆者から生まれた子どもには遺伝的な病気は見られなかった。被爆者の平均寿命は一般より数ヶ月短い程度。

ジョルダン氏は60年にわたって広島、長崎の原爆投下の影響を調べ続け、その結果をまとめた。

ジョルダン氏は原子力エネルギーおよび原爆による被爆の誇張されたリスクに注目せず、石炭、化学産業による環境問題にこそ目を向けるべきと呼びかけている。同氏はこうした産業によるガン罹患率のほうがはるかに高いと指摘している。

http://jp.sputniknews.com/japan/20160813/2636925.html












かわいすぎるタコ、ネットユーザーを魅了(動画)
2016年08月13日 22:24



こんなに可愛いものがまたとあろうか。大きくて善良そうな目をした丸い紫色のタコがそれを海底に見つけた研究者に強い印象を与えた。風変りなタコの画像が瞬時にインターネット上を拡散した。



「まるで子供が落とした人形だ」とあるコメンテーター。

科学者たちはこれがRossia pacificaと呼ばれるタコであることを突き止めた。タコというよりは北部太平洋に住むイカの仲間だという。

ビデオはE / Vノーチラスのグループによって撮影された。同グループは水中車両でカリフォルニア沖の底を探査している。その全行程が生中継されている。

http://jp.sputniknews.com/science/20160813/2638302.html



































最終更新;2016/08/13 pm23:20
[ 2016/08/13 21:38 ] 日常の風景 | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する