FC2ブログ







2016/08/17








美居子さまは今日も来られました。







あの世この世のニュースなど;





IOC理事、チケット不正販売に絡み身柄拘束
読売新聞 8月17日(水)20時42分配信

【リオデジャネイロ=結城和香子】

国際オリンピック委員会(IOC)のパトリック・ヒッキー理事(71)(欧州五輪委連合会長、アイルランド五輪委会長)が17日、リオデジャネイロ五輪の観戦チケットの不正販売事件にからみ、リオ市内のホテルでブラジル当局に身柄を拘束された。

 
五輪期間中にIOC幹部が、警察に身柄を拘束されるという異例の事態となった。

 
ブラジル当局は先週当地で、1000枚以上の五輪チケットを高額で不正販売した容疑で、英国のチケット会社「THGスポーツ」の局長を逮捕。チケットの中にアイルランド五輪委に配分されたものが交じっていたため、捜査を進めていた。17日の声明で、捜査過程でヒッキー理事の関与の証拠が浮上したとしている。

http://news.yahoo.co.jp/pickup/6211451














ロスチャイルド卿「人類を対象にしたグローバルな金融実験が行われている」
2016年08月17日 11:41(アップデート 2016年08月17日 16:37)



RIT Capital Partners基金の総裁を務めるジェイコブ・ロスチャイルド卿は、クライアントに向けた定例書簡の中で「すでにここ数年、人類は、世界の中央銀行が行っているグローバルな金融上の実験という条件下で暮らしている。中央銀行は『空中から』記録的な量の紙幣を印刷し、歴史上最低レベルまで金利を下げた」と指摘している。

またロスチャイルド卿は「中央銀行のトップ達は、世界の歴史上、文字通り最大のマネタリー実験を続けている。それがどんな結果をもたらすかは、予見不可能だ」と述べた。
米国のバンク・オブ・アメリカ・メリルリンチ(投資銀行)は、この8年間、世界の中央銀行は600回以上、金利を下げたと計算している。

2008年の経済危機後、中央銀行の側から行われた資金注入の総額は、10兆ドルを超えている。

なおロスチャイルド卿は、定例書簡の中で「ほとんどあらゆるタイプの投資は、資金の注入により増えたが、経済成長は微々たるもので需要も弱い、また多くの先進諸国では、相変わらずデフレがみられる」と分析している。

先に、安倍首相は世界第3の経済大国の需要をなんとか覚醒させようと再三の試みを展開と報じられた。

http://jp.sputniknews.com/business/20160817/2652664.html












マレーシア 石油タンカーハイジャック
2016年08月17日 19:00(アップデート 2016年08月17日 19:09)

マレーシアの海上法執行庁は、90万リットルの軽油が積まれたタンカーがハイジャックされたと声明した。ロイターが報じた。

声明では、約39万2700ドル相当の軽油が積まれたタンカー「Vier Harmoni」の位置は特定されたと述べられている。海上法執行庁の情報によると、タンカーはインドネシアのバタム島沿岸に位置しているという。
また、ハイジャック犯の身元は今のところ特定されていない。

先に伝えられたところによると、原油価格7は月以来の最高値に達した後、再び下がる。

http://jp.sputniknews.com/incidents/20160817/2654576.html












月の周りで塵の雲が観測
2016年08月17日 06:14(アップデート 2016年08月17日 16:03)



米地質学者が月の外気圏で新たな構造を発見した。論文は『ネイチャー・ジェオサイエンス』に掲載された。

学者は2つのスペクトルの観測データを比較した。20~30ナノメートルの粒子が1回目の観測の結果発見された。粒子は月表面の約50キロ上に位置している。

データは無人月探査機「LADEE」による月の僅かな大気の調査、また外気圏の観測というミッションの一環で得られたものだ。

LADEEは13年9月6日打ち上げられ、6ヶ月間月の軌道上にいた。

科学の関連ニュースはこちら。

http://jp.sputniknews.com/science/20160817/2652198.html













ロシア陸上選手 北京五輪の金メダル剥奪される
2016年08月17日 19:49

国際オリンピック員会(IOC)は、2008年の北京五輪女子400メートルリレーに出場したユリヤ・チェルモシャンスカヤ選手のドーピング検査で陽性反応が出たとして、ロシア女子チームの金メダルを剥奪した。IOCが、プレスリリースを通じて発表した。

こうした決定は、ドーピング再検査のあと下されたもので、2008年の北京五輪に出場したチェルモシャンスカヤ選手のサンプル分析では、スタノゾロールとトゥリナボールを使用した痕跡が認められたという。

北京五輪で彼女は、エフゲニヤ・ポリャコワ、アレクサンドラ・フェドリワ、ユリヤ・グシチナ選手と共に、400メートルリレーに出場し金メダルを獲得した。授与されたメダルは、返還されなければならない。

ロシアのヴィタリイ・ムトコ・スポーツ相は、この件について、次の様に述べた-

「これはニュース(新しい知らせ)などではない。北京及びロンドン五輪参加選手のサンプル再検査が行われたところ、ロシア選手も含め98選手にドーピング違反が見つかったという古いことについてのものだ。ただ私が理解できないのは、なぜ今の時期に、オリンピックの最中にわざわざロシア選手の名前を発表したのかという点だ。もちろん残念でならない。重大な情報攻撃が続いている。」

五輪の関連ニュースはこちら。

http://jp.sputniknews.com/sport/20160817/2654984.html







































最終更新;2016/08/17 pm22:59
[ 2016/08/17 21:44 ] 日常の風景 | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する