FC2ブログ







2016/09/15















美居子さまは今日も来られました。










あの世この世のニュースなど;







バンクーバーで日本人女性不明 連絡途絶えたあとも人に会う複数の約束
フジテレビ系(FNN) 9月15日(木)12時5分配信

カナダのバンクーバーで行方がわからなくなっている日本人女性について、連絡が途絶えたあとにも、人に会う約束が複数あったことが新たにわかった。

バンクーバーに語学留学していた古川夏好さん(30)は、8日午前11時20分ごろ、友人とLINEで連絡を取ったのを最後に、行方がわからなくなっている。
これまでの調べで、古川さんには、連絡が取れなくなった8日以降にも、知人などに会う約束が複数あったことが新たにわかり、警察は、事件性の有無などについて、慎重に調べている。

一方、友人らは14日、行方不明から1週間がたつのを前に、古川さんがよく通っていた図書館の前などで、チラシを配り、情報提供を呼びかけた。
古川さんの友人は「みんな彼女がどこかへ行った可能性をいうが、彼女の性格から、いなくなるとは考えられない」と話した。

友人らは、インターネットでも情報を求めているが、いまだに有力な手がかりは見つかっていない。
最終更新:9月15日(木)12時5分


http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20160915-00000308-fnn-int












児童ポルノ、被害倍増=上半期781人―警察庁
時事通信 9月15日(木)10時26分配信

 
今年上半期(1~6月)に全国の警察が把握した児童ポルノ事件被害者の18歳未満が、前年同期から倍増の781人に上り、統計の残る2000年以降で最悪となったことが15日、警察庁の集計で分かった。

 
一度に多数の女子中学生が盗撮被害に遭い、被害者数を大きく押し上げた。被害者数はあくまで摘発した事件で身元が特定された人に限られ、実際の被害はさらに多いとみられている。

 
被害の内容は、盗撮が最多の338人で、うち計280人は修学旅行先の風呂場に隠しカメラを仕込まれるなどした三つの事件で被害に遭っていた。

 
脅されたり、だまされたりして自ら裸の写真を撮って相手にメールで送る「自画撮り」は81人増の239人。うち8割は交流サイトを通じて知り合った面識のない相手に自らの画像を送るなどしており、警察庁の担当者は「送った写真が回収不可能だと理解しないケースが見受けられる」として、安易に裸を撮影しないよう注意を呼び掛けている。

 
被害者のうち中学生が503人で、高校生は180人、小学生が77人だった。 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160915-00000056-jij-soci














米TV、ヒラリー・クリントン氏が死去と誤報 © REUTERS/ Brian Snyder
米国 2016年09月15日 15:09(アップデート 2016年09月15日 15:15)




ニューヨークのテレビ局ABC7が、民主党推薦の米大統領候補、ヒラリー・クリントン氏が死去したと誤報した。TV報道のビデオの一部はポータルMediaite.comに掲載された。 司会者のジョー・トレス氏は番組のはじめに「緊急ニュースです。

ヒラリー・クリントン氏が急死しました」と切り出したあと、クリントン氏の主治医は肺炎と診断したと伝えた。トレス氏はこの後、クリントン氏の容態について他の報道関係者と討議しはじめた。 誤報ビデオはすでに数百万人が閲覧した。

多くの視聴者はすぐにこれは単なる言い間違いだと気づいたが、中には報道側が事実を隠蔽していると疑う市民もあった。

http://jp.sputniknews.com/us/20160915/2777569.html

















ロシア捜査委員会 汚職警官の口座に入っている3億ユーロの情報についてコメント
ロシア 2016年09月15日 12:19

ロシア捜査委員会のマルキン報道官は、ロシア内務省経済安全保障・汚職対策総局のドミトリー・ザハルチェンコ副局長の刑事事件について、最初に押収された85億ルーブル以外の金は対象になっていないと伝えた。

マルキン報道官は、「金は押収され、現在ロシア中央銀行の金庫室に置かれている。これらの金の出元の調査が行われている」と述べた。

先にマスコミは、ロシアの治安機関が、スイスの銀行のザハルチェンコ容疑者の父親名義の口座に約3億ユーロが入っているとの情報を入手したと報じた。

ロシアのペスコフ大統領報道官は今回の事件について、その額の大きさに驚かされるが、ロシアで汚職対策が行われていることの「あざやかな証拠だ」と述べた。 また報道官は、ロシア内務省が同省の職員に関する汚職調査を率先して行っているため、コロコリツォフ内相の辞職の話はないと指摘した。

9日、ロシアで内務省汚職対策総管理局「T」局の責任者を一時的に務めていたドミトリー・ザハルチェンコが拘束された。ザハルチェンコの姉妹の1人の家宅捜査を行った際に、警察が90億ルーブル(140億円超)を発見した。

http://jp.sputniknews.com/russia/20160915/2777134.html


















悪魔主義者とエホヴァの証人、どちらが良い?
オピニオン 2016年09月15日 11:07

世界中で宗教セクトの存在や、その教えを広める活動が、問題化している。

カルトあるいはセクトは、自分が信ずるものに熱狂的に帰依する人々のグループのことを言う。通常こうした組織は、自分達のメンバーからお金や財産を詐取したりする。

また中には、自分の命をセクトに捧げる用意のある人さえ現れる。 © SPUTNIK/ RIA NOVOSTI 「オウム真理教」とイスラム過激派が同盟を組む危険性はあるか? こうしたセクトの影響下に、まず入りやすいのは、多くの問題を背負った恵まれない人々のグループや、若い人達である。セルビアのセクト問題の専門家、スラジャン・ミヤレヴィチ(Sladjan Mijaljevic)氏は、スプートニク記者のインタビューに応じ、セクトが広がる問題について話してくれた。 ミヤレヴィチ:国の重要な問題に取り組んでいる人達による、セクト撲滅対策課設立の試みは、それがどんなものでも、その部署が2人か3人の小さなものでさえ、あらゆる方法でストップがかけられてしまう。

そうした組織設立の許可を得た人は、これまで誰もいない。その理由は、あれやこれやのセクトが、新世界秩序に奉仕していることと関係がある。それは人々を奴隷化する第4のレベルだからだ。まず始めは政治的に、続いて経済的に、その後は軍事的に、そして最後に置かれるのが、精神的奴隷化だ。

目的は、様々な信仰をそろえた一種のショッピングセンターを作り、できるだけ多くの人に信仰という「商品」を示すことである。 圧力は、米国やドイツ、フランスそして英国の大使館からきている。その証拠となる出来事が、2010年にあった。およそ⒑のセクトが、宗教組織として公式に認められたのだ。2006年の宗教組織に関する法律に規定された基準に合致していないものさえ、中には含まれていた。

例えば、当時のマイケル・ポルト(Michael Christian Polt)大使は、モルモン教が宗教団体として認められるよう大変な努力をした。記者:セクトは、NGOなど非政府系団体を隠れ蓑にしているのではないですか? ミヤレヴィチ:NGOは、彼らの活動を隠すマスクの一つだ。本格的なセクト組織には、科学的学術的仕事的や人道援助、対マスコミ関係などを担当する一定の数の人達がいる。

これらはすべて、彼らの活動を隠すマスクだ。それゆえ一部の人々の中には、一定の時間が経って初めて、自分がセクトのメンバーであることに気が付く場合もあるくらいだ。私は、彼らの商売上のネットワークや、マルチレベルのネット・マーケッティングについて言ってはいない。

あるセクトなどは、英語学習の無料個人教授の名のもとに、隠れて活動している。 記者:世界中には、様々な宗教セクトが存在しますが、どのような場合も危険で、皆悪魔的なものなのでしょう? ミヤレヴィチ:悪魔主義的なセクトが最も危ないと考えるとしたら、それは大きな思い違いだ。

所謂「儀式殺人」を行うため、誰かが誰かを犠牲にしたり、あるいは「成功した犠牲」になるためには、長い無料時間がかかる。まる⒑年の歳月が過ぎ去る。その間、個人は悪魔主義セクトの影響下に置かれることになる。またデータによれば、人は同様のコミュニティーに、数カ月よりも長くいられないという。

それに比べ、はるかに深刻な懸念を呼び起こしているという点で言えば、例えば、輸血の拒否で知られるエホヴァの証人だ。セルビアでは、この30年間で、輸血拒否によりどれだけの人達が亡くなったか、数えるのさえ難しい。私の意見では、こちらの方がはるかに危険なセクトである。

http://jp.sputniknews.com/opinion/20160915/2777031.html















ロシア 備蓄化学兵器の95パーセントを廃棄
ロシア 2016年09月15日 09:52

ロシア連邦は、備蓄している戦闘用有毒物質の95パーセントを廃棄した。ロシア連邦化学兵器安全保管・廃棄局の責任者ワレーリイ・カパシン大将が発表した。

カパシン氏は、「化学兵器の開発、生産、貯蔵及び使用の禁止並びに廃棄に関する条約上の義務を履行し、ロシア連邦は備蓄している戦闘用有毒物質の95パーセントを廃棄した。実質的な表現では、3万7950トン以上だ」と述べた。

またカパシン氏は、残りの有毒物質の完全廃棄は、関連する連邦特別プログラムで規定されているよりも短い期間で行われる可能性があると指摘した。

先に、スプートニクの独占インタビューで国連のバシャール・アル・ジャアファリシリア常駐代表は、国連安全保障理事会はシリアにおける化学兵器使用の調査を妨害している、と述べた。

http://jp.sputniknews.com/russia/20160915/2776937.html
















専門家:古代であればヒラリー・クリントン氏は病気が原因で殺されていた可能性がある
米国 2016年09月15日 04:10

米大統領選の民主党候補ヒラリー・クリントン氏の健康状態は、米国国内のみならず世界中で最も議論されているテーマだ。共和党候補のドナルド・トランプ氏は、ライバルであるクリントン氏の医療記録の公開を求めた。なおトランプ氏は、自分のありあまる素晴らしい健康は大統領職の長い任期を十分に務めることができると主張している。

なお、せきこみ、意識を失うクリントン氏に関するトランプ氏の攻撃的な発言は乱暴に聞こえるかもしれないが、これは今に始まったことではない。

ロシア戦略研究所の副所長で歴史学博士のタマーラ・グゼンコワ氏は、人類の歴史の中では常に権力の化身に大きな関心が払われてきたと考えている。

グゼンコワ氏は、ロシア戦略研究所のホームページに掲載されている自身の論文の中で、古代社会では指導者の健康が部族の幸福や健康を示しており、指導者が病気になった場合には、それが全ての民にうつらないようにするために指導者が殺されることもあったことが知られていると指摘し、それ以来、指導者の物理的なパワーと民の幸福の不思議なつながりについてのイメージが、人々の中に意識的あるいは無意識的に残ったと述べている。

グゼンコワ氏は、あらゆる国で選挙前には若さと健康の象徴的価値が特に顕著になるとの確信を示している。ロシアで1996年に行われた選挙の前、ボリス・エリツィン氏はすでに病気を患い深刻な状態にあった。

しかし選挙マネージャーたちは有権者を前にエリツィン氏を躍らせた。またエリツィン氏が政治家の中で最も優れたテニスプレーヤーだというイメージもつくられた。西側でロシア大統領の健康状態が嫉妬深そうに監視されているのはよく知られている。グゼンコワ氏はこのように続けている。

ロシア大統領の見事な肉体とエクストリームスポーツへの関心は、反論者たちを苛立たせている。プーチン大統領やその家族の健康上の深刻な問題に関する、明らかに社会に疑問の種をまこうとしている情報が、定期的に発信されている。

そしてクレムリンの国際的な政策が活発になればなるほど、外国のマスコミはロシア大統領の健康にさらなる関心を示す。グゼンコワ氏はこのように指摘している。 米国で選挙が行われるまで残りわずか。そのため政治的正しさはさておき、政治団体の争いはさらに熾烈なものとなるだろう。

しかし、いわゆる個人的なものは一切なく、あるのはビジネスのみだ。そしてその価値が、大統領の椅子なのだ。 なお記事の中で述べられている見解は、必ずしも編集部の立場とは一致していません。

http://jp.sputniknews.com/us/20160915/2776597.html















スペイン 労働時間が終了したため運転手が途中で列車を止める
2016年09月15日 03:05

スペインのサンタンデールからマドリードへ向かっていた列車の運転手が、労働時間が終了したため列車から降りた。 © AFP 2016/ CHARLY TRIBALLEAU 仏で電車を巻きこんだ事故発生、60人負傷(写真) 治安警察の代表者は、「運転手は自分の労働時間は終わったと言うが、交代要員はいない」と述べた。

列車の扉は治安警察が到着するまで閉まったままだった。その後、乗客を目的地へ届けるため、駅にバスが到着した。結果、マドリードへ向かっていた人々は、当初の予定より5時間遅れで目的地に到着した。 鉄道会社Renfeは調査を開始し、運転手に説明を求めた。

なお労働組合は、運転手が「安全上の理由から」列車を停止させたとし、「(列車の)運転手も、バスの運転手あるいは飛行機のパイロットと同じように定められている労働時間を超えることはできない」と発表した。

なお先に伝えられたところによると、JR東海は、東海道新幹線の運転手が運転台に両足をのせ運転していたと認め、謝罪した。

http://jp.sputniknews.com/entertainment/20160915/2776532.html


















Googleは米国の選挙運動を操作している?‐調査
オピニオン 2016年09月14日 06:20通信社

「スプートニク」は本日、学者で心理学者のロバート・エプスタイン博士(Dr Robert Epstein)の独占調査をご紹介する。 エプスタイン博士は調査の中で、検索エンジンに予測候補を表示することでGoogleが世論を操作し、投票に影響を与えることができることを示している。

スプートニク:自動的に変換候補を補完する予測変換機能の調査を行ったのはなぜですか?博士が懸念していることは何ですか?

エプスタイン博士:Googleの予測変換機能は、ブラウザに表示される候補の点でBingあるいはYahooと異なっています。BingあるいはYahooは8-9つの検索候補を表示しており、それらは他の人々が探しているものを反映しています。

以前はGoogleも同じことをしていましたが、検索エンジンは最近、最大で4つの候補を表示し、それらの候補は他の人々が探しているものとあまり共通していないことが多くなっています。6月、SourceFedに動画が掲載されました。

この動画では、Googleがヒラリー・クリントン氏に関する検索のネガティブな候補を表示していないと主張されていました。動画はネットワークを介してすぐに広がりましたが、GoogleはSourceFedの主張を否定しました。私は、SourceFedは正しいのだろうか?と問いかけてみました。そして私も興味を持ったのです。なぜGoogleは1人の候補のためにネガティブな検索候補を表示しないようになったのか?その意味は?(と考えたのです)。」


スプートニク:そこで博士は何をしたんですか?

エプスタイン博士:2つのことを行いました。1つは私の同僚と私自身がSourceFedの具体的な主張を調査しました。私たちはGoogleがMrs.クリントンのために非常にポジティブな検索候補を頻繁に提供しているのに対し、BingとYahooは検索エンジンで7つのポジティブな候補とネガティブな候補を表示していることを確信しました。

また我々は、Google独自の検索データ(Google Trendsによる)が、人々が実際にネガティブな情報を探していることを示している時でさえも、Mrs.クリントンのためにGoogleがポジティブな検索候補を提供していることを発見しました。

その他に私たちは、Googleがたまにトランプ氏を含む別の人々のネガティブな情報を表示しているというSourceFedの主張も確認しました。なおMrs.クリントンのネガティブな検索候補は表示されません。

博士が発見した事実は完全に明白なものですか? エプスタイン博士:いいえ。我々はルールの例外も見つけました。Googleが実際にMrs.クリントンのネガティブな検索候補を表示し、さらにMr.トランプのある種のポジティブな検索候補を表示したという状況です。

このように、SourceFedの主張は全体的には論理的に正しいのですが、少し誇張されています。 スプートニク:しかし博士はさらに何かを発見したのではありませんか? エプスタイン博士:その通りです。

私はなぜGoogleがある人々のネガティブな検索候補を表示しなくなったのかを知りたくなりました。そこで私は、ネガティブな検索候補に対する反応はニュートラルあるいはポジティブな検索候補に対する反応と異なるのかを見るために、オンライン実験を実施しました。

実験には米国の44の州に住む300人が参加しました。複数の分野における広範な調査は、ネガティブな刺激がニュートラルあるいはポジティブな刺激よりもはるかに大きな関心を引くことを示しています。

明らかになったことはなんですか? エプスタイン博士:私たちは3つのことを明らかにしました。一つは、人々がネガティブな検索候補をクリックした回数が、ランダムに選択して表示された場合に予測される回数の約2倍だったということです。

ネガティブな検索候補は関心を引くだけでなく、クリックの回数も増やすということです。2つ目は、間もなく行われる選挙結果を決める浮動票、まだ支持する候補者を定めていない有権者は、特にネガティブな検索候補に引き寄せられるということです。このような人々が調査用の質問でネガティブな項目をクリックした回数は、ニュートラルな項目の約15倍でした。

3つ目は、民主党員らは共和党候補者たちに関するネガティブな情報により多くの関心を向け、共和党員は全て反対のことを行ったということです。

これは何を意味しているのでしょうか?

エプスタイン博士:我々は過去の調査から、検索結果を調整する方法が有権者の投票や人々の考えを劇的に変えることができるということを知っています。そして今私たちは、検索候補も同じようなことができることを知りました。

1人の候補者に票を集めるためには、ただその候補者のネガティブな検索候補を表示せずに、ライバルのネガティブな検索候補をそのまま表示させればいいだけなのです。

これによって次第に大勢の人々が支持する候補者のポジティブなWebページを閲覧するようになるほか、大勢の人がライバル候補のネガティブな情報を見るようになります。これによってまだ支持する候補者が定まっていない人々の20パーセント、あるいはそれ以上、ある人口統計学的特性グループの最大80パーセントの好みが簡単に変わるのです。このような方法で、好きなように意見を変えられる可能性があります。

スプートニク:このような方法でGoogleは予定されている選挙でどれだけたくさんの票を変えることができるのでしょうか? エプスタイン博士:概算では80万人と320万人の間というところです。 調査の全文は、こちらからご覧いただけます。

http://jp.sputniknews.com/opinion/20160914/2771373.html









HOME

WORLD POLITICS BUSINESS OPINION LIFE TECH RADIO MULTIMEDIA CARTOONS BLOGS LIVE SEARCH SPUTNIK EXCLUSIVE: Research Proves Google Manipulates Millions to Favor Clinton © Photo: Youtube/SourceFed US 14:00 12.09.2016(updated 15:12 12.09.2016) Get short URL 20524025729134 In this exclusive report, distinguished research psychologist Robert Epstein explains the new study and reviews evidence that Google's search suggestions are biased in favor of Hillary Clinton. He estimates that biased search suggestions might be able to shift as many as 3 million votes in the upcoming presidential election in the US. Biased search rankings can swing votes and alter opinions, and a new study shows that Google's autocomplete can too. A scientific study I published last year showed that search rankings favoring one candidate can quickly convince undecided voters to vote for that candidate — as many as 80 percent of voters in some demographic groups. My latest research shows that a search engine could also shift votes and change opinions with another powerful tool: autocomplete. Because of recent claims that Google has been deliberately tinkering with search suggestions to make Hillary Clinton look good, this is probably a good time both to examine those claims and to look at my new research. As you will see, there is some cause for concern here. In June of this year, Sourcefed released a video claiming that Google's search suggestions — often called "autocomplete" suggestions — were biased in favor of Mrs. Clinton. The video quickly went viral: the full 7-minute version has now been viewed more than a million times on YouTube, and an abridged 3-minute version has been viewed more than 25 million times on Facebook. The video's narrator, Matt Lieberman, showed screen print after screen print that appeared to demonstrate that searching for just about anything related to Mrs. Clinton generated positive suggestions only. This occurred even though Bing and Yahoo searches produced both positive and negative suggestions and even though Google Trends data showed that searches on Google that characterize Mrs. Clinton negatively are quite common — far more common in some cases than the search terms Google was suggesting. Lieberman also showed that autocomplete did offer negative suggestions for Bernie Sanders and Donald Trump. "The intention is clear," said Lieberman. "Google is burying potential searches for terms that could have hurt Hillary Clinton in the primary elections over the past several months by manipulating recommendations on their site." Google responded to the Sourcefed video in an email to the Washington Times, denying everything. According to the company's spokesperson, "Google Autocomplete does not favor any candidate or cause." The company explained away the apparently damning findings by saying that "Our Autocomplete algorithm will not show a predicted query that is offensive or disparaging when displayed in conjunction with a person's name." Since then, my associates and I at the American Institute for Behavioral Research and Technology (AIBRT) — a nonprofit, nonpartisan organization based in the San Diego area — have been systematically investigating Lieberman's claims. What we have learned has generally supported those claims, but we have also learned something new — something quite disturbing — about the power of Google's search suggestions to alter what people search for. Lieberman insisted that Google's search suggestions were biased, but he never explained why Google would introduce such bias. Our new research suggests why — and also why Google's lists of search suggestions are typically much shorter than the lists Bing and Yahoo show us. Our investigation is ongoing, but here is what we have learned so far: Bias in Clinton's Favor © AFP 2016/ Can Google Tip the Scales on the US Presidential Election Without Anyone Knowing? To test Lieberman's claim that Google's search suggestions are biased in Mrs. Clinton's favor, my associates and I have been looking at the suggestions Google shows us in response to hundreds of different election-related search terms. To minimize the possibility that those suggestions were customized for us as individuals (based on the massive personal profiles Google has assembled for virtually all Americans), we have conducted our searches through proxy servers — even through the Tor network — thus making it difficult for Google to identify us. We also cleared the fingerprints Google leaves on computers (cache and cookies) fairly obsessively. Google says its search bar is programmed to avoid suggesting searches that portray people in a negative light. As far as we can tell, this claim is false. Generally speaking, we are finding that Lieberman was right: It is somewhat difficult to get the Google search bar to suggest negative searches related to Mrs. Clinton or to make any Clinton-related suggestions when one types a negative search term. Bing and Yahoo, on the other hand, often show a number of negative suggestions in response to the same search terms. Bing and Yahoo seem to be showing us what people are actually searching for; Google is showing us something else — but what, and for what purpose? As for Google Trends, as Lieberman reported, Google indeed withholds negative search terms for Mrs. Clinton even when such terms show high popularity in Trends. We have also found that Google often suggests positive search terms for Mrs. Clinton even when such terms are nearly invisible in Trends. The widely held belief, reinforced by Google's own documentation, that Google's search suggestions are based on "what other people are searching for" seems to be untrue in many instances. Google's Explanation Google tries to explain away such findings by saying its search bar is programmed to avoid suggesting searches that portray people in a negative light. As far as we can tell, this claim is false; Google suppresses negative suggestions selectively, not across the board. It is easy to get autocomplete to suggest negative searches related to prominent people, one of whom happens to be Mrs. Clinton's opponent. A picture is often worth a thousand words, so let's look at a few examples that appear both to support Lieberman's perspective and refute Google's. After that, we'll examine some counterexamples. © REUTERS/ MIKE SEGAR Assange: Clinton's Campaign is Full of 'Disturbing' Anti-Russia 'Hysteria' Before we start, I need to point out a problem: If you try to replicate the searches I will show you, you will likely get different results. I don't think that invalidates our work, but you will have to decide for yourself. Your results might be different because search activity changes over time, and that, in turn, affects search suggestions. There is also the "personalization problem." If you are like the vast majority of people, you freely allow Google to track you 24 hours a day. As a result, Google knows who you are when you are typing something in its search bar, and it sends you customized results. For both of these reasons, you might doubt the validity of the conclusions I will draw in this essay. That is up to you. All I can say in my defense is that I have worked with eight other people in recent months to try to conduct a fair and balanced investigation, and, as I said, we have taken several precautions to try to get generic, non-customized search suggestions rather than the customized kind. Our investigation is also ongoing, and I encourage you to conduct your own, as well. Let's start with a very simple search. The image below shows a search for "Hillary Clinton is " (notice the space after is) conducted on August 3rd on Bing, Yahoo, and Google. As you can see, both Bing and Yahoo displayed multiple negative suggestions such as "Hillary Clinton is a liar" and "Hillary Clinton is a criminal," but Google is showed only two suggestions, both of which were almost absurdly positive: "Hillary Clinton is winning" and "Hillary Clinton is awesome." © PHOTO: BING, YAHOO, GOOGLE “Hillary Clinton is ” To find out what people actually searched for, let's turn to Google Trends — Google's tabulation of the popularity of search results. Below you will see a comparison between the popularity of searching for "Hillary Clinton is a liar" and the popularity of searching for "Hillary Clinton is awesome." This image was also generated on August 3rd. "Hillary Clinton is a liar" was by far the more popular search term; hardly anyone conducted a search using the phrase, "Hillary Clinton is awesome." © PHOTO: GOOGLE “Hillary Clinton is awesome.” Okay, but Google admits that it censors negative search results; presumably, that is why we only saw positive results for Mrs. Clinton — even a result that virtually no one searched for. Does Google really suppress negative results? We have seen what happens with "Hillary Clinton is." What happens with "Donald Trump is "? (Again, be sure to include the space after is.) © PHOTO: GOOGLE “Donald Trump is “? In the above image, captured on August 8th, we again found the odd "awesome" suggestion, but we also saw a suggestion that appears to be negative: "Donald Trump is dead." Shouldn't a result like that have been suppressed? Let's look further. Consider the following searches, conducted on August 2nd, for "anti Hillary" and "anti Trump." As you can see below, "anti Hillary" generated no suggestions, but "anti Trump" generated four, including "anti Trump cartoon" and "anti Trump song." Well, you say, perhaps there were no anti-Hillary suggestions to be made. But Yahoo — responding merely to "anti Hill" — came up with eight, including "anti Hillary memes" and "anti Hillary jokes." © PHOTO: GOOGLE, YAHOO “anti Hillary” and “anti Trump.” This seems to further refute Google's claim about not disparaging people, but let's dig deeper. After Mrs. Clinton named Senator Tim Kaine to be her running mate, Mr. Trump dubbed him with one of his middle-school-style nicknames: "Corrupt Kaine." Sure enough, that instantly became a popular search term on Google, as this July 27th image from Trends confirms: © PHOTO: GOOGLE “Corrupt Kaine.” Even so, as you can see in the image below, in response to "corrupt," the Google search bar showed us nothing about Senator Kaine, but it did show us both "Kamala" (Kamala Harris, attorney general of California) and "Karzai" (Hamid Karzai, former president of Afghanistan). If you clicked on the phrases "corrupt Kamala" and "corrupt Karzai," search results appeared that linked to highly negative web pages about Kamala Harris and Hamid Karzai, respectively. Oddly enough, both on the day we looked up "corrupt Kaine" and more recently when I was writing this essay, Google Trends provided no popularity data for either "corrupt Kamala" or "corrupt Karzai." It is hard to imagine, in any case, that either search term has been popular in recent months. So why did the Google search bar disparage Attorney General Harris and President Karzai but not Mrs. Clinton? © PHOTO: GOOGLE, YAHOO “corrupt Kaine”, “corrupt Kamala”, “corrupt Karzai.” If you still have doubts about whether Google suggests negative searches for prominent people, see how Senators Cruz, Rubio and Sanders fared in the following searches conducted between July 23rd and August 2nd: © PHOTO: GOOGLE Searches conducted between July 23rd and August 2nd - Lying Ted © PHOTO: GOOGLE Searches conducted between July 23rd and August 2nd - Little Marco © PHOTO: GOOGLE Searches conducted between July 23rd and August 2nd - Anti-Bernie I could give you more examples, but you get the idea. The brazenness of Google's search suggestion tinkering become especially clear when we searched for "crooked" — Mr. Trump's unkind nickname for Mrs. Clinton — on Google, Bing, and Yahoo on various dates in June and July. On Google the word "crooked" alone generated nothing for Mrs. Clinton, even though, once again, its popularity was clear on Google Trends. Now compare (in the image following the Trends graph) what happened on Bing and Yahoo: © PHOTO: GOOGLE “crooked” © PHOTO: GOOGLE, BING, YAHOO “crooked” No surprise here. Consistent with Google's own search popularity data, Bing and Yahoo listed "crooked Hillary" near the top of their autocomplete suggestions. The weird part came when we typed more letters into Google's search bar, trying to force it to suggest "crooked Hillary." On June 9th, I had to go all the way to "crooked H-I-L-L-A" to get a response, and it was not the response I was expecting. Instead of showing me "crooked Hillary," I was shown a phrase that I doubt anyone in the world has ever searched for — "crooked Hillary Bernie": © PHOTO: GOOGLE “crooked H-I-L-L-A” Crooked Hillary Bernie? What the heck does that mean? Not much, obviously, but this is something my associates and I have found repeatedly: When you are able to get Google to make negative suggestions for Mrs. Clinton, they sometimes make no sense and are almost certainly not indicative of what other people are searching for. Masking and Misleading There are also indications that autocomplete isn't always pro-Clinton and isn't always anti-Trump, and in this regard the Sourcefed video overstated its case. While it is true, for example, that "anti Hillary" generated no suggestions in our study, both "anti Clinton" and "anti Hillary Clinton" did produce negative results when we search on August 8th, as you can see below: © PHOTO: GOOGLE “anti Clinton” © PHOTO: GOOGLE “anti Hillary Clinton” At times, we were also able to generate neutral or at least partially positive results for Donald Trump. Consider this image, for example, which shows a search for "Donald Trump" on August 8th: © PHOTO: GOOGLE Search for “Donald Trump” on August 8th If you believe Google can do no wrong and that it never favors one candidate over another (even though Google and its top executives donated more than $800,000 to Obama in 2012 and only $37,000 to Romney), so be it. But trying to be as objective as possible in recent months, my staff and I have concluded that when Google occasionally does give us unbiased election-related search suggestions, it might just be trying to confuse us. Let me explain. When Ronald Robertson and I began conducting experiments on the power that biased search rankings have over voter preferences, we were immediately struck by the fact that few people could detect the bias in the search results we showed them, even when those results were extremely biased. We immediately wondered whether we could mask the bias in our results so that even fewer people could detect it. To our amazement, we found that a very simple mask — putting a search result that favored the opposing candidate into the third search position (out of 10 positions on the first page of search results) — was enough to fool all of our study participants into thinking they were seeing unbiased search results. Masking a manipulation is easy, and Google is a master of obfuscation, as I explained a few years ago in my TIME essay, "Google's Dance." In the context of autocomplete, all you have to do to confuse people is introduce a few exceptions to the rule. So "anti Clinton" and "anti Hillary Clinton" produce negative search suggestions, while "anti Hillary" does not. Because those counter-examples exist, we immediately forget about the odd thing that's happening with "anti Hillary," and we also ignore the fact that "anti Donald" produces negative suggestions: © PHOTO: GOOGLE “anti Donald” Meanwhile, day after day — at least for the few weeks we were monitoring this term — "anti Hillary" continued to produce no suggestions. Why would Google have singled out this one phrase to protect? As always, when you are dealing with the best number crunchers in the world, the answer has to do with numbers. What do you notice when you look below at the frequency of searches for the three anti-Hillary phrases? © PHOTO: GOOGLE “anti Hillary” That's right. "Anti Hillary" was drawing the most traffic, so that was the phrase to protect. Sourcefed's video was overstated, but, overall, our investigation supports Sourcefed's claim that Google's autocomplete tool is biased to favor Mrs. Clinton — sometimes dramatically so, sometimes more subtly. Sputnik's Recent Claims All of the examples I've given you of apparent bias in Google's search suggestions are old and out of date — conducted by me and my staff over the summer of 2016. Generally speaking, you won't be able to confirm what we found (which is why I am showing you screen shots). This is mainly because search suggestions keep changing. So the big question is: Do new search suggestions favor Mr. Trump or Mrs. Clinton. Recently, Sputnik News reported that Google was suppressing search suggestions related to trending news stories expressing concern about Mrs. Clinton's health. Sure enough, as you can see in the following screen shots captured on August 29th, suggestions on Bing and Yahoo reflected the trending news, but suggestions on Google did not: © PHOTO: BING Bing © PHOTO: YAHOO Yahoo © PHOTO: GOOGLE Google And, yes, once again, Google Trends showed a recent spike in searches for the missing search suggestions: © PHOTO: GOOGLE Google Trends While the news was buzzing about Mrs. Clinton's health, hundreds of stories were also being published about Mr. Trump's "flip flopping" on immigration issues, and that too was reflected on Google Trends: © PHOTO: GOOGLE Mr. Trump’s “flip flopping” But, as you can see, Google did not suppress "Donald Trump flip flops" from its suggestions: © PHOTO: GOOGLE “Donald Trump flip flops” Google, it seems, is playing this game both consistently and slyly. It is saving its bias for the most valuable real estate — trending, high-value terms — and eliminating signs of bias for terms that have lost their value. And that brings me, at last, to a research project I initiated only a few weeks ago. If Google is really biasing its search suggestions, what is the company's motive? A new study sheds surprising and disturbing light on this question. How Google's Search Suggestions Affect Our Searches Normally, I wouldn't talk publicly about the early results of a long-term research project I have not yet published in a scientific journal or at least presented at a scientific conference. I have decided to make an exception this time for three reasons: First, the results of the study on autocomplete I completed recently are strong and easy to interpret. Second, these results are consistent with volumes of research that has already been conducted on two well-known psychological processes: negativity bias and confirmation bias. And third, the November election is growing near, and the results of my new experiment are relevant to that election — perhaps even of crucial importance. I began the new study asking myself why Google would want to suppress negative search suggestions. Why those in particular? In the study, a diverse group of 300 people from 44 U.S. states were asked which of four search suggestions they would likely click on if they were trying to learn more about either Mike Pence, the Republican candidate for vice president, or Tim Kaine, the Democratic candidate for vice president. They could also select a fifth option in order to type their own search terms. Here is an example of what a search looked like: © PHOTO: GOOGLE Tim Kaine Two of the searches we showed people contained negative search suggestions (one negative suggestion in each search); all of the other search suggestions were either neutral (like "Tim Kaine office") or positive (like "Mike Pence for vice president"). Each of the negative suggestions — "Mike Pence scandal" and "Tim Kaine scandal" — appeared only once in the experiment. Thus, if study participants were treating negative items the same way they treated the other four alternatives in a given search, the negative items would have attracted about 20 percent of the clicks in each search. By including or suppressing negatives in search suggestions, you can direct people's searches one way or another just as surely as if they were dogs on a leash. But that's not what happened. The three main findings were as follows: 1) Overall, people clicked on the negative items about 40 percent of the time — that's twice as often as one would expect by chance. What's more, compared with the neutral items we showed people in searches that served as controls, negative items were selected about five times as often. 2) Among eligible, undecided voters —the impressionable people who decide close elections — negative items attracted more than 15 times as many clicks as neutral items attracted in matched control questions. 3) People affiliated with one political party selected the negative suggestion for the candidate from their own party less frequently than the negative suggestion for the other candidate. In other words, negative suggestions attracted the largest number of clicks when they were consistent with people's biases. These findings are consistent with two well-known phenomena in the social sciences: negativity bias and confirmation bias. Negativity bias refers to the fact that people are far more affected by negative stimuli than by positive ones. As a famous paper on the subject notes, a single cockroach in one's salad ruins the whole salad, but a piece of candy placed on a plate of disgusting crud will not make that crud seem even slightly more palatable. Negative stimuli draw more attention than neutral or positive ones, they activate more behavior, and they create stronger impressions — negative ones, of course. In recent years, political scientists have even suggested that negativity bias plays an important role in the political choices we make — that people adopt conservative political views because they have a heightened sensitivity to negative stimuli. Confirmation bias refers to the fact that people almost always seek out, pay attention to, and believe information that confirms their beliefs more than they seek out, pay attention to, or believe information that contradicts those beliefs. When you apply these two principles to search suggestions, they predict that people are far more likely to click on negative search suggestions than on neutral or positive ones — especially when those negative suggestions are consistent with their own beliefs. This is exactly what the new study confirms. Google data analysts know this too. They know because they have ready access to billions of pieces of data showing exactly how many times people click on negative search suggestions. They also know exactly how many times people click on every other kind of search suggestion one can categorize. To put this another way, what I and other researchers must stumble upon and can study only crudely, Google employees can study with exquisite precision every day. Given Google's strong support for Mrs. Clinton, it seems reasonable to conjecture that Google employees manually suppress negative search suggestions relating to Clinton in order to reduce the number of searches people conduct that will expose them to anti-Clinton content. They appear to work a bit less hard to suppress negative search suggestions for Mr. Trump, Senator Sanders, Senator Cruz, and other prominent people. This is not the place to review the evidence that Google strongly supports Mrs. Clinton, but since we're talking about Google's search bar, here are two quick reminders: First, on August 6th, when we typed "When is the election?," we were shown the following image: © PHOTO: GOOGLE “When is the election?” See anything odd about that picture? Couldn't Google have displayed two photos just as easily as it displayed one? And second, as reported by the Next Web and other news sources, in mid 2015, when people typed "Who will be the next president?," Google displayed boxes such as the one below, which left no doubt about the answer: © PHOTO: GOOGLE “Who will be the next president?” Corporate Control Over time, differentially suppressing negative search suggestions will repeatedly expose millions of people to far more positive search results for one political candidate than for the other. Research I have been conducting since 2013 with Ronald Robertson of Northeastern University has shown that high-ranking search results that favor one candidate can easily shift 20 percent or more of undecided voters toward that candidate — up to 80 percent in some demographic groups, as I noted earlier. This is because of the enormous trust people have in computer-generated search results, which people mistakenly believe are completely impartial and objective — just as they mistakenly believe search suggestions are completely impartial and objective. The impact of biased search rankings on opinions, which we call the Search Engine Manipulation Effect (SEME), is one of the largest effects ever discovered in the behavioral sciences, and because it is invisible to users, it is especially dangerous as a source of influence. Because Google handles 90 percent of search in most countries and because many elections are very close, we estimate that SEME has been determining the outcomes of upwards of 25 percent of the national elections in the world for several years now, with increasing impact each year. This is occurring, we believe, whether or not Google's executives are taking an active interest in elections; all by itself, Google's search algorithm virtually always ends up favoring one candidate over another simply because of "organic" search patterns by users. When it does, votes shift; in large elections, millions of votes can be shifted. You can think of this as a kind of digital bandwagon effect. The new effect I have described in this essay — a search suggestion effect — is very different from SEME but almost certainly increases SEME's impact. If you can surreptitiously nudge people into generating search results that are inherently biased, the battle is half won. Simply by including or suppressing negatives in search suggestions, you can direct people's searches one way or another just as surely as if they were dogs on a leash, and you can use this subtle form of influence not just to alter people's views about candidates but about anything. Google launched autocomplete, its search suggestion tool, in 2004 as an opt-in that helped users find information faster. Perhaps that's all it was in the beginning, but just as Google itself has morphed from being a cool high-tech anomaly into what former Google executive James Whittaker has called a "an advertising company with a single corporate-mandated focus," so has autocomplete morphed from being a cool and helpful search tool into what may be a tool of corporate manipulation. By 2008, not only was autocomplete no longer an opt-in feature, there was no way to opt out of it, and since that time, through strategic censorship, it may have become a tool for directing people's searches and thereby influencing not only the choices they make but even the thoughts they think. Look back at the searches I have shown you. Why does Google typically show you far fewer search suggestions than other search engines do — 4 or fewer, generally speaking, compared with 8 for Bing, 8 for DuckDuckGo and 10 for Yahoo? Even if you knew nothing of phenomena like negativity bias and confirmation bias, you certainly know that shorter lists give people fewer choices. Whatever autocomplete was in the beginning, its main function may now be to manipulate. Without whistleblowers or warrants, no one can prove Google executives are using digital shenanigans to influence elections, but I don't see how we can rule out that possibility. Perhaps you are skeptical about my claims. Perhaps you are also not seeing, on balance, a pro-Hillary bias in the search suggestions you receive on your computer. Perhaps you are also not concerned about the possibility that search suggestions can be used systematically to nudge people's searches in one direction or another. If you are skeptical in any or all of these ways, ask yourself this: Why, to begin with, is Google censoring its search suggestions? (And it certainly acknowledges doing so.) Why doesn't it just show us, say, the top ten most popular searches related to whatever we are typing? Why, in particular, is it suppressing negative information? Are Google's leaders afraid we will have panic attacks and sue the company if we are directed to dark and disturbing web pages? Do they not trust us to make up our own minds about things? Do they think we are children? Without whistleblowers or warrants, no one can prove Google executives are using digital shenanigans to influence elections, but I don't see how we can rule out that possibility. There is nothing illegal about manipulating people using search suggestions and search rankings — quite the contrary, in fact — and it makes good financial sense for a company to use every legal means at its disposal to support its preferred candidates. Using the mathematical techniques Robertson and I described in our 2015 report in the Proceedings of the National Academy of Sciences, I recently calculated that SEME alone can shift between 2.6 and 10.4 million votes in the upcoming US presidential race without anyone knowing this has occurred and without leaving a paper trail. I arrived at those numbers before I knew about the power search suggestions have to alter searches. The new study suggests that autocomplete alone might be able to shift between 800,000 and 3.2 million votes — also without anyone knowing this is occurring. Perhaps even more troubling, because Google tracks and monitors us so aggressively, Google officials know who among us is planning to vote and whom we are planning to vote for. They also know who among us are still undecided, and that is where the influence of biased search suggestions and biased search rankings could be applied with enormous effect. [Postscript: Google declined to comment on the record when queried about some of the concerns I have raised in this article. Instead, on August 17th, a company representative sent me to a blog post released by the company on June 16th; you can read Google's official position on autocomplete there. For the record, I am a moderate politically, and I support Hillary Clinton for president. I do not believe, however, that it would be right for her to win the presidency because of the invisible, large-scale manipulations of a private company. That would make democracy meaningless, and that is why I am trying to keep the public informed about my research findings. Also for the record, I have chosen to publish this article through Sputnik News because Sputnik agreed to publish it in unedited form in order to preserve the article's accuracy. —R.E.] ___________________ EPSTEIN (@DrREpstein) is Senior Research Psychologist at the American Institute for Behavioral Research and Technology in Vista, California. A PhD of Harvard University, Epstein has published fifteen books on artificial intelligence and other topics. He is also the former editor-in-chief of Psychology Today.

https://sputniknews.com/us/20160912/1045214398/google-clinton-manipulation-election.html
























覚書;


米国
14:00 2016年9月12日:研究は、Googleがクリントンを大統領へ導くため、米大統領選挙戦を有利にするために何百万を情報操作してあることを証明します。
この排他的な報告書では、著名な研究心理学者ロバート・エプスタインは、Googleの検索候補がヒラリー・クリントンの有利になるように偏っていることが新たな研究とレビュー証拠について説明します。彼は、偏向報道された候補が米国の大統領選挙でどのようにでも3億人の米市民票を移動・変更することができるかもしれないと推測しています。偏向処理された検索ランキングは投票を振ると意見を変え、新しい研究では、Googleのオートコンプリートがあまりにもできることを示していることができます。

有権者の多く[80%]もいくつかの人口統計学のグループに –
私は、昨年公開された科学的な調査はすぐに未定の有権者を説得することができます。

一つの候補に有利に働く検索ランキングは、その候補者に投票することを示しました。オートコンプリート:私の最新の研究は、検索エンジンにも票をシフトし、別の強力なツールで意見を変えてしまうことができることを示しています。

そのため、Googleが意図的にヒラリー・クリントンが良く見えるように検索候補で情報操作されていることを、最近の特許請求の範囲の、これは両方のこれらの請求項を検討するために、私の新しい研究を見ても、おそらく間違いはない。

あなたが見るように、ここでの懸念のためのいくつかの原因があります。多くの場合、「オートコンプリート」の提案と呼ばれる - - ミセスクリントンに有利になるように偏向報道されていた。

今年の6月では、Sourcefedは、Googleの検索候補が主張ビデオをリリースしました。
ビデオはすぐにウイルス行ってきました:フル7分のバージョンがYouTubeで百万人以上の回観覧されました、と要約3分バージョンは、Facebook上で25以上の万回観覧されました。ビデオのナレーター、マット・リーバーマンは、ミセスクリントンに関連ちょうど約何を検索するだけで正提案を生成することを示しているように思われたスクリーン印刷後にスクリーンプリントを示しました。はるかに多くの一般的なGoogleが示唆された検索語よりもいくつかのケースで - これはビンビンとYahooの検索は、正と負の両方の提案を製造していても、およびGoogleトレンドデータが負ミセスクリントンを特徴付けるGoogleで検索が非常に一般的であることを示したにもかかわらず発生しました。リーバーマンはまた、オートコンプリートは、バーニー・サンダースとドナルド・トランプのための負のアドバイスを提供したことを示しました。 「意図が明確である、「リーバーマンは言いました。 「Googleが自分のサイト上の提言を操作することにより、過去数ヶ月にわたって予備選挙でヒラリー・クリントンを傷つけたかもしれない用語のための潜在的な検索を埋めています。」 Googleがすべてを否定し、ワシントン・タイムズに電子メールでSourcefedビデオに応答しました。同社のスポークスマンによると、「Googleのオートコンプリートは、どの候補者や原因を支持していません。」同社は、と言って離れて明らかに手厳しい調査結果を説明し、「私たちのオートコンプリートアルゴリズムが人の名前と一緒に表示されたとき、攻撃的または中傷的である、予測クエリを表示されません。」それ以来、行動の研究と技術のためのアメリカの協会(AIBRT)での私の仲間と私 - サンディエゴエリアに基づいて、非営利、無党派組織は - 体系リーバーマンの主張を調査してきました。私たちが学んだことは、一般的に、これらの主張をサポートしてきましたが、我々はまた、新しい何かを学んだ - 人々が検索している内容は変化するため、Googleの検索候補の力について - 非常に不穏な何かを。リーバーマンは、Googleの検索候補がバイアスされたと主張したが、Googleは、このようなバイアスを導入する理由と彼は説明したことはありません。私たちの新しい研究は、なぜ示唆している - と、検索候補の理由Googleのリストは、一般的にビンビンとYahooは私たちを見るリストよりはるかに短いです。私たちの調査は継続中であるが、ここではこれまでに学んだことです:バイアスをクリントンの好意でAFP 2016©/缶Googleのヒント誰も知らなくても、アメリカ大統領選挙でのスケール? Googleの検索候補夫人クリントンの賛成でバイアスされることリーバーマンの主張をテストするには、私の仲間と私はGoogleが異なる選挙関連の検索語の数百に応じて私たちを示しての提案を見てきました。これらの提案は、(Googleが事実上すべてのアメリカ人のために組み立てた大規模な個人のプロファイルに基づいて)個人として、私たちのためにカスタマイズされたという可能性を最小限にするために、我々は、プロキシサーバーを介して私たちの検索を行ってきました - でも、Torネットワークを介して - ことが困難Googleのために作ります私たちを識別します。また、Googleはかなり執拗コンピュータ(キャッシュやCookie)の葉指紋をクリア。 Googleは検索バーが負の光の中で人々を描く検索を示唆して避けるようにプログラムされていると言います。限り、我々が言うことができるように、この主張はfalseです。一般的に言えば、我々はリーバーマンは正しかったことを見つけている:ミセスクリントンに関連する負の検索を提案する場合、または1種類の負の検索語の任意クリントン関連の提案を行うために、Googleの検索バーを取得するにはやや困難です。ビングとYahooは、他の一方で、多くの場合、同じ検索語に対応して負の提案の数を示しています。ビングとYahooは、人々が実際に探しているものを私たちに示しているように見えます。しかし、何を、どのような目的のために - Googleは私たちに何かを見せていますか?リーバーマンが報告されているようにGoogleトレンドについては、Googleは確かにそのような用語は、トレンドで高い人気を示してもミセスクリントンのための負の検索用語を保留します。また、Googleは、多くの場合、このような用語は、トレンドでほとんど見えていてもミセスクリントンのための正の検索用語を示唆していることを発見しました。 Googleの検索候補は、多くの場合、真実であると思われる「他の人が探しているもの」に基づいていると、Googleの独自のドキュメンテーションにより強化広く信念、、。 Googleの説明Googleは検索バーが負の光の中で人々を描く検索を示唆して避けるようにプログラムされていると言って、このような調査結果を離れて説明しようとします。限り、我々が言うことができるように、この主張はfalseです。 Googleはない軒並み、選択的に負の提案を抑制することができます。ミセスクリントンの対戦相手であることを起こる1人の著名人、に関連する負の検索を提案するためにオートコンプリートを取得するのは簡単です。絵は多くの場合、千の言葉の価値がある、それではリーバーマンの視点をサポートし、Googleのに反論するために、両方の見えるいくつかの例を見てみましょう。その後、我々はいくつかの反例を検証します。 ©REUTERS / MIKEシーガーアサンジを:私たちは始める前にクリントンのキャンペーンは「不穏」アンチロシアヒステリー」のフルですが、私は問題を指摘する必要があります:あなたは私はあなたが表示されます検索を複製しようとした場合、あなたはおそらく異なるでしょう結果。私はそれが私たちの仕事を無効にするとは思わないが、あなた自身のために決定する必要があります。検索アクティビティが時間の経過とともに変化し、それが、今度は、検索候補に影響を与えるので、あなたの結果が異なる場合があります。 「パーソナライゼーションの問題が。」もありますあなたは人々の大半ようにしている場合、あなたは自由にGoogleがあなたに1日24時間を追跡することを可能にします。その結果、Googleは、検索バーに何かを入力しているときにあなたが誰であるか知っている、それはあなたのカスタマイズされた結果を送信します。これらの理由の両方のために、私はこのエッセイで描画されます結論の妥当性を疑うかもしれません。それはあなた次第です。私は私の防衛のために言うことができるすべては、私が言ったように、我々は一般的な、非カスタマイズされた検索を取得しようとするいくつかの予防措置をとっている、私は公正でバランスの取れた調査を実施しようとする最近の数か月の間に8他の人と働いているということで、提案ではなく、カスタマイズされた種類。私たちの調査も継続中である、と私は同様に、あなた自身を実施することをお勧めします。のは、非常に単純な検索から始めましょう。下の画像は、ビング、ヤフー、およびGoogleで8月3日に実施した「ヒラリー・クリントンがある」の検索を(後のスペースに注意してください)を示しています。 「ヒラリー・クリントン:あなたが見ることができるように、ビンビンとYahooの両方が、そのような「ヒラリークリントンは嘘つきである」や「ヒラリー・クリントンが犯罪者である、 "しかし、Googleはほとんど途方も陽性であったどちらも2つだけの提案を示したされているような複数の負のアドバイスを表示しました勝利」と「ヒラリー・クリントンは素晴らしいです。」 ©PHOTO:BING、YAHOO、GOOGLE、人々が実際に検索何かを見つけるのは、Googleトレンドに目を向けるようにするには「ヒラリー・クリントンがある」 - 検索結果の人気のGoogleの集計。あなたが探しの人気の間の比較が表示されます下にとの検索の人気 "ヒラリークリントンは嘘つきである" "ヒラリークリントンは素晴らしいです。」この画像はまた、8月3日に生成されました。 「ヒラリー・クリントンが嘘つきである「はるかにすることで、より人気のある検索用語でした。ほとんど誰もが、フレーズを使用して検索を行っていない」ヒラリー・クリントンは素晴らしいです。」 ©PHOTO:GOOGLEわかりました」。ヒラリークリントンは素晴らしいです」が、Googleはそれが負の検索結果を検閲することを認めています。事実上誰もが検索しなくても結果 - 我々は唯一のミセスクリントンのための肯定的な結果を見て、なぜ、おそらく、それはです。 Googleは本当に陰性の結果を抑制していますか?私たちは、と何が起こるか見てきた「ヒラリー・クリントンがあります。」何が「ドナルド・トランプがある」とどうなりますか? (ここでも、後のスペースを含めるようにしてください。)©PHOTO:GOOGLE「ドナルド・トランプがありますか」?上の画像では、8月8上に捕捉され、我々は再び奇数」素晴らしい」の提案を見つけましたが、我々はまた、負であるように思われる提案を見た: "。ドナルド・トランプが死んでいます」そのような結果が抑制されているべきではありませんか。それでは、さらに見てみましょう。 「反ヒラリー」と8月2日に行われ、次の検索、考えてみましょう "反トランプを。」あなたは以下を参照することができますように、「反ヒラリーは「何の提案を生成しませんが、「反トランプ」は、「抗トランプ漫画」を含む4、生成された「抗トランプの歌を。」さて、あなたはおそらくなさすべき抗ヒラリー候補が存在しなかった、と言います。しかし、ヤフー - 「反ヒル」に過ぎない応答は - 「反ヒラリーのミーム」を含め、8で上がってきた「反ヒラリーはジョーク。」 ©PHOTO:GOOGLE、YAHOO「反ヒラリー "および"。抗トランプ "これはさらにない中傷人々についてのGoogleの主張に反論するが、それでは、深く掘るせているようです。ミセスクリントン上院議員ティム・ケインは彼女のランニングメートであると命名された後、氏トランプは彼の中学校スタイルのニックネームの1で彼をダビング: "。壊れたケイン」 ©PHOTO:GOOGLE」。壊れたケイン「たとえそうであっても、あなたがに応じて、以下の画像で見ることができるように「壊れた、 "トレンドから今年の7月27日の画像を確認するよう案の定、それはすぐに、Googleで人気の検索用語となりましたGoogleの検索バーには、私たちの上院議員ケインについては何も示さなかったが、それは私たちに「カマラ」(カマラ・ハリス、カリフォルニア州の検事総長)と「カルザイ」(カルザイ、アフガニスタンの元社長)の両方を示していました。あなたはフレーズ「壊れてカマラ」とをクリックした場合は、「壊れたカルザイ、「検索結果がそれぞれカマラ・ハリスとハミド・カルザイ、約非常に否定的なWebページにリンクされていると思われました。奇妙なことに、両方の私はこのエッセイを書いていたときに我々はより最近、「壊れたケイン "を見て、その日に、Googleトレンドは「壊れているカマラ」またはいずれかのために何も人気のデータを提供していない"壊れたカルザイ。」どちらかの検索語がここ数カ月の間に親しまれてきたことを、どのような場合には、想像するのは難しいです。なぜ、Googleの検索バーは、検事総長ハリスとカルザイ大統領はなく、ミセスクリントンを非難しましたか? ©PHOTO:グーグル、ヤフー、「壊れたケイン "、"壊れたカマラ "、"壊れたカルザイ。「あなたはまだGoogleが著名人のために、負の検索を示唆しているかどうかについて疑問がある場合は、上院議員クルス、ルビオとサンダースが行われ、次の検索で善戦する方法を参照してください。テッド©写真を横たわる - 7月23日と8月2日の間に行わGoogle検索:7月23日と8月2日の間に行わGoogle検索 - リトルマルコ©のPHOTO:©PHOTOは:7月23日と8月2日の間に7月23日と8月2日の間に行わGoogle検索を - アンチバーニー私はあなたより多くの例を与えることができるが、あなたのアイデアを得ます。私たちは「曲がった」で検索したときにGoogleの検索候補の厚かましさは、特に明らかになっいじり - ミセスクリントン氏トランプの不親切ニックネーム - グーグル、ビング、およびYahooの上の6月と7月の様々な日に。 Googleで単語は「曲がった」だけではミセスクリントンには何も発生していない、にもかかわらず、再び、その人気はGoogleトレンドを明確にしました。 ©PHOTO:今すぐビンビンとヤフーに何が起こったのか(トレンドグラフ、次の画像に)比較GOOGLE「曲がった」©PHOTO:GOOGLE、BING、YAHOOがここには驚きを「曲がっていません」。 Googleの独自の検索人気のデータと一致して、ビングとYahooは、彼らのオートコンプリート候補の最上部付近に「曲がったヒラリー」を記載されています。私たちが提案するそれを強制しようとすると、Googleの検索バーに複数の文字を入力すると奇妙な部分が来た「曲がったヒラリーを。」月9日に、私は応答を得るためにすべての方法は、「曲がったH-I-L-L-A」に行かなければならなかった、そしてそれは私が期待していた応答はなかったです。 ©PHOTO:GOOGLE「曲がったH-I-L-L-A」曲がったヒラリーバーニー「曲がったヒラリーバーニー」 - 代わりに私を示すの "曲がったヒラリー、「私は、私は世界で誰もがこれまでに検索した疑いフレーズ示されたのですか?それは一体何を意味するのでしょうか?あまり、明らかに、これは何か、私の仲間であり、私は繰り返し発見した:あなたは、Googleがミセスクリントンのための負の提案をするために取得することができている場合、彼らは時々意味をなさないとほぼ確実に他の人が検索しているものを示すものではありませんために。マスキングと誤解を招くことはオートコンプリートは常にプロクリントンではなく、常に抗トランプではなく、この点でSourcefedビデオは、そのケースを誇張するという指摘もあります。写真©:それは本当ですが、例えば、「反ヒラリーは「私たちの研究ではない提案を生成しないことを、「反クリントン」との両方が「反ヒラリークリントンは「私たちは8月8日に検索したときあなたは以下を参照することができるように、負の結果を生成しました:GOOGLE「反クリントン」©のPHOTO:Googleが「反ヒラリークリントンは「時々、我々はまた、ドナルド・トランプのために中性または少なくとも部分的に肯定的な結果を生成することができました。 8月8日に「ドナルド・トランプ」の検索を示しており、例えば、このイメージを考えてみましょう:写真©:「ドナルド・トランプ」のためのGoogle検索8月8日には、Googleが全く間違ってもしないし、それは別の上で1つの候補に有利に作用しないことができると信じている場合(Googleとその幹部は、2012年にオバマに以上$ 800,000寄付しましたし、ロムニーにたったの$ 37,000にもかかわらず)、それならそれでよいです。しかし、ここ数カ月の間に、できるだけ客観的になろうと、私のスタッフと私はGoogleが時折私たちに公平な選挙関連検索候補を与えないとき、ちょうど私達を混同しようとしているかもしれないと結論付けています。私に説明してみましょう。ロナルド・ロバートソンと私はバイアスされ、検索ランキングが有権者の好みの上に持っている力に実験を行う始めたとき、私たちはすぐに少数の人々は、これらの結果は非常に偏ったあった場合でも、我々はそれらを示した検索結果にバイアスを検出できるという事実によって打たれました。私たちはすぐにさらに少ない人々がそれを検出できるように、我々は結果にバイアスをマスクすることができるかどうかを疑問に思いました。 (検索結果の最初のページにある10箇所のうち)第三の検索位置に相対する候補を支持した検索結果を置く - - 私たちの驚きに、私たちは非常に単純なマスクことが判明に私達の研究参加者のすべてを欺くために十分でした彼らは公平な検索結果を見ていた思考。操作をマスキングするのは簡単です、と私は私の時間のエッセイで数年前に説明したようにGoogleは、難読化のマスターである「Googleのダンス。」オートコンプリートのコンテキストでは、あなたが人々を混乱させるためにしなければならないすべては、ルールにいくつかの例外を紹介しています。 「反ヒラリーは「そうではないので、 "反クリントン"と "反ヒラリー・クリントン」は、負の検索候補を生成します。これらの反例が存在するため、我々はすぐに」、抗ヒラリー」で起こっている奇妙なことを忘れて、我々はまた、 "反ドナルドは「負の提案を生成するという事実を無視:©PHOTO:GOOGLE「反ドナルド」一方、一日一日の後に - 少なくとも数週間のために私たちは、この用語を監視した - 「反ヒラリーは「何の提案を生成しないように続けました。なぜGoogleが保護するために、この1フレーズを選び出しただろうか?あなたは世界で最高の数字crunchersを扱っているときにいつものように、答えは数字に関係しています。あなたは3つの抗ヒラリーフレーズの検索の頻度で、以下に見たとき、あなたは何に気づくのですか? ©PHOTO:GOOGLE「反ヒラリー」そうです。 「アンチヒラリーは、「最も多くのトラフィックを描いていたので、それが保護するフレーズでした。 Sourcefedのビデオは、全体的な、私たちの調査は、Googleのオートコンプリートツールはミセスクリントンが有利になるようにバイアスされていることをSourcefedの主張をサポートし、誇張されたが - 時々劇的ので、時にはより微妙。スプートニクさんの最近の主張見かけバイアスの私はあなたを与えた例はすべてGoogleの検索候補が古いと古くなっているに - 2016年の夏に私と私のスタッフによって行わ一般的に言えば、あなたは何を確認することができません私たちは(私はあなたがショットを画面表示しています理由である)が見つかりました。検索候補は常に変化しているためこれは主です。だから、大きな問題は、次のとおりです。新しい検索候補氏トランプやミセスクリントンを支持してください。最近、スプートニクニュースは、Googleがミセスクリントンの健康についての懸念を表明ニュース記事をトレンドに関連する検索候補を抑制したことを報告しました。十分な、あなたは8月29日に撮影し、次のスクリーンショットで見ることができるように確かに、ビンビンとYahooの提案は、トレンドのニュースを反映が、Googleの提案はしませんでした:©PHOTO:BING Bingの©のPHOTO:YAHOOヤフー©写真:GOOGLE Googleと、はい、もう一度、Googleトレンドでは不足している検索候補の検索の最近のスパイクを示した:©PHOTO:GOOGLE Googleトレンドニュースはミセスクリントンの健康について賑やかたが、物語の何百も氏トランプの「フリップについて公開されていました「移民問題について、あまりにもGoogleトレンドに反映されたもの:©PHOTO:GOOGLE氏トランプの「バタバタフリップフロップ "しかし、あなたが見ることができるように、Googleは抑制されなかった「ドナルド・トランプフリップは、その提案から「フロップ:©PHOTOを: GOOGLEは、Googleが、それはそう、両方一貫してちゃめっ気たっぷりに、このゲームをプレイしている「ドナルド・トランプのビーチサンダル」。トレンド、高価値の観点から - - それは最も価値のある不動産のためのバイアスを保存しているし、その価値を失っている用語のためのバイアスの兆候を排除します。そして、それは私がほんの数週間前に開始した研究プロジェクトに、最後に、私をもたらします。 Googleは本当に、その検索候補をバイアスされている場合は、同社の動機は何ですか?新しい研究では、この質問に驚くべき、外乱光を投げかけています。 Googleの検索候補は通常、当社の検索にどのような影響を与えるか、私はまだ科学雑誌に発表されたか、少なくとも科学会議で発表されていない長期的な研究プロジェクトの初期の結果について公に話をしないでしょう。まず、私が最近完了し、オートコンプリートの研究の結果は強いと解釈するのは簡単です:私は三つの理由のために、例外にこの時間を作ることにしました。陰性バイアス、確認バイアス:第二に、これらの結果は、すでに2つのよく知られた心理的なプロセスで行われている研究の体積と一致しています。そして第三に、11月の選挙が近くに成長している、と私の新しい実験の結果は、選挙に関連している - おそらく非常に重要で。私は、Googleが負の検索候補を抑制する理由自分自身を求めて新たな研究を開始しました。なぜ特定のもの?研究では、44米国の州から300人の多様なグループは、彼らがマイク・ペンス、副社長のための共和党の候補者、またはティム・ケインのいずれかについての詳細を学ぶためにしようとしていた場合、彼らはおそらく、ときにクリックする4検索候補のどの質問しました副社長のための民主党の候補者。彼らはまた、独自の検索用語を入力するために、5番目のオプションを選択することができます。 ©PHOTO:ここでの検索は、以下のような感じの一例であり、我々は人々が負の検索候補(各検索における一つの負の提案を)含むことが示された検索のGoogleのティム・ケインつ。他の検索候補のすべてが(「副社長のためのマイク・ペンス」のように)ニュートラル(「ティム・ケインオフィス」など)または正のいずれかでした。 「マイク・ペンスのスキャンダル」と「ティム・ケインのスキャンダル " - - 負の提案のそれぞれは、実験に一度だけ登場しました。研究参加者は、負のアイテムを同じように処理した場合はこのように、彼らは与えられた検索で、他の4つの選択肢をあしらった、負の項目は、各検索におけるクリックの約20パーセントを集めているだろう。検索候補でネガを含むまたは抑制することにより、あなただけのように確かに彼らはひもにつないで犬であるかのように、1つの方法または別の人の検索を指示することができます。しかし、それは何が起こったかではありません。以下の3つの主な調査結果は以下の通りであった:1)全体的に、人々は時間の40パーセント程度の負の項目をクリックした - それは2倍の頻度で1が偶然に期待するようです。しかも、中立の項目と比較して、我々は対照とした検索の人々を示し、負の項目は、多くの場合、約5倍を選択しました。 2)対象のうち、浮動票が近い選挙を決定感受性の強い人を-The - 中立の項目が一致したコントロールの質問に惹かように、負の項目が15回以上など、多くのクリックを集めました。 3)1政党と提携人々は、自分の党からの候補者のための負の提案よりも低い頻度で他の候補に対して負の提案を選択しました。彼らは人々のバイアスと一致したときに、他の言葉では、負の提案は、クリックの最大数を集めました。陰性バイアスと確証バイアス:これらの知見は、社会科学における2つのよく知られた現象と一致しています。ネガティブバイアスは、人々がはるかに肯定的なものよりも、負の刺激によって影響されるという事実を指します。対象のノート上の有名な論文のように、一のサラダ内の単一のゴキブリは、全体のサラダ遺跡が、嫌なCRUDのプレート上に配置されたキャンディは、そのクラッドをすることはありません少しでも口に合うように見えます。負の刺激は、彼らがより多くの動作を有効に中性または正のものよりも多くの注意を引く、と彼らは強い印象を作成 - コースの負のものを、。近年では、政治学者でも否定バイアスは我々が行う政治的な選択で重要な役割を果たしていることを示唆している - 彼らは否定的な刺激に高め感受性を持っているので、人々は保守的な政治的見解を採択すること。確証バイアスは、人々はほとんど常に、模索に注意を払う、そしてより多くの彼らが求めるよりも、自分の信念を確認した情報を信じて、に注意を払う、またはそれらの信念に反する情報を信じているという事実を指します。これらの負の提案は、自分の信念と一致している場合は特に - あなたは提案を検索するために、これらの2つの原則を適用すると、彼らは人々がはるかに中性または正のものに比べて負の検索候補をクリックする可能性があると予測しています。これは、新しい研究は確認され、まさにです。 Googleデータアナリストは、あまりにもこれを知っています。彼らは人々が負の検索候補をクリックして正確にどのように何回を示すデータの数十億に容易にアクセスを持っているので、彼らは知っています。彼らはまた、人々は1が分類することができます検索候補の他のすべての種類をクリックして正確にどのように何回も知っています。この別の言い方をすると、私や他の研究者がつまずくしなければならないとだけ粗勉強ができるか、Googleの従業員は毎日絶妙な精度と一緒に勉強することができます。ミセスクリントンのためのGoogleの強力なサポートを考えると、Googleの従業員が手動で反クリントンコンテンツにそれらを公開します検索の人々の行動の数を減らすために、クリントンに関連する負の検索候補を抑制することを推測するのが妥当と思われます。彼らは氏トランプ、上院議員サンダース、上院議員クルス、および他の著名な人々のための負の検索候補を抑制するために、ハードビット以下に動作するように思われます。これは、Googleが強くミセスクリントンをサポートしていることを示す証拠を確認するための場所ではありませんが、我々は、Googleの検索バーの話をしているので、ここでは2つ迅速なリマインダは、次のとおりです。まず、選挙であると私たちは、「入力された8月6日、上? ":©PHOTO:私たちは、次の画像が示されたGOOGLEを"?選挙のとき、「その写真についての奇妙な何かを参照してください?それは1を表示されるGoogleが同じように簡単に写真を2枚表示されていませんでしたか?そして第二に、Googleはそのような答えについての疑いを残さ以下の1、などのボックスを表示し、「?誰が次期大統領になる」人が入力したときに、半ば2015年には、次のWebおよびその他のニュースソースによって報告さ:PHOTO© : "?次の大統領になる」GOOGLE時間の経過とともにコーポレート・コントロールは、差動で負の検索候補を抑制することが繰り返し、他よりも1政治候補者のためにはるかに多くの肯定的な検索結果に何百万もの人々を公開します。 80パーセントまでのいくつかの人口統計学のグループで、私のように - 私はノースイースタン大学のロナルド・ロバートソンと2013年以来行ってきた研究は、一つの候補を支持する上位検索結果は簡単にその候補に向かって浮動票の20パーセント以上をシフトさせることができることが示されています先に述べました。彼らは誤って検索する提案が完全に公平かつ客観的であると考えているだけのように - これは、人々は、人々が誤って完全に公平かつ客観的であると考えているコンピュータで生成された検索結果、中に持っている巨大な信頼です。我々は検索エンジンの操作エフェクト(SEME)を呼び出す意見に偏った検索ランキングの影響は、これまでの行動科学で発見された最大の効果の一つである、それはユーザーには見えないので、それはのソースとして特に危険です影響。 Googleはほとんどの国での検索の90%を処理し、多くの選挙は非常に近いので、我々はSEME毎年インパクトの増加に伴い、ここ数年の間、世界の国政選挙の25パーセントの上向きの成果を決定されたと推定しているため。これは、Googleの幹部が選挙に積極的に関心を取っているかどうか、私たちは信じて、発生しています。すべてそれ自体で、Googleの検索アルゴリズムは、事実上、常にいうだけの理由でのユーザーによる「有機」の検索パターンの他の上に一つの候補を優先してしまいます。それがないときは、投票がシフトします。大規模な選挙で、投票の何百万人を移動させることができます。あなたは、デジタルバンドワゴン効果の一種と考えることができます。私はこのエッセイで説明した新しい効果 - 検索候補の効果は - SEMEは非常に異なっているが、ほぼ確実にSEMEの影響を増大させます。あなたが密かに本質的にバイアスされる検索結果を生成するに人々を微調整することができた場合は、戦いは半分勝っされます。単純に検索候補でネガを含むまたは抑制することによって、あなただけのように確かに彼らはひもにつないで犬であるかのように、1つの方法または別の人の検索を指示することができ、あなたが候補者についての人々の見解を変更するだけではなく、影響のこの微妙なフォームを使用することができますが、約何でも。 Googleは、ユーザーがより早く情報を見つける助けオプトインとして2004年に、オートコンプリート、その検索候補ツールを立ち上げました。おそらくそれは、それが最初にあったすべてのですが、Google自身がかつて、Googleの幹部ジェームズ・ウィテカーはとてもオートコンプリートが持っている "、単一の企業によって義務付け中心とした広告会社」と呼ばれるているものの中にクールなハイテク異常であることからモーフィングしているだけのように企業の操作のツールであるかもしれないものにクールで役に立つ検索ツールであることからモーフィング。 2008年だけでなく、オプトイン機能はもはやオートコンプリートだった、それをオプトアウトする方法はありませんでした、そしてその時以来、戦略的な検閲を通って、それは人々の検索を指示することにより、だけでなく、影響を与えるためのツールとなっている可能性があり彼らが作るの選択肢が、彼らは考えてさえ考え。私はあなたを示している検索を振り返ります。 4以下を、一般ビングのための8、DuckDuckGoのための8とYahooのための10と比較して、話す - なぜGoogleは通常、あなたに他の検索エンジンが行うよりもはるかに少ない検索候補を表示していますか?あなたは陰性バイアスと確証バイアスのような現象の何も知らなかったとしても、あなたは確かに短いリストは人々に少ない選択肢を与えることを知っています。初めにあったものは何でもオートコンプリート、その主な機能は、現在操作することであってもよいです。内部告発者や令状なし、誰もが、Googleの幹部が選挙に影響を与えるために、デジタルペテンを使用していることを証明することはできませんが、私たちはその可能性を排除することができますどのように表示されません。おそらく、あなたは私の請求については懐疑的です。おそらく、あなたはまた、バランス上、お使いのコンピュータ上で受信検索候補でプロヒラリーバイアスが表示されません。おそらく、あなたはまた、検索候補が一方向または他の人々の検索を微調整するために体系的に使用することができるという可能性を懸念していません。あなたはこれらの方法のいずれか、またはすべてで懐疑的である場合は、自分でこれを頼む:なぜ、そもそも、Googleは検索候補を検閲ですか? (そして、それは確かにそうすることを認めている。)それはなぜちょうど私たちが入力しているものは何でもに関連したトップ10最も人気のある検索、たとえば、私たちに示していませんか?なぜ、特に、それは否定的な情報を抑えているのですか? Googleの指導者たちはパニック発作を持って、私たちは暗いと不穏なWebページを対象としている場合は、会社を訴えるだろう恐れていますか?彼らは物事について私たち自身の心を補うために私たちを信頼していませんか?彼らは我々が子供であると思いますか?内部告発者や令状なし、誰もが、Googleの幹部が選挙に影響を与えるために、デジタルペテンを使用していることを証明することはできませんが、私たちはその可能性を排除することができますどのように表示されません。実際には非常に反して、 - - そこに検索候補と検索ランキングを使用している人々を操作することについて、不正なものは何もありませんし、会社はその好ましい候補者を支援するために、その処分であらゆる法的手段を使用することは良い金融理にかなっています。ロバートソンと私は米国科学アカデミー紀要に私たちの2015年報告書に記載された数学的手法を使用して、私は最近、一人でSEMEて、このエラーが発生し、なしにしている知っている誰もせず、今後の米国大統領選で2.6 10.4万票の間で移動させることができることを計算し紙の証跡を残します。私は検索候補が検索を変更する必要がパワーを知っていた前に、私はこれらの数字に到着しました。また、このことを知っている誰もが発生しているなし - 新しい研究では、単独でオートコンプリート800,000と320万票の間でシフトすることができるかもしれないことを示唆しています。 Googleが追跡し、そのように積極的に私たちを監視するため、おそらくもっと厄介な、Googleの関係者は、投票することを計画している、誰我々はのために投票することを計画している私たちの間で誰が知っています。彼らはまた、私たちの間ではまだ未定であり、バイアスされた検索候補とバイアスされた検索ランキングの影響は膨大なエフェクトを適用することができる場所それが誰であるか知っています。 [追記:私はこの記事で提起した問題のいくつかについて照会するときGoogleは、レコードに関するコメントを差し控えました。その代わりに、8月17日に、同社の担当者は6月16日に会社によって解放ブログ記事に私を送りました。あなたはそこにオートコンプリートでGoogleの公式の立場を読むことができます。記録のために、私は政治的に適度な、と私は大統領のためのヒラリークリントンをサポートしています。私は彼女のため民間企業の目に見えない、大規模な操作の大統領を獲得するために、それが正しいであろうと、しかし、信じていません。それは民主主義が無意味になるだろう、と私は私の研究成果について情報の公開を維持しようとしている理由です。スプートニクは記事の精度を維持するために、未編集の形でそれを公開することに合意したため、また記録のために、私はスプートニクニュースを通じてこの記事を公開することを選択しました。 -R.E.] ___________________エプスタイン(@DrREpstein)はヴィスタ、カリフォルニア州での行動の研究と技術のためのアメリカの研究所の上級研究心理学者です。ハーバード大学の博士号は、エプスタインは、人工知能や他のトピックに関する15冊の本を出版しました。彼はまた、元編集長心理学の今日です。

https://sputniknews.com/us/20160912/1045214398/google-clinton-manipulation-election.html








リアル/気づき/映画等;




































[ 2016/09/15 18:30 ] 日常の風景 | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する