FC2ブログ







2016/09/16








Nikon coolpix s33は展示品限定価格で、ま、色も選ぶこともできず、不特定多数のお客さんがいっぱい触ったり撮影したりしたものなので、新品ではない新品モドキなのでお安くなるものなのです。

そういえばむかし買ったKLXも試乗車で安く買えて嬉しかったのを懐かしくおもいだしたものなのです。

一応10m防水ですが、水中では使用しないものです。
使用してみるとS33はレ ンズが少し広角なのがわたしの感覚に合うものです。

わたしはどちらかというと、あいまいな感じの感覚的なカメラが好きである様子。

まえのIXY3がコンデジにしてはあまりに良かったのですが、久久気の合うカメラと出逢えたのは幸いであるものです。

Qtuo アクションカメラはアマゾンで7月終わりころに安価でGET。

魚眼が強くて撮影が面白いからオススメかも。

おもにこちらは動画主体で使用中。








美居子さまは今日も来られました。










あの世この世のニュースなど;









FBIもスノーデンも進言、ノートブックのウェブカメラはシールで隠せ
社会 2016年09月16日 07:11

米連邦捜査局(FBI)はコンピューターのユーザーらに自身とその近しい者たちをハッカースパイから守る目的でウェブカメラのレンズを覆うよう呼びかけた。15日、インディペンデント紙が報じた。

FBIのコミ長官が自らハッカーの追跡の脅威を語り、カメラをシールなどで封印することは今ユーザーができる「最も合理的なこと」と話している。

長官は国の施設は全て特別のシールでウェブカメラを覆い隠しており、一般市民も同じようにカメラを隠すよう呼びかけている。

元国家安全保障局職員のエドワルド・スノーデン氏もオリバー・ストーン監督の映画「スノーデン」の封切を翌日に控えて行なったインタラクティブ記者会見の中で、ユーザーらにサイバー安全保障の助言を行い、パスワードの使用のほかにもPCのウェブカメラをシールなどで覆うよう勧めている。

先に明らかになったのは、フェイスブックの創業者マーク・ザッカーバーグ氏は、自身のノートパソコンのカメラとマイクをテープで塞いでいる。

http://jp.sputniknews.com/life/20160916/2780673.html



















露日の物理学者、光の速度を10分の1に
サイエンス 2016年09月16日 10:28(アップデート 2016年09月16日 14:53)

モスクワ国立大学と日本の豊橋技術科学大学の研究者らが光の偏光をほぼ一瞬で変え、そのスピードを10分の1に落とすことで光コンピューター、超高速ディスプレイ、新コンピューターネットの創造を促す方法を開発。この論文はフィジカルレビューアプライド誌に掲載された。

両大学の学者らは光と相互に作用することのできる特殊な結晶を用い、その偏光、速度、動きなど一連の基準を変える効果を得ることに成功。

こうした光の動きを「鈍化させる」結晶を作るという構想は1998年、日本人物理学者のイノウエ・ミツテル氏によって提案されていた。

こうした光の「鈍化」はホログラフィックメモリー、3次元画面、磁場センサーを作るためには欠かせない。 先に伝えられたところによると、NASAの専門家が新たに、誰でも学術論文を探せるサイト「Pubspace」をつくった。

http://jp.sputniknews.com/science/20160916/2781083.html


















5歳園児のお弁当はヘロイン
社会 2016年09月16日 07:58

米ニュージャージー州トレントンにある幼稚園の教師が、5歳の生徒からヘロインが入った袋30個を見つけた。町の警察が発表した。

地元紙「 Trentonian」が報じるところ、教師は児童が小さな白い物体で遊んでいるのを見て、お菓子の包み紙だと考えた。しかし近くで見ると、児童の手にあるのはヘロイン入りの袋だと明らかになった。

その後、教師がその児童の弁当箱の中身を調べたところ、ヘロイン入りの袋がさらに29袋見つかったと、警察のウォーン中佐報道担当が発表した。

児童は病院に搬送された。病院の検査では、麻薬の陽性反応は出なかったという。 現在警察は、どこから麻薬が子どもの手に渡ったのか調査を進めている。

先に伝えられたところによると、モスクワの空港で金のネックレス約3キロを持った日本人が拘束された。

http://jp.sputniknews.com/life/20160916/2780716.html









製糖業界が研究者に砂糖は安全といわせるため買収
サイエンス 2016年09月16日 18:03(アップデート 2016年09月16日 18:06)


買収は1967年に起きた。

カリフォルニア大学の研究者が砂糖協会のアーカイブ文書から、総額5万ドルの買収の事実を発見した。 ニューヨークタイムズが報じるところ、同研究者らが発見した書類の情報は、JAMA Internal Medicine誌に掲載された。

論文によると、砂糖研究財団(現在の砂糖協会)がハーバード大の研究者3人を買収し、心血管疾病(CVD)と多様な食物摂取に関する多数の科学論文公表していった。 金銭と引き換えに研究者らは心疾患促進への砂糖の役割を過小評価し、飽和脂肪酸の役割を過大評価した。


今回の論文の共著者の1人、カリフォルニア大学のステントン・グランツ教授が次のように説明した。 「彼らは数10年間にわたり、砂糖の害についての議論を押し殺すことができた」


http://jp.sputniknews.com/science/20160916/2783471.html






















アサンジ氏 広報人の恩赦を条件に米国の裁判所に出頭の用意


政治 2016年09月16日 17:34

内部告発および情報漏洩の情報を伝えるウェブサイト、ウィキリークスの創設者であるジュリアン・アサンジ氏は、オバマ大統領が、サイトの広報人ブラッドリー・マニング氏に恩赦を与えるという条件で、米国の裁判所に出頭する用意がある。

ウィクリークスの声明を引用し、CNNは「もしオバマ大統領が、マニング氏に恩赦を与えるならば、アサンジ氏はそれと交換に、明らかに法律に反するものではあるが、米国での収監を受け入れるだろう」と伝えた。

現在マニング氏は、カンザス州の軍事刑務所で35年の刑期を務めている。 一方アサンジ氏自身は、今もロンドンのエクアドル大使館内にとどまっている。


http://jp.sputniknews.com/politics/20160916/2783378.html
















モードの女王 キャサリン妃 英国で最もスタイリッシュな女性に
エンタメ 2016年09月16日 16:58(アップデート 2016年09月16日 17:12)



英国王室のケンブリッジ公ウィリアム王子の夫人、キャサリン妃ことキャサリン・エリザベス・"ケイト"・ミドルトンは、王室の一員であるばかりでなく、社会が認めるモードの女王でもある。

楽天マーケッティングが実施した調査によれば、34歳のこのケンブリッジ公爵夫人は、英国で最もスタイリッシュな女性とみなされている。

ロンドン・モードウィークを前に、楽天マーケッティングが行った調査によれば、女性の29%がキャサリン妃のように装うことを目指しており、彼女がちょっとでも身に着けたものは、たちまちヒット商品となっている。

なお新聞Daily Mailの前回の調査では、キャサリン妃に続き、ジェニファー・アニストンとシエナ・ミラーが入ったが、今回はリタ・オラ、エマ・ワトソンそしてエリーが入った。


http://jp.sputniknews.com/entertainment/20160916/2783280.html
















CIAはクリントン氏の大統領当選を助けるためにロシアの監視を強化している
オピニオン 2016年09月16日 18:59(アップデート 2016年09月16日 19:16)
リュドミラ サーキャン

米国の諜報機関は、冷戦以来最大級にロシアの監視の規模を増加させている。ワシントン・ポスト紙が政府内の情報として報じた。」

もっとも、規模は冷戦の時代とは比較にならない、と言う。

対ソ諜報活動が全リソースの40%を割り当てられていた当時に対し、この2年間、米国の関連部門におけるこれらのオペレーションのための予算は10%増加した。

記事の著者グレッグ・ミラー氏によると、近年、米国諜報機関の関心の焦点は、テロとの闘いや紛争地におけるそれから、ロシアという方向にシフトした。具体的には国家安全保障局(NSA)によるサイバースパイ、衛星その他の偵察手段の強化、CIAの秘密エージェントの活発化などだ。

米国の諜報機関が厳格な秘密であるはずの情報を出版者を通じて開示する必要があったのか、その理由について、ロシア国防省社会評議会のメンバーで雑誌「国防」編集長イーゴリ・コロチェンコ氏がスプートニクの取材に応じた。報道は国内向けのものだという。

「オバマ政権は、民主党から大統領候補として立候補しているクリントン氏をサポートするためにトランプ氏を悪魔化するために最善を尽くして氏をロシアに関連付けしようとしている。

そしてスパイマニアの波を高めている。そうして米国における政治情勢に影響を与えようとしているのだ。これは、選挙に関連する純粋に政治的行為だ。これは初めて起きたことではない。

スパイマニアの波は西側メディアで定期的に根拠のあるなしを問わず溢れかえるが、そこには常に一定の目標が追求されている。

この場合、米国諜報機関の情報活動の目的は、クリントン氏をサポートするべくロシアを暗黒のものとして提示し世論を動かすことだ」

米国のメディアは8月、FBIは米国の二つの州で外国のハッカーによってコンピュータデータベースをハッキングされた兆しがある、との米国選挙委員会の警告を報じていた。

報道ではロシアに関連するというハッカーのグループに言及がなされていた。サイバー攻撃に関するモスクワに対する告発は、7月、ウィキリークスのサイトで公開された、米国民主党幹部の通信への不正アクセスについても行われた。

それにより党指導部が予備選でヒラリー・クリントン氏を支持するためバーニー・サンダース氏の不利益を図っていたことが示された。

サーバーへのハッキングに関するFBIの捜査はまだ進行中であるが、それでもハッカー攻撃へのロシア関与をバラク・オバマ大統領を含む数人の米国政治家が非難するのを妨げなかった。

クリントン氏の選挙本部はまた、性急にも、選挙で共和党のドナルド・トランプ氏を支持するためのモスクワの画策だ、と宣言。

トランプ氏自身は冗談めかしてプーチン大統領とは相互に好感を抱いており、民主党はそもそもこのような手紙を書くべきではなかったと述べた。

ウィキリークスの創設者ジュリアン・アサンジ氏は、不正アクセスへのロシアの関与の証拠はない、と述べた。

ロシア在住の元CIA及びNSA職員エドワード・スノーデン氏は、米国の諜報機関はロシアの関与を主張するなら証拠を示すべきだと述べた。

ロシア大統領報道官ドミートリー・ペスコフ氏は、そのような主張は不合理であると述べた。


http://jp.sputniknews.com/opinion/20160916/2783612.html














































[ 2016/09/16 21:58 ] 日常の風景 | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する