FC2ブログ







2016/09/18

20150521pic 076










美居子さまは今日も来られました。












あの世この世のニュースなど;












日本人がポケモンGOを止めた理由が明らかに。その結果は予想外!
エンタメ 2016年09月18日 00:24(アップデート 2016年09月18日 00:26)



ゲームに飽きた?ポッポやコラッタ以外のモンスターを捕まえられない?もちろんこれはポケモンGOを止めた理由になり得る。

MMD研究所は、15歳から69歳の2190人を対象にポケモンGOの利用実態調査を実施した。

その結果、ポケモンGOを止めた理由のトップは「バッテリーがなくなるから」(42パーセント)であることが分かった。

また「自宅でできることがあまりないから」(38.3パーセント)、「同じことの繰り返しだから」(37.6パーセント)が続いた。

さらに「同じモンスターばかり出るから」、「歩きスマホが危ないから」、「レアモンスターがでないから」、「プレイする時間がもったいなく感じたから」などがポケモンGOをプレイしなくなった理由となっている。


http://jp.sputniknews.com/entertainment/20160918/2786324.html













<豊洲市場>空洞は汚染対処用…「再発時、重機搬入」
毎日新聞 9月18日(日)8時0分配信


[都幹部が証言]

東京都の築地市場(中央区)からの移転が延期された豊洲市場(江東区)の主要建物下に土壌汚染対策の盛り土がされなかった問題で、建物下の空洞は土壌汚染が再び見つかった場合に備え、パワーショベルが作業できる場所とする目的でつくられたことが分かった。

都幹部が毎日新聞の取材に証言した。担当部局の都中央卸売市場は問題発覚後、配管などのために空洞を設けたと説明しており、本当の理由が隠されていた疑いが強くなった。


豊洲市場では2007~09年、地下水や土壌などから環境基準値を大幅に上回るベンゼンが検出された。土壌汚染対策を検討する外部有識者の「専門家会議」と、専門家会議が対策として提言した敷地全体の盛り
土の工法を検討する「技術会議」が相次いで開かれ、都議会でも豊洲移転の可否が議論されていた。

 
都幹部によると、都中央卸売市場内には「対策は十分だが、万が一、土壌汚染問題が再発した場合のリスクヘッジ(危険回避)を講じておく必要があるのではないか」との声が根強くあった。「有害物質が出たら、土を掘り起こして作業をしなければならない」との指摘もあり、パワーショベルが入れる空間を確保することになったという。

 
建物下に盛り土がなかった事実の発覚以降、都中央卸売市場は床下の高さ4.5メートルの空洞は配管や電気設備の敷設のためだったと繰り返し説明してきた。

しかし、この都幹部は「配管などのためなら高さ1メートルもあればいい。4.5メートルという高さは、建築の常識ではあり得ない」と指摘した。

別の元局長級幹部は、都中央卸売市場が事実を公表しなかった背景について「『パワーショベルを入れるため』と明かせば、『土壌汚染対策は万全ではないのか』という話になる。

問題が広がらないようにと考えるのは、事務方特有の発想だ」と説明した。
一方で「盛り土よりコストが高いとも考えられ、手抜き工事とかコスト削減目的とかではなく、真剣に検討した結果だったのではないか」と述べた。
【森健太郎、円谷美晶】


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160918-00000005-mai-soci






嘘をついて誤魔化せるという思考はスイーツの王道あんみつのような味覚だ。
地下空洞は東京ネズミーランドのイッツ・ア・スモールワールド世界雛型生贄儀式の地下施設と同じようなもので、薬などを使って拉致誘拐した人類を、生きたまま虐めて殺して食べてという秘密の空間のはずが、悪しき計画がバレてしまってさあどうしようというあわてふためいたいつもの誤魔化しカモフラージュ偽旗作戦の様子をはぐらかしたつもりの下衆レプチョンどもは、いったいまさか自らが何ごともなく季節が過ぎるように気づかれずに済むだろうと、そんなあまい香りが下衆な頭の空洞を漂ってあるかのような思考だろう。

記事コメ;少年ゲリラ


















プーチン大統領 米大統領候補について自身の考えを語る
政治 2016年09月18日 11:03

プーチン大統領は17日、米大統領選挙運動についてコメントした。大統領は、米大統領選挙でどの候補者を支持するかとの質問に、ロシアでは公にロシアとのパートナーシップを支持する人々に対して好意的な態度がとられていると答えた。

またプーチン大統領は、米大統領選挙運動における「ロシアとロシア大統領の利用」について、これが国の影響力と価値が高まっていることを受けてのものであることに期待を表した。 なお続けてプーチン大統領は、「しかし私は、まずこれが国内の世論を操作しようとする試みと関係していると考えている。

我々は、いわゆる悪の帝国のイメージをつくり出し、そのイメージで住民を怖がらせようという試みを目にしている」と述べた。 先に伝えられたところによると、民主党推薦のヒラリー・クリントン米大統領候補が自分の容態についての新データーを公表した。

http://jp.sputniknews.com/politics/20160918/2786885.html

















クレムリン プーチン大統領の訪日は12月中旬になることを確認


政治 2016年09月18日 08:01

ロシアのプーチン大統領の日本訪問は12月中旬になる。ロシアのウシャコフ大統領補佐官が記者団に発表した。 9月2日、ロシアのペスコフ大統領報道官は、プーチン大統領と日本の安倍首相の会談が、ロシア大統領の日本訪問の枠内で12月15日に山口県で行われると伝えた。

http://jp.sputniknews.com/politics/20160918/2786825.html













なぜ猫は箱を好むのか、研究報告

サイエンス 2016年09月18日 13:24短縮 URL 028420 オランダの研究グループが、なぜ猫が箱その他狭いところに逃げ込むのか、その秘密に迫った。Applied Animal Behaviour Scienceという雑誌に論文が掲載された。梗概はPhys.orgで読める。

箱で彼らはストレスを癒しているのである。たまたま保育所にいた家なき猫19匹の振る舞いを分析して、以上の結論が出た。 まず猫を2つのグループに分けた。第1グループは箱が与えられ、何かあれば箱に入れる。第2グループには箱がない。

3日目にして効果が現れた。第2のグループでは、新しい猫集団への適応が困難だった。実験は2週間続けられた。 また、猫は箱の中で暖を取っているのだ、とも説明されている。体温の維持に使うエネルギーを箱で節約しているのだ、と。

先に伝えられたところによると、日本のネコが非常に柔軟に前足を交差させ、キャットタワーとベッドの間から抜け出せない写真がネットに投稿された後、その猫がネットで流行のネタになった。


http://jp.sputniknews.com/science/20160918/2787064.html













米国はシリアで打ち損じた:ペンタゴンは悔やみ、ダーイシュ(IS)は侵攻する
中東 2016年09月18日 23:14(アップデート 2016年09月18日 23:18)

デリゾール周辺のシリア軍に対する国際「対ダーイシュ(IS)連合」の17日の攻撃により軍人62人が死亡、約100人が負傷した。

連合の航空機は土曜、4度空爆を行った。米国防総省によると、彼らはダーイシュ拠点を空爆していると確信していたが、ロシア軍が誤爆を報じると、作戦を停止した。

空爆直後、イスラム主義者らは攻勢に転じた。 ヴィタリー・チュルキン・ロシア国連大使は、米国は政府軍攻撃にとっては奇妙な時間を選んだ、彼らが撃ち損じたとは信じにくい、と述べた。

ロシア議会上院国防・安全保障委員会第一副委員長フランツ・クリンツェヴィチ氏は、米国率いる国際有志連合がシリア政府軍に対し行った攻撃は、ジュネーヴにおける露米合意を脅かす、と述べた。

ロシア外務省のマリア・ザハロワ報道官はさらに強硬な声明を出し、政府軍空爆によりホワイトハウスがダーイシュを擁護していることが示された、と述べた。

http://jp.sputniknews.com/middle_east/20160918/2788196.html




想定内であるが故、人類に犠牲者が出ている誠に残念な戦争犯罪だ。
これがアメリカや日本の中枢に深く巣食う寄生獣イルミナチス下衆悪魔どもの本質だ。

記事コメ;少年ゲリラ
































































最終更新;2016/09/19 am00:04
[ 2016/09/18 19:13 ] 日常の風景 | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する