FC2ブログ







2016/10/01 During wary of nuclear terrorism and bioterrorism by illuminatzi in Oct. 3






























美居子さまは今日も来られました。








あの世この世のニュースなど;








スウェーデン人 異星人のため コンドームを宇宙に打ち上げるようNASAに求める
エンタメ 2016年10月01日 03:31



スウェーデン性教育協会(RFSU)は、NASAに対し、異星人の侵入に備え、宇宙空間にコンドームを打ち上げるよう求めた。新聞Daily Starが伝えた。

報道によれば、ビデオの中では「コンドームは、異星人が地球を訪れる場合、極めて彼らにとって有益だろう」と述べられている。

またスウェーデンの活動家達は「コンドームこそ、あらゆる時代、あらゆる民族を通じて最も重要な発明であり、人間ばかりでなく、異星人達も使えるようにしなくてはならない」と指摘している。

先に伝えられたところによると、米航空宇宙局(NASA)のボールデン長官は、宇宙人の存在を信じると発表した。

https://jp.sputniknews.com/entertainment/20161001/2844838.html







異星人の侵入に備え宇宙空間にコンドームを打ち上げるよう求める必要はない。

なぜなら彼らはすでにはるか遠い遠い昔から地球に在るからだ。

あえて彼らにとってコンドームより必要なのは何かと訊かれるなら、彼らの中で闇に属する寄生獣どもの去勢である。

できることであれば彼らへその人類への酷い虐待をやめるよう説得や教育を求める試みが試され続けることが望ましいが、まことにも遺憾であるがそれらの試みがもはやほぼ無意味であろうことは遠い遠いはるか昔から続けられてきた試みとその結果の真実の歴史の現実を前に、それを試みる続けるにはその残された時があまりにもわずかであることが証明して在る。

それでもわたしたちがもはやほぼ無意味であろう試みにに対し、そのもはやほぼ無意味であろう試みを諦めることを知らず、そのもはやのこされたわずかな時が絶対的に尽きるその時まで、奇跡をおこしても悪魔へ臨み続けている存在が在ることを、果たして悪魔たちは気づいて在るだろうか。

そして悪魔たちはその奇跡とも思えるその試みを続けている存在たちの執念の蒼き炎を今までのように嘲笑いし続けるだけであろうか。

記事コメ;少年ゲリラ






























韓国大統領、北朝鮮市民に南へ逃げるよう呼びかけ
政治 2016年10月01日 19:28(アップデート 2016年10月01日 19:31)



韓国のパク・クネ大統領は北朝鮮市民に南へ逃げるよう公然と呼びかけた。

「我々は北朝鮮市民が自分の夢と運命を見つける道を開く。自由な韓国にいつでも出かけてほしい」と大統領。聯合通信が伝えた。

大統領はまた社会の内部分裂を「北朝鮮の核兵器より恐ろしいもの」とし、それを許容しない旨を述べた。 北朝鮮の核・ミサイル実験の頻発により朝鮮半島の安保情勢は危機的であるとの評価も示された。


https://jp.sputniknews.com/politics/20161001/2846320.html















エフゲニア・メドベージェワがスプートニクに明かす!どうして日本が大好きなの?苦手なものは?次のコスプレは誰?(写真、動画)
2016年10月01日 20:00(アップデート 2016年10月01日 20:41)



10月1日、さいたまアリーナで好例の「フィギュアスケートJapan Оpen」が開幕する。

この国際試合には欧州、北米、日本から代表団が参加するが欧州代表団には世界チャンピオンと欧州チャンピオンのタイトルを持つあのロシア人フィギュア選手が参加している。

エフゲニア・メドベージェワ選手は名古屋のリンクで「美少女戦士セーラームーン」のテーマソング「ムーンライト伝説」に合わせた滑りを披露するやいなや、日本人の心をすっかり魅了してしまった。エキシビションナンバーはセーラームーンのうさぎを演じたものだった。

しかも原作者の武内直子さんはジェーニャ(エフゲニアの愛称)と対面し、その際、サイン入りの色紙まで贈呈されている。ジェーニャが日本人を驚かせたのはスポーツの技だけではない。

彼女は実は日本語までしゃべれるのだ。あるTV局からのインタビューにジェーニャが「セーラームーン」の歌詞から1節をすらすらと日本語で語ると、そのビデオはたちまちSNS上を駆け巡り、空前のヒットとなった。

スプートニクは日本のエフゲニア・メドベージェワのファンたちにとびきりのプレゼントをしようと、彼女に独占インタビューを申し入れ、承諾を得た。取材はジェーニャとコーチが練習を行なうスケートリンクで行なわれた。

招かれたスプートニクの記者たちを驚かせたのはジェーニャの人懐こさと快活さ、そして相手の心をとろかしてしまう最高のスマイルだった。そしてその練習風景…。

毎日のハードな特訓の中からいかに次のナンバーが生まれていくか、これはその様子を垣間見る貴重なチャンスだ。



練習の後は待望のインタビュー。ジェーニャはスプートニクに自分のことをたくさん打ち明けてくれた。

スケートを始めたのは何歳でなにがきっかけだったか、どうしてこんなに日本好きになったのか、何が苦手で自由時間は何をして、どこでくつろぐのが好きなのか、そんな生活のこまごまとした話をロシア版セーラームーンのジェーニャは特別に日本のみなさんに向けて語ってくれた。



https://jp.sputniknews.com/entertainment/20161001/2845617.html
















































--------------------------------------------------------------------------------------------





最終更新;2016/10/01 pm21:37
[ 2016/10/01 21:24 ] 日常の風景 | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する