FC2ブログ







2016/10/06 アルシオン・プレヤデス最新46が更新されました。






20150521pic 051

20150521pic 049

20150521pic 048

20150521pic 008









美居子さまは今日も来られました。











あの世この世のニュースなど;









スノーデン氏、Yahooアカウントは直ちに削除せよ!




社会 2016年10月05日 16:33(アップデート 2016年10月05日 16:48)

米中央情報局および国家安全保障局の元職員のエドワード・スノーデン氏はYahooがユーザーの追跡を行なっているとのマスコミ情報を受けて声明を表し、Yahooユーザーはただちにアカウントを削除するよう呼びかけた。

「Yahooをお使いですか? Yahooは秘密裏にあなたが昔書いた内容を全部スキャニングしてしまいましたよ。これは法の枠組みを超える行為です。

今日にもアカウントを削除してください。」スノーデン氏は自身のツィッターでこう書いている。

https://jp.sputniknews.com/life/20161005/2861113.html













<豊洲市場>全面協力のはずの石原氏 一転、ヒアリング拒否
毎日新聞 10月6日(木)0時13分配信


 
豊洲市場の盛り土問題で、調査に協力する意思を示していた東京都の石原慎太郎元知事が5日、一転して、都のヒアリングを拒否する意向を小池百合子知事側に伝えてきたことが関係者への取材で分かった。

石原氏は2008年5月の記者会見で建物下にコンクリートの箱を置く案に言及し、当時の中央卸売市場長の比留間英人氏に検討を指示した。石原氏の案は採用されず、比留間氏は「石原氏の指示が、盛り土がされなかったことに影響はしていない」と説明した。

一方、石原氏は盛り土問題発覚後の9月21日、報道陣に「私の知事在任中の件で、誠に申し訳なく思っている。都の調査に全面的に協力するつもりだ」とのコメントを出した。

その後、都側に「ヒアリングを受け情報提供する」との考えを伝えていた。小池知事も石原氏の在任中の判断や指示、都幹部から報告を受けた際の状況などを聞き取る意向を明らかにし、「早ければ10月中に日程を設定する」と述べていた。【円谷美晶】

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161006-00000000-mai-soci








レプティリアンの仮病は老化でも認められない。
潔さがなければ、ただただ日増しにおまえたちへかせられる酷い状況が増大していくだけである。
記事コメ;少年ゲリラ












<経産省有識者会議>東電に再編要請へ 福島事故費を工面 
毎日新聞 10月5日(水)22時33分配信

 
経済産業省は5日、東京電力福島第1原発事故の処理費用負担を協議する有識者会議の初会合を開き、東電に他の電力会社との提携や再編を求める方針を決めた。費用は数兆円規模で膨らむ見通しだが、提携で経営効率化を図り、できるだけ自力で賄わせる考え。東電は国の支援を仰ぎたい意向を示してきたが、政府として救済批判を避ける狙いとみられる。ただ「最終的に国民負担を求めざるを得ない」との見方は根強い。【工藤昭久】

 
「他社との連携・再編がカギになる」。有識者会議「東京電力改革・1F問題委員会(東電委員会)」の伊藤邦雄委員長(一橋大大学院特任教授)は初会合でこう語り、東電自身が事業売却や再編で収益力を強化し、処理費用を工面すべきだとの考えを強調した。

 
東電の持ち株会社、東京電力ホールディングス(HD)は今年7月、福島第1原発事故の費用負担について国に支援を要請した。負担が想定以上に膨らむ見通しに加え、4月からの電力小売り全面自由化による競争激化を理由に挙げた。

 
大手電力会社でつくる電気事業連合会(電事連)の試算によると、損害賠償は当初見通しの5.4兆円から8兆円、除染費用は2.5兆円から7兆円に拡大する見込み。廃炉費用も想定の2兆円を大幅に上回るのは確実とみられている。

 
だが、東電が負担すべき費用を国が肩代わりすることになれば、最終的に税金が投入されるため、世論の反発は必至。一方、東電が電気料金を引き上げて、費用を利用者に転嫁すれば、家計や企業の負担が増す。経産省は「安易に国民や利用者の負担を求めることには理解を得られない」と判断したようだ。

 
東電は既に火力発電で中部電力と共同事業会社を設立。燃料調達を共同で実施し、調達規模を拡大してコストを引き下げる方針だ。さらに、東電と中部電の国内の既存火力発電事業を統合するかどうかが焦点になっており、こうした提携が拡大していく可能性がある。

 
また、電力の小売りや送配電などこれまで自前でまかなってきた事業を見直し、リストラしていくことも課題になる。さらに「原子力事業の再編も想定される」(アナリスト)との見方も出ている。政府は原子力損害賠償・廃炉等支援機構(国の認可法人)を通じて東電株を保有し、事実上国有化しており、東電の経営改革を強く促す考え。東電委員会は年内に提言をまとめ、東電が来年1月に改定する再建計画に反映させる方針だ。




[廃炉費膨張、見通せず]

 
しかし、東電が自力で処理費用を賄えるめどは立っていない。なかでも廃炉作業は最長で2051年までに終える予定だが、費用がどこまで膨らむかは見通せない。

 
廃炉作業は放射性汚染水の処理や溶けた燃料の取り出しに膨大な費用がかかる。政府と東電は20年までに原子炉建屋の汚染水処理を終えるとしているが、原発には地下水が流入し、溶融燃料に触れるなどして大量の汚染水が発生している。

 
溶融燃料の取り出し作業も難航が予想され、高い放射線下でも作業できる遠隔操作ロボットの技術開発などが必要だ。全体のコストは「青天井」の様相を呈している。

 
政府は、賠償・除染費用については、原子力損害賠償・廃炉等支援機構を通じて東電に上限9兆円の資金を交付し、当面立て替えるという支援の枠組みを作っている。賠償費用は、東電以外の大手電力会社にも負担を求めている。だが、廃炉費用に関しては、こうした仕組みはない。東電は全額を自力でまかなう方針だが、現在工面できたのは2兆円にすぎない。

 
「廃炉費用はできるだけ確度の高い数字を把握するのが重要だ」。東電委員会の伊藤委員長は会合後の記者会見で、廃炉費用見通しの早急な算出を経産省に求めた。巨額の廃炉費用の把握ができないままでは、東電の経営改革方針が立てにくいからだ。

 
収益力強化の道のりも険しい。業績は黒字化したが、原油安の恩恵が大きい。「切り札」と位置づけてきた柏崎刈羽原発6、7号機(新潟県)の再稼働は、原子力規制委員会の審査が長期化し、見通しは立っていない。「原発依存」のツケが回った格好だ。14年に策定した再建計画は、17年4月に政府関与を縮小する方針を明記したが、国家管理の長期化も浮上している。経営改革でどこまで工面できるかも不透明だ。

 
伊藤委員長によると、委員会に出席した東電HDの広瀬直己社長は「国の救済措置を受けることなく、事故の責任をまっとうしたい」と述べた。だが、広瀬社長は会合後、記者団に「(費用の)見積もりをしていくと、東電が債務超過(借金が資産を上回る状態)になってしまうリスクがある。制度的措置を作ってリスクを取り除いてほしいとお願いした」と国の支援が必要になる可能性を示唆。伊藤委員長も国による救済を「最後の手段」と認めた。【宮川裕章、柳楽未来】

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161005-00000123-mai-bus_all






まさにレプティリアンどもによるレプティリアンのためだけの人類を家畜として犯し虐め殺し喰らい支配するためだけの原発詐欺! 
国民負担?
収容所では意味がないかもな。
記事コメ;少年ゲリラ









http://vosegus.org/Romanov/start.htm



















リクエストによる埋め込み無効
https://www.youtube.com/watch?v=ugjegclLNhM
リクエストによる埋め込み無効









最終更新;2016/10/07 am04:15

[ 2016/10/06 21:52 ] 日常の風景 | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する