FC2ブログ







2016/10/09



20150521pic 155

20150521pic 149

20150521pic 043kl

20150521pic 045vara

20150521pic 042ki









美居子さまは今日も来られました。











あの世この世のニュースなど;









スペインの飛行機、奇跡的にプラハで墜落を免れる(動画)
災害・事故・事件 2016年10月09日 18:00

1809695 (1)

スペインの航空会社エアホリゾントのパイロットがプラハ空港で乗客ボーイング737を着陸させる際奇跡的に墜落を免れた。

強風で飛行機が滑走路に接触する寸前、航空機が大きく傾いた。しかし事故は避けられ、乗客らは誰も負傷しなかった。avia.proポータルが報じた。

専門家は、もし乗組員が他の空港で着陸を実行することを決定した場合には、いかなる緊急事態も避けることができたとの見解を表した。

ビデオは4日YouTubeに公開されたが、事件は今になって知られるようになった。




















科学者ら、1.5㎞の距離から無線で携帯電話を充電
サイエンス 2016年10月09日 17:32



ロシアのロケット宇宙会社「エネルギア」は1.5㎞の距離でエネルギーを無線伝送する実験に成功した。

インターファクスが伝えた。

「レーザービームからエネルギーを無線転送する本格的な地上実証実験は成功した。

特別な装置が1.5㎞の距離で携帯電話を充電した」と同社広報。 5 Wのレーザ光が特別な放射・受容装置でエネルギーに変換されたという。

同社の専門家らは2、3ヶ月後、無人航空機の遠隔充電を可能にするとしている。 先にロシアでレーザーで敵を破壊する航空機が誕生する、と伝えられた。

https://jp.sputniknews.com/science/20161009/2876417.html



















デリーの空港で放射性物質の漏洩
災害・事故・事件 2016年10月09日 18:40



インドのデリーの緊急課がインディラ・ガンジー空港での放射性物質の少量の漏洩について報告した。NDTVテレビが報じた。

800人以上が犠牲に 事件は、エールフランス航空機が載せていた抗癌薬の輸送中に発生した。

「放射性物質の漏洩は小さいく、心配するには及ばない」と関係者は述べている。 漏洩があった貨物エリアは封鎖され、避難が行われ、現場には緊急課が到着した。

インド原子力規制評議会は、放射性物質の正確な含有量は検査の過程でのみ確立されるとした。 先にスペインのパイロットが危うくプラハの空港で事故を免れたことが報じられた。

https://jp.sputniknews.com/incidents/20161009/2876511.html

















メディア:共和党員 米大統領選にトランプ氏に代わって別の候補者を擁立する可能性を議論
米国 2016年10月09日 15:36(アップデート 2016年10月09日 16:07)



共和党全国委員会(RNC)の法律家たちは、ドナルド・トランプ氏に代わって別の候補者を米大統領選挙に擁立する可能性のための法的側面を調査している。

Politicoが、RNCに近い消息筋の話として伝えた。

先にRNCのブリーバス委員長は、トランプ氏の女性軽視の発言について、共和党員らが選挙で勝利する可能性を完全に葬り去ると述べた。ブリーバス氏によると、委員会には選挙戦略を見直すための時間が48時間あるという。

党指導者らの協議に参加した1人がPoliticoに伝えた。 RNCの法律家らは、米大統領選の投票まで1カ月となり、投票用紙はすでに印刷され、一部の州では期日前投票が行われているものの、交代の可能性を検討しているという。

先にメディアは、トランプ氏が、「スター」なら女性の性器に触ることもできると自慢している2005年の映像を公開した。 先の報道では、トランプ氏は女性達を侮辱したことを謝罪した。

https://jp.sputniknews.com/us/20161009/2876054.html
















民間人数10人がサウジ空軍の空爆により死亡、イエメン
社会 2016年10月09日 14:22



サウジアラビア空軍の戦闘機4機がイエメンの首都サナアを空爆した結果、少なくとも75人の民間人が死亡ないし負傷した。

葬式が行われていた建物に爆撃されたと「 Yemen Post」が報じている。


先に伝えられたところによると、テロ組織ダーイシュ(イスラム国、IS)の戦闘員がシリア領内からトルコの町にミサイル攻撃をした。


https://jp.sputniknews.com/life/20161009/2875736.html







詐蛆蛙螺肥蛙
記事コメ;少年ゲリラ









北朝鮮:核の先制攻撃しない
アジア 2016年10月08日 23:53(アップデート 2016年10月08日 23:54)



北朝鮮は核兵器を最初に用いないと、国連総会第一委員会のセッションで北朝鮮の代表が述べた。北朝鮮の国営通信「朝鮮中央通信」が報じた。

北朝鮮の代表は次のように述べた。 「我々の国は米国からの脅威のため自衛目的で核武装へのアクセスを得た。

そして、主権が侵害されない限り核兵器を最初に用いることはない」 さらに、北朝鮮代表は国連安保理による、「北朝鮮により核実験やミサイル発射が行われたとの非難を伴った、根拠のない声明や決議案」を批判した。


https://jp.sputniknews.com/asia/20161008/2875854.html

















漢方でがんの徴候完全消滅
サイエンス 2016年10月08日 21:37(アップデート 2016年10月08日 21:54)



中国、英国、フランスの国際学術チームが、ホモハリングトニンという物質が骨髄性白血病を寛解、つまり軽減されることを発見した。

オマセタキシンメペスクシナートとしても知られるこの物質は、イチイ科の針葉樹イヌガヤに含まれており、血液がん治療に中国医学で用いられていた。

論文は『 Science Translational Medicine』に掲載された。 研究者らは白血病患者から分離された悪性細胞培養物に対する各種薬剤の効果を分析した。

試験した全ての化合物のうち、がんに対し最も高い効果性を示したのはホモハリングトニンだった。

この薬剤は、FLT3遺伝子の突然変異によって引き起こされる、特に攻撃的な形の白血病にすら作用した。

専門からはまた、もしホモハリングトニンと、FLT3の活性を阻害するソラフェニブ抗癌剤を組み合わせれば、筋肉における腫瘍増殖が遮断されると証明した。

臨床試験では、併用治療により24人の患者のうち20で完全寛解が得られた、つまり、がんの兆候がすべて消失した。

先に伝えられたところによると、オックスフォード大学、ケンブリッジ大学、そしてキングス・カレッジ・ロンドンの英国人医師たちは、大人のHIVを初めて治したと発表した。


https://jp.sputniknews.com/science/20161008/2875074.html














アルピニスト猫、飼い主とエルブルス登頂
エンタメ 2016年10月09日 19:05



ニジニ・タギル(ロシア)住民アンドレイ・オスタニン氏が6ヶ月の猫グラフと一緒に標高5000mのエルブルスを頭頂した。

「酸素欠乏が感じられ、雪はそこら中にある、氷は溶けていない。

これまではキルギスの4200mが最高だったので、私にとっては最高標高だった」と同氏。 独りぼっちにならないようにということで猫を連れて行った。

2か月前から猫を訓練したという。

「彼は若く好奇心があり、何でも面白く、興味深い。まずは街を歩き、ニジニ・タギル近くの森を歩き、リュックで乗せて行ったり、ひもにつないで歩いた。

それからウラル山脈の1300mあるセレブリャンスキーカーメニに登って試験した」

猫は山でも具合が悪くならなかったという。寒くならないよう特別な「繭」を作り、スーツを買った。

https://jp.sputniknews.com/entertainment/20161009/2876545.html
















専門家:ロシア国防省はシリアに関して米国に最期の警告をした

政治 2016年10月09日 07:46



ロシア国防省はシリア政府軍への米軍の攻撃の結果について、米軍に「最期の警告」をしたと、地政学問題アカデミー長のコンスタンチン・シフコフ軍事学博士が述べた。

ロシア国防省のイーゴリ・コナシェンコフ報道官が発表したところ、シリアに配備されているロシアの対空ミサイルシステムの計算は、ミサイルの軌道と、同国政府軍側への攻撃の際のミサイルの持ち主を明らかにすることはない。

将軍もまた、ロシアのフメイミム空軍基地やタルトゥース海軍基地はS-400やS-300ミサイルシステムにカバーされており、「これらの射程半径は飛行物体を認知しなかったあらゆるものにとってサプライズとなる可能性がある」と述べた。

シフコフ報道官は次のように述べた。

「この声明は、システムはシリア軍を攻撃する機体を落としていくことを意味する。声明には、我々は誰のミサイルが飛んでいるかを識別していかないとはっきり書かれている。

つまり、『誰の機体が飛んでいるかを識別しない』と考えていただきたい。これは最期の警告だ」

https://jp.sputniknews.com/politics/20161009/2875379.html















中国、紀元前7世紀以来の法律が廃止 © AP Photo/ Andy Wong
経済 2016年10月09日 23:59



中国当局はおよそ紀元前7世紀から有効であった塩の価格に対する国家管理に関する法律を廃止することを決定した。国家発展改革委員会より。

4月国務院は「国の塩部門構造改革案」を公開した。

「国務院の改革案の本質を実行するため今日中国発展改革委員会は塩の自由な卸売価格と小売価格の設定に関する2017年1月1日以降の決定を採択したことを報告した」という。

先にメディアは米国の選挙後中国経済に脅威が出るおそれについて報じた

https://jp.sputniknews.com/business/20161009/2877283.html



























これがリアル、イルミナティー寄生獣どもの所業の中でみられる人類へ対する酷く残虐残酷な特徴を記録した俗で言う「映画」だ。


これがリアル、透明擬態エイリアンイルミナティー寄生獣どもの所業の中でみられる人類へ対する酷く残虐残酷な
特徴を自称神の目の記録装置で記録した俗で言う「映画」だ。

映画とは時にわたしたち人類という立位置から静粛に俯瞰するようにしてみたなら、わたしたち人類を紛らわしく騙して虐め技いて殺して喰らう様子を記録したうえに利益まで得て笑う透明擬態エイリアンイルミナティー寄生獣どもの犯行記録映像だ。

動画コメ;少年ゲリラ








[ 2016/10/09 23:07 ] 日常の風景 | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する