FC2ブログ







2016/10/12

20150521pic 002

20150521pic 005

20150521pic 003











美居子さまは今日も来られました。











あの世この世のニュースなど;










米国のNATO同盟国「米はテロリズム支援国家になる可能性あり」
政治 2016年10月12日 13:50



トルコのチャヴシオール外相は、クリントン米民主党大統領候補の発言をテロリズムを支援するものと非難した。クリントン候補は、シリア領内で活動するクルド民主同盟(連合)(PYD)への武器供給に言及した。

トルコ政府は、同国内で禁止されているクルド労働者党と関係を持つPYDをテロ組織とみなしている。セントルイスでのTV討論の際、クリントン候補は、クルド人の武装を検討するかもしれないとし、シリア及びイラクにおける米国の「より良き友人」呼んだ。

アナドル通信によれば、これにチャヴシオール外相は反発し「この場合、米国は、テロリズム支援国に変わることになる。我々は、友好的に警告したい。

テロリストらと協力する輩は、その結果、彼らと一緒に行動する」と述べた。 トルコはNATOの最も古くからの同盟国の一つであり、1952年の最初の拡大と共に加入した。

https://jp.sputniknews.com/politics/201610122888553/







米はもともとテロリズム支援国家として利用されてきた。
これは明らかにマインドコントロールされてあるまだ眠らされたままのアメリカ市民や目覚めたアメリカ市民たちの本意に反したことであり、そしてまた人類への酷い裏切り行為であり、アメリカ市民を騙し欺き続けて支配して在る存在と、それら闇の存在へ能動的に加担する人類の裏切り者たちによる酷い所業のひとつである。

記事コメ;少年ゲリラ


















愛人とわが子の教育費に、三井住友銀行の社員が巨額の不正操作
社会 2016年10月12日 14:35(アップデート 2016年10月12日 15:11)



三井住友銀行の都内にある支店の元副支店長が、外貨預金取引のシステムを不正に操作するなどして、およそ1億9000万円をだまし取ったとして、警視庁に逮捕された。

警視庁は、同様の手口で合わせて11億円をだまし取っていた疑いがあるとみて、巨額不正事件のいきさつを調べています。三井住友銀行社内で不正操作事件が発覚。

1億9千万円もだましとっていたとして都内の大森支店の南橋浩元副支店長が逮捕された。警察は南橋容疑者がこの他にも合わせて11億円を騙し取っていた疑いがあるとして調べをすすめている。

不正操作が行なわれていたのは昨年11月から今年6月にかけての約半年間。6月の税務調査で不正が発覚してから南橋容疑者は懲戒解雇され、警察の取調べを受けていた。

南橋容疑者は子どもの教育費と愛人のために使用した事実を認めている。 三井住友銀行は事件に外貨預金取引システムが悪用されたことをから、不正操作の防止対策を約束している。

https://jp.sputniknews.com/life/201610122889113/
















戦争の恐ろしさ:ドローンが破壊されたアレッポを撮影(動画) © REUTERS/ Abdalrhman Ismail
中東 2016年10月12日 07:29(アップデート 2016年10月12日 08:04)



シリア北部のアレッポでは、激しさの程度は様々だが数年にわたり戦闘行為が続いた結果、多くの街区が、瓦礫の山と化しているが、このほどBFMTVが空からこれを確認した。
無人機に備え付けられたビデオ機器が、シリア北部最大の町の大量破壊の様子を撮影した。



2012年8月から、アレッポの西部地区はシリア政府軍が管理下に置いているが、東部地区はイスラム過激主義者や反政府蜂起グループが支配している。

そのため市内では、しばしば戦闘が起きている。多くの住民が絶えず、銃撃戦や砲撃戦の犠牲者となっている。なお現地では、食料や飲料水、医薬品が不足している。

https://jp.sputniknews.com/middle_east/201610122888077/

















ダニエル・クレイグ 再び「007」のボンド役を演じる可能性 © AP Photo/ Kristina Bumphrey
2016年10月12日 12:15



これまで映画「007」シリーズの4作品でジェームズ・ボンド役を演じた英国の俳優ダニエル・クレイグは、この役を再び演じる可能性を示唆した。新聞The Guardianが伝えた。

雑誌The New Yorkerの毎年恒例のフェスティバルで発言したクレイグは「私はこの仕事が気に入っている。

そこから大きな陶酔感を得ている。もし今後も、ああした陶酔感を得られるのなら、ボンド役を演じるだろう」と述べた。 また彼は「ボンドを演じるのは世界最高の仕事だ。

他にああした仕事はない」と強調した。 9月末、映画プロデューサー達は、クレイグが仕事に戻ってきてくれるよう期待感を表し「彼はボンド役として最高だ」と評価していた。

一方クレイグは、2015年11月「007 スペクター」のプロモーション中に「再びボンドを演じるくらいであれば手首を切った方がマシ」と答え、ファンを驚かせた。

なお先にスプートニクは、19世紀にすでに発明されていたジェームス・ボンドの秘密兵器について伝えている。

https://jp.sputniknews.com/entertainment/201610122888441/















ドバイで世界1高い超高層建築物の建設開始 © REUTERS/ Emaar Properties



中東 2016年10月12日 00:21短縮 URL 173904 10ヶ月曜日ドバイで「The Tower」の建設が始まった。

建設終了時には塔の高さは現在世界1の高さを誇るドバイのブルジュハリファ(828m)の高さを100メートル超えるという。
Khaleej Timesが報じた。

計画のデベロッパーであり投資会社のEmaar Properties社の従業員は、928メートルの高さのThe Towerが立つことになるドバイ・クリークハーバー地区の広場に出た。

建設開始セレモニーにはアラブ首長国連邦のムハンマド・ビン・ラーシド・アール・マクトゥーム副大統領が出席した。 The Towerの施工価格は367万ディルハム、もしくは約10億ドル。計画ではすべての作業がドバイ国際博覧会(Expo 2020)開幕前に完了する予定だ。

先に伝えられたところ、カナダで世界1高い木造建築が建設された。

https://jp.sputniknews.com/middle_east/201610122887820/

















日本人画家のAYUMIさん 比大統領に新たな画を寄贈
テレビ朝日系(ANN) 10月12日(水)5時58分配信
 
フィリピンのドゥテルテ大統領の絵を描いてきた日本人の画家が大統領本人に新たな作品を贈りました。

画家のAYUMIさんはフィリピンの知人に依頼され、大統領選挙の期間中からドゥテルテ氏の絵を描いてきました。

新たに完成させた絵を大統領本人に贈る式典が11日に開かれ、ドゥテルテ氏は「奇麗な絵だ」「自宅に飾りたい」と話しました。

AYUMIさん:「(大統領の)リアルを知ろうとする方が増えれば良いとの思いでやっていると伝えた」

ドゥテルテ氏は過激な発言などで知られますが、AYUMIさんは「人を大事にしている面も絵を通して伝えていきたい」と話しています。
最終更新:10月12日(水)7時52分

http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20161012-00000004-ann-int








極東日本弓矢から弓を弾かせ第3次世界大戦へと誘導勃発させて、熱核融合で地上人類を滅してまた世界をリセットして支配しようという様な企みが闇で蠢いてあることは露呈され確認されてあることを、闇の阿呆どもは知ってあるだろうか。もしや気づかれていまいと信じて疑わない様子であるならば、魔逆にも程が必要であることを知れ。

記事コメ;少年ゲリラ
















「ミス慶応」中止の真相…慶応大学が握りつぶした性的暴行事件 被害女子大生が告白
デイリー新潮 10月11日(火)17時0分配信

慶応大学の「ミス慶応コンテスト」の中止が発表されたのは、10月4日のことだった。

大学側はその理由を「複数の未成年者の飲酒」と説明し、主催サークル「慶応大学広告学研究会」の解散を命じたが、その裏にはサークルメンバーたちによる性的暴行事件があった。

被害に遭ったのは、広告学研究会に所属していた18歳の女性。9月初旬、神奈川県の合宿所にて泥酔した彼女に、複数の男性メンバーが性行為を強要したという。

「抵抗する私を1人が組み伏せ、倒れてる私の上に別の2人がかぶさってきて…」(被害女性)

男たちは、凌辱される様子をスマートフォンで撮影したほか、それ以上の絶句する他ない行いも。

女性の母が大学に被害を訴えるも、慶応大学の学生部は“警察に行け”の一点張りの対応で、性的暴行事件は“なかったこと”にされていたという。

慶応大学は取材に対し「今回の処分は適正なものと認識しております」とコメント。10月13日発売の「週刊新潮」では、女性のより詳しい証言の掲載と併せ、大学が握りつぶした事件の全容を明らかにする。

「週刊新潮」「週刊新潮」2016年10月20日号 掲載
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161011-00513491-shincho-soci











慶応大学の学生部がイルミナティーイルミナチスポルノセクショ ンの下衆どもが運営する組織であるということだ。他名門六大学も地方大学でもほぼ同一の学部という悪しき仕掛けが組織的に在ることは把握されてある。
これら酷い所業がエリートの本性の共通する嗜好である。

記事コメ;少年ゲリラ











































[ 2016/10/12 22:03 ] 日常の風景 | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する