FC2ブログ







2016/10/14

20150521pic 011

20150521pic 010

20150521pic 012






美居子さまは今日も来られました。










あの世この世のニュースなど;










<新入社員自殺>電通に強制調査 是正勧告へ 東京労働局
毎日新聞 10月14日(金)13時11分配信

広告代理店最大手・電通の新入社員だった高橋まつりさん(当時24歳)の自殺は過労が原因の労災と認定された問題で、東京労働局と三田労働基準監督署は14日午後、東京都港区の電通本社に対し、労働基準法に基づく強制調査「臨検」に着手した。

臨検後、電通の労使協定が認めていない月70時間超の時間外労働など具体的な法令違反を確認した上で是正を勧告(行政指導)する方針。悪質と判断した場合は刑事処分を求める書類を検察庁に送ることも検討する。

電通では1991年、入社2年目の男性社員が過労で自殺したことが問題化した。労働局などはこの時の反省が社内で十分生かされていない点を重視し、臨検に踏み切ることを決めた。労基法上、労働基準監督官は臨検して企業側に帳簿と書類の提出を求め、使用者や労働者を尋問できると規定している。

高橋さんは昨年4月に入社し、同12月25日に自殺。三田労基署は先月、「仕事量の著しい増加で、残業時間が(前月の2.5倍以上に)増大してうつ病を発症し、自殺に至った」と認定した。高橋さんの時間外労働については、過労死ラインとされる月80時間を超える105時間とした。しかし、高橋さんの遺族の代理人弁護士が本社ビルの入退館記録を基に算出すると、最長で月130時間に上ったという。

代理人弁護士によると、電通は社員らに月70時間を超える時間外労働を「勤務状況報告表」に記載しないよう指導していたという。高橋さんは指導に従い、昨年10月を「69.9時間」、同11月を「69.5時間」に減らして記載していた。労働局はこの点についても法令違反の有無を検討する。【早川健人】

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161014-00000063-mai-soci















石原元知事「記憶にない」と具体的回答なし 小池都知事が明かす
THE PAGE 10月14日(金)14時19分配信



東京都の小池百合子都知事は14日午後、都庁で開かれた定例会見で、石原慎太郎元都知事から、豊洲市場に関する質問状に対する回答が届いたことを明らかにした。内容については「(まだ)精査を十分していない」とした上で、「具体的な回答ははっきり言ってなかった。『自分は聞いていない』『記憶にない』『覚えていない』、そのような回答」と述べた。

さらに、「都合が悪いことを今私どもにお伝えいただかないと明確な答えに繋がっていかないのではないかと私は思います」と主張。石原氏に対しては「これまで作家生活や都知事を続けたご功績を無になさらないようにしていただきたい」とした。

 
今後については、回答内容を精査したうえで「もっと聞かなければならないことは、またご依頼することになるかと思う」と話した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161014-00000005-wordleaf-pol






石原慎太郎のこのようなしらじらしい態度は想定内だ。
そもそもこの下衆に潔さを期待しても無駄の様だ。
そしてそもそもこれは警察が取り締まるべき犯罪である。
もちろん汚職まみれの支配者側のため動く警察ではなく、日本国民の側に立つ警察によってである。
記事コメ;少年ゲリラ













タイ・プミポン国王死去 安倍首相が弔辞「衷心から哀悼」
フジテレビ系(FNN) 10月14日(金)4時56分配信

君主として、世界で最も長く在位したタイのプミポン国王が亡くなった。
安倍首相は、プミポン国王の死去を受け、「衷心から哀悼の意を表します」との弔辞を送った。

この中で、安倍首相は、皇室との交流などにも触れ、「友好関係の発展に果たされた偉大な御功績は、全ての日本国民に記憶される」などと表明した。
最終更新:10月14日(金)4時56分


http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20161014-00000965-fnn-pol

















日本国産旅客機「MRJ」が予定外の着陸 © AFP 2016/ Kazuhiro Nogi
日本 2016年10月14日 15:06(アップデート 2016年10月14日 15:38)

iruminaziblackworld

日本の三菱航空機が開発する国産旅客機「MRJ」がテスト飛行中に能登空港への予定外の着陸を行なっていたことが明らかになった。共同通信が報じた。

13日、「MRJ」は離陸を行なった名古屋空港へと戻る予定だったが、途中の能登空港に着陸した。

三菱航空の代表者は着陸の理由について、飛行中にいくつかの確認を要する事態が発生したためと説明している。

三菱航空機側は今回の着陸について開発者の計画に一切の支障をきたすものではなかったため、「緊急着陸」ではなかったと説明している。

現在「MRJ」は日本と米国で安全の認定を受けるための実験飛行を行なっている。来年はじめまでには「MRJ」は日本の交通運輸省の安全確認を得るために2500時間の飛行を行なう必要がある。

9月29日、「MRJ」は名古屋からワシントン州グラント・カウンティー空港まで初のテスト飛行を行なった。

https://jp.sputniknews.com/japan/201610142901101/


















再生数100万回超、米五大湖で「船の幽霊」撮影(動画) © 写真: Maurits Verbiest
2016年10月14日 13:32



ウェブで人気を博している動画には、米五大湖に浮かぶ神秘的な物体が映されている。

『五大湖に幽霊船現れる』という名前の動画が、米ミシガン州に住むジェイソン・アスラン氏がユーチューブに投稿した。動画では塔を思わせる2つの大きな垂直に立つ物体が見て取れる。 1分ほどの長さの動画は10月10日に公開され、視聴回数は約100万回。



なお先に伝えられたところによると、日本でタクシーに乗り込む男性の後ろに、どこからともなく黒いコートを纏った足のない女性のような姿をしたものが現れ、男性と一緒にタクシーに乗り込む様子がうつった動画が投稿された。

https://jp.sputniknews.com/entertainment/201610142895105/














オランダの合法安楽死、病苦の他に人生に疲れた人にも対象を拡大へ © 写真: Victor
社会 2016年10月14日 01:49(アップデート 2016年10月14日 02:56)



オランダ政府では医療上の指標が原因ではなく死を望む人にも安楽死を認める法案作りが進められている。

英ガーディアン紙は、この法案が成立すれば、オランダは人生に疲れて死を望む人もこれ選択する実践を拡大しようとしていると報じている。 法案の策定は専門家社会との協議の結果、2017年末までに行なわれる。

オランダは世界にさきがけ、2002年、快癒の見込みがなく耐えられぬほどの肉体的苦痛を味わう患者に対して安楽死を合法化した。

スヒッペルス保健相は新たな基準の適用対象について高齢者のみとし、その理由は人生に別れを告げる望みが一番多い割合を占めるからと説明したものの、実際の適用年齢については明確にしていない。

2015年、オランダで安楽死が行なわれた例は5516件。 なお先に伝えられたところによると、ベルギーでは、安楽死によって初めて不治の病の子供が息を引き取った。

https://jp.sputniknews.com/life/201610142897063/







そうして人肉を公然と確保したいレプティリアンが考えた糞法案だ。
記事コメ;少年ゲリラ













英国の純血種の猫がモスクワ地下鉄シェークスピア特別車両のお客さん第1号に(写真) © Sputnik/ Ramil Sitdikov
2016年10月14日 12:15



純血の英国猫がモスクワの地下鉄の特別車両「シェークスピアの熱情」の乗客第1号になった。特別車両「シェークスピアの熱情」が走っているのはモスクワを東西に貫く濃い青のアルバート・ポクロフスカヤ線。

シェークスピアのテーマに沿った車両デザインにするために猫が重要な主人公の1人として選ばれたのにはわけがある。

ポスターに描かれた等身大のシェークスピアは手に猫を抱えているがこれはシェークスピアの作品の入念な調査の結果、生まれたアイデア。

作品の中に猫の記述が何度あるかが調べられたところ、なんと40回を越していたことから、猫こそシェークスピアの創作では重要な役割を演じているということになった。

https://jp.sputniknews.com/entertainment/201610142895629/






ドラキュラの様なネコだ。
記事コメ;少年ゲリラ
















ロシアの学者、ビタミンB2でガン破壊に成功 © Fotolia/ Hoda Bogdan
サイエンス 2016年10月14日 16:22(アップデート 2016年10月14日 17:23)



ロシアと海外の学者たちが、ビタミンB2を用いてがん細胞を除去する独創的な手法を考案した。論文は科学誌『Scientific Reports』に掲載された。

多くの種のがん細胞は何らかの理由で膨大な料のビタミンB2(リボフラビン)を吸収し、消費している。そのため、生物学者たちはがんの局地化と破壊のためにリボフラビン分子を利用できるという考えに昔から行き着いていた。

そして、ロシアの諸大学とロシア科学アカデミーの諸研究所、フランスとオーストラリアの研究者たちがナノ粒子を少量用意し、ビタミンB2と組み合わせた。それを、ヒトの乳房腫瘍から抽出されたがん細胞を移植したいくつかのマウス体内に入れた。

観察が示すところ、ナノ粒子注入と定期的なレーダー照射から50日後、がん細胞の成長は停止し、ガンのサイズは実験期間で90%減少した。 次のステップは、この方法の臨床実験だ。 先に伝えられたところによると、漢方でがんの徴候完全消滅。

https://jp.sputniknews.com/science/201610142901352/

















インディペンデント紙、英国の中東政策は偽善と批判 © AP Photo/ Ebrahim Noroozi
政治 2016年10月14日 16:55(アップデート 2016年10月14日 16:59)



英国のジョンソン外相がロシアのシリアでの行動を指して表した声明は英国の中東政策の偽善性を浮き彫りにした。コラムニストのアンドリュー・スミス氏がインディペンデント紙にこうした記事を寄稿した。

スミス氏は、英国政権にはシリアの空爆の真相調査を呼びかける権利はあるが、これと全く同様のことはイエメンに対しても行なうべきだと主張している。

先日、イエメンで連合軍が行なった空爆では死者140人以上、負傷者500人以上の犠牲者が出たものの、これに対してはジョンソン英外相はツィッター上に声明を表し、民間人を対象にした爆撃を中止し、真犯人を明らかにするよう呼びかけるに留まっている。

かなり抑制の聞いた反応がなされた背景には英国はすでに長年にわたってサウジアラビアに政治支援を行ってきた事実がある。

ジョンソン英外相は10月11日、シリアで戦争犯罪を行なったとしてロシアを非難した上、ロンドンのロシア大使館前でデモ行動を行なうよう呼びかけた。

ロシア国防省は非難を事実無根として退け、ジョンソン英外相の声明は「ロシアを嫌悪するヒステリー」と呼び、これらを確証する証拠を提出するよう提案している。

https://jp.sputniknews.com/politics/201610142901235/

























































[ 2016/10/14 18:45 ] 日常の風景 | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する