FC2ブログ







2016/10/16



















美居子さまは今日も来られました。










あの世この世のニュースなど;






















科学者たち、火星の衛星がどのように「スター・ウォーズ」の「デス・スター」に変身したかを示す(動画) © Flickr/ Steve Rainwater
サイエンス 2016年10月16日 13:35(アップデート 2016年10月16日 14:47)



米ローレンス・リバモア国立研究所の物理学者らは火星の最大の衛星フォボスがどのようにが「スター・ウォーズ」の「デス・スター」に変身したかを示した。



発表された映像では、毎秒6キロの速度で移動する直径250メートルの小惑星と衛星の衝突が示されている。これが9キロの直径を持つクレーターを作り、フォボスの外観を形成した。このように有名な「デス・スター」に似た外観が出来たのだ。

フォボス(半径11.1キロ)は火星の表面から6000キロの距離にあり、100年に2メートルの速度で螺旋軌道にそい火星に落下している。これにより衛星は太陽系内で惑星に最も近くなっている。

https://jp.sputniknews.com/science/201610162906982/

















プーチン大統領、「ザ・シンプソンズ」でトランプ氏に投票 © Flickr/ MsSaraKelly
エンタメ 2016年10月16日 12:41



ロシアのプーチン大統領がテレビアニメシリーズ「ザ・シンプソンズ」の600回目に登場。 16日にフォックスTVで放送される回がの予告編がYouTubeに掲載された。 主人公ホーマー・シンプソン氏が米国大統領選挙で投票所に行くとロシアの指導者がいた。



彼は共和党の候補者ドナルド・トランプ氏に投票し、102パーセントの結果で同氏が勝つと述べる。プーチン氏は有名な上半身裸で馬に乗った姿で描かれる。 米国の大統領選挙は11月8日に開催される。最新の世論調査によるとトランプ氏は8パーセントの差で民主党候補ヒラリー・クリントン氏に遅れを取っている。


https://jp.sputniknews.com/entertainment/201610162906927/

















ノルウェー フィンランドに山を贈りたかったが…見直す © Fotolia/ Berzina
エンタメ 2016年10月16日 11:00



ノルウェーは、フィンランド独立100周年に合わせハルティ山を贈るという考えを見直した。BBCが伝えた。

先にソーシャルネットワーク上では、フィンランドの国民的祝日に山をプレゼントしようとのアイデアを支持するキャンペーンが始まっていた。

しかしノルウェーのエルナ・ソルベルグ首相は「そうしたアイデアは放棄すべきだった。なぜなら国の憲法は、国土の一部を渡すのを禁じているからだ」と指摘した。

ハルティ山塊は、ノルウェーとフィンランドの国境にまたがっているが、その多くの部分はフィンランド領内にある。しかし山の一番高い部分(1365メートル)はノルウェー領内だ。

NRKテレビによれば、アイデアは1331メートルの山頂部分をフィンランドに譲るというもので、そのためには国境線を40メートル移動させる必要がある。そうなるとノルウェーは、自分の領土およそ0,015平方キロメートルを失うことになる。 先にマスコミが伝えたところでは、英国からのスコットランド離脱に関する住民投票は、EUからの英国の離脱以前に実施される可能性がある。

https://jp.sputniknews.com/entertainment/201610162906861/



















オートバイの元世界王者、暴行の疑いで逮捕 容疑否認
朝日新聞デジタル 10月16日(日)13時45分配信


栃木県警茂木署は16日、オートバイのロードレース元世界チャンピオン、ワイン・ガードナー容疑者(57)を、男性3人のむなぐらをつかむなどした暴行の疑いで現行犯逮捕し、発表した。ガードナー容疑者は「自分の体をつかんだ腕をふりほどこうとして体をゆすっただけ」などと容疑を否認しているという。

署によると、ガードナー容疑者は16日午前8時40分ごろ、茂木町桧山のツインリンクもてぎ敷地内で、東京都江戸川区の男性(49)ら3人の胸ぐらをつかみ、体を押すなどした疑いがある。3人が乗っていた乗用車とガードナー容疑者の乗用車が接触し、口論になったとみられる。

ガードナー容疑者はオーストラリア出身で、モナコ在住。世界選手権500ccクラスの1987年チャンピオン。鈴鹿8時間耐久ロードレースでも4度優勝した。ツインリンクもてぎではオートバイのロードレース世界選手権シリーズ第15戦、日本グランプリが開催され、出場する息子の応援で会場に来ていたという。(伊吹早織)

朝日新聞社
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161016-00000019-asahi-soci








赤ワインは頂けない。
もしやこの赤は人間狩りして殺した人の血で染めたレッドカラーではないかと思うとね・・・・。
記事コメ;少年ゲリラ









イエメンの葬儀空爆、サウジ主導連合軍が誤爆と認める 関係者を処分
AFP=時事 10月16日(日)8時7分配信
【AFP=時事】

イエメンで反政府勢力と戦闘中のサウジアラビアが主導する連合軍は15日、同軍の戦闘機1機が今月8日にイエメンの首都サヌア(Sanaa)で行われていた葬儀を「誤って標的にした」と認め、関係者を処分すると発表した。この空爆で140人以上が死亡し、サウジと友好的な欧米諸国も含む国際社会から強い批判の声が挙がっていた。

調査団は「連合軍が交戦規則と手順を遵守せず、誤った情報が提供されたことにより、連合軍機が(葬儀の)場所を空爆したため、民間人の死傷者が発生した」「原因となった人物に対する処罰と、被害者の家族に対する適切な補償が行われなければならない」としている。

今回の攻撃は、サウジ主導の連合軍がイエメン政府を支援し、イスラム教シーア派(Shiite)系反政府武装勢力「フーシ派(Huthi)」に対する空爆を開始した昨年3月以降の約19か月間で最悪のものの一つとなった。

国連(UN)によると、アラビア半島の貧国イエメンの紛争にサウジ主導の連合軍が介入してからこれまで6700人以上が死亡しており、その3分の2近くが民間人だという。

英国は今週にも、イエメンでの即時停戦を求める決議案を国連安全保障理事会(UN Security Council)に提出する予定。安保理では先に葬儀空爆を非難する声明を出そうとする動きがあったが、表現に強硬さが足りないと反対するロシアによって拒否されていた。

この空爆に国際的非難を浴びた連合軍は昨年3月から実施していた空域封鎖を緩和すると発表し、外国で治療を受けさせるため重体患者を移送することを許可した。

フーシ派幹部の父親の葬儀を標的にした空爆では、これまでに死者のほか525人が負傷し、うち300人以上が重体だという。反政府組織関係者は、重体患者115人を運ぶためオマーンの航空機が15日サヌアに到着したと述べた。

オマーンは湾岸諸国の中でサウジ主導の連合軍に参加していない唯一の国で、先にも反政府勢力側に拘束されていた欧米などの外国人をサヌアから国外に避難させていた。
【翻訳編集】 AFPBB News

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161016-00000000-jij_afp-int







誤爆? ふざけて誤爆とは、おまえたちが何をしたか、おもいしるだろう。
記事コメ;少年ゲリラ












「アベのナンバーツーに頼まれた」…渋谷を騒然とさせた英国“爆弾男”の仰天供述
産経新聞 10月16日(日)16時0分配信

2020年の東京五輪・パラリンピックを前にテロ対策の強化が進む中、今月7日、白昼の繁華街が騒然とする“事件”が発生した。「渋谷の銀行で、外国人の男が『爆弾だ』と言っている」。結局、男の荷物から爆発物らしきものは見つからなかったが、買い物客や外国人観光客らでにぎわう街が、一時ものものしい空気に包まれた。男の狙いは何だったのか。緊迫した現場を取材した。(緒方優子)

■銀行ATM付近にキャリーバッグ…「ボムだ」

「爆弾だ。開けるな」

7日午前1時、東京・渋谷のみずほ銀行行内に男の声が響いた。白い襟付きシャツにジーンズ姿、褐色の肌で流暢(りゅうちょう)な英語を話す若い男は、銀行1階のATM付近に置かれた青いキャリーバッグを指し、駆けつけた渋谷署員に英語で爆弾を意味する「bomb(ボム)」と繰り返した。

「本当に爆弾なのか?」

男とやりとりする警察官に緊張が走る。間もなく現場には、無線連絡を受けた警視庁本部の爆発物処理班をはじめ機動捜査隊、機動隊などの車両が次々と集結。ビルの中にいた行員や客ら約100人を一斉に避難させ、銀行のある駅前の交差点一帯に黄色い規制線が張られる厳戒態勢となった。

真昼の繁華街を震撼(しんかん)させた“爆弾騒動”。通行人らはスマートフォンやカメラを構えて規制線の前に押し寄せていた。インターネット上には現場の写真とともに「銀行強盗?」「爆弾テロか」などと未確認の情報が錯綜(さくそう)した。

しばらくして、爆発物処理班の1人が宇宙服のような防護スーツに身を包んで登場。キャリーバッグの中身を確認したが、入っていたのは衣類のほか、ゲーム機「プレイステーション4」のソフト数枚とノートパソコン、パスポートなどで、男が強調していた「ボム」はどこにも見当たらなかった。

「わけも分からず、急いで逃げた…」。近くの公園に避難した行員の女性は、こわばった表情で話した。

■首相側近の指示!? 英国籍男の目的は

渋谷署に威力業務妨害容疑で逮捕された“お騒がせ男”の正体は、英国籍の住所・職業不詳、フンジャン・ジャスプリート容疑者(27)。

当初、「安倍(晋三首相)のナンバーツーに頼まれた」などと意味不明なことを話していたが、同署の調べに対し「爆弾だといったことは間違いない」と容疑を一部認めているという。

事件の3日前に観光目的で来日したとみられるが、事件前の行動や動機は依然として不明のまま。渋谷署が調べを進めている。

■五輪効果…英語ペラペラの警察官が対応

事件では、警察官がフンジャン容疑者と直接、英語でやりとりしたことがスムーズな初動につながった。同署によると、現場に最初に駆けつけたのは、英語の話せる渋谷駅前交番の30代の警察官だった。

実は、警視庁では、東京五輪・パラリンピックを視野に9月30日から、同交番と新宿区の歌舞伎町交番の2カ所を「外国語対応モデル交番」に指定、英語や中国語を話せる職員を24時間態勢で配置しており、渋谷駅前交番には、英語の堪能な職員9人が勤務していた。観光客の道案内などを想定していたが、いきなり“意外”な形で活躍した格好だ。

もし、フンジャン容疑者が持っていたのが本物の爆弾だったら…。増加する外国人観光客への対応が求められるのは、「おもてなし」の場面だけではなさそうだ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161015-00000541-san-soci






臭い。悪の臭いがするぞ!
「安倍(晋三首相)のナンバーツーに頼まれた」というのは本当ではないのかね、明智君! ファブリーズを使うかい?
記事コメ;少年ゲリラ














英学者 携帯電話を深夜オフにするようアドバイス © Fotolia/ Wckiw
サイエンス 2016年10月16日 03:28



英国の学者達は、深夜、自分の携帯電話の電源を切るよう、すべての人にアドバイスしている。いわゆる「電子不眠症」の原因になる可能性があるからだ。

英国の学者グループの調査によれば、小中学校生徒の10人に一人が、寝る前に1時間弱、携帯電話を使っており、そうしたことから生徒達は、重要なニュースを見逃してしまったとの夢を見て、夜中に10回程度目を覚ましてしまう、という。

学者グループは、次のようにアドバイスしている-「 現在、生徒のおよそ45%が、いわゆる『電子不眠症』に苦しんでいる。そのため彼らは、授業に集中できず、教師が伝えた情報を十分に自分のものにすることができない。

それゆえ両親は、すぐに問題を解決しなければならない。もちろん、それは容易なことではなく、おそらく子供達との間で騒ぎが持ち上がるだろう。

しかし一番初めから、両親は子供達に、携帯電話は、寝る前に必ず切らなければならないと説明する必要がある。

なぜなら携帯談話の使いすぎは、明らかに健康に有害だからだ。」 先に伝えられたところによると、、アジアのインターネット上では、女性の新たな遊びが幅広い人気を得た。

それはフラッシュモブ参加者が、スマートフォンを自分の胸の上にのせ、自撮りし写真やビデオを共有しようというものだ。

https://jp.sputniknews.com/science/201610162906204/









ブレーカーを落としておいても良いくらいだ。
記事コメ;少年ゲリラ













あの世から売春婦を注文するキャンペーンでフランス震撼 © 写真: Mc Cann Paris
社会 2016年10月16日 01:38



困難な状況にある女性を支援し売春の防止を担うフランスの組織ムーヴマン・ドゥ・ニが売春の顧客らに、自らの行動の影響を示してみせた。

マッキャン・パリとともにサイト「天国の少女たち」を立ち上げた。一見ふつうの売春婦注文サイトと変わらず、写真、プロフィール、チャットなどがある。

しかしその売春婦らは死者なのだ。全員が自らの顧客の餌食になった。表示された番号に電話をしてはじめて顧客はその事実を知る。

電話を通じて、どこで、どのように死んだかが語られる。 性的サービスに金を払う人々は違法な市場に資金を提供し、暴力を支持し、ほとんど犯罪に加担しているのだ、というメッセージ。立ち上げ一週間で早くも600以上のコールがあった。

チャットでのメッセージ件数は数千という。 先にウクライナで売春合法化の計画が発表された。

https://jp.sputniknews.com/life/201610162906161/




















ディカプリオ氏、マネーロンダリングのため国連特使辞任を求められる © 写真: Youtube / capture d'écran
社会 2016年10月15日 22:59(アップデート 2016年10月16日 00:12)



ハリウッド俳優レオナルド・ディカプリオ氏が汚職事件を受け気候変動に関する国連特使を辞任するべきだ。

環境問題に取り組むスイスのブルーノ・マンセーラ基金代表ルーカス・シュトラウマン氏が述べた。

「ディカプリオ氏が自分の罪を認めない場合は、我々は気候変動に関する国連特使を辞任するよう求める。このような重要な役割を担う信用がないからだ」。ハフィントン・ポストが伝えた。

米政府当局者は8月、俳優レオナルド・ディカプリオ氏の慈善団体が総額約30億ドルのマネーロンダリングをしていた疑いをかけた。

俳優はマレーシアの国営基金1MDBの資金横領に関与する人々と知り合いだったことが疑われる。米国法務省のレポートでは10億ドルの資金を横領した投資家ジュ・ロウ氏の名が挙がっている。

ディカプリオ氏は2014年に気候変動に関する国連特使に任命されていた。

https://jp.sputniknews.com/life/201610152905954/




















北朝鮮船員、ロシア国境警備を攻撃 © Sputnik/ Vsevolod Tarasevich
災害・事故・事件 2016年10月16日 17:05(アップデート 2016年10月16日 17:45)



逮捕の際に抵抗し、ロシアの沿岸警備兵を襲った北朝鮮の船員を乗せた、ロシア連邦保安庁の国境警備船が日曜日、沿海州に帰船する。連邦保安庁の地域国境国の報道担当がRIAノーボスチに伝えた。

先に報じられたところ、14日、北朝鮮の漁船がロシア沿海州の排他的経済水域で逮捕され、ロシア国境警備隊を襲った際に違反船員9人が負傷し、1人はその後死亡した。また、国境警備艦のメンバーの1人が頭部を負傷した。

負傷者には手当が施され、違反船員は国境警備艦に避難した。

報道担当は次のように指摘した。 「今日中に船は沿海州に着き、そこで裁判が行われる。船上には手当をする船医がいる」

https://jp.sputniknews.com/incidents/201610162907276/


















マスコミ:米駆逐艦にイエメン領で週3度目の攻撃 © AP Photo/ Bullit Marquez
災害・事故・事件 2016年10月16日 16:40(アップデート 2016年10月16日 16:52)



イエメン沿岸の国際海域にいた米軍の誘導ミサイル駆逐艦「USSメイソン」を標的に、再びミサイルが発射されたとNBCテレビが2人の米政府筋の情報をもとに報じた。

政府筋によると、攻撃は現地時間の日曜日早朝に起きたとし、駆逐艦を標的に少なくともミサイルが1発発射されたが、駆逐艦は対策を取ったため、損傷はなかったと述べた。

どの地点からミサイルが発射されたのかは述べられなかった。 イエメン沿岸にある米駆逐艦への1度目の攻撃が報じられたのは月曜日。

米国防総省の報道担当はその時、ミサイル発射はイエメン領を統治下に置くフーシ派によるものだと仮定。しかしフーシ派は駆逐艦攻撃への関与を否定した。2回めの攻撃は水曜日に明らかになり、木曜日には報復として米海軍はイエメンにある3機のレーダーに攻撃を加えた。

https://jp.sputniknews.com/incidents/201610162907248/











米軍の自作自演マッチポンプ劇場にはもううんざり飽き飽きするよ。

記事コメ;少年ゲリラ





































































[ 2016/10/16 20:53 ] 日常の風景 | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する