FC2ブログ







2016/10/27  またまた午前様更新の様子~

20150521pic 033

20150521pic 032

20150521pic 039

20150521pic 040










美居子さまは今日も来られました。











あの世この世のニュースなど;










マルタ共和国、ロシアの船には燃料補給を許可しない © 写真: Public Domain
政治 2016年10月27日 22:13



マルタ共和国のヴェッラ外相はタイムズ・オブ・マルタ紙に対し、同共和国はロシア船籍に対し港での燃料補給を今後一切認めないことを明らかにした。 マルタ外務省は地中海を航行のロシア船には今後一切の燃料補給を許可しないことを明らかにしている。 ロシア国防省は26日、空母「アドミラル・クズネツォフ」が燃料補給のためスペインのセウタ港に寄港を計画していたものの、これを拒否されたというデマを否定している。

https://jp.sputniknews.com/politics/201610272949261/







マルタ共和国とは国名からして奢りふざけた下衆支配者部落の様だ。
イルミナティー731石井部隊では、戦場ではない日本でも今日も形や仕組みを変え闇で今でも犯されてあるが、人類を生きたまま虐待し、アドレナリンを出させ、それを多く味わうため執拗に酷く虐め、それらを食べ太り、血を吸うことで人類から略奪した体を潤して在るのだ。下衆イルミナティー石井部隊では、餌食とする人類を[マルタ丸太]と呼称していた。

こうした酷い存在である下衆レプティリアン貴族が巣食うマルタ共和国が、下衆イルミナティーを排除した大国ロシアを逆恨みして燃料補給を許可しないという記事である。

記事コメ;少年ゲリラ




















テレ朝「モーニングショー」慶大暴行疑惑報道で謝罪 宇賀アナ「女性への配慮欠けた」
スポニチアネックス 10月27日(木)10時23分配信

テレビ朝日系「羽鳥慎一モーニングショー」(月~金曜前8・00)が27日に放送され、慶大「広告学研究会(広研)」の男子学生が女子学生に集団暴行した疑いがある問題を取り上げた20日放送の内容について「女性に対する配慮に欠けるものだった」と、謝罪する場面があった。

同局の宇賀なつみアナウンサー(30)が「お伝えしたいことがあります」と切り出し、広研に関する問題について報じた20日の放送について言及。

広研関係者への取材を中心にした報道として、事件当時に撮影されたとされる動画を見た人のコメントを紹介したが「その発言は慶応大広告学研究会関係者の所感のみを伝えたもので、客観性に欠けたものでした」とし、また女子学生が知人にあてたLINEの内容を報じたことについても「これは女性のプライバシー保護の観点から適切ではありませんでした。

いずれも女性に対する配慮に欠けるものでした。ここにお詫び申し上げます」と謝罪した。

続いて、羽鳥慎一アナウンサー(45)が「学内における被害者の特定につながる恐れのある行為で、二次被害そのもの」という女性の弁護士のコメントも読み上げ「私たちの報道も女性にとってつらい気持ちにさせるものだという風に感じています」とお詫びした。

また、広研OBの話として報じた内容などについて、宇賀アナが、あらためて慶大に取材した際の大学側の見解をパネルを使って説明。最後は「そうした中で、私たちの報道も、もっと丁寧にするべきでした」と神妙な表情で話した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161027-00000087-spnannex-ent







何故に慶応大広告学研究会関係者の所感のみを伝えたのかを全く除外している。真実を精確に伝えていない。これが謝罪となることはありえないのだ。
これは要するにこころでは謝罪する気は皆無ということだ。
ふざけて被害者を3次4次と犯し続けて在るこの関係してあるこれら複数の存在は、漏れ無く極めて重く処刑されることとなり、被害者が失ったもの以上の全てを失うこととなるだろう。
記事コメ;少年ゲリラ

















「スプートニク」の調査回答者半数以上が「連続3期9年」に反対
© AFP 2016/ Saul Loeb
日本 2016年10月27日 11:32(アップデート 2016年10月27日 14:05)



「スプートニク」による世論調査の回答者半数以上が、自民党による、党総裁の任期を現在の「連続2期6年」から「連続3期9年」に変えるという規約改正を支持しなかった。

自民党総裁を2012年から務めているのは安倍首相。 388人が回答したインターネット世論調査で、55%の回答者が党総裁の任期延長に反対し、日本の首相のポストへの新たな候補者のための時間が来たと考えている。

回答者の27%は安倍首相が首相ポストに留まることに対してリベラルな態度をとっている。それは、現時点で政界には立派な他の候補者いないからだ。

回答者の13%は、安倍首相の任期を2021年まで延長することに肯定的で、それは任期延長は計画された改革を完全に実現することを安倍首相に許すからだ。

記事には2016年10月25日の1日間行われた、インターネットでの世論調査のデータが掲載されている。

現在、与党である自民党総裁の任期は3年で、最大2期連続でこのポストを務めることができる。一方25日、自民党は党の規約を改正し、党総裁の最大任期を9年まで伸ばす意向を発表した。

こうなった場合、2012年から自民党総裁を務める安倍首相は、2018年から2021年にかけて3期連続で選出され、20年度東京五輪・パラリンピックのときも、総理大臣の座に留まる可能性がある。

日本の総理大臣の任期には憲法による制限がなく、自民党が国会の大多数を占める現在、自民党総裁が総理大臣になる可能性が高い。

https://jp.sputniknews.com/japan/201610272946870/





















[ 2016/10/28 00:58 ] 日常の風景 | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する