FC2ブログ







2016/11/11


20150521pic 294


20150521pic 092


20150521pic 344


20150521pic 113











美居子さまは今日も来られました。










あの世この世のニュースなど;









スノーデン氏、米大統領選挙の結果は自分にどう反映するか © AP Photo/
米国 2016年11月11日 16:35(アップデート 2016年11月11日 17:10)



米国家安全保障局(NSA)の元職員エドワード・スノーデン氏は次期米大統領に選出されたドナルド・トランプ氏の尽力は国内の社会問題に集中するだろうとの見通しを明らかにした。

スノーデン氏はスプートニクからのインタビューに答えた中で、「もちろん、自分に関することがどうなるのかというのは心配ですけど、これは全体からすれば一番重要度の低い部分で、私ではなく私たちに関する部分では私たちは広範な社会問題に集中せねばならないのです。個々のケースではなくて」と答えた。

スノーデン氏はオバマ大統領がかつて自分の選挙戦で国内の大規模な追跡調査を終わらせると公約したものの、それを守らなかったことを指摘し、「私が最も反対することは各人の動きを追う大規模な追跡調査、無秩序な監視です。

司法機関が認める目的を持った追跡というのは、自由な社会に住む何者の人権も侵害することなく追跡する目的を遂行する上で最も介入度の低い手段です」と付け加えた。

スノーデン氏は2013年6月、ワシントンポスト紙、ガーディアン紙に対して米国、英国の特務機関のインターネットでの追跡プログラムに関する一連の資料を手渡した。スノーデン氏はその後、香港へ飛び、そこからモスクワへ移動すると国際空港のトランジットゾーンにしばらくの間滞在していた。

その後、ロシアはスノーデン氏に米国に反対する活動を停止することを条件に1年を期限とする一事的な亡命を許可した。

2014年8月1日、スノーデン氏には3年の期限で居住許可が下り、これによってロシア国内のみならず外国への移動も可能となった。

https://jp.sputniknews.com/us/201611113000821/































露国防省、米国の空爆で数千のシリア人とイラク人が死亡と声明 © AP Photo/
社会 2016年11月11日 13:23



この1年で数千人のシリアとイラクの民間人が米空軍の空爆により死亡した。ロシア国防省筋が報じた。

情報筋は、シリアとイラクに派遣されている米空軍は1日20発の爆撃、もしくは1年で7300発の爆撃を行ったと指摘した。

「しかも、この『作業』の非常に大きな部分はB-1BからB-52Hまでの戦略爆撃機に割り当てられている。これら爆撃機の絨毯爆撃の『人道性』と『正確性』は、ベトナム戦争の時代からよく知られている」と情報筋は強調した。


https://jp.sputniknews.com/life/201611112997489/






シリア絨毯爆撃は東京大空襲と同一で皆殺しの爆撃である。

これらの戦争行為は先の大戦ww2という人類へ擬態して人類へ成りすまして在るイルミナティーことイルミナチス[入身烏血吸]エイリアンの中でも爬虫類とゲッ歯類系がキチガイで凶悪で自己中心的性格であり、また病的ともいえるほどナルシストである[鳥系もいる]が、中身はただひたすら私利私欲、自己愛を満たすのみの下衆魂エイリアンどもであリ、こんな人類へ擬態して紛れ込み人類の君主を殺しまんまと人類を支配してきて在る下衆魂エイリアンどもにあらいる工作を仕掛けられ、果ては戦争という実は下衆魂エイリアンどものレアメタルゴールド略奪やドンジャラゲーム的人類レイプ虐殺人肉すき焼きパーティーをしたいがため、やつら下衆魂エイリアンどもが仕組んだ世界人類虐殺マッチポンプ戦争劇場にすぎないのだ。

改めて言わせていただくが、シリア絨毯爆撃は東京大空襲と同一で皆殺しの爆撃である。当時の国際法でも絨毯爆撃は違法と判断されたに間違いない皆殺しの核兵器使用と同類の所業である。

記事コメ;少年ゲリラ






















ロシアの預言者、11月11日はドストエフスキーの生誕日 © Sputnik/ Pavel Balabanov 文化 2016年11月11日 22:57(アップデート 2016年11月11日 23:05)



今日はドストエフスキーの生誕195年記念日。1821年11月11日にフョードル・ドストエフスキーはモスクワに生まれた。ドストエフスキーは多くの人にとってはロシア、そしてその謎めいた魂と一体化した像を結んでいる。

アインシュタインは「ドストエフスキーは他のどんな思想家よりも多くのことを私に与えてくれた」と記している。とはいえドストエフスキーの大いなる精神は陰気さと混同されることが多い。ドストエフスキーの外見は痩せて神経質で狂ったようなまなざしととらえられることが多い。

グレーの服をまとい、濃い煙草の煙の中に沈む作家の頭の中には「祖国は、我々はどうなるのだろうか?」という問いが渦を巻いているというように。だがここで史実と一致しているのは煙草の煙くらいだろう。

ドストエフスキーは確かに恐ろしいほどの愛煙家だったが、それでも安物は決して吸わなかった。

ドストエフスキーは陰気な色合いを断固として認めなかった。妻のアンナの記述からもそれはわかる。

「あの人は灰色は嫌いでした。だいたいはっきりしない色というのを受け付けませんでした。私のグレーのドレスをこういう色のペンキで柵を塗るもんだ、明るい緑色の服を作ればよいのにと言っていました。彼自身も幅広の色物のネクタイを結んでいました。それも特に鮮やかな赤がお好みでした。」

ドストエフスキーは他の誰よりも相手を心から感嘆させ、深く思いめぐらせることができた。いや、

これは今でも変わらない。寛容な心という問題についてドストエフスキーはどう書いていただろうか?「我々が民衆に信仰を教える? とんでもない。

これについては民衆のほうがあなた方、全ヨーロッパに教えてくれますよ。」では今日の制裁や制裁への対抗策については「相手が、不足や破産など我々は恐れてはおらず、自分の意見を重視することがわかったら、今度はむこうのほうから金を差し出してくるでしょう。」
作家の鋭いまなざしは数百年先をいく戦略的思考にまで到達することもあった。

「敷く鉄道は2本だけでいいのです。1本はシベリア行き、もう1本は中央アジアへ向かう鉄道を。そうすればすぐに結果が出るでしょう。」驚くことに全ては彼の言葉のとおりになった。

皇帝のプロジェクトであるシベリア横断鉄道とソ連政権の建てたトルキスタン・シベリア鉄道とバイカル・アムール鉄道が誕生したではないか。

ドストエフスキーはロシア全土の、そして世界中の読者を惹きつけた。日本でもドストエフスキーは殊更人気が高い。

このことから日本の読者にとっては闇と否定を抜けて光に接近し、生きる意味を理解しようとするドストエフスキーの描く主人公らは近しい存在なのかもしれない。


https://jp.sputniknews.com/culture/201611113002912/


















なぜスバルは水平対向エンジンを作り続けるのか?




電通の家宅捜査の真の狙い、軍産複合体崩壊後の世界の情勢【NET TV ニュース.報道】国家非常事態対策委員会 2016/11/10




怪談『朗読の部屋』第百二十三話 『開かずの階』 『写真屋のバイトで』




ヒラリー収監へ~世界革命~                   『新・霊界物語 第九十一話』




赤い糸~恋愛授業~【出会い編】                  『新・霊界物語 第九十二話』




殺される人、生きる人                       『新・霊界物語 第九十話』




Too Young To Die? Brad Pitt, Juliette Lewis (1990)




(Brad Pitt) The Dark Side Of The Sun (1988) Full Movie




(VVinter Pe0ple) Kurt Russell - Kelly McGillis (Full Movie Drama) 1989




Haley Joel Osment (Full Movie 2014 Thriller Sci-Fi Mystery Time-Travel




【偽装社会】日本の外交犯罪も大量に出回っているウィキリークス




【佐藤優】ウィキリークスに見る、驚くべき日本の体質 平成23年5月6日




These Events Prove Something Weird is Going On!





最終更新;2016/11/11 pm23:32
ドストエフスキーの記事追加
[ 2016/11/11 21:21 ] 日常の風景 | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する