FC2ブログ







2016/11/26

20150521pic 077







美居子さまは今日も来られました。










あの世この世のニュースなど;








沖縄周辺を中国空軍機6機が通過、日本が戦闘機を発進させる © AFP 2016/ Toru YAMANAKA
日本 2016年11月26日 16:12



日本の航空自衛隊の戦闘機が土曜、沖縄県の領空に隣接する空域に中国空軍機が侵入したことを受け、発進した。

共同通信が防衛省の情報を伝えたところでは、爆撃機Xian H-6が4機、宮古沖を東シナ海方面へ通過した。

この間、逆向きに飛行する中国空軍の戦闘機Su-30が2機確認されているが、宮古沖で方向を変え、やはり東シナ海方面へ向かった。

防衛省によれば、中国機は領空侵犯をしていない。
詳報が待たれる。

先に伝えられたところによると、アメリカ軍は沖縄県にある北部訓練場の年内返還を日本側に通知する予定になった。

https://jp.sputniknews.com/japan/201611263054192/














【本領発揮】プーチンとうとうメドベージェフ内閣を粛清




Sci Fi movies - Full horror movies English




Horror Movies 2016 - Best Thriller Action Movies 2016 Mush Watch




Horror Movie 2016 - New Alcatraz




퐍퐞퐰 퐌퐨퐧퐬퐭퐞퐫 퐇퐨퐫퐫퐨퐫 퐌퐨퐯퐢퐞퐬 ퟐퟎퟏퟔ 퐍퐞퐰 퐒퐜퐚퐫퐲 퐌퐨퐯퐢퐞퐬 퐄퐧퐠퐥퐢퐬퐡 퐇퐨퐥퐥퐲퐰퐨퐨퐝




New Horror Movies 2016 HD New Action American English Scary Movie Crime Thriller movies




LE BATEAU DES TÉNÈBRES - FILM COMPLET EN FRANCAIS




The breed - film complet FR ( horreur )




Meilleurs film d'horreur Fortement complet en francais 2016 HD || Nouveauté film d'horreur 2016




Meilleurs film d'horreur Oweidat complet en francais 2016 HD || Nouveauté film d'horreur 2016




Meilleurs film d'horreur Maison complet en francais 2016 HD || Nouveauté film d'horreur 2016




Films d'horreur 2016 | Meilleurs Film streaming complet en francais 2016 HD nouveauté




Film streaming 2016 complet | Meilleurs films d'horreur complet en francais 2016 HD nouveauté




【世界情勢】北C鮮のKAKU爆弾と秘密結社,そして沖縄のKAKUミサイル基地




Best Scary Movie Hollywood 2017 ~ New Horror Movies 2017 Movie English #4




Best Scary Movie Hollywood 2017 ~ New Horror Movies 2017 Movie English #5




Watch The Devil Incarnate Watch Movies Online Free




プーチンとイルミナティの戦いがエラいことに! ロシアで世界を揺るがす事態とは?




【撲滅】 イルミナティの本当の行動計画書。




【ロシア】放射能を中和させる方法を発見!福島 短時間で…可能か




【真相】地上波デジタル放送の隠された目的。




上の[【真相】地上波デジタル放送の隠された目的。] の動画内容はまんざらでもない。
というのも陰謀は確かに在るが、これらを広く広めている代表的な者たちはレプティリアンであるからだ。
わたしが多く紹介してきてあるベンジャミン・フルフォード氏も例に漏れずレプティリアンであることは確認済みである。
わたしがここで彼のベンジャミン・フルフォード氏へ関する情報を引用するのは、彼を信用しているからではない。
それは当たり前だ。

会った事も皆無である者を信じるなど愚行であるからだ。
彼の多くの情報は的を射ているが、ただ彼は人類ではない者たちの存在へついての言及がわたしの知るところでは一切無い、又は上手くスルーしている。
わたしはそれでもベンジャミン・フルフォード氏が発する情報へついて、それが多くは的を射ていると思考する動画や著書へついては、ほぼ正確であると思考できる情報である限りは今までと同じようにここで紹介していく。

ベンジャミン・フルフォード氏以外でも、これら大手地上波TVや大手他メディア、インターネットへ露出しているほとんどが人類ではないことは確認済みである。わたしはベンジャミン・フルフォード氏やデービッド・アイク氏やブラッド・ピッド氏などは、いわば[更正し闇の組織へ謀反してある獰猛凶悪レプティリアン]という奇妙で奇異的な存在であるとでも言っておこう。
なぜ彼らが謀反したのかは知らない。


圧倒的な勢力を前に命が惜しくなり、勝ち馬へ乗馬してあるだけなのか、それともいまだ闇の組織のエージェントとして何らかの悪しき計画を達成させるために、人類を欺き油断させるため、ガス抜きとしての役割を果たしてあるのか。

そう言っておいて何であるが、わたしは彼らを一切信用することは無い。これは盾矛ではない。
なぜなら彼らは特に多くの人類へ対する酷い陰謀を露呈させ警鐘してくれてはいるが、彼ら自身が人類ではないという最大の秘密をカミングアウトしていない事実は、いまだ彼らがわたしたち人類を欺いて騙して在るということに他ならないからだ。

ベンジャミン・フルフォード氏へ有意義で建設的な提案がある。
もし人類へこれら悪しき酷い陰謀が本当に在り、今だこれら陰謀を目前へしても信じられない、気づいていない人類たちを一刻も早く目覚めさせたいのであれば、大手TVメディアの生放送で自らの真の姿を晒すことだ。公の大衆の前で、いわゆるシェイプシフトしたまえ。
これは人類へとっても爬虫類人へとっても有意義で建設的な提案である。
爬虫類人カミングアウト第一号はあなた、ベンジャミン・フルフォード氏であるべきだ。

そうでなければわたしたち人類へとって、今後いかなる世界が繰り広げられようとも、それが下衆デタラメ世界であるという、人類へとって全く意味のない、酷すぎる世界であることに何ら変わりない。

そして今後それは決して在ってはならない世界である。

動画コメ;少年ゲリラ













覚書;

アイン・ランド(Ayn Rand 1905年2月2日 - 1982年3月6日)は、ロシア系アメリカ人の小説家、思想家、劇作家、映画脚本家である。本名アリーサ・ジノヴィエヴナ・ローゼンバウム(露: Алиса Зиновьевна Розенбаум)。
主な著作

 1936年We the Living
 1943年The Fountainhead
 1957年Atlas Shrugged


以下、[Atlas Shrugged]ウィキペディアより部分技粋

出版の経緯
小説『水源』(The Fountainhead、1943年)が商業的に成功していたため、『肩をすくめるアトラス』の出版を希望する出版社は難なく集まった。この点は、出版にも苦労したそれまでの小説とは対照的だった。既に執筆を始める前から、次の小説に関心を持つ複数の出版社が、ランドにアプローチしていた。ただし、『水源』を出版したボブスメリル社との契約により、次回作の出版に関する最初の選択権は同社に与えられていた。部分的に完成した『肩をすくめるアトラス』の原稿を読んだボブスメリル社は、ランドに数々の削除と変更を要求した。ランドがボブスメリル社の要求を受け入れなかったため、同社は『肩をすくめるアトラス』の出版を辞退した。
ランドが気に入っていた元ボブスメリル社の編集者、ハイラム・ヘイデンは、当時勤務していたランダムハウス社を、次回作の版元として検討してほしいとランドに頼んだ。最初にランダムハウス社は、物議をかもすであろう小説を出版する難しさについて、ランドと話し合った。この話し合いの過程で、同社のベネット・サーフ社長は、ランドの次回作を最も上手くプロモーションできる出版社を見極めるために、複数の出版社に原稿を提出して反応を見ることをランドに提案した。ランドはこの大胆な提案に感銘を受け、ランダムハウス社との話し合い全体にも感銘を受けた。次回作の出版に関心を示した十数社の中から、他に数社と話し合った後、ランドは複数の出版社への原稿提出は不要と判断した。ランドは原稿をランダムハウス社に提出した。提出された部分を読んだサーフ社長は、本作は傑作であると言明し、ランドに契約書を提示した。作品の出版を上層部も熱望しているように見える出版社と仕事をするのは、ランドにとって初めての経験だった。
ランダムハウス社は本作品を1957年10月10日に出版した。初刷は10万部だった。1959年7月には最初のペーパーバック版がニューアメリカン・ライブラリー社から出版され、初刷は15万部だった。1992年には35周年記念版がE.P.ダットン社から出版され、ランドの遺産相続人のレナード・ピーコフが序文を書いた。
本作品は、アラビア語、ブルガリア語、中国語、デンマーク語、オランダ語、フランス語、ドイツ語、ヘブライ語、アイスランド語、イタリア語、日本語、マラーティー語、モンゴル語、ポーランド語、ポルトガル語、ロシア語、スペイン語、スロバキア語、スウェーデン語、トルコ語を含む多数の言語に翻訳された。



政府とビジネス
理想的な政府に関するランドの見解は、ジョン・ゴールトの「我々がうちたてる政治制度は一つの道徳的前提に集約される。それは、何人も力に訴えて他人から価値を奪ってはならないということだ」「いかなる権利も、人が権利を現実におきかえる権利 ― 考え、働き、その成果を保持すること ― すなわち財産権なくしては存在しえない」というセリフに表現されている。ゴールト自身も、自由放任資本主義的な生き方をしている。
『肩をすくめるアトラス』の世界では、生産性ある自立した組織が成功を理由に社会から敵視されるようになった時、社会が停滞し始める。これは、ランドが1964年に雑誌「プレイボーイ(Playboy)」のインタビューで述べたことと一致する。このインタビューでランドは、「今日の私たちの社会は、資本主義社会ではなく、自由と統制の混合経済です。この社会は、現在支配的な潮流では、独裁に向かっています。『肩をすくめるアトラス』で描かれた政策は、社会が独裁の段階に達した時に実行されます。もしこのようなが起きたら、その時こそストライキに入るべきです。それまでは違います」と述べている。
本作品では、公共選択論に関わるテーマも扱われている。たとえば本作品では、表向きは公共の利益を目的としながら、実際には特別利益団体や政府機関の短期的な利益を目的とした法案(「共食い防止協定」や「機会均等化法案」のように)を通過させるために、利他的な言葉が使われる様子が描かれている。




所有権と個人主義
「金(かね)が邪悪だと言う人間からは一目散に逃げなさい。その文句はたかり屋の接近を告げる警鐘なのです。」
—フランシスコ・ダンコニア、『肩をすくめるアトラス』
ランドの作品では、しばしばヒーローたちが、自分たちの労働によって得られた利益の分け前を要求する「寄生者」、「横領者」、「たかり屋」たちと対立する。エドワード・ヤンキンスは、「(『肩をすくめるアトラス』は)人類社会を分ける2つの階級、すなわち横領者と非横領者の闘争の最終ステージに関する黙示録的ビジョンである。横領者とは、高課税、大労組、国有、財政支出、国家計画、規制、再配分の支持者たちである」と述べている。
ランドの作品中の「横領者」とは、暴力の行使を暗黙のうちに示唆することによって(「銃口を突きつけて」)他人の所得を押収する、官僚や政府職員である。たとえば、ある州の飢えた州民に食べさせるために、別の州の州民の種籾を押収する公務員がいる。あるいは、鉄道の物資を違法に売却して利益を得るなど、政策を食い物にする公務員もいる。いずれの公務員も、他人が「生産した」あるいは「稼いだ」財を、強制力を用いて取り上げている。
ランドの作品中の「たかり屋」とは、自分で価値を生み出せず、困窮した人々になり代わって他人に要求をつきつけ、自分が依存している有能な人々を恨み、政府による「合法的」没収をあと押ししながら、「道徳的権利」に訴える人々である。
登場人物のフランシスコ・ダンコニアは、「横領者」の役割を、金銭との関連で次のように指摘している。
「ではあなたがたは、金(かね)は諸悪の根源だとお考えなのですね?〔中略〕お金の根底にあるのが何かを考えたことがありますか? お金は生産された商品と生産する人間なくしては存在しえない交換の手段です。お金は、取引を望む人間は交換によって取引し、価値のあるものを受け取るには価値のあるものを与えなければならないという原則を形にしたものです。お金はあなたの商品を泣きながらねだるたかり屋や、力ずくで奪う横領者の道具ではありません。お金は生産する人間がいてはじめて機能するのです。これが、あなたがたが諸悪の根源と考えるもののことでしょうか?〔中略〕涙で海を満たしても、世界の銃をかき集めても、財布の中の紙切れを明日をしのぐパンに変えることはできません。〔中略〕破壊者が現れるとき、かれらは真っ先にお金を破壊します。というのもお金は人間の護身手段であり、道徳的生存の基盤だからです。破壊者は金(きん)を押収し、その所有者にまがいものたる紙幣の山も残します。これがあらゆる客観的基準をそこない、任意に価値基準を定める独断的な権力に人々を引き渡すのです。〔中略〕紙幣は、富を生み出すことを求められた人間に向けられた銃によって裏書された、存在しない富の抵当証書です。紙幣は法律にのっとって横領をおこなうたかり屋が、自分のものではない口座から、犠牲者の美徳につけこんで振り出した小切手なのです。それが不払いになって戻ってくる日に用心しなさい。『残高不足』としるされて」

以上、[Atlas Shrugged]ウィキペディアより部分技粋



最終更新;2016/11/27 am04:39
誤字訂正為
[ 2016/11/26 18:31 ] 日常の風景 | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する