FC2ブログ







2016/12/03 午前様投稿の様子~

20150521pic 097










美居子さまは今日も来られました。










あの世この世のニュースなど









推進派も反対する拙速議論でカジノ解禁法案が爆速成立へ 置き去りにされた課題は
BuzzFeed Japan 12/3(土) 6:00配信

「カジノ解禁法案」が12月2日、衆議院内閣委員会で自民党と日本維新の会などの賛成多数で可決された。自民党は今国会での成立を急ぐ方針。党内や推進派からも「拙速すぎる」と批判が出るほどのスピードだ。【BuzzFeed Japan / 籏智広太】

法案にはカジノや劇場、ホテル、大型の会議施設などを含んだ「統合型リゾート(IR)」を推進する目的がある。

賛成派は「観光立国や地域の発展につながる」、反対派は「ギャンブル依存症」「暴力団などの進出」をそれぞれ訴える。

賛否が真っ二つに別れる中、会期末までの2週間で、この法律は成立に向かう。その拙速さに、新聞各紙は反対の論陣を張り、推進派からも懸念の声が上がる。

推進派の専門家が議論不足を指摘するポイントは

BuzzFeed Newsの取材に応じた国際カジノ研究所の木曽崇所長は、観光振興の面から、これまでカジノ推進を訴えてきた。今回の拙速な審議には「十分ではなく、強行とも言える」と苦言を呈す。

特に足りていないのは、「刑法にまつわる問題」の議論と、反対派への真摯な回答だという。

刑法にまつわる問題とは、現行の公営賭博やパチンコとカジノの兼ね合いのことを指す。

「推進法案自体は、民間事業者に運営権限を直接付与するという前提で作られています。公営賭博が基本だったこれまでとは、180度違うものになる。にもかかわらず、その是非をめぐって、刑法に関わる論議がほとんどされていません」

日本で現在、刑法の例外として許されている賭博は、公営賭博だけ。民間事業者が運営できるのはパチンコなどの「遊戯」に限られる。

このような他の事業者との兼ね合いを検討しないと、「競馬は民営ではだめなのか、パチンコを賭博にできないのかという議論が上がってくる」という。

「カジノ一点に限ったものではなく、周辺産業への影響も論議すべきではないでしょうか」

不信感への懸念も
木曽さんは、反対派が指摘するギャンブル依存症などの問題点に対しても、「きちんと回答できていない」と言う。

「さまざまな懸念事項があるとの主張は当たり前のこと。そこに真摯に回答するのが推進派の義務なのに、残念ながら審議時間は足りていません」

「今回の議論は、いままで推進派が積み重ねた議論すらも無視しているように感じます。きちんと説明するというスタンスでこれまで時間をかけてきたのに、こんな形で法律が通ってしまっては、国民の不信感につながるのではないか、と懸念しています」

新聞各紙の反応は

新聞各紙も、一斉に反対の論陣を張っている。カジノ推進派である産経新聞でさえも、早急な議論に懸念を表明した。

朝日新聞は12月2日の社説「カジノ法案 危うい賭博への暴走」で、「最大の懸念のギャンブル依存症」と指摘した。

読売新聞も同日、「カジノ法案審議 人の不幸を踏み台にするのか」という強い見出しの社説を掲載した。「ギャンブルにはまった人や外国人観光客らの“散財”に期待し、他人の不幸や不運を踏み台にするような成長戦略は極めて不健全」としている。

産経新聞はこれまで、法案について「多くのメリットが期待される」と好意的に評価してきた。しかし、この日の「主張」では「カジノ解禁法案 懸念解消を先送りするな」と批判。朝日や読売と同様の疑問点を並べ、「多くの疑問を残したまま、駆け込みで事を進めている」と指摘した。

与党議員からも反対の声が出ている。

自民党の山本一太・参院予算委員長は11月28日、「今国会で国民の理解が十分に得られていない「カジノ法案」を強引に成立させることには賛成出来ない!」との記事をブログに投稿。こう強く批判している。

「たとえ国会の会期が延長されるとしても、こんなに窮屈な日程の中で(国会の十分な審議もないまま)カジノ法案を強引に通すことには、どうしても賛成出来ない! そこまで急ぐ理由が分からない」


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161203-00010000-bfj-pol&p=2






記事へは[そこまで急ぐ理由が分からない]というくだりがみられるが、私利私欲強欲性欲の塊であるギャンブル推進派議員どもはそもそも人類国民を虫けらとも思ってさえいない下衆レプティリアンどもと人類の裏切者である。
社会へ悪影響を与えることを知っていて押し売りし、これらギャンブル中毒で人類が苦しむ顔をみてよろこぶ下衆寄生獣であるからして、人類から見るといつも事の始末が意味不明で不自然で蛇悪なのだ。

記事コメ;少年ゲリラ





















元在特会会長、桜井誠氏らの街宣をめぐり、高須克弥氏と香山リカ氏が大論争
産経新聞 12/2(金) 16:01配信

美容外科「高須クリニック」の高須克弥院長(71)と、精神科医の香山リカ氏(56)があるツイートをめぐり、大論争を繰り広げている。

発端となったのは1日午後1時ごろの高須院長のこのツイート。

「東京駅山一証券前。人だかりなう」(実際は大和証券前)

「国旗と旭日旗見ると脊髄反射で敬礼しそうになるなう」とも続いてツイートした。

これに対して、香山氏が1日午後3時ごろ、「西原理恵子さん。月乃光司さんと依存症について語った『おサケについてのまじめな話』や『週刊新潮』の佐藤優さんとの連載などでいつも社会的弱者へのやさしさを忘れずにいる一方で、パートナーの高須克弥氏と在特会系の街宣前で笑顔で写真におさまる。どちらが本当の姿なのか。

矛盾に気づいてほしい」とツイッターに投稿した。以下、10本以上のツイッターでの投稿が続いた。

香山氏は、さらに「『付き合う人』で判断しているのではなく、在特会系主催の街宣の前での記念撮影のことを言ってます。街宣の目的などはご存じなかったとしても、一瞥すればどんな団体かは明らかかと。

アルコール依存症の啓発活動など弱い立場の方への目配りを忘れない西原さんがなぜ、と強い違和感を覚えます」とツイート。

高須氏は「香山リカさま誤解です。僕たちは、デート中、日章旗と旭日旗の前で人だかりしていたので、それを背景に記念写真を撮っただけです。僕たちはデート中イデオロギーの話しはしません。弱者への優しさはイデオロギーと関係なく共有しています」と返答した。

さらに撮影の意図を次のように説明した。

「1枚目の写真は人だかりの前のデート写真。2枚目の写真は国旗と旭日旗に敬意を表す僕の自己紹介のコメントです。香山リカさんのツイッターに悪意と煽動の意図を感じて不快な僕の気持ちをお伝えします。ご返事をお待ちします」

これに対し、香山氏は「ご連絡恐縮です。おふたりが記念撮影されたのは、在特会という差別主義団体の創立者が呼びかけた街宣だったのです。心の病の方やこどもへのあたたかい目線で描かれた西原さんの作品と在特会の前での写真にはあまりに乖離があり、悲しくなったことを、ひとりの愛読者としてお伝えさせていただきます」(原文のまま)と返信した。以下、2人のやり取りは次の通り。

(高須氏)「僕への応援に感謝します。西原理恵子は関係ありません。みんなに愛されたい漫画家です。僕とイデオロギーが違います。香山リカさんのお仲間のみなさん、西原理恵子を攻撃しないでください」。

(香山氏)『悪意と煽動』はまさに在特会の街宣の側にあると思います。ご存じのように在特会による抗議を「人種差別的」とする最高裁判決もあります。社会にたいへんに影響力の強いおふたりが、その団体関係者の街宣の場で笑顔で撮影というのはやはり問題に思います。ぜひ差別の撲滅のためにお力を貸してください」

(高須氏)「香山リカさまご返事ありがとうございます。在特会のみなさんの事は知識を持っていませんのでコメントできません。僕が先頭に立って安保賛成デモをしていた時、中国の観光客から声援を送られたことを思いだして苦笑しております。お笑いください」

(香山氏)「たとえばもし私がネオナチの集会の前で『紅葉がきれいだったので』と撮影しても同じことを言いますか?」

(高須氏)「どのような思想信条の集会であろうと美しい紅葉を撮影する権利はあります。もちろん香山リカ先生には撮影を拒否する自由があります」

(高須氏)「香山リカ先生。この美しい紅葉の下にイデオロギーの異なる人びとがいても写真を撮りたければ撮るべきだと思いませんか?」(紅葉の写真を添えて)

(香山氏)「私にご意見くださる先生のファンの方々の意見をまとめると、『高須先生は集会の主催者などをご存じなく、デートの最中に人だかりの前で記念撮影したら、たまたまそれが在特会だっただけなのだから、それを咎めるのはおかしい』となると思います。その”法則”は私にも適用されますか、とききました」

(高須氏)「摘要されると存じます。香山リカ先生と小生は同等の権利を所有しています。言語を理解できない異国の方々も同等の権利をお持ちです。喜んでスマホで撮影しておられました(笑)」

双方のファンや支持者が入り乱れ、高須氏はここで議論を終わらせるが、香山氏は高須氏のパートナーである漫画家の西原理恵子氏(52)に2日午前、「西原さん、突然申し訳ありません。引用RTで失礼します。私は酒害の啓発イベントでの西原さんのご発言や作品の一ファンです。高須先生との記念撮影の背景の人だかりは、他の方の説明のように差別主義団体による嫌がらせ街宣でした。ご存じなかったとのこと、たいへんご不運なことでした。(続く)」

「(続き)ファンの方からは私に『どこで撮影しようと勝手だろう』という声とともに、おふたりが団体の創設者・桜井氏を応援しているかのような誤解も寄せられています。その点、私も誤解していたことはおわびいたします。どうか今後とも、社会的に弱い立場の人を励ます作品を生み出し続けて下さいませ」と投稿した。

だが、一方でその後も「『うっかりによる差別発言や差別団体との撮影』。過失による差別や差別への加担行為は、どこまで許されるのか。差別には必ず被害者がいるし、基準は他の問題より厳密であるべきだと考える。もちろんうっかりは避けられないが、その場合はすみやかな訂正が必要だろう。それが過失であるならばなおさら」

「社会的影響力の強い方、とくにこれまで社会的弱者に寄り添うスタンスだった方には、差別団体にいかほどもかかわる言動をしていただきたくないと願います」と連続して投稿した。

もっとも一連の騒動には、高須氏も閉口していたようで「西原理恵子が在特会の街宣でナチの旦那とうれしそうに写真撮影してたってホントかい」という「こなたま」という名前の投稿に対しては、激怒。

「論破されて逃げて、ブロックしといて、一方的に僕をナチスにでっち上げて言いたい放題。ナチの旦那?那智の間違いだろ?きみは字も書けんのか!ちゃんとウラを取ってから言えよボケ?カス?再び論破するからブロック外しなさい」と怒り心頭の様子だった。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161202-00000533-san-pol









髙須克弥がイルミナティーイルミナチスであることは確認済みである。

拝啓、髙須克弥さん、ご在宅でしょうか?ヘリコプターで移動の際は特にお気をつけください、敬具。

記事コメ;少年ゲリラ












入所35年男性の遺産、施設へ 世話は近親者以上、特別縁故者認定
福井新聞ONLINE 12/3(土) 12:36配信


35年間にわたり入所し、2015年に死亡した身寄りのない男性の世話を続けてきた福井県勝山市の障害者支援施設に対し、名古屋高裁金沢支部(内藤正之裁判長)は2日までに、施設を特別縁故者として認定し「(男性の)相続財産すべてを分与する」とした。職員らが男性と築いた関係や世話を「近親者に匹敵、またはそれ以上」と判断した。男性の相続財産管理人を務める弁護士によると、世話をした施設を特別縁故者として裁判所が認めた例は全国的にも少ないという。

申し立てていたのは、障害者支援施設「九頭竜ワークショップ」を運営する社会福祉法人九頭竜厚生事業団。男性は1980年に同施設に入所。知的・身体障害があり職員らとの意思疎通も困難で、15年2月に68歳で死亡した。

男性には相続人がおらず、男性の相続財産管理人を務めた佐藤辰弥弁護士の助言で、16年7月同事業団は特別縁故者としての認定を福井家裁に申し立てた。同家裁では「療養看護が施設と利用者の関係を超える特別なものではなかった」などとして、同年9月に却下され、同事業団は名古屋高裁金沢支部に即時抗告していた。

11月28日に出された同支部の決定では「施設職員は男性と地道に信頼関係を築き、食事や排せつなど日常的介護のほか、娯楽にも参加できるよう配慮。昼夜を問わず頻発するてんかんの発作にも対応していた」などと、職員の証言資料などを基に判断。

「長年、男性が快適に暮らせるよう献身的な介護を続けていた。通常期待されるサービスの程度を超え、近親者の行う世話に匹敵する」「男性が預金を蓄えることができたのは、施設利用料の安さが大きく寄与している」などと認定、施設を特別縁故者として、財産約2200万円を分与するべきと判断した。

九頭竜ワークショップの牧野敏孝副所長は「男性にとって施設は家庭で、職員は家族だった。決定は、介護職を目指す人の励みにもなる。男性の遺志にかなうよう、財産はほかの入所者のための施設向上に活用したい」と話している。

相続財産管財人の佐藤辰弥弁護士によると、施設に分与された例は全国で数例しかなく「善意で介護をする人や施設にとって、今後の支えになる意義ある決定」としている。

【特別縁故者】 相続人のいないまま死亡した場合、生計を同じくしていたり、療養看護をした人や団体等を、家庭裁判所が特別の縁故関係にあったと認定すると、特別縁故者となる。認定されれば相続財産の分与を受けられる(民法958条の3)。相続に至らなければ、相続財産は国のものになる(同959条)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161203-00010002-fukui-l18








レプチョンが経営する支援施設がなぜ多いかへついて。
医療施設や老人施設は金と血液と最期は人肉を手に入れる仕組みへ過ぎないと言っても過言ではない。
肉をおいしくするため虐待するのだ。
酷く虐待すればアドレナリンが多く分泌されるからだ。
アドレナリンはイルミナティーイルミナチスへとっては快楽の麻薬である。
毎年どれだけ行方不明者がでるか、調査するといい。
それらは最終的へは食されて原形をとどめていない。
性奴隷として勝手に売られた人間たちも、酷い買い主である人類の裏切り者や人類へ擬態して化けてあるレプティリアンへ使い古されたボロ雑巾の様までされてどこかへ捨てられてきてあるのだ。
女子高生コンクリート詰め事件をよく調査してみたらいい。これと似た犯罪は日常的に犯されてきてあるのだ。
平和ボケしてる人がいたらフザケルなと言いたくなる気持ちがよくわかるだろうよ。

記事コメ;少年ゲリラ




















米国の忠犬、大好きな家族に裏切られる(動画) © Flickr/ Ralph Arvesen
社会 2016年12月03日 14:23(アップデート 2016年12月03日 15:27)



人間はペットからの愛に値しない生き物なのではないかとの疑いを抱かせるエピソード。 米カリフォルニア州のとある家庭に飼われていた1匹のジャーマン・シェパードが迷子になり、動物シェルターに保護された。家族はすぐにやって来た。



しかし、家族は犬を引き取りにきたのではなかった。「この犬を引き取る変わりに、他の犬を連れて帰りたい」との言葉を聞いたスタッフの驚きはいかばかりであったか。 家族によれば、犬は「父親の死を悲しみ、鳴いてばかりい」て、家族は我慢ができなくなった。

「悲しみを乗り越えるためにも、シェルターに残ったほうが犬のため」だという。 犬と家族のフェンス越しの面会の様子が動画に記録されており、これがフェイスブックに公開されると、嵐のような非難が巻き起こった。 犬はズズと名付けられ、別の動物愛護団体の元で新たな家族を待っているという。

犬は再び信頼し、愛するに足る人間の家族に出会えるだろうか。ロケットニュース24が伝えた。

https://jp.sputniknews.com/life/201612033080272/








このジャーマン・シェパードは運がわるかった。
主人が人間ではなく冷血レプティリアンだったからさ。

記事コメ;少年ゲリラ













ペンタゴンを率いるのは殺すのが好きな将軍 © AP Photo/ Matt Dunham
米国 2016年12月03日 18:20

20150521pic 006o

米国防総省の長官に「狂犬」とあだ名される元海兵ジェームズ・マティス氏が任命される。

トランプ政権の13番目のメンバーに任命された同氏のニックネームはイスラム過激派に対する断固たる態度にちなむ。 同氏はペルシャ湾岸、イラクとアフガニスタンで勤務、ビン・ラディン捜索も試みた。

狂犬はたびたびその激しい気性を表した。 「奴ら(人)を撃つのは気が晴れる。最高なんだ。ある種の人々を撃つのは楽しいことなんだ」とマティス氏。

アフガンの任務から帰国した後のこうした発言につき、当局はマティス氏を譴責、メディアはサイコパスの殺人狂と同氏を呼んだ。

https://jp.sputniknews.com/us/201612033080860/







そうか、そんなに狩りが好きなのか。
だが誤っても人類を撃ったらアウトだ。
狩ってOKな獲物は人へ化けたイルミナティーという獣だけだぜ、狂犬ジェームズさんよ。

記事コメ;少年ゲリラ









オカルト酒場 夜魔猫亭「夜景と惨劇」2016.12.2
[ 2016/12/04 00:21 ] 日常の風景 | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する