FC2ブログ







2017/01/13

20150521pic 088


20150521pic 041











美居子さまは今日も来られました。











あの世この世のニュースなど






日本、外務次官が1月18日に訪露を予定 © 写真: The Official CTBTO
https://jp.sputniknews.com/images/323/47/3234702.jpg
日本 2017年01月13日 14:18(アップデート 2017年01月13日 15:38)



日本外務相は13日、岸外務副大臣が18日にロシアを訪問することを発表した。岸外務副大臣は1月14日から19日までギリシャ,ロシア、デンマークを訪問する。

ロシアにおいては,政府要人及び国会議員と会談し,昨年12月のプーチン・ロシア大統領訪日のフォローアップをはじめとする二国間関係等について意見交換を行う。

https://jp.sputniknews.com/japan/201701133234282/






















米マックドナルド、日本法人売却へ
経済 2017年01月13日 06:17



共同通信によると米マクドナルドが保有する日本マクドナルドホールディングス株式の一部を売却するため1次入札を既に実施し、投資ファンド数社が参加していたことが12日、分かった。
関係者が明らかにした。

また、日経新聞の報道によれば、マックは9日、中国の国有複合企業、中国中信集団(CITIC)などに中国事業を20億8千万ドル(約2400億円)で売却することを決定したばかりで、注目が集まる。

https://jp.sputniknews.com/business/201701133233672/


























反トランプ勢力 大統領宣誓式を台無しにするため大衆抗議活動を準備
米国 2017年01月13日 20:46





1月20日ワシントンには、米国の次期大統領ドナルド・トランプ氏の宣誓式を失敗させるために、何千人もの人々が集まる見込みだ。

ロイター通信が、抗議集会主催者の言葉を引用して伝えた。 抗議デモを組織しているのは、グループDisruptJ20(1月20日をぶち壊せ!)という名の団体で、首都ワシントンの⒓の保安チェックポイントを封鎖する計画だ。また彼らは、ワシントンのメインストリートの一つを4キロにわたりパレードし、首都の未明の通りをマニ状態にする。

ロイター通信は、このグループの活動家デヴァイド・サーストン氏の、次のような言葉を伝えた-「我々は、宣誓式を台無しにしたいのです。この町で全米で、反乱の炎が熱く燃えるのを見たいのです」。

https://jp.sputniknews.com/us/201701133236411/



鉤鼻69evil































沖縄の分離主義者が独立の代わりに得るものは中国の保護領化 © REUTERS/ Tim Kelly https://jp.sputniknews.com/images/323/66/3236677.jpgオピニオン 2017年01月13日 21:33ドミトリー ヴェルホトゥロフ




昨年2016年末、ブルームバーグ通信は、日本の公安調査庁の情報を引用して、中国は、大学や研究センターを通じて、沖縄の日本からの分離を求めて戦っているグループと関係を持っていると報じた。なお中国外務省は、この情報に対して、何もコメントしなかった。

日本からの分離を、その目的に掲げた沖縄の独立運動が現れたのは、すでに戦後すぐの1945年だった。運動体の最も積極的な活動分子らは、1879年に最終的にこの島が日本の一部、沖縄県となるまで長らく存在した琉球国の復興を目指している。いくつかのデータによれば、島の独立を支持している人達は、地元住民のうち少なくとも三分の一に上る。

この数字は、一見信じがたいものだが、この島にある米軍基地の撤去を求める運動を、沖縄県民の大部分が支持していることを考えるなら、一概には否定できない。 筆者(ドミトリイ・ヴェルホトゥロフ)の意見によれば、中国当局が沖縄の分離主義勢力と非公式にコンタクトを確立しているという情報は、十分あり得ると思われる。なぜならそれは、中国の戦略的利益に答えるものだからだ。

沖縄県の土地のうち約17%が、米軍基地で占められている。これらの基地は、事実上、黄海から太平洋へと中国海軍が出てゆくのを封鎖している。最近、南シナ海に出現した空母「遼寧」を初め、中国の主力艦船が太平洋へと出てゆく際、どんな場合でも、それは米空軍の標的下に置かれるからだ。

まして沖縄に米軍基地がある間は、中国海軍は、いかなる規模にせよ海上での大掛かりな戦闘作戦は実施できない状態にある。 なるほど中国は、朝鮮民主主義人民共和国とは違って、軍事行動を行う気は恐らくないだろう。自分達の国益を守るためには、もっと綿密な方法を良しとするに違いない。その意味で、沖縄の分離主義者とのコンタクトは、中国にとって意味がある。

第一に、中国にとって、沖縄において常に強力で目立った存在であった米軍基地の配備に反対する運動を支持することは、 利益のあることだ。例えば、米海兵隊の普天間飛行場を名護市辺野古地区へ移す計画だが、これは、辺野古湾を埋め立てて、滑走路用の人工島を作るものだ。沖縄の翁長知事は、基地移転を禁止しようとしたが、昨年⒓月、日本の最高裁は、知事の禁止措置は無効であるとの決定を下した。しかし抗議運動は続いており、知事は最終的敗北を認めてはいない。

そうした熱い状況の中で、いつか、基地反対運動が、自分達の目的を部分的であっても獲得できる可能性も、必ずしもゼロではない。
そして二番目に、中国の諜報機関にとっては、沖縄の分離主義勢力の助けを借りれば、基地の監視や情報収集のネットワーク作りが容易だという利点がある。

状況が先鋭化した際、後方攪乱やサボタージュを、分離主義勢力自体がすることができる(すでに2013年、彼らがテロ事件、さらにはパルチザン戦を準備していることが報じられた)。

そして状況が先鋭化した際、中国の特殊部隊にとって、分離主義勢力の助けがあった方が、潜水艦を使って沖縄の岸辺に上陸する場合、はるかに容易にちがいない。

そういうわけで、紛争あるいは戦争が起こった場合、まさに分離主義者の助けを借りて沖縄の米軍基地を中立化あるいは殲滅するための準備が極秘裏に行われている、という見方は、それなりに理に適っている。 しかし、ここで考えるべき点がある。

もし沖縄の分離主義者らが、直接的に、中国の助けを借りて島を日本から離脱させようとするのであれば、彼らは、自分達が結局どこに行きつくのか、それをしっかり理解する必要がある。

第一に、沖縄が独力で、かなりの規模を持つ陸海空の軍隊を作ることはできない。一方日本も米国も、この島が失われるのを黙って見ているわけではない。強力な軍事的裏付けが必要となるだろう。この場合、そうなり得るのは中国軍だけであり、彼らは沖縄に同様の基地を作ることになる。

第二の問題点として、沖縄経済は脆弱で、まずエネルギーを筆頭に最も重要な産品は輸入に依存している。日本なしに生き抜くためには、沖縄は、中国に完全に経済的に依存するほかなくなる。他にいかなる希望もない。

第三番目に言えることは、中国は、沖縄を完全な軍事的経済的コントロール下に置くことになるという点だ。

もしそうなれば、沖縄の政治的独立は、間もなく、中国領内の自治区と大差ない制限を受けることになるだろう。

事実上、保護領になるという事である。星条旗に代わって。沖縄の基地には中国の「五星紅旗」がひるがえることになる。 

つまるところこれが、沖縄の分離主義勢力の行き着くところだろう。 なお記事の中で述べられている見解は、必ずしも編集部の立場とは一致していません。

https://jp.sputniknews.com/opinion/201701133236491/
























【まるでヒトラー】素晴らしすぎる演説 National Action with Japanese Subtitles




Best Horror Movies 2016




Movies 2016 Full Movie English ✥ Best Scary Movie Hollywood




Horror Movies 2016 Hollywood English Thriller Full Movie




The Descent 2005 HD 720p Full Movie With Subtitle




Killer Clown - Horror Movie English 2015




Loon (2015) FULL MOVIE




muñeca asesina TERROR




ENCIERRO MALDITO Película completa Español Latino!




The Dead Girl (2006)




GERARD SEXY@Tale.of.the.Mummy.1998..avi




The Return Of MUMMY (2015) - Hollywood Movies In Hindi | Action Thriller Movie | Full Movie 1080p HD




Day Of The Mummy (2014) | Hollywood Full Horror Movie | Full Movie 1080p HD




Horror Movies 2016 Full Movie English - New Scary Thriller Movies Hollywood




Horror Movies New 2016 - Full English - Full Movie #02




ドキュメンタリー : 初心者のためのイルミナティ新世界秩序 - グローバル陰謀




Dolph Lundgren (J o s h u a - T r e e - 1993) Full Movie Action Thriller (Rated R)




Dolph Lundgren - Movie Action Thriller Military War









覚書;

以下ウィキペディアより技粋;
[参照URL]https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B2%B8%E4%BF%A1%E5%A4%AB

岸 信夫(きし のぶお、旧姓安倍、1959年(昭和34年)4月1日 ‐ )は、日本の政治家。自由民主党所属の衆議院議員(2期)、外務副大臣。
過去に、参議院議員(2期)、衆議院外務委員長、防衛大臣政務官、国会対策委員会副委員長、自由民主党山口県支部連合会会長などを歴任。
安倍晋太郎は実父、安倍洋子は生母、安倍晋三は実兄、第56・57代内閣総理大臣岸信介は祖父、第61・62・63代内閣総理大臣佐藤栄作は大叔父。


生い立ち[編集]
東京都に安倍晋太郎・洋子夫婦の三男として生まれた(現在の本籍は山口県熊毛郡田布施町)。長兄は安倍寛信、次兄は晋三。生後間もなく母・洋子の実家、岸家の信和・仲子夫婦に養子として迎えられた。夫婦に子供ができず、信和自身、体に軽度の障害を抱えて政治活動が困難だったことに伴う縁組だった[2]。
晋三と実の兄弟であることは知らずに育った。晋三との関係を知ったのは大学進学に際し戸籍謄本を取り寄せて見たときで、岸によると「大学入学前だったと記憶するが、提出書類として必要な戸籍謄本を取り寄せて見ると『養子』とあった。見た瞬間アレッて思いました。そのときのショックは、それは大変なものがあった。それからひと月ほど『何で教えてくれなかったんだ』という思いもあって、頭のなかが一種錯乱状態に陥りました」という[3]。慶應義塾幼稚舎、慶應義塾普通部、慶應義塾高等学校を経て慶應義塾大学経済学部に進む[4]。1981年(昭和56年)に慶應義塾大学経済学部を卒業後、住友商事に入社し、2002年(平成14年)に退社[5]。



2011年(平成23年)4月14日、東日本大震災の復興補正予算が議論される中、復興予算捻出のためのODA削減案に反対する超党派連合のメンバーとして名を連ねる[6][7]。


主な役職・所属団体等[編集]
国会
· 衆議院外務委員長
· 院内の警察及び秩序に関する小委員会委員長
· 原子力問題調査特別委員会理事
· 政治倫理審査会幹事
· 国家基本政策委員会委員
その他所属団体
· 自由民主党平和安全法制推進本部幹事
· 自由民主党全日本仏教議員連盟幹事長
· 日本会議国会議員懇談会幹事
· 神道政治連盟国会議員懇談会
· 日本・台湾経済文化交流を促進する若手議員の会会長
· クロアチア友好議員連盟事務局長
· 改革加速議員連盟事務局長代理
· 創生「日本」委員
· 情報産業振興議員連盟事務局次長
· 無年金障害者問題を考える議員事務局次長
· 大学病院を考える議員連盟幹事
· 日本会議山口会長
· 日本空手道会会長
· 全日本杖道連盟会長
· 山口県アーチェリー協会会長
· 山口県バウンドテニス協会会長
· 山口県シュノーケリング協会会長
· 日韓協力委員会理事
· 日本造林協会顧問
· 山口県鍼灸師会顧問
· 山口県少林寺拳法連盟顧問
· 日本海沿岸地帯振興連盟顧問
· 山口県行政書士協同組合顧問
· 山口県土地家屋調査士政治連盟顧問
· 地域新事業創出促進連絡協議会顧問
· 第66回国民体育大会山口県準備委員会顧問
· NPO法人自然と釣りのネットワーク顧問
朝鮮通信使交流議員の会幹事

家族・親族
· 祖父:安倍寛(政治家)、岸信介(官僚、首相)
· 養父(母方伯父):岸信和(西部石油会長、岸信介長男)
· 養母(義伯母):仲子(山口県議会議長田辺譲次女)
· 実父:安倍晋太郎(外相)
· 実母:安倍洋子(岸信介長女)
· 大叔父:佐藤栄作(首相)
· 長兄:安倍寛信(三菱商事執行役員九州支社長[16]→三菱商事パッケージング代表取締役社長執行役員[17]ウシオ電機会長牛尾治朗長女幸子の夫)
· 次兄:安倍晋三(首相)
· 長男:岸信千世(フジテレビ報道局記者)[
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B2%B8%E4%BF%A1%E5%A4%AB




最終更新;2017/01/14 am00:51
記事追加
[ 2017/01/13 23:12 ] 日常の風景 | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する