FC2ブログ







2017/01/29 今日は29日、[29肉][2+9=11EYE髙鬼] すなわち下衆イルミナチスどもが人肉を必ず喰らう日、人肉祭りであることが確認されて在るが、人類を拉致したり騙して捕獲し虐めて犯して食してきてあるイルミナティー等を極めて被害者が味合わされた超激痛苦痛恥辱等を億兆倍返し問答無用で処刑せよ。

20150521pic 309













美居子さまは今日も来られました。










あの世この世のニュースなど









シリア議員ーサウジは我々が市民と政府に反対するよう買収を試み
2017年01月28日 01:48



シリアの議員、ムハンマド・ヘイル・ジャシム・アル・ナディル氏がスプートニクに次のように語った。

「非常に残念なことに、幾つかの部族は反政府側に立ち、シリア北東に去りました。部族のシャイフ(長老)らは自国ではなく自らの財務状況を改善するためにサウジアラビアに向かいました。」

サウジアラビアはナディル氏が祖国に反対し、シリア政府に対立するよう金銭を提案した。ナディル氏は、この提案が、サウジアラビアの首都リアドのシリア大使マフディ・ダハラッラ氏の家で行われたと述べた。

「家や金銭で誘惑されました。自身の政治的転向を宣言すれば好きな額を書き込める小切手が渡されました。しかしよく言われるように、善の中にある者は自国と自国民のために善を行う。自国民から別れられる人はいません。人は祖国を捨てる特性を持ち合わせていないのです。我々はシリアと、我々の大地と、勇敢なシリア軍と共にあります。」

先に伝えられたところ、カザフスタンのアスタナでの2日間にわたるシリア和平交渉で総共同コミュニケでは和平保証諸国らはシリアの国土保全を支持し、シリアのテロと共同で闘う用意が確認された。シリアの反体制武装勢力の代表らは総括合意への署名を拒否。

https://jp.sputniknews.com/middle_east/201701283280595/






家や金銭でそそのかす下衆も、自らの国を売る下衆も新しい世界には在り得無し。
記事コメ;少年ゲリラ




























2月に新しい世界の終わりが割り当て
© Flickr/ Keoni Cabral
2017年01月28日 21:07



NASAの報道担当は、1月末から2月始めにかけて地球軌道上に巨大小惑星「2016 WF9」が現れ、地球を通過すると述べた。とはいえ、陰謀論者たちは、NASALが隠し事をしていて、巨大な天体は「人類共通の家」を殲滅すると確信している。「AOL News」が報じた。

計算によると、小惑星は地球化r数千キロの距離を通過する。一方、自称天文学者デーミン・ダミール氏は、小惑星が地球雨に向かっており、衝突の結果は大災害になると断言する。
西側メディアが報じる同氏によると、2016 WF9の地球衝突は津波と海上の水沸騰を引き起こし、核兵器爆発の可能性もある。

NASAの報道担当は一方、このような仮定を「何の根拠もないネットの噂」だと述べた。
それより前にNASAの科学者が人々は地球規模の大惨事を引き起こしうる大隕石の突然の落下に対し準備ができていないと発表した。

https://jp.sputniknews.com/entertainment/201701283281930/





























ロシア南部に出現した「光の柱」は一体何?【写真】
2017年01月28日 22:12

3282076 (1)

ロシア南部の町ロストフ・ナ・ドヌーの住民は、昨夜、ソーシャルネットワーク上に、市上空に「立ち昇った」光の柱(ライトポール)の写真を投稿した。

地元マスメディアの情報では、ロストフ市で見えた光の柱は複数で、市民の中には驚いて通報した人もいた。

ロシア科学アカデミー南部科学センターのステパニャン副責任者は、市民を驚かせた今回の現象を、次のように説明している-

「おそらく『柱』が生じた原因は2つ考えられる。一つは、光学的な理由によるものだ。我々が何かの柱として受け止めているような、よくある発光(グロー)だ。それらは大気中のプロセスと関係している。二つ目は、町の照明と関係しているものだ。市内の垂直な明かりと大気中の所謂『氷埃』が組み合わさってできたものだ。私が見るところ、ロストフで観察されたのは、これだろう。雲が、ああした反射効果を創り出したのだ。」

また最近、ソーシャルネットワーク上には、しばしば、ビデオ・カメラがとらえた隕石の動画が投稿されている。

https://jp.sputniknews.com/russia/201701283282097/


























キジ生息、市全体に拡大 捕獲追いつかず、農作物被害増
日八重山毎日新聞社

 
キジやクジャク、イノシシなど有害鳥獣の農作物被害が頻発しているのを受け石垣市農政経済課(多宇弘充課長)が生態把握に向け前年度、実施した「石垣島における有害鳥獣調査」が終了。その結果が報告書にまとまった。本年度は、その調査結果に基づき、実際に鳴き声や目視などに基づく島内の生息分布状況を確認。種類に応じたより効果的な駆除方法を検討することにしている。  調査はキジ(コウライキジ)、クジャク(インドクジャク)、イノシシ、カラスの4種類を対象に実施。市の委託を受け(財)沖縄県環境科学センターが、県猟友会八重山支部や日本野鳥の会石垣支部、JAおきなわ八重山支店などへの聞き取り調査や過去の捕獲実績、農作物への被害状況などの資料に基づき島内の実態をまとめた。  それによると、キジの分布は「石垣島全体」(野鳥の会)。特にイモ畑や野菜畑、パイン畑、サトウキビ畑に多く、被害が多い。同猟友会では「50~60年前に害虫駆除用に導入した」としている。  クジャクも島内全域で見かけられ「特に万勢岳、牛舎近くで多い」。カラスも石垣島全域におり、フルスト原遺跡周辺にねぐらがある。イノシシは、特に北部に多いという。  一方、捕獲実績は2007年度から11年度までの5年間でキジ1266羽、クジャク425羽、カラス2987羽、イノシシ1644頭。キジ、クジャクの捕獲は11年度から大幅に増加。特にキジは07年度に北部のみの捕獲だったが、08年度以降は全域に拡大。11年度は南部での捕獲が増えているという。  被害は、キジで野菜や甘しょ、パインアップル等で被害が発生。全域で増加傾向にある。クジャクは水稲等の農作物や家畜飼料に被害が出ている状況。カラスはパインアップルや熱帯果樹、野菜等に被害が出ている。  イノシシは台風による山間部のエサの減少で西部地区(屋良部半島)と北部地域(平久保)を中心に島内全域の畑に出没し、サトウキビなどの農作物を食い荒らしている状況がある。  市では、農家からの被害申請に基づき同猟友会に依頼し有害鳥獣の駆除を行っているほか、箱わなを使い、クジャクやキジを捕獲している。今後は、JAと協力し、卵の買い取りも検討することにしている。

http://www.y-mainichi.co.jp/news/22275/










国鳥キジを狩猟対象へしてある国は日本だけである。

桃太郎と従事し悪魔鬼イルミナチスを退治したキジ様を厭らしくも狩猟して自ら経営するこれまた悪の巣である六本木[66鬼]でフランス [腐乱巣] 料理店で売りさばいている悪の田から侵入してきた人類へ成り済ましてある下衆鉤鼻夫婦が地上波TVでこれまたアクター[悪の田から侵入してきた下衆鬼役者]として得意気に猟銃を撃ちまくって在る極めて人類日本人へとって極めて不快な番組が放送されてあったのである。

番組中で仕留めた蝦夷鹿は自らさばかず食肉加工会社へ委託し、後日宅配で送られて来た蝦夷鹿の肉とされる解体されたあばら骨つきの肉は、果たして本当に蝦夷鹿の肉、骨格だろうか。
思い出そう、悪鬼は息をするようへして嘘を吹くこを。

そして悪鬼はさも偉そうへ道徳を語り、人々を欺きながら公衆の面前で厚顔にして人肉を料理して騙して食べさせて、わざわざ何も知らず同じ人類の肉を大金を払ってまでおいしそうへ食す人類の姿を見て嘲笑ってきて在ることを。

もちろんこのようなイルミナチスどもが経営する店へは、人肉と知っていて食事へ来る同類イルミナティーどもも客として訪れて在るのだ。
3悪魔の田から侵入してきて在る3羽烏3爬烏、3本足の下衆8田烏を一掃することが決定された。

記事コメ;少年ゲリラ





























駐トルコ露大使殺人犯 単独行動ではなかった?
2017年01月29日 12:21

3170498 (1)

トルコの複数のマスメディアが報じたところでは、首都アンカラでロシアのアンドレイ・カルロフ大使を殺害した犯人、警察官のメブリュト・メルト・アルトゥンタシュ容疑者のメールが、12月19日の犯行後2時間半後にすべて何者かにより消去されていた。

捜査結果によれば、容疑者のパスワードは、他のSIMカードを使って破られていた。そうした事から、共犯者がいた事は確実と見られている。

アルトゥンタシュ容疑者自身は、トルコの治安機関により射殺されている。なおロシア外務省は、この事件をテロと位置づけ、ロシア連邦捜査委員会は「国際テロ事件」として刑事告発した。

https://jp.sputniknews.com/politics/201701293282725/






犯人彼奴等はわかって在る。
あとは超酷いことしやがった彼奴等をどういう方法で処刑しへ行くかである。

記事コメ;少年ゲリラ





















(朝鮮日報日本語版) 【コラム】韓国はみんな狂っている、まともではない
朝鮮日報日本語版 1/29(日) 6:10配信


「朴大統領ヌード風刺画」事件は、芸術の話とはいえない。あれは、政界の現実を示す政治スキャンダルだ。問題の作品は、芸術と呼ぶのが恥ずかしくなるほど粗悪なものだ。風刺とユーモアではなく、女性性を突きまわす敵意に満ちている。あれを国会という公的な舞台に引っ張り出したのが、政治だった。闘争心に燃える一議員が、政治を荒れた場にした。質の悪い風刺も、荒れた政治も、正気の沙汰ではない。

先週、サムスンの李在鎔(イ・ジェヨン)副会長の拘束令状を棄却した判事に「電話テロ」が殺到した。ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS、会員制交流サイト)は、ありとあらゆる悪口と人身攻撃であふれかえった。大衆の暴走が攻撃性を帯びて暴力化するのは、今に始まったことではない。

少し前、改憲の報告書を批判した最大野党「共に民主党」所属の議員に対しても「文字テロ」が行われた。数千通の中傷メールや、後援金額より事後処理費用の方が高くつくといわれる「18ウォンの後援金」が殺到し、電話番号を変える議員が続出した。

攻撃を主導したのは、文在寅(ムン・ジェイン)「共に民主党」前代表の熱烈な支持者らだった。盧武鉉(ノ・ムヒョン)政権時代に「紅衛兵」役を果たした「ノッパ(盧武鉉支持者)」部隊が復活したかのようだった。

驚くべきは文・前代表の対応だった。文氏は支持者に自制を訴えるどころか、文字テロをかばった。「政治の公人であれば、メッセージを受け取ることもあるだろうと理解しなければならない」と、被害に遭った議員を訓戒した。易地思之、立場を変えて考えてみる。文・前代表は、反対者に自分の携帯電話の番号を公開していても、そう言うだろうか。数千人が電話をかけてきて悪口を浴びせても、笑っていられるだろうか。
 
今の時点で、文・前代表は大統領に最も近い人物だ。しかし大統領というポストの重みから考えると、危なっかしく思う部分は一つや二つではない。公務員の雇用を80万人分つくるという公約がそれだ。この構想には「元祖」が存在する。デフォルト状態に陥ったギリシャだ。
 
ギリシャの悲劇は、およそ30年前にポピュリズム政権が成立したことで始まった。「官製雇用」政策が始まったのもこの時期だ。

ギリシャは数十年にわたり、国が借金までして公務員の給与の支払いに苦しんだ。その結果、コメディーのようなことが起こった。人口1100万人のギリシャで、国営放送局の職員の数はCNNテレビより多かった。鉄道当局の赤字があまりに多額で、いっそ乗客をタクシーに乗せて運んだ方が安くつくというほどだった。そもそも持続不可能な政策だった。

全く同じ狂気の沙汰を、韓国でもやろうと言う。それも、次期大統領の可能性が最も高い候補が公約をして掲げたのだから、絶句する。公務員を80万人雇おうとすると、どんなに少なくとも年に30兆ウォン(約2兆9000億円)以上はかかる。カネを都合する奇跡のような方法でもあるというのか。

今、韓国は国が理性を失いつつあると感じる。大統領になるという指導者らは、権力欲に目がくらんでいる。政治家は扇動し、大衆は集団狂気を噴出させている。理性が行方をくらまし、憤怒と感情、アブノーマルがのさばる国になった。全てが滅びようとしているかのようだ。

その頂点には、昨今の事態を招いた朴槿恵(パク・クンへ)大統領がいる。国中がこんなめちゃくちゃなのは、大統領が引き起こした事態だからだ。一日も早く混乱を収拾できるようにする最大の責任は、大統領にある。にもかかわらず、朴大統領は疑惑の実体について沈黙したまま、国の混乱をほう助している。真実を明らかにするのではなくメディア戦を繰り広げ、時間稼ぎという印象を与えている。

大統領は、国政介入疑惑が「うその山」だと主張した。しかし、明白なうそが明らかになったのは大統領側だ。ミル財団・Kスポーツ財団の設立経緯についてうそをつき、ブレーンらとでっち上げを謀議したという証言まで登場した。こんな大統領が首脳なのか。韓国人が見ている大統領は、本当に「国と結婚した」と言っていた大統領その人なのか。

しかし、朴大統領は「過去」にすぎない。より大きな問題は「未来の大統領」たちだ。大統領の座をめぐる競争に参加した大勢の候補が、皆そろって無責任な方向へ疾走している。軍服務期間を短縮し、ソウル大学をなくすという。韓国国民全員に130万ウォン(約12万7000円)ずつ分配すると言う候補もいる。みんな理性を失った。まともではない。

問題は、国全体が非正常に慣れ、あまりにも無感覚になっている点だ。無責任な公約が守られるだろうと信じる人もいない。むしろ、自虐的・扇情的であるほど、大衆の人気も高まる。大衆は近視眼的な利己主義に走り、政治家は迎合する。誰も冷静に国の未来を考えない。

国は「他殺」されないという。これは、外敵が来る前に、内部の矛盾のせいで自滅するという意味だ。古今東西、人類史において国が「自殺」する原因は共通している。利己主義とポピュリズムだ。大衆が目前の利益に駆られ、支配エリートが迎合するとき、国は衰亡する。韓国は今、そんな状態にある。

トランプ台風に中国の脅しと、国外の心配事は多い。しかし本当に心配すべきは外ではなく、韓国そのものの問題だ。非理性と大衆の暴走、近視眼的利己主義と魂なきエリートが、韓国を衰退の道へと引きずり込んでいる。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170127-00000596-chosun-kr






まともな記事がかける正気を維持することができる韓国人が少しはいることをはじめて確認したコラムである。

記事コメ;少年ゲリラ



























世界の終わりが今日にもー無数の鳥が米国の町を攻撃 【動画】
2017年01月29日 18:48



数千の黒い鳥が米テキサス州の高速道路状を回っている恐ろしい動画が公開された。

動画は数日前にヒューストン市で撮影された。カメラには、高速道路を進む車たちを攻撃する鳥の巨大な群れが映った。

Huge Flock of Birds Take Over City


大量の鳥が自動車のスタンドガラスに文字通り急降下した。ジャーナリストらが語るに、鳥類のこのような行動は、芳しくない気候状況によって引き起こされる可能性がある。YouTubeに公開された動画では、暗い嵐雲が見て取れる。

ネットでは、テキサス州の「終末的な」景色がヒッチコック監督の名作映画『鳥』を思わせると指摘したものもいる。
先に、米南部諸州を襲った竜巻に、テキサス州スミスレンドの女性が巻き込まれた。

https://jp.sputniknews.com/entertainment/201701293283357/

































千代田区長 石川雅己の悪行【NET TV ニュース.報道】朝堂院大覚 文部科学大臣 2017/01/27





内田 茂と石川雅己と菅原やすのり一族とこれら下衆狂悪犯罪者らへもたれかかって利益を得てきてある彼奴への天誅が決定された。
動画コメ;少年ゲリラ





New Hollywood War Movies 2016 Full English Action Movies 2016




Best Crime Action Movies 2016 / Hollywood FULL MOVIE HD 1080p




트럭19




최고의 영화 두 명의 시간 지배자! 막으려는 자와 부수려는 자의 숨 막히는 대결!




레드아이 - Red I (공포영화)




AN/PVS-14 Night Vision Drive Driving with Night Vision





第一世代とか第4世代とか、めんどくさいことしてるよな。
動画コメ;少年ゲリラ




[기타] 마지막 여름, 2013 - 공포




토리하다 극장판1




9-9-81 (2012) Sub. Español




EL FANTASMA DE MAE NAK. LA MEJOR PELICULA DE TERROR ASIATICO.¡¡




Película de terror: Still 1 (Tailandesa) Subtitulada español.




Película de terror: Apartamento 1303 Subtitulada español.







Death Ship 1980 720p BluRay x264 GECKOS




The Horror at 37,000 Feet (1973)123321








最終更新;2017/01/29 pm22:33
記事追加
[ 2017/01/29 16:00 ] 日常の風景 | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する