FC2ブログ







2017/02/22アルシオン・プレヤデスビデオニュースNo.60-2017: トランスジェンダー、現金の廃止、米国-ロシア、UFO

アルシオン・プレヤデスビデオニュースNo.60-2017: トランスジェンダー、現金の廃止、米国-ロシア、UFO



20150521pic 004


20150521pic 006


20150521pic 005


20150521pic 015


20150521pic 012








美居子さまは今日も来られました。









あの世この世のニュースなど










米副大統領 トランプ氏のブリュッセルは「ねずみの巣窟」発言の帳消しを図る
2017年02月20日 14:52(アップデート 2017年02月20日 14:59)

19日、ブリュッセル訪問を開始したペンス米副大統領は、トランプ米大統領がかつてブリュッセルを「ねずみの巣窟」と呼んだ言葉を帳消しにしようとしている。

トランプ氏は大統領選挙でパリとブリュッセルで起きたテロ事件の組織者、参加者らのなかにブリュッセルの住人がいたことから、この都市を「ねずみの巣窟」と揶揄した。
ミシェル首相はペンス米副大統領に対し、「お目にかかれて大変光栄です」と語った。仏日刊紙「ソワール」が報じた。

ペンス米副大統領もこれに対し、「こんな美しい場所で」の歓迎に感謝の意を表したものの、ソワール紙はこの返答がトランプ氏の「ねずみの巣窟」発言を余計に思い出させたとコメントしている。

先に伝えられたところでは、トランプ米大統領はフロリダで演説し、自身をNATOファンだとする一方で、NATO加盟国に対して資金拠出義務を履行するよう求めた。

https://jp.sputniknews.com/us/201702203359271/






そうか、ブリュッセルか。
ねずみはストーカー気質ですぐ他者の幸福を妬みその幸福を汚い手口で破壊したり略奪する異常変質者が多くて困る。
ネズミ人間モドキはこの全宇宙から一掃されるべきである。
ディズニーランド[ネズミー城]はその本丸のようなものである。
限り無くネズミの時代は終わりを告げるだろう。

記事コメ;少年ゲリラ



















イスラエル軍機がシリア政府軍の陣地に空爆
2017年02月22日 15:33(アップデート 2017年02月22日 18:16)

イスラエル軍機がレバノンとの国境近くにあるシリア政府軍の陣地に空爆。シリア政府軍内の消息筋がスプートニクに明かした。

https://jp.sputniknews.com/middle_east/201702223367033/




鉤鼻のネタニヤフ[妬ミヤフ]が改心することは在り得ず。
それを期待するほど愚かなことがこの地上にあろうか。
なぜならネタニヤフどもに心は存在しないからである。

記事コメ;少年ゲリラ
























2017年、世界は変わるかもしれない
2017年02月22日 16:44(アップデート 2017年02月22日 17:59)
リュドミラ サーキャン



2016年に端を発した流れの多くは、今年も国際情勢に大きな影響を与えながら続いていく。米国ではトランプ大統領が大統領としての一歩を踏み出し、英国はEU離脱プロセスを開始させ、欧州では複数の国が選挙を控えている。中国は米国のTPP脱退をうまく利用しようと試み、日本は対米関係発展の新たなベクトルを選択して対露関係を活性化している。

英国のテレサ・メイ新首相は 国民の意思を実現させると約束し、EUとの2年にわたる離脱交渉の開始を約束した。交渉は3月末に開始されることになっているが、英国がどんな「離婚」条件を提示するのか、未だ明らかになっていない。

EU離脱に極めて懐疑的な上院議員が状況を複雑化させる可能性があり、そのため、これら議員がプロセス開始をブロックする可能性もわずかながら存在する。

フランスでは大統領選挙が行われる。第1回投票は4月23日に行われ、必要があれば、5月7日に決戦投票が実施される。国民はフランソワ・オランド現大統領の後継者を選ぶ。大統領候補の一人と目されているのが、「国民戦線」党首のマリーヌ・ルペン氏であり、彼女が決戦投票に進む可能性はかなり高いと考えられている。

ルペン氏の公約のひとつが、フランスがEUに残留するのかどうかという問題だ。ルペン氏は英国でBrexit支持派が勝利したのを受けて、この問題を国民投票にかける意向を表明した。
秋にはドイツで運命を決める選挙が行われることになっている。ドイツでは先日、大統領選挙が行われ、元外務大臣のシュタインマイヤー氏が当選したが、ドイツは連邦制をとる議会制共和国であるため、この国の主要な選挙はまさに議会選挙となる。現首相のアンゲラ・メルケル氏は4期目の出馬を決めた。

2005年にドイツ保守派の党首として政権に就いたメルケル氏は、徐々に政治路線を変え、3期目を終えようとする現在は、欧州リベラル派の最後の砦と言われている。彼女自身が認めている通り、ドイツの次の選挙は社会の二極化が原因で特に困難なものになるだろう。

国際安全保障に関する独立系のロシア人専門家、ヴィクトリア・レグラノワ氏は次のように言う:「Brexitは欧州全土に『主権化の行進』を起こす引き金となった。当然、何らかの否定的なプロセスは起こるだろうが、西欧諸国や東欧諸国のEUに対する不満とは裏腹に、各国が分離独立の道を歩むことは考えにくい。EUは今ほどゲルマン中心的ではなくなるだろうが、存続すると思われる。」

アジアでも変動が予想される。たとえば、政治スキャンダルが長引く韓国の選挙だ。朴槿恵大統領には、汚職と部外者による国政干渉を非難する弾劾が提出された。この弾劾が近いうちに憲法裁判所で承認されれば、早期大統領選挙が5月にも実施される可能性がある。最も有力な大統領候補と目されているのが、野党「共に民主党」元党首の文在寅氏と保守派代表で大統領代行の黄教安氏である。
日本では安倍首相とトランプ氏の会談を受けて、政府が今後の国際場裡での身の振り方を分析する。

新たに米国務長官に任命されたティラーソン氏は以前、日本と韓国は自国領における米軍維持費用に十分に大きな貢献をしており、この地域における米国の新戦略の重要な要素となるのは日本と韓国との緊密な連携であると述べ、日米安全保障条約と米軍基地に関する日本の懸念を払拭した。その一方で日本は、早晩、ロシアと平和条約を締結し領土問題を解決するとの考えの下、ロシアと集中的な交渉を行っている。

中国は引き続き、世界で大きな影響力を持つ二大国のひとつとして自国を位置付けており、経済面・政治軍事面において米国のライバルとして振舞っている。これに応える形で、米国がより強硬な政策に移行する可能性がある。

米国がこの政策移行をどのように実施するのか、またそもそも実施するのかどうかによって、二大国間の関係においても、アジアのパワーバランスにおいても、多くのことが左右される。

ヴィクトリア・レグラノワ氏 によると、トランプ氏は、アジアで米国のパートナーを驚愕させた選挙前公約のうち、TPP離脱を除いて、多くのことを諦めたという。

これにより、いろいろなことが変わる可能性がある。レグラノワ氏は言う:「トランプ氏は現実主義者であり、米国の利益にとって重要なことと、そうでないもの区別する人間だ。当然、アジア太平洋地域における米国の軍事プレゼンスは維持され、場合によっては、強化されさえするかもしれない。

その際トランプ氏は、日本が中国との間に抱える領土問題や経済問題において日本を支持するかわりに、経済問題やTPPに代わる自由貿易圏設定の問題において見返りを得ることも考えられる。私の考えでは、米国や日本が中国と対立することは、三国の経済的つながりが極めて強いことだけを考慮しても、あり得ないのではないだろうか。」

https://jp.sputniknews.com/opinion/201702223367161/







わたしはあらいる視点から未来を見つめる時、けっして未来を楽観視してはいない。
わたしが人身売買へついて調査していた過去、ある児童保護施設へおいて、そこで出合った女性職員から訊いてもいない間へ思いがけず「人身売買」という言葉を聞き、女性職員がその虐待された児童や親から捨てられた児童を主へ保護する施設で働いている時、不可解な体験へついて告白していただいたついでへ、わたしは女性職員へ世界の闇をお話しさせていただいた。

それを聴いた女性職員はそれまでの作り笑顔さへ忘れ、生気を失ったかよわい声で、「やっぱり・・・それが真実なら、もう、もうわたしはこの世界へ生きていたくない」と言った。

自称支配者たちの政治ゲームがどう治まりをみせようとも、それがイコール平和ということでは決して在り得ない。
なぜならわたしたち人類へとっては、相変わらずここが地獄であり、酷い監獄であり、人類が酷く狩られるエリート変質者どもの狩り場であり、人肉という餌場であることへ変わりはないからだ。

わたしは最後に女性職員へこう言った。
「楽観視はできない。それでもわたしは未来を悲観してはいない。」

女性職員は驚いた風に「え、どうして」とわたしへ訊いた。

わたしが何と返したかは永久に言うことはないだろう。

わたしの言葉の後で、女性職員の瞳に生気が戻ったのを見たあと、わたしはその施設を後へした。

世界は変わるかもしれない?

わたしが変えたいのは、表層上、表面上のアヤカシどものこと等ではない。

それがもしできないというのであれば、もはやこの世界には一切の意味も価値もない。

心が存在しない者へ改心を求めるようなものだからだ。

記事コメ;少年ゲリラ































NASA緊急記者会見を準備 何か新発見でも?
2017年02月22日 22:51



22日、NASA(米航空宇宙局)ワシントンで、緊急記者会見を開く。

記者会見のテーマは「太陽系外惑星についての新たな発見」だ。学者達は、地球外生命の存在を証明する何かを見つけた可能性がある。しかし詳細は今のところ、明らかにされていない。新聞Independentが伝えた。

学者達によれば、太陽系外に存在する惑星の調査研究は、地球外生命体を探す主な方向性となっている。ここ数年、地球に似たいくつかの惑星が見つかった。これらの惑星上には、生命の芽生えのようなものが潜在的に存在する可能性がある。

記者会見には、世界中の代表的な天文学者達が出席する。なお会見の様子は、NASAのテレビチャンネルでオンライン中継され、NASAの公式サイトでも見ることができる。また誰でも会見の際、#AskNasaを使ってインターネットを通じ質問することも可能だ。

https://jp.sputniknews.com/science/201702223368629/















Steven Seagal Movie-Best Thriller Movie Full Movie HD-Black Dawn (2005)






Steven Seagal 2006 Bluray Action Thriller Full Movie Rated R 17




Steven Seagal Movies-Best Action Movies, Full Movie-Mercenary: Absolution (2015) Movie|HD




The Keeper 2009 Movie - Steven Seagal




The Asian Connection 2016




Steven Seagal (2016) Action Thriller (17+)




new best action full movie 2017 of Steven Seagal




Driven To Kill movie 2009 ✪✪✪ Steven Seagal best




Belly of the Beast (2003)| Steven Seagal, Byron Mann, Monica Lo |New action movies




「テロリストの黒幕はアメリカとイスラエル」スノーデン氏の先輩の内部告発(経済テロは気付きにくい)




【武田邦彦】なぜ、若い芸能人のガンが多いのか!?




小池百合子の政治塾に参加申し込み者に吉本芸人、グラビアアイドル、関東連合【NET TV ニュース.報道】事件記者 2016/10/28




ベーシックインカムの導入が進むフランス 日本での実現は【ネット TV ニュース.報道】月刊タイムス 2017/02/22




【韓国人】に生まれなくて良かった・元駐韓大使が心底思う理由




ベーシックインカムの導入が進むフランス 日本での実現は【ネット TV ニュース.報道】月刊タイムス





【紫革命】5月1日に「アメリカの春」が実行に移されます。他2本



怪談『短編の間』 第七十八夜 『弟』



怪談『短編の間』 第七十九夜 『集金』



怪談『短編の間』 第七十七夜 『良栄丸事件』



怪談『短編の間』 第七十六夜 『暗い部屋』



怪談『朗読の部屋』第百三十三話 『足跡』『お酒の神様』『老夫婦の家』



其ノ百七十九 朗読BGMシリーズ 怖い話 【怪談】




最終更新;2017/02/23 am02:45
NASA緊急記者会見記事追加
動画追加
[ 2017/02/23 00:12 ] 日常の風景 | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する