FC2ブログ







2017/03/19

20150521pic 003


20150521pic 006


20150521pic 009


20150521pic 008














美居子さまは今日も来られました。











あの世この世のニュースなど













鼻の骨を折り目の周りにあざを作った米外交官 ニュージーランドから国外追放
2017年03月19日 20:58(アップデート 2017年03月19日 21:06)



謎の「刑事事件」に巻き込まれた米外交官が、ニュージーランドから追放されるという騒ぎが起きた。

この外交官の名前は明らかにされていないが、大使館付き技官のコリン・ワイト氏と推測されている。新聞The Guardianの報道によれば、12日朝、米大使館がある首都ウェリントン郊外に警察が呼ばれた。

そこで何が起きたのかについては、発表されていない。分かっているのは、ある「出来事」が起こり、そこで外交官が鼻の骨を折り、目の周りに黒いあざを作ったということだけだ。

ただその後、ニュージーランド外務省が米大使館に対し、ホワイト氏の外交特権を剥奪するよう求めた事から見ても、かなり重大な法律違反がなされたことは明らかだ。

なお米大使館は、この要請を拒否した。そのためニュージーランド当局は、外交官の国外退去処分を決めた。

https://jp.sputniknews.com/incidents/201703193448022/




何が起きたというより、犯されていたかは想像へ難くは無い。
今までアメリカ政府要職へある者はほぼ全て日本でいう在日朝鮮人と等しく下衆野郎だからだ。
記事コメ;少年ゲリラ




US diplomat ejected from New Zealand after police fail to get immunity waived

Attache in US embassy in Wellington is wanted for questioning over incident in which he suffered a broken nose.

Eleanor Ainge Roy in Dunedin
Sunday 19 March 2017 05.54 GMTLast modified on Sunday 19 March 201705.55 GMT


A US diplomat has been forced to leave New Zealand over allegations he was involved in a serious criminal incident in which he had his nose broken and sustained a black eye.

New Zealand police said they were called in the early hours of last Sunday in the community of Lower Hutt, just outside Wellington, where the US embassy is based.

Police said the US diplomat left the scene before officers arrived, and no arrests were made, nor “any person held in police custody”.
The man was protected by diplomatic immunity, which the New

Zealand police asked the Ministry of Foreign Affairs and Trade (MFAT) to waive on 13 March so they could proceed with an investigation.

The ministry agreed to the request because the alleged crime was serious, meaning one which carries a penalty of imprisonment of one year of more.

The ministry appealed to the US embassy to waive the man’s immunity on the same day, but the US government refused, and on Friday MFAT officials requested the diplomat leave New Zealand immediately.

It is understood the diplomat has since left the country, although New Zealand police said the investigation was “active”.
Advertisement
According to MFAT, foreign diplomats in New Zealand have immunity from any criminal processes, including investigations and prosecutions.

However, the New Zealand government makes it clear foreign diplomatic staff must abide by the law and “waive immunity should MFAT request it if there are allegations of serious crimes”.

TVNZ reported the US diplomat at the centre of the incident was Colin
White, a technical attache who works at the US embassy in Wellington alongside his wife. TVNZ reported White had received a broken nose and a black eye during the mysterious incident.

It is believed White was involved in working alongside New Zealand’s spy agency the GCSB, TVNZ reported, although this could not be confirmed.

In a statement, the US embassy said it could not comment specifically on matters under investigation. “We take seriously any suggestion that our staff have fallen short of the high standards of conduct expected of US government personnel.”

In a high-profile case in 2014, Malaysian diplomat Muhammad Rizalman bin Ismail was forced to return to New Zealand to face criminal charges after he was accused of indecently assaulting a young woman in Wellington and defecating outside her front door.

Ismail was convicted of indecent assault last year and sentenced to nine months home detention, which he served in New Zealand.

https://www.theguardian.com/world/2017/mar/19/us-diplomat-ejected-from-new-zealand-after-police-fail-to-get-immunity-waived





















スティーヴン・ホーキング博士 地球から去るよう呼びかける
2016年09月29日 02:16




英国の学者スティーヴン・ホーキング博士は、他の惑星の征服に取り組むよう人類に呼びかけた。

ホーキング博士は、「私は人類が宇宙へ出て行かなければ人類に未来はないと思っている」と述べた。ガーディアン紙が報じた。
ホーキング博士によると、地球の生命は高まり続ける危険にさらされており、自然災害や人災によって一掃される可能性があるという。

ホーキング博士は、人類にとっての主要なリスクは核戦争と遺伝子操作されたウイルス攻撃だと考えている。ホーキング博士は2016年1月にも同じような考えを表している。

https://jp.sputniknews.com/science/201609292833559/







地球から出て行くのは人類ではない。阿呆王ホラ吹きアホーキングのおまえたちだ。
近親生殖自己中糞鼡猿で自ら奇形してきて在るおまえが障害者風だから同情されるとでも思ったのか。
正体はバレバアレバレのバアル鬼畜寄生獣どもは復讐されたあと消滅するだろう。
おまえたちが描いてきて在る邪悪である陰謀の絵一切全てが焼滅されることだろう。

記事コメ;少年ゲリラ





























露当局 ソーシャルネット上で広がる「自殺教唆グループ」との戦いを開始
2017年03月19日 20:16
アンドレイ イルヤシェンコ

3447954 (1)

ロシア国内では、ティーンエージャーに自殺を教唆するソーシャルネットワーク 「グルッパ・スメルチ(死の集団)」との戦いが展開されている。

この問題は、先月2月にプーチン大統領が、十代の青少年の自殺防止に向けた措置を作成するようロシア政府に求める委任状を出したほど尖鋭化してしまっている。

一方3月9日、ロシア下院・国家会議には、ソーシャルネット上で子供達の自殺を教唆する行為に対し責任を重く厳しいものとする法案が提出された。もしこの法案が通れば、子供達を「遠隔操作により殺した者達」は、最高12年までの自由剥奪刑を受けることとなる。

危険はどのくらい深刻なのか?

統計によれば、ロシアにおける自殺件数は、国内の社会的経済的改革がそのピークに達した90年代に急激に増加したのち、大きく下がった。2016年には、10万人中、自殺者数は15,4人まで減少した。

この数値は、1960年代初めからこれまでで、最も低い水準である。国家統計委員会によれば、2015年の自殺者数は24 982人だった。世界保健機関(WHO)の基準では、これは大変低いレベルとみなされる。

比較の対象として日本の例を挙げれば、厚生労働省2013年度版自殺対策白書では、27 283人が自殺で亡くなっており、これは10万人当たり18,5人というレベルだ。

しかしロシアにおける十代の青少年の自殺状況は、全く反対に増えており、未成年者の間での自殺者数は、世界の平均の何と3倍に達している。

おととし2015年には、ロシア連邦において460件が確認されたが、昨年2016年には、720人のティーンエージャーが自ら命を絶っている。

#青いクジラ(ロシア語:#Синийкит)
こうした急激な自殺者の増加は、恐らく、ソーシャルネットでの所謂「死の集団」の広がりと関係がある。このグループのモデレーターは、十代の若者を自殺へと誘っている。

マスコミ報道によれば、2015年11月から2016年4月までに、約130人のティーンエージャーが自殺したが、そのほとんど全員が、インターネットの同名のこのグループのメンバーだった。彼らは皆、裕福で愛情に満ちた家庭に育った子供達である。

結果が示すことができるのは、全体像だけだが、メディアの統計は、恐るべき様相を呈している。

ロシアではすでに20万以上の人々が、自殺願望を裏付けるハッシュタグを利用した。中でも最も人気があるのは、#синийкит(青いクジラ)で、海岸に身を投げ、自ら命を終えようとする強く自由で美しいクジラの絵が描かれている。

新聞「イズヴェスチヤ」によれば、ロシア版フェイスブックと言われる「ヴ・コンタクチェ」では、一度でも「青いクジラ」のテーマのハッシュタグを自分の名前で公開した
ことのある9321のコミュニティが見つかった。大きなグループの数は、およそ600で、一日に何万もの投稿やコメントが寄せられている。

こうしたグループに入ると、若者達は、コミュニティのメンバーに「選民意識」を創り出すモデレーターの影響下に入り、自殺を理想化し、それこそ人生のあらゆる困難を解決する万能の手段だとみなすようになる。

「死の集団」のコンテンツは、自殺の写真から、現実の自殺ビデオまで、その形態においては多様だが、内容については一様だ。まず若者達には、人生から去るにはどのようにするのがベターなのかが説明され、その後、若者達は、一種のゲームに引き入れられる。

これは、腕や足に、クジラの絵やグループの名前を刺青のように入れたりするなど、リスクや自傷行為にしばしば結びつく課題を果たすものだ。その際、ゲームは普通、早朝4時20分に予定される。

意志の力が弱まり、両親が子供達をコントロールできない時間帯だ。このように子供達は、一歩一歩、遠隔操縦されるようになって行き、自殺へと導かれる。リスクや自傷行為への情熱が、その特徴的な要素である。

一体何のために?

今のところ、この心理的な一種の伝染病について完全に明らかになってはいないが、セルプスキイ記念連邦精神医学・麻酔学研究センターの指導者の一人ボリス・ポロジイ氏は「これには、大きな力と資金が投入されており、すべては専門的に行われている。

明らかに素人の仕事ではない。そうしたキュレーターをサイコパスと呼ぶことは難しい。しかしなぜ彼らは、そんなことに取り組んでいるのか。言えるのは結果だけだ。」

一方自殺誘導タグと「青いクジラ」ゲームは、ロシアばかりでなく他の国々、ポーランドやブルガリア、ルーマニアにも広がっている。例えばポーランドでは、ハッシュタグは、ポーランド語に訳され、「死の集団」は、この国でも加入者を獲得しようとしている。

有害なネットコンテンツから子供達を守るポーランドの組織SafeNetは、ユーザー達に、ロシアでの状況を紹介しながら、こうしたゲームの危険性への注意を喚起している。

ロシアでは、ネット上のこうした自殺誘導コミュニティーの強制閉鎖だけではもう「青いクジラ」の活動を止めさせるには十分ではないとの結論に達した。というのは、彼らは他の名前で、姿を現しつつあるからだ。

残された望みは、法律を厳しくし、こうした問題への世論の関心を高め、それが実を結ぶよう努力することである。

https://jp.sputniknews.com/opinion/201703193447985/












America Horror Movies The Best Zombie Movies Full English



Rise of The Zombies (full-length movie)



KL24: Zombies [Movie] by James Lee, Gavin Yap & Shamaine Othman



The Devil's Rock 2011



Tasmanian Devils 2013 Horror {Full Movie}



Deadly Water (2006)



FULL MOVIE] THE FEAR OF GOD (2011) Suspense Thriller Action



Jason Statham Movie In English Sub - Best Action Movie 2017 English - 1080 HD



Hacker 2016 Full-Movie English [HD] 720



Dark Angel [1990/Dolph Lundgren] - HD



馬淵睦夫元外交官が語る|朝鮮戦争の秘密とグローバリズムの関係!民主党敗北は何を意味するのか?国とは何か?



Illuminati CIA Exposed! USA's Biggest Drug Dealer! 2017



Snowbeast (1977)



其ノ百八十三 『海の怖い話特集』 朗読BGMシリーズ 怖い話 【怪談】



航空自衛官逮捕 家出の16歳の少女を誘拐容疑【ネット TV ニュース.報道】朝堂院大覚 防衛行政官 2017/03/18



後編「性の喜びおじさんはなぜ殺されたのか?」を解説


[ 2017/03/20 02:03 ] 日常の風景 | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する