FC2ブログ







I will be silent like an apple for a while. テスト更新です。  This is not an article. This is a test for updating an article to normally.



発見の投票用紙、幹部ら焼却…困惑と怒りの声
2/6(火) 8:51配信


 
民主主義の根幹をなす選挙で、自治体による投票の不正処理が行われた。

 
5日、滋賀県甲賀市で明らかになった昨年の衆院選での白票水増し問題。見つかった投票用紙を焼却するなど、不正には選挙事務のトップらが関わっていたことも判明し、関係者からは困惑と怒りの声が上がった。
 
「一報を聞いた時は、がくぜんとし、頭が整理できなかった。まだ分からないことばかりで、説明できない」。甲賀市役所で、説明にあたった呉竹弘一・市長公室長は苦渋の表情を浮かべた。

 
呉竹市長公室長らによると、開票作業は昨年10月22日午後9時30分から、市内の甲南情報交流センターで始まった。その後、票の不足が判明。職員らは、投票所などに未開封の投票箱が残されている可能性があると考え、捜し回った。


しかし、投票箱は見つからず、不正が行われることに。関わったとされるのは、選挙管理委員会事務局長を兼務する市総務部長、同部次長、同部の課長級職員の計3人。さらに開票結果が確定した後には、職員がセンター内で未開封の投票箱を発見したが、課長級職員が箱の中の票を自宅に持ち帰って焼却したという。


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180206-00050011-yom-soci





押尾学は言っていた。「あなたたちは何故本当の事を伝え無い!」
これはSEXドラッグを使い獣の様へ性的遊戯をしている、またはしていた最中へ、薬が合わなかったか、薬量を間違えたか何かが影響し、それを服用した女性がエクソシスト状態と成り、それを目前とした押尾という元タレントが救急措置をせず、パニック状態と成り、結果的へ女性を死へ至らしめたという当時、事件の容疑者であった押尾学が取材目的というパパラッチへ言った言葉である。

これら不正選挙事件と2003年に日本で発生した「プチエンジェル事件」と2009年へおきたこの押尾学事件と、関東連合への大相撲の元横綱だった朝青龍ことドルゴルスレン・ダグワドルジ事件、そして今現在、お茶野間を騒がせている日本相撲協会の件は、それら件が発生するへ至る原因となってある核心へおいて核真でもあり、それは全てつながっているということへ気づくことはこれら表面化し露呈してきている事件騒動の闇の中で操られる糸を斬るということへついて人類へとってとても重要であり有意義な気づきであることは間違いない。

この不正選挙を報道しない大手メディアはニッポン人類と世界人類を最期までジャパン化 蛇パン化 邪パン化し続けて欺こうとしている愚かなる裏切り者たちである。

角界とは角田界であり、それは邪鬼界へ他なら無いのである。

これら大手メディア芸能界と角界へ巣食う外道どもは、人身売買と麻薬で結託してきているロリコン小児レイプ嗜好者でありシリアルキラー寄生獣である外道畜生であることへ気づける人は幸いである。
そしてこれら外道が正体はイルミナティーのポルノセクションへと直結尻穴してある火病が共通した性格特徴である。

要するへハザァールカザァールバァ-ル爬化ザール爬化猿ということである。


九州のある大学教授は、わたしが人身売買へついて説明すると、わたしへこう言ってみせたのである。

「それ、実際に見たの?」

お気づきだろうか。
証拠記録物質現物が無ければそれが実際へおこされていると知っていてもまかりとおされて黙殺されてきてあるということは、見つからない仕組みをつくってバレ無いようへ犯せたら何をしてもどれだけ人を誘拐し虐待し殺しても逮捕もされ無いしOKであると言っていることと同じである。

お気づきだろうか。
「それ、実際に見たの?」
そうわたしへ言い放った大学教授は、それが自らが関わり共犯してきてある大犯罪者エリートの信者真邪魔蛇の内の一人ですと認めているも同じであることに。

記事コメ;少年ゲリラ




奇談 「 オリバー・ラーチ失踪事件 」「 マックス・ヘッドルーム事件 」「 旭日旗 」「 地獄巡り 」「 逆転クオリア 」 怪談朗読https://www.youtube.com/watch?v=kkQjAqpfmfg




其ノ二百二十八(228) 朗読BGMシリーズ(警察官の無念 他8本)【怖い話/怪談】
https://www.youtube.com/watch?v=-AFgznGWACI




怪談 「 そういうことになっているんだ 」
https://www.youtube.com/watch?v=rQhfl8Rf9pw




映画       修羅雪姫
https://www.youtube.com/watch?v=nTdSP8YXXTA




北斗の拳 真救世主傳說北斗神拳 電影版1 拉歐傳 殉愛之章 HD 1920x1080(繁简中日本語字幕/日音
https://www.youtube.com/watch?v=FT8QpCJPGYA




覚書;

富士重工がAH-64Dの発注中止をめぐり防衛省を提訴へ
先月のエントリに、陸上自衛隊向けのAH-64Dヘリコプタの発注打ち切りを巡り、富士重工が防衛省を訴える勢いだと書きましたが、とうとう提訴の方針を固めたというニュースがありました。
事の経緯は、大雑把に言うと、次のような感じ。
1. 防衛省は、約60機の調達を見込む戦闘ヘリコプタとして、富士重工の推すAH-64Dを採用。
2. 富士重工は、米ボーイング社からライセンスを取得し、生産開始。500億円弱の初度費用が発生。
3. 防衛省は年度ごとの予算で少数づつを発注。(普通の調達方法です)
4. 富士重工は、負担した初度費用を各年度の契約に割掛け。(これも他の防衛装備品と同じです)
5. 米ボーイングが当該タイプのAH-64Dの生産を終了。富士重工はボーイング製部品の調達などが不可能に。
6. 上の事情で、富士重工でAH-64Dの生産を続けるには、単価の引き上げが不可避に。
7. 防衛省は、ただでさえ高価すぎる買い物だったAH-64Dの調達を、13機で中断することを決定。
8. 完全に梯子を外された形の富士重工は、防衛省を提訴。 ← 今ここ
(2015年12月17日追記:12月16日に富士重工への全額支払い判決が確定しました)

今回の騒動で、安直な防衛装備品調達には重大な危険があることが、図らずも表面化しました。
まず、上記時系列リスト 1. に先立つ時点で、AH-64Dの対抗案として、ベル社が開発中だったAH-1Zのほか、国産ヘリOH-1の技術を基にした国内独自開発案もありました。

しかし、陸自はAH-64Dに強くこだわりました。(私は今でも理解に苦しみます)
やはり「世界最強の戦闘ヘリ」という謳い文句は魅力的でしょうし、急速に装備を充実させる周辺諸国に対して、焦りがあったのかもしれません。

軍人さんは、たいてい「最強」と言われる兵器を欲しがり、周辺国の装備には強い関心を持っています。他国の軍隊を打ち負かすのが仕事なので、仕方のないことでしょう。
でも、ある国で使われて「最強」と言われている兵器が、別の国でも「最良」の選択だとは限りません。

むしろ、日本のように一定の兵器開発能力を持つ国にとって、他国製の兵器を導入することは、みすみす開発機会を逃すだけでなく、兵器の調達計画を他国の事情に振り回され、おまけに自国防衛産業の存続まで危うくするという、超おバカな選択になってしまうこともあるわけです。(今回のAH-64Dのように)

なんでも国産しろとは言いません。輸入すればいいものを、企業や政治家のエゴで国内開発にして、陳腐な飛行機に無駄遣いした例もありましたから、そんなのはやめるべきです。
でも、他国の持ち物や上っ面の評判に振り回される兵器調達では、いずれ国防そのものが立ち行かなくなります。

事実、航空自衛隊がF-22導入にこだわり、F-2に続く戦闘機の国内開発を放棄した結果、日本の航空機産業は、あまりにも多くを失いました。
私見ですが、ここ10年~15年ほどの施策の過ちは、日本の航空産業にとって、昔よく言われた「戦後7年間の空白」などよりも、重大な後退をもたらしてしまったんじゃないかと思います。
あ、なんかズレたこと書いちゃいましたね。読んじゃった人、ごめんね。(笑)
【2014年3月1日追記】
2010年1月15日、富士重工は初度費の未償還額など351億2400万円の支払いを求めて国を提訴しましたが、2014年2月28日、東京地方裁判所が請求棄却の判決を出しました。

【2015年12月17日追記】
2015年12月16日、最高裁第2小法廷は16日付で国側の上告を退け、全額の支払いを命じた二審東京高裁判決が確定しました。
防衛省が富士重側に初期費用を支払うとの合意があったかが争点で、一審東京地裁は請求を棄却しましたが、二審は「法的な拘束力がある合意は成立していない」とする一方で、「防衛省と装備品の受注業者との間では、調達終了までに初期費用を支払うことが当然の前提とされていた」と指摘し、国の責任を認めていました。
http://booskanoriri.com/archives/660














記事スペース確保為その他の映画はこちらブログ内リンクへ行きます。
http://616kkllxx666250ss036.blog.fc2.com/blog-entry-3814.html



最終更新 2018/02/10 未明
[ 2018/02/08 01:39 ] ブログ/PC/お知らせ/リンク/ブロ友 | TB(-) | CM(-)