FC2ブログ








除草剤で末期がんに、米裁判 陪審がモンサントに約320億円の支払い命じる評決 2018年8月11日 12:58 発信地:サンフランシスコ/米国 [ 米国 北米 ドイツ ヨーロッパ ]記事ではありません。 動画像アップロードテストです。 08/12 日航機123墜落テロから33年

除草剤で末期がんに、米裁判 陪審が
モンサントに約320億円の支払い命じる評決


2018年8月11日 12:58 発信地:サンフランシスコ/米国 [ 米国 北米 ドイツ ヨーロッパ ]




[8月11日 AFP]

米カリフォルニア州在住で末期がんと診断されている男性が、がんになったのは農薬大手モンサント(Monsanto)の除草剤「ラウンドアップ(Roundup)」のせいだと同社を提訴した裁判で10日、陪審はモンサントに約2億9000万ドル(約320億円)の支払いを命じる評決を出した。

陪審は全員一致で、モンサントの行動には「悪意があり」、除草剤「ラウンドアップ」とその業務用製品「レンジャープロ(RangerPro)」が、原告のドウェイン・ジョンソン(Dewayne Johnson)さんの末期がんの「実質的」な原因だったと結論付けた。モンサントは上訴する意向を示した。

8週間の裁判で、サンフランシスコの裁判所の陪審は懲罰的損害賠償金2億5000万ドル(約280億円)と補償的損害賠償金やその他の費用を合わせた計約2億9000万ドルを支払うようモンサントに命じる評決を出した。

グラウンドキーパーとして働いていたジョンソンさんは2014年に白血球が関与するがんの非ホジキンリンパ腫と診断された。同州ベニシア(Benicia)にある学校の校庭の管理にレンジャープロのジェネリック製品を使用していたという。

世界保健機関(WHO)の外部組織である「国際がん研究機関(IARC)」は2015年にラウンドアップの主成分であるグリホサートを「おそらく発がん性がある可能性がある」物質と指定し、カリフォルニア州が同じ措置を取った。これに基づいてこの裁判は起こされた。


モンサントは声明で「ジョンソン氏と家族に同情する」と述べた一方、「過去40年、安全かつ効果的に使用され、農業経営者などにとって重要な役割を担うこの製品を引き続き精一杯擁護していく」として上訴する意向を示した。

■同様の訴訟 相次ぐ恐れ

今回の裁判はモンサント製品のせいでがんを発症したと提訴した最初のケースだった。モンサントが敗訴したことで最近ドイツの製薬会社バイエル(Bayer)に買収されたばかりの同社を相手取って数百件の訴訟が起こされる可能性が高まったと専門家らは指摘している。

法廷で頭を垂れて座るジョンソンさんの後方に座っていたジョンソンさんの弁護団の一員で故ロバート・ケネディ(Robert Kennedy)元司法長官の息子に当たるロバート・ケネディ・ジュニア(Robert F. Kennedy Jr)氏は、「この評決をきっかけに今後新たな裁判が次々に起こるだろう」と述べた。(c)AFP/Glenn CHAPMAN

http://www.afpbb.com/articles/-/3185756




























米、第3次世界大戦に向けて新ウイルスをバルト諸国で実験か? 

2018年08月12日 18:22

Sputnikラトビアの評論家、アレクサンドル・フロレンコ氏は、東欧でのアフリカ豚コレラ(ASF)の発生が、米国が第3次世界大戦に向けて新種のウイルスを研究しているというシステムの全体像に収まるものだと主張する。
スプートニク日本

ASFは6月、ラトビアの豚165頭で発見され、その後、2万頭の豚が殺処分された。

さらに、リトアニアでは畜産業者に対して、同国内でASFが41件確認されたため、

養豚を完全に放棄するよう提案されている。


フロレンコ氏は、ASFが高い緯度の環境に対する耐性が高くないため、ASFの発生は非常に矛盾しているとしつつ、この性質が作られ得たのは研究室のみだと主張する。

ASFはルーマニア、ジョージア、ウクライナ、モルドバ、ポーランドといった多数の国でほぼ同時に発生した。

コラムニストのフロレンコ氏が付け加えるところ、独立国家共同体(CIA)の空間とバルト三国では、国家検疫システムが米国基準に移行しており、そのため、米国に報告書を提出しているという。

https://jp.sputniknews.com/politics/201808125219159/


































「除草剤ラウンドアップのせいでがんに」米患者、モンサントを提訴
2018年6月21日 20:19 発信地:サンフランシスコ/米国 [ 米国 北米 ]
でたらめエリート霞ヶ関

【6月21日 AFP】米カリフォルニア州在住で末期がんと診断されている男性が、がんになったのは農薬大手モンサント(Monsanto)の除草剤「ラウンドアップ(Roundup)」のせいだとして同社を提訴している。この種の裁判は初めてで、今後広範囲にわたって影響を及ぼす可能性がある。
 
ラウンドアップの主成分はグリホサートで、これについては一部から高い発がん性が指摘されている。モンサントに損害賠償が命じられた場合、同社は多額の損失を被る可能性がある。
 
原告のドウェイン・ジョンソン(Dewayne Johnson)さん(46)の弁護士によれば、ジョンソンさんはサンフランシスコ近郊の学区の校庭管理を担当。2012年から2年間にわたってラウンドアップを使用し、それが原因でがんを発症したと主張している。
 
2児の父であるジョンソンさんは2014年、白血球が関与するがんの非ホジキンリンパ腫と診断された。2年後、就労不能となったジョンソンさんは、モンサントが同社製品の危険性を隠していたとして、同社を相手取っての訴訟に踏み切った。
 
弁護士の話では、「ジョンソンさんは余命数か月と宣告されているため、優先審理の対象と認められた」という。
 
独製薬会社バイエル(Bayer)による買収が決まったばかりのモンサントは、グリホサートとがんの関連性をこれまで一貫して否定してきた。ただカリフォルニア州はグリホサートを、発がん性物質に指定している。(c)AFP/Julie CHARPENTRAT

http://www.afpbb.com/articles/-/3179472











NTTと“取引き”してきた元暴力団幹部が語るNTTの恐ろしい内部事情
【NET TV ニュース】朝堂院大覚 NTT経営懐疑 2018/06/14
https://www.youtube.com/watch?v=ssR_S6vyvJw


三浦 惺と榊原定征等及びそれら親族の処刑が決定した。
処刑内容は表社会向け事情聴取後問答無用で麻酔無しで全臓器摘出。記録映像収益を全被害者遺族へあてる。
なお、摘出臓器は野生動物の餌とする。

動画コメ;少年ゲリラ





Gackt 逮捕まで秒読みか?ガクトコイン「スピンドル」がけっこうヤバイ
https://www.youtube.com/watch?v=Hlt-5dimTQ4


外道クロ兵ガクト及びそれら尻穴トモダチの処刑が決定した。
処刑内容は三浦 惺らと同じ。

動画コメ;少年ゲリラ







『炎と氷1』 8月16日まで無料公開!
https://www.youtube.com/watch?v=7eVQL9hqYHg



『首都抗争1 』  8月16日まで無料公開!
https://www.youtube.com/watch?v=bpN8ly5U3MQ


08/12 日航機123テロから33年が経ちます
関連記事
[ 2018/08/11 21:15 ] ブログ/PC/お知らせ/リンク/ブロ友 | TB(-) | CM(-)