FC2ブログ








2018/10/05 大分 故意 停電 evil目図 10/06 15:00  666  天皇皇后雅子次期予定天皇 

人類の宝は三つ【仏法か?情報か?】
https://www.youtube.com/watch?v=hmemmdgoFOI&index=2&list=UUHUEOXABeUzToapCbmjEhqw


誰かの思考へ身をまかせている者は機械や家畜と同等である。

そして組織へあっては、そういうイエスマンが時へ教祖を結果的へ暴走させることもある。
また悪魔はそういう組織の中へいる盲信する盲目ココロへつけいるスキをみつけ利用する。
思考しない者は闇へあっても光であっても居る場所があれば悪魔とでも喜んで共犯するものである。

与国君と大川総裁の距離間は健全でありお手本である。

これで大川総裁が与国君へ注意するような器であれば幸福を去ればよいことである。

与国君の友はどこへでもいるからである。

もちろん一人でも与国君は闘うし戦うことは承知しているけれど。

動画コメ;少年ゲリラ



独仏の学者ら、米国防総省が生物兵器を開発していることを疑う
2018年10月05日 17:57


米軍の遺伝子組み換えウイルスを蔓延させるために昆虫を使用するプログラムは、生物兵器禁止条約に違反する可能性がある。ドイツ及びフランスの大学の学者グループの研究で述べられている。研究は、サイエンス誌に掲載された。


研究を行ったのは、進化遺伝学、生命倫理学、および権利に関する専門家の国際的なグループ。


プログラム「Insect Allies(昆虫同盟)」は、米国国防総省に属する国防高等研究計画局(DARPA)で開発されている。公式的な実験課題は、昆虫媒介性ウイルスを生産する植物の染色体の改変。


サイエンス誌によると、学者らは、米国防総省のプログラムが実施された場合に環境に及ぼす恐れのある生物学的、経済的、社会的影響を指摘している。
また学者らは、プロジェクトが米国の農業に実用的な利益をもたらすことができるかどうかに疑問を呈している。

学者らは、生物兵器禁止条約の違反に話が及ぶ可能性があるとの見方を示している。

2016年にスタートしたプログラムには、すでに2700万ドルが費やされている。

https://jp.sputniknews.com/science/201810055420590/


ディープステイトはまさへ全宇宙の害虫獣である。

やがてその容姿は害虫獣へふさわしきものと変わり果てるだろう。

今まで人類を欺き続けてまいてきた毒やらウイルスやら、それら全てがおまえたち外道ディープステイトへ巣食う裏切り者たちや主人どもへピンポイントの正確さで降り注ぐだろう。

記事コメ;少年ゲリラ




































¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦







覚書;

iiBC 稚児/白痴児/血児
baar=Failure
Rothschild=断種/選民
El=Elect
3
関連記事
[ 2018/10/05 21:54 ] 日常の風景 | TB(-) | CM(-)