FC2ブログ








2018/10/09

愛から始めるとは
https://www.youtube.com/watch?v=Ct0VPYSVklM&list=UUHUEOXABeUzToapCbmjEhqw




20150521pic 006


20150521pic 008




【炎上確定!!】幸福の科学の公式見解に対する宏洋の公式見解 宏洋の人生ゼンツッパ!!
https://www.youtube.com/watch?v=1ssh-oe-spQ


組織っていう縛り、家族っていう縛り、母親や父親という縛り、 2代目という縛り
そもそも宗教とはこのデタラメ世界へ囚われている人へ気づきの機会を幾度も幾度も与え注ぎ続けることでもある。
それは思考しはじめて、いよいよ気づき始めた人たちが自らを不当へ縛り操る糸を斬る助けでもある。

宗教を広める仕掛けとして、教団という組織として動きはじめた時、盾矛の種が悪魔から蒔かれる。そしていつからか中身の無いコスプレと成り果てる。

本当の組織とは、今生出合ったことが一度も無くとも、距離や地位や年齢へ関係無く、その1人一人が誠へ束として機動しているかの如くの様子であるのだ。

幸福という宗教教団があり、その宗教が自らが決めた道へ通じる思考だと思うなら、その宗教教団という組織へ縛られること無く、与国君の様へ活動することがもっとも自然体であり、そしてそれは自ら思考し、自らが信念を貫き通し続ける覚悟が決まった者でしかでき無いことである。

教祖がこういっているから、わたしも同じであると鵜のごとく教祖の言葉をよく自ら咀嚼もせず飲み込む阿呆は、いつでも悪魔へ媚びへつらうただのデク人形の様である。

そしてそれはかつがれて踊る教祖と躍らせてしがみつき喰い散らかす信者という、初心も思い出せず最後をむかえることへ成りえることは歴史が証明してある。

いっておくが、わたしは宇宙一、今も誰よりも何も知らない人間である。
家族ゲームという映画の食卓のラストシーンを想い出した。
デタラメ世界故、父も母も教師もコスプレである。
デタラメ世界を終わらせ、誠の世界を斬り開くなら、組織という代名詞より、まずは自らを省みて磨くことだとわたしは思う。

動画コメ;少年ゲリラ

関連記事
[ 2018/10/09 22:04 ] 日常の風景 | TB(-) | CM(-)