FC2ブログ








2018/11/16








日本、エボラ出血熱など5種類のウイルスの輸入を検討 検査体制の強化が目的

2018年11月15日 19:35

日本の厚生労働省と国立感染症研究所が、致死率の高いエボラ出血熱などの5種類のウイルスの輸入を検討していることが明らかになった。
スプートニク日本

共同通信が国立感染症研究所の発表をもとに報じたところによると、「訪日外国人客の増加で、エボラ出血熱など致死率の高い感染症の患者が入国する可能性が高まる」ため、検査体制を強化するのが目的。

なお検査施設周辺の住民の理解を得る必要があり、今後、説明会や協議を行っていく予定だという。

報道によると、輸入が提案されているのは、エボラ出血熱、ラッサ熱、クリミア・コンゴ出血熱、南米出血熱、マールブルグ病の5種類の感染症の病原体。

https://jp.sputniknews.com/japan/201811155586512/



臭うぞ、下衆外道の臭い所業がプンプンと臭う。

どれもこれもある意味へおいても狂犬病ゾンビと同じでウイルスキチガイ鳥頭Black地区蓄産ラボラトリー産人工ウィルスである。

子宮ケイガンワクチンやインフルエンザワクチンと称して騙して人類へ毒を盛ったり等してきているやつらがどういう目的でこれらウイルスを取り寄せるというのだろう。

これでV5角鬼キメラウイルスでも作って事故へみせかけてテロしようということかも知れないな。

入管法をわざわざ甘くする意図はここへもあるかも知れないということである。

記事コメ;少年ゲリラ





こんな民間人等に日本を支配させて良いのですか?
https://www.youtube.com/watch?v=bNgKa1i5rnY














































































































¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦
以下プライベート区域です。 記事とは関係ない私的メモ覚書き等。
¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦







関連記事
[ 2018/11/16 00:04 ] 日常の風景 | TB(-) | CM(-)