FC2ブログ







2018/12/28 アルシオン・プレヤデス39-1 (音声付き) 与國秀行HSU特別セミナー「新・経済学」〜通貨発行の科学的検証〜動画等

[オススメ]
与國秀行HSU特別セミナー「新・経済学」〜通貨発行の科学的検証〜
https://www.youtube.com/watch?v=MVryXoFg6D4


[オススメ]
【日本語字幕】ペンス米副大統領 対中方針演説 (2018)【ノーカット】
https://www.youtube.com/watch?v=bmgSFzIyDZs



日本メディアは恥を知りえてい無い。

一切を誤魔化し続ける。

それらメディアへ従事する者たちは世界中の0.1%のならずどもたちへ従い、人類国民を裏切り騙し欺き続けるプロパガンダム兵器の嘘弾薬の代行発報発砲人と化してきている。
それら嘘8百が中共から垂れ流されてきている汚泥へまみれた似非情報であることを知っていながらいまだへ性懲りること無く世界中へ発報発砲してきている始末である。
この大手広告メディアへ従事する者たちの所業は人々がねむりの静けさの闇へまぎれて火を放つ放火犯罪へ酷似している。もちろん大手メディアだけでは無く、ここインターネットでも彼奴らは執拗へプロパガンダム兵器でそれら所業を続けている。それでもインターネットはまだ大手TV局らが一方通行で強引へおしつける情報や脅迫と違って、こちらがわから意志を伝えることができる大手TVよりも少しはマシであるツールであり、おまけにこれら戦さへおいて地球人類へとって有意義な多くの収獲もある。

例えばケントギルバアトがディープステイトの下衆外道がいつもする行動性格へおいて例へ漏れず、まるで日本人類をバアル悪魔崇拝石屋やきちがいディープステイトカザールどもから護っているようへ振舞っている滑稽なYOUTUBE動画をわざわざUPしていたり、朝堂淫大麻覚醒剤らがわざわざシッポを出していたりする動画が観られたりすることである。
中には出てこなければこちらも気がつか無かった酷いやつが、わざわざ動画をあげて言い訳を必死の様子でしているという例までもあるから笑えるのだ。
だが面白いから笑えるということであると幸いであるが、これがそうで無いっていう笑いであるとしたら、もはや覚悟をして白装束で来る時までせめて清く生きよといいたいのである。

わたしは明日死す命であったとしても、誰かへ悪さをすることは決して無い。

動画コメ;少年ゲリラ





【スポーツ界激震】2018年度のスポーツ界の事件史総括!
【NET TV ニュース】内外タイムス 2018/12/28
https://www.youtube.com/watch?v=YRl8PUCe3H0


パチ屋でいうとクギ師ってところだね。
山本kidはクスリもられてKO負けさせられたから、あの場合いは薬師ということだ。
ガチで行ったら興業のコマだったっていう酷いお話しさ。
しかも自称エリート在日どもがマッサージ師からジャッジまで支配された工作員たちでかためられてるっていうデキレースさ。だから相撲はデブ祭りってことさ。
ついでへ幼少児童人身売買っていう裏仕事まで関わってたら鬼畜デブシャブレイプ祭りってとこだろうよ。まさにキムチ臭くキモチ悪い痴漢民族同和鬼埜舌ダイサーカスだぜ。

動画コメ;少年ゲリラ










嘘の美談で4400万円集める、募金サイトが寄付者に全額返金
12/26(水) 16:00配信

(CNN) 
インターネット上で広く寄付を募る「クラウドファンディング」のサイト「ゴーファンドミー」はこのほど、米ニュージャージー州の男女がホームレスの男性に助けられたという偽の美談を掲げ、同サイト上で集めていた募金を全額、寄付者に返金した。

この募金キャンペーンではケイト・マクルーア被告と交際相手のマーク・ダミコ被告、ホームレスだったジョニー・ボビット被告の3人が共謀し、寄付者から金をだまし取った罪に問われている。

マクルーア被告は幹線道路で立ち往生した時、ボビット被告がガソリン代として全財産の20ドル(約2200円)を差し出してくれて助かったと主張。ボビット被告に感謝の気持ちを示したいとして募金を呼び掛けた。

これに対して約1万4000人から、総額40万ドル(約4400万円)以上の寄付が集まった。

ところが美談はうそだったことが判明。寄付金のうち、ボビット被告が7万5000ドルを受け取り、残りはマクルーア、ダミコ両被告が車や高級バッグ、カジノ遊びなどに使ったことが分かった。

ゴーファンドミーの報道担当者は、同サイト上で不正なキャンペーンが展開されるケースは非常にまれで、全体の0.1%にも満たないと説明。詐欺行為があった場合は返金し、捜査当局と協力して資金を回収するとの方針を強調した。

ゴーファンドミーでは専門のチームが常時キャンペーンを監視し、詐欺行為の防止に努めているという。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181226-35130656-cnn-int



24時TVで寄付した人たちは詐欺被害者である。

赤十字へ募金した人たちも詐欺被害者である。

むかしライブエイドという世界的イベントがあったが、あれは詐欺である。
出演した田代まさしは騙されたということである。

矢沢や小田は知らない。
井上ようすいはライブエイドへは参加してはい無いが、日本銀行の金庫で矢沢と共演したから共犯だろうさ。

赤い羽共同募金やらミドリ羽共同募金やら、これらも詐欺である。これは全国学校でやってるからさぞ儲かる利権だろう。

どれだけ寄付とかしたところで、それは主へディープステイトという下衆野朗どもへ流れているということである。

日本では在日エリートっていうレイプチョンや在日中狂痴漢民族という共通した火病という性格をしたやつら等さ。

ああそうだ、赤十字は血も集めている。

それをどういう者たちが飲むかを知りたければ天皇陛下へ訊くと知っている。
だが、訊いても応えてくれるかは疑わしいけれど。そもそも人類の声は彼らへ届くことも無いのだろう。

ブラム・ストーカーという映画がある。

エイブラハム・ストーカーである。

これはドラキュリア映画へもっともふさわしき題名である。

蚊やアブやヘビの執念深さは誰でも知って覚えているだろう。

まさへストーカーである。

人が嫌がることを猿が覚えた自慰行為の如く仕掛けてくる。

おまけへセルフィーで自己中で僻み妬みは石屋の如く酷いときている。

回路はあるが魂は無い。
虫やトカゲと同じである。

記事コメ;少年ゲリラ





【ベンジャミン・フルフォードが語る!】NYダウの下落!米軍引き上げによる危機!
米国と日本の政治やお金の動き!【NET TV ニュース】
国家非常事態対策委員会 朝堂院大覚・ベンジャミン・橘謙蔵
https://www.youtube.com/watch?v=9lguAN-0jtQ


朝堂院大覚だけ浮いてる様子である。

今度からは華飾りでも頭につけて出演したらきっとウケるぜ!

動画コメ;少年ゲリラ





アルシオン・プレヤデス39-1 (音声付き):
2016年、うるう年、6月、666、NWO、エリザベス2世、新宗教、悪魔崇拝の信仰
https://www.youtube.com/watch?v=vhD_5X5RW_s


2018/12/27 に公開

編集注:
より見やすくなるよう、内容を充実させ、音声を入れて編集し、再公開した新しいドキュメンタリーです。


今やかつてない程に、この暗く不確かな2016年において、緊急に努力するべきだと私達は考える。なぜなら時間が尽きつつあり、私達は最も困難な時代を迎えていて、自分達を救うために何かをする時が来ているからだ。

現在私達は2016年、うるう年、さらなる葛藤-定義-変化の年を迎えていると知るのは、重要だ。

もしかして、この困難な2016年は、「うるう年は不吉な年」という民間のことわざと一致するのだろうか?

666が際立って見られる今年に、多くの思いがけない出来事が起こるのか?

ましてや、1666年の壊滅的なロンドン大火といった、縁起の悪い時を思い起こすなら、なおさらであり、同じくイギリス女王の戴冠式といった極めて特別な出来事やその他多くもそうだ。

もしかして、人々の心理-意識が眠っている間に、何かが準備されているのか?これより、666というカバラの数字の中に、異例の何かが感じ取られることを確認できる。

だがなぜ、実に正確に一致する、極めて特有の様々な日付に、密かに暗号化された666の数が見出せるのか?

制作:アルシオン 以上、動画説明より抜粋   










広河隆一氏、『DAYS JAPAN』の社長解任。性暴力疑惑の報道を受けて謝罪「傷つけた認識に欠けていた」
12/26(水) 18:46配信

フォトジャーナリストの広河隆一氏は12月26日、報道写真誌「DAYS JAPAN」(2019年2月に廃刊予定)を発行するデイズジャパンの代表取締役を解任された。(浜田理央 / ハフポスト日本版)

広河氏が職場に出入りしていた女性7人に性行為やヌード写真の撮影などを要求していたことを、週刊文春が報じたことを受けて、同誌の公式サイト上で発表した。

広河氏のコメントとして、「その当時、(文春の)取材に応じられた方々の気持ちに気がつくことができず、傷つけたという認識に欠けていました」と説明。「私の向き合い方が不実であったため、このように傷つけることになった方々に対して、心からお詫びいたします」と謝意を示した。

デイズジャパンだけでなく、認定NPO法人沖縄・球美の里の名誉理事長を解任されたことも報告した。

文春の報道は?
週刊文春は、2007年~17年ごろにかけて、編集部にアルバイトなどで出入りしていた女性7人が、広河氏から性暴力やセクハラの被害を受けたという証言を掲載。

記事によると、写真の指導名目でホテルの部屋に呼び出されたというある女性は、「あっという間にベッドに移動させられ、抗えないままセックスが終わった」と証言。行為後、裸の写真を撮影されたこともあったという。

そのほかにも、広河氏が女性を傷つける行為を繰り返していたと報じている。

広河氏は週刊文春の取材に対して、事実の一部を認める一方、“強要“は否定した。

これに対して、「メディアにおけるセクハラを考える会」代表を務める大阪国際大の谷口真由美准教授は、Facebookで「人権派のフォトジャーナリストを標榜していた人が、身近にいる女性の存在、そして人権をあまりに軽んじてきた」と広河氏を批判した。
浜田理央 / ハフポスト日本版

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181226-00010003-huffpost-soci


























































¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦
以下プライベート区域です。 記事とは関係ない私的メモ覚書き等。
¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦








関連記事
[ 2018/12/28 00:34 ] 日常の風景 | TB(-) | CM(-)