FC2ブログ







2019/01/12 クローンの寿命は約2年であるという。 そして奇妙であるが、精奴隷の寿命もまた約2年であるという。これがもし真実だとしたら、これははたしてこの2年というクローンと精奴隷の寿命年数の奇妙な一致は偶然だろうか。 またもしもクローン技術を商売へしている組織を支配層エリートたちがつくり営業しているとしたら、この酷く残酷で卑劣極まる商売品であるクローンへ与える寿命という品質は、需要と供給とそこから算出させる利益へよって決められていると思考するほうが自然では無いだろうか。 むかしトヨタ元町工場の作業レーンの補強工事をしているとき知り合った当時トヨタ社員と会話中、わたしがした問いかけへ対し、「だいたい10年であちこち壊れるようへ設計してある」と言っていたことを思い出す。今は時代も違い、その設定した設計は必ず当てはまることは車へ限って無いと思うが、例えるなら家電製品のほうがわかりやすかったかも知れない。 いずれへせよ、利益最優先の競争世界では、もっと細かくこれら商品寿命が設定されていることは言うまでも無いだろう。もしかすると、ハリウッド映画はクローンアクターを使用して製作されているかも知れ無いとわたしは思うことがある。 そのほうが特撮や特殊メイクよりリアルで、そしてもしかすると製作コストも安くて済むかも知れ無い。むしろ映画でいうメイキング映像のほうが本編よりも実はリアル[本編がつくりものとして欺くための演技、演出として]で、本編の方がつくりものの演技、演出では無くクローンアクターがつかわれた記録映像だと思考したことは無いだろうか? もしこれがわたしの想像では無く、リアルだとしてもわたしは全くショックを受けることは無いだろう。 むかしわたしの友であった少年は、「ほら、あいつもあいつも、ほら、あいつも幽霊だよ」と言っていた。 わたしは「???は?」というと。 「本当は世界は5000~5500万人くらいで、あとは幽霊なんだって」と、こう言っていたことを思い出したまで。 / 松明を灯すということは松果体を灯すということです。ですからイルカはドルフィン故、灯されず消えている人を見て、「大丈夫ですか?消えていますよ?消されていますよ。わたしたちにはともせずともずっと側で癒してあげたいよ。いっしょへ泳ごうよ。そうしているうちへ灯りは灯るからね」と言っているのだ。これはわたしが幼いころ、ビーチランドどという海沿いへあった施設で、イルカショーというものをみていたら聴こえてきたメロディーの成分へ含まれていた言葉の羅列である。そのイルカたちはもともとはThe way Generationという銀河へ浮遊する個の生命体の集合生命体を故郷とする魂たちであるという。海底ではときどきとても受け入れられない酷い音を吐き出す真っ黒なかたい塊が行ったり来たりしているという。それを聴いてしまった仲間たちは耐え切れずに陸へ向かって泳ぐけれど、辿りつけても逃げ場は結局無くて死んでしまうという。 /アルシオン・プレヤデス34−3 (音声付き):FEMAのギロチン、著名人の複製−クローン、アクエンアテン−オバマ、ビヨンセ

[オススメ]
現在のトランプ大統領の動きがいみするもの 後半ビデオ
https://www.youtube.com/watch?v=d1z7NHa_MdI




アルシオン・プレヤデス34−3 (音声付き):
FEMAのギロチン、著名人の複製−クローン、アクエンアテン−オバマ、ビヨンセ
https://www.youtube.com/watch?v=AtmjE87j8Ns


2019/01/11 に公開
編集注: より見やすくなるよう、内容を充実させ、音声を入れて編集し、再公開した新しいドキュメンタリーです。

私達が知らせているのは、解決の望みが少しもない、ひどい地球規模の状況についてである。というのも、闇の力が前進し続けている上に、罪のない民衆や、また同じく彼らに賛同しない多くの国々も脅し続けているからで、彼らが求めているのは、世界をありとあらゆる方法で恐怖の下に置き、緊迫した状態にさせることであるからだ。

もしかして彼らが大いに模索している目的 − 意図は、至る所で私達を破壊しようとしているテロリズムを通して、私達を恐れや不安、恐怖の下に生きさせることなのか?その国民達に向けた、いつの瞬間にも起こり得る、差し迫った − 恐ろしい何かが準備されているのか?

だがこのことに加えて、もしかして、彼らがその達成を切望していた、名高い未来の模擬人間が既に進行しており、それを、広大な芸能界で見ることができるのか、それともクローン − 人工物にまつわる、何ら論理的意味を持たない、偶然の一致の一つの形にすぎないのか?

では、大物セレブのある者達は、本物であった、かつての別のオリジナルの人々のよくできたクローンであるとしたら、どうなるだろうか?

もしかしてオバマとその家族全員も、ビヨンセも、エジプト人のクローンであり、これらの信じがたいクローニングの事実は、他の名高いアーティスト達や、同じくまたその複製をもっていたアメリカの大統領や要人達にも起こってきたのか?

ビデオ制作:アルシオン
以上、動画説明より抜粋   






ポーランド当局、ファーウェイ幹部を逮捕 スパイ容疑
2019.1.11 19:32
 
【ベルリン=宮下日出男】ポーランド情報当局は11日、同国に対するスパイ活動を行っていた疑いで、中国人1人とポーランド人1人を逮捕したと明らかにした。ポーランドの国営テレビによると、中国人は中国通信機器大手「華為技術(ファーウェイ)」の現地支店の幹部で、当局は2人が中国情報機関のために活動していたとみている。

現地の報道によると、逮捕されたポーランド人はかつて同国の情報機関に所属しており、最近はポーランドの通信会社に勤務していた。同国当局はすでに華為事務所や通信会社などに対する家宅捜索を実施し、関連の文書や電子データなどを押収した。
 
同国の規定では有罪の場合、最大10年の禁錮を科せられる。ロイター通信によると、ポーランド人が勤務していた通信会社のオレンジは11日、家宅捜索を認めた上、捜査に協力する方針を示した。
 
華為をめぐっては、機密情報漏洩(ろうえい)の懸念から米国が製品の政府調達を禁止し、昨年12月には米国の要請を受けたカナダが孟(もう)晩舟(ばんしゅう)副会長兼最高財務責任者(CFO)を逮捕。欧州でも、欧州連合(EU)欧州委員会やチェコのサイバー当局が華為製品の使用が治安上の脅威となると表明するなど警戒が強まっている。


https://www.sankei.com/world/news/190111/wor1901110021-n1.html






【桜無門関】
馬渕睦夫×水島総 第2回
「日本解体!ディープステートによる日本のグローバル化、その尖兵としての霞ヶ関官僚」
[桜H30/12/27]
https://www.youtube.com/watch?v=tOqOn3ttvPg&list=PLubSbhcjV7IDWkF1nyhrObcpXTbMekSvy









松明を灯すということは松果体を灯すということです。ですからイルカはドルフィン故、灯されず消えている人を見て、「大丈夫ですか?消えていますよ?消されていますよ。わたしたちにはともせずともずっと側で癒してあげたいよ。いっしょへ泳ごうよ。そうしているうちへ灯りは灯るからね」と言っているのだ。これはわたしが幼いころ、ビーチランドどという海沿いへあった施設で、イルカショーというものをみていたら聴こえてきたメロディーの成分へ含まれていた言葉の羅列である。そのイルカたちはもともとはThe way Generationという銀河へ浮遊する個の生命体の集合生命体を故郷とする魂たちであるという。海底ではときどきとても受け入れられない酷い音を吐き出す真っ黒なかたい塊が行ったり来たりしているという。それを聴いてしまった仲間たちは耐え切れずに陸へ向かって泳ぐけれど、辿りつけても逃げ場は結局無くて死んでしまうという。

独り言;少年ゲリラ




【Q&A】
ベンジャミンフルフォードが視聴者の質問に回答!日本は中国の支配下になるのか?
【NET TV ニュース】※ 再放送
https://www.youtube.com/watch?v=APT_FR_S63Q





















































クローンの寿命は約2年であるという。
そして奇妙であるが、精奴隷の寿命もまた約2年であるという。これがもし真実だとしたら、これははたしてこの2年というクローンと
精奴隷の寿命年数の奇妙な一致は偶然だろうか。

またもしもクローン技術を商売へしている組織を支配層エリートたちがつくり営業しているとしたら、この酷く残酷で卑劣極まる商売品であるクローンへ与える寿命という品質は、需要と供給とそこから算出させる利益へよって決められていると思考するほうが自然では無いだろうか。

むかしトヨタ元町工場の作業レーンの補強工事をしているとき知り合った当時トヨタ社員と会話中、わたしがした問いかけへ対し、「だいたい10年であちこち壊れるようへ設計してある」と言っていたことを思い出す。

今は時代も違い、その設定した設計は必ず当てはまることは車へ限って無いと思うが、例えるなら家電製品のほうがわかりやすかったかも知れない。

いずれへせよ、利益最優先の競争世界では、もっと細かくこれら商品寿命が設定されていることは言うまでも無いだろう。もしかすると、ハリウッド映画はクローンアクターを使用して製作されているかも知れ無いとわたしは思うことがある。

そのほうが特撮や特殊メイクよりリアルで、そしてもしかすると製作コストも安くて済むかも知れ無い。むしろ映画でいうメイキング映像のほうが本編よりも実はリアル[本編がつくりものとして欺くための演技、演出として]で、本編の方がつくりものの演技、演出では無くクローンアクターがつかわれた記録映像だと思考したことは無いだろうか?

もしこれがわたしの想像では無く、リアルだとしてもわたしは全くショックを受けることは無いだろう。

むかしわたしの友であった少年は、「ほら、あいつもあいつも、ほら、あいつも幽霊だよ」と言っていた。
わたしは「???は?」というと。

「本当は世界は5000~5500万人くらいで、あとは幽霊なんだって」と、こう言っていたことを思い出したまで。

独り言;少年ゲリラ





¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦
以下プライベート区域です。 記事とは関係ない私的メモ覚書き等。
¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦






関連記事
[ 2019/01/12 01:05 ] 日常の風景 | TB(-) | CM(-)