FC2ブログ







2019/01/15 アルシオン・プレヤデス34−2 (音声付き) 人間のクローン、進歩したロボットや人工物、ポストヒューマン、不死

2019年1月3日、何があったのか?『もう一つの戦争』
https://www.youtube.com/watch?v=rcK9pPpwbNo&index=4&list=UUHUEOXABeUzToapCbmjEhqw




アルシオン・プレヤデス34−2 (音声付き)
人間のクローン、進歩したロボットや人工物、ポストヒューマン、不死

https://www.youtube.com/watch?v=sSt5_seDC64


2019/01/14 に公開
編集注: より見やすくなるよう、内容を充実させ、音声を入れて編集し、再公開した新しいドキュメンタリーです。


全ての人に大いに関係する、このドキュメンタリーの第二部を続けるが、たとえ私達の心理や人生、意識を虐待する者達には関心がないとしても、彼らこそが、人類がどうすれば良いのか判らずにいる間に、私達を絶滅させる目的をもって私達を服従させている存在なのだ。

もしこれに、激化しているひどい感情的、倫理的、精神的なもろさを加えるなら、陰鬱な闇の者達にとっては、私達を完全な自動化に至らせる絶好の機会であり、言い換えるなら、何百万人もが、人間のロボット化を増大させる媒介となるだろう。

もしかして私達は、人間からポストヒューマン − ロボットへの遺伝的変異を経験せざるを得ないのか?光の存在が予定していたように、私達のDNAの向上を遂げ、そうして闇と光を区別させる、目覚めた意識を持つに至るのではなく。

私達は、考え、感じる人間として生き延びるのか、あるいは機械やロボット − アンドロイド、クローン、人工の − 模擬人間と交代させられるはめになるかの、前代未聞の定義の時を迎えている。

以上、動画説明より抜粋   





大企業トップ、米議員の大量辞任リスト (過去記事)2018年
https://www.youtube.com/watch?v=paYGpRoFc2Q







小さな一歩が、世界を変える♪
https://www.youtube.com/watch?v=w9EfQOtPhJE


合コンというところへさへ行ったことが無いわたしからしてみたら、ブシコンは合コンとどう違うかさへ比較もできない様子であり、「ブスコンでがっかりした」という目的違いな人も来るのだろうかなどと、どうでもよい想像を膨らませるばかりである。小さな一歩が、世界を変えるか、、、、、塵も積もれば大和なる、、、大和撫猫。

動画コメ;少年ゲリラ














手荷物検査は「過剰」? 裁判所の警備強化に弁護士会反発
1/15(火) 10:45配信

京都地裁(京都市中京区丸太町通富小路西入ル)が4月1日から、警備強化のため入庁者の手荷物検査を実施することがこのほど、分かった。庁舎の出入り口は、四つある玄関のうち、丸太町通に面した北側の正面玄関に一本化する。一方、京都弁護士会は、手荷物検査や出入り口の一本化は地裁が掲げる「市民に開かれた裁判所」の趣旨に反するなどとして、変更を求めている。


弁護士会「過剰」と変更要望

一昨年6月、仙台地裁で判決の言い渡しを受けた保釈中の男性被告が、傍聴席にいた警察官を刃物で切りつけた事件などを受け、全国の裁判所で警備強化が進んでいる。最高裁によると、すでに東京や大阪など13の裁判所で手荷物検査を実施しており、昨年は新たに横浜と神戸の裁判所が導入した。
 
京都地裁も「来庁者が安心、安全に裁判所を利用できるようにするために速やかに入庁検査を実施する必要がある」(総務課)と導入を決め、昨年11月から弁護士会や検察庁などへの説明と意見の聴取を始めた。
 

計画では、四カ所ある出入り口を、北側の正面玄関に一本化し、一律に金属探知機とエックス線手荷物検査を実施する。弁護士らは、身分証の提示などで検査を不要とする方針。市民にはホームページなどで周知を図るという。
 

一方、京都弁護士会は昨年12月20日、来庁者への一律の所持品検査は過剰などとして、計画の変更を求める要望書を地裁に提出した。
 

要望書では、所持品検査は来庁者に制約を課すことになり、市民に開かれた裁判所として四方に玄関を設けた京都地裁の設計趣旨に反すると主張。プライバシーや人格権を侵害する恐れがあるため、検査は必要最小限にすべきだとしてる。
 

出入り口の一本化は、地裁が保護命令を出すDV事案(配偶者暴力)で加害者が待ち構える恐れがあることや、法律関係者が北側玄関を利用する頻度が低い点を問題視する。
 

また、大阪地裁の男性警備員が車いすの来庁女性にボディーチェックしたり、電動車いすに備えてあるドライバーが危険物とみなされ退庁まで取り上げられたりした例を挙げ、所持品検査や入庁方法の変更について市民に意見公募すべきとしている。
 

京都地裁は、市民への意見公募は予定していないとし、「弁護士会の要望書を踏まえ、さらに検討する」としている。
 

行政機関の危機管理に詳しい同志社大の真山達志教授(行政学)は、裁判所は他の公共施設に比べ警備の必要性は高いとした上で「出入り口の一本化は予算の関係なのだろうが、一定の資源と予算を投じなければ、検査の受け手側は不便を感じ、安全確保の目的も達成できない。独断的な判断にならないよう、裁判所は関係機関に十分に意見を聞くべき」としている。

【 2019年01月15日 10時51分 】


https://www.kyoto-np.co.jp/top/article/20190115000036


司法へ司る者たちよ、何を恐怖している?

それとも狙われるような疚しい事でもあるのだろうか?

皇室宮内庁もそうである。
移動するたびへ移動先ホテルは警察エリートでいっぱいである。

そしてレイプ犯罪が多発する。

警察エリートが国賊であり石屋であるため、組織自体が腐食しているが故、そして女性へとってとても辛い告白であるため、もっともそれが表へ出ることは稀であるが。

竹中平蔵一族やら中曽根康弘一族やらもそうであるが、何か狙われるような、また逆恨みでは無く、誰かへ怨まれてもしかたのない所業をしてきている覚えでもあるのだろうか?

大企業やITベンチャー企業エリートたちもそうであるが、何か狙われるような、また逆恨みでは無く、誰かへ怨まれてもしかたのない所業をしてきている覚えでもあるのだろうか?

これら警備費用はどこから調達されているのだろうか?

ならず者が雇った牧童という様子である。

記事コメ;少年ゲリラ



























































¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦
以下プライベート区域です。 記事とは関係ない私的メモ覚書き等。
¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦











[ 2019/01/15 23:16 ] 日常の風景 | TB(-) | CM(-)