FC2ブログ







2019/04/16 アルシオン・プレヤデス、ニュース81-2019: LEDブルーライトによる制御、ベネズエラ・米国、5G、恐れとエゴ、UFO

アルシオン・プレヤデス、ニュース81-2019:
LEDブルーライトによる制御、ベネズエラ・米国、5G、恐れとエゴ、UFO











































アマゾン「エコー」スピーカー 
プライベートな会話が定期的に盗聴

2019年04月15日 23:04

ブルームバーグの調査で、アマゾンのスタッフたちが同社開発のスマートスピーカー「エコー」を利用し、ユーザーの会話の音声録音を毎日聞き取りし、その会話を解読して、人工知能(AI)の教育に利用している事実が明るみになった。

ブルームバーグの情報では、盗聴を行っているのは世界中にいる多数のアマゾンのスタッフ。盗聴内容は9時間交代で約千のオーディオファイルに加工されている。スタッフらは、時折きわめて個人的 な記録に触れることがあるものの、その情報がアマゾン社の外に漏 れることはないと断言する。

とはいえ、マーケティングデータには、 収集されたオーディオ録音が他人に聞き取られる恐れがあるという記述はない。ブルームバーグの情報によれば、オーディオファイルとともにユーザーの名前やデバイスのシリアル番号も提供されている。これは個人を特定するには十分なデータである。

アマゾンのスタッフはブルームバーグからの取材に、盗聴されてい るのはユーザーの会話のほんの一部であり、 クライアントのサービスの質の向上を目的としたものと弁明している。

https://jp.sputniknews.com/incidents/201904156132468/




















日本が法的に子どもへの体罰を禁止する
2019年04月16日 06:08

日本国政府は児童虐待の防止に関する法律を改正した。未成年者に対する体罰の禁止は、保護者、ソーシャルワーカー、教師のすべてに適用される。政府はまた、児童虐待に対する刑事罰も強化しようとしている。


法案はすでに国会に提出され、4月に審議が行われることになっている。法案では、学校、児童相談所、民間団体が子どもの保護に関与することが想定されている。3月、厚生労働省が一ヶ月間にわたって実施した調査の結果、全国で170人の子どもに虐待の兆候が見つかった。これらの子どもは両親や保護者から引き離され、保護施設で一時保護されることとなった。

調査のきっかけとなったのは、最近発生した虐待による子どもの死亡である。1月には千葉県で10歳の女の子が親の虐待により死亡した。2018年には東京都で5歳の女の子に同様の事件が発生している。警察によると、2018年には子どもに対する身体的暴力が1095件、性的暴力が226件あったという。

日本在住の文化研究者ユリア・ストノギナ氏は次のように述べる。「日本では子どもの世話が家庭生活全体の核を為しています。子どもにしつけをするときは、手本を見せながら、日本人にとって重要な感情である恥ずかしさに訴えながら、説明するのです。子どもに対して声を荒げることは滅多になく、そのため、路上で子どもを怒鳴りつけている母親がいれば、それは人格障害者だと捉えられます。50~60年程前であれば、子どもに手をあげることもあったでしょう。それがしつけの方法だったのです。しかし、現在の高齢化社会では、子ども一人ひとりの価値が非常に高く、子どもに手を上げるなど考えられなくなっています。」

ストノギナ氏によると、問題は別のところにあるという。甘すぎる育て方が残酷なティーンエイジャー世代を生んでしまったことである。近年、高校生が通行人、特に高齢者に対して暴力を振るう事件が多くなっている。

人口統計学科の准教授ウラジミル・コズロフ氏は、日本は少年司法のトレンドに従っているという。彼はスプートニクのインタビューで次のように語った。「日本が児童虐待を禁止する法律を採択しようとしていることは絶対的に正しいことであり、体罰禁止に関するヨーロッパの基準、いわゆる少年司法に従ったものです。一方で、親戚、近隣住民、知人を含め、社会の幅広い参加が想定されていなくてはなりません。

というのも、児童虐待の事例は、社会の目に触れないことが多いからです。もちろん、これはどの国でも起こることですが、私は日本滞在中、ティーンエイジャー世代に対する非常に注意深く、思いやりある対応を目にしました。特に子どもを「守ること」については、日本はこの5年間で、就学前施設や子ども手当などの一連の対策、その他の家族政策措置の導入を開始しています。子どもを「守る」ためには、こちらの方が少年司法よりもずっと重要です。」

日本の国会議員は児童虐待の予防と警戒に力を入れており、これが大きな役割を果たすかもしれない。というのも、日本が世界で最も犯罪率の低い国のひとつであるのは、まさに予防や地元の警察官と住民の密接な連携のおかげだからである。

https://jp.sputniknews.com/opinion/201904166132563/


むしろこれは法を悪用する者たちが仕掛けた法律だろう。
目的は子盗りであり家族破壊であり人身売買でありカオス[混沌]である。

カオスとは区別がたたず物事が入り混じっている状態をいう。
それは人類支配を続けるための戦略であり、それは渾沌と書くほうが適切であり部首のサンズイを外すと軍屯である。

故へ移民政策は送り込む先の国家を家族から破壊するためへつくられ投入された人型兵器である。
人型兵器であるが故、この兵器は拉致誘拐、レイプ、殺人、放火、略奪等あらいるあらいる種類の破壊能力を有してる。

サイボーグは開発コストがかかって実用兵器とは言い難いが、この難民移民兵器は侵略した先で予定通り必然的に生まれた副産であり、兵器として投入するまで移民難民キャンプを維持するお金は人類の良心を嘘偽りでくすぐることで騙し盗った募金詐欺でありオレオレ詐欺でもある。よって移民兵器ほどローコストな兵器は他へ無いということが言える。

中華共産華バアルたちは人民3億を人型兵器として失してもまた産ませたら増えるから問題は無いという冷酷で酷い思考である。
これらは虫と同一であり、魂は無い。
故へこれらと対峙するうえでは常識は一切通用し無いということが絶対前提である。

くりかえすとむしろこれは法を悪用する者たちが仕掛けた法律である。
目的は子盗りであり家族破壊であり人身売買でありカオス[混沌]である。

何故かというと、児童相談所等は人身売買組織の1部であることは調査済みであるからだ。
子供を虐待して殺傷してきている者たちは本当へ魂が日本人だろうか?

戦争では偽旗作戦があるようへ、偽旗犯罪事件が今までおこされてきていることを思い出そう。

例えばある目的を達成するために、それが成功するへふさわしい事件やテロをおこすということである。


法律へすることが正しいだって?
人口統計学科の准教授ウラジミル・コズロフ氏は思考が浅い。

>「日本は少年司法のトレンドに従っている」?
それは当たっている。 日本傀儡政府はグローバルという華バアルへ従い、表向き聞えがよい悪魔のトレンドへ従っていることは明白であるからな。

これは人口統計学科の准教授ウラジミル・コズロフ氏はグロウバアル崇拝者だと疑わざるを得ない。きっと中華一帯一路計画へ賛同していることだろう。

ウラジミールか・・・・・・・・・。

記事コメ;少年ゲリラ



































20190413 金正恩とトランプが同時に同じことを語った!
【及川幸久−BREAKING−】
https://www.youtube.com/watch?v=DrTodW2vJU0


































賃金未払い問題の闇!
共産党政府は「払わない側」を助けている

妙佛 DEEP MAX
https://www.youtube.com/watch?v=bz78vmeILZU





























また日本人外交官がセクハラ 精神的苦痛の元部下が告訴
2019年04月15日 17:40


元駐イラン大使を務めた駒野欽一氏(72)の元部下の女性が強制わいせつを行われたとして、先月、同氏を刑事告訴していたことが明らかになった。外務省内の文書を入手した毎日新聞が駒野氏本人へ取材を行い、報じている。

問題となったセクハラ行為は女性の主張では2012年、イランの大使館公邸で駒野氏の離任の直前に行われている。駒野氏は2012年11月に退職していることから、外務省は翌2013年明けに駒野氏に口頭で注意を行っていた。今回、女性は裁判に踏み切った動機について、外務省が駒野氏が退職し、私人になっていることから、駒野氏の行為の公表、処分に応じなかったことを理由に挙げている。

外務省の被害把握では駒野氏は女性を抱擁し、頬にキスをしていたことになっている。ところが女性の告訴状の内容は外務省内部資料よりはるかに陰惨。女性は公邸で抱擁し、頬にキスされた際、口にもキスをされ、セーター、スカートにまで手を入れられたと主張している。女性はこのために「急性ストレス反応」を起こし、一時休職中。毎日新聞が女性の訴えの内容について駒野氏自身に確認したところ、駒野氏は抱擁と頬にキスまでは認めたものの、それ以上は一切否定した。



最近、日本人外交官のセクハラ不祥事の暴露が続いている。2018年6月もロシア課の毛利忠敦課長が省内の女性にセクハラをはたらいた疑いがあることを理由に、国家公務員の信用を損なう行為に対する罰則として、停職9か月の懲戒処分を受けたばかり。



日本外務省は毛利氏に懲戒処分の9か月が切れると同時に、先月3月4日、駐ベラルーシ公使の任命の人事を発表している。

https://jp.sputniknews.com/japan/201904156129854/


暴君毛利一族だから次の椅子も用意されたということだろう。
何十人もの女中へ囲まれて酒池肉林の華ーレムをすごしたDNAは受け継がれているようだ。
血が濃いとはこういうことだ。
支配層が腐っている。
そしてそこへあやかり群がる下衆どもが世界を臭くさせているってことか。

57577

悪の華 斬ってみせよ 貴族なら
よくみてみたら 下衆李華~

記事コメ;小年ゲリラ

































武士道~悪人正機~
https://www.youtube.com/watch?v=kyB24Ze2_1M













































































¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦
以下プライベート区域です。 記事とは関係ない私的メモ覚書き等。
¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦



[ 2019/04/16 00:56 ] 羊の剣 | TB(-) | CM(-)