FC2ブログ







2019/05/01 光環

平成のとんでもない件を漫画にしてみた
(マンガで分かる)

https://www.youtube.com/watch?v=L5BvXMvxdGk






























予告通りの動きが始まった!
アメリカ医学界からの中国人研究者締め出し始動

https://www.youtube.com/watch?v=QGH7lGeXRwc
妙佛 DEEP MAX
































美居子現る 久々へ美居子が来た。 少し痩せてた。
































スーパーフリー和田さんの現在を漫画にしてみた
(マンガで分かる)
https://www.youtube.com/watch?v=V81LNnXdXI4
アシタノワダイ









































20190430反グローバリズム政党が躍進
【及川幸久−BREAKING−】及川幸久 潜在意識チャンネル
https://www.youtube.com/watch?v=-UbiK-btd8o

































中国裁判所、カナダ国籍者に死刑判決 今年2人目
2019年04月30日 20:13

中国南部・広東省の江門市中級人民法院(地裁)は30日、カナダ国籍のファン・ウェイ被告に対し、
違法薬物の製造・密輸の罪で死刑判決を言い渡した。同法院のウェブサイトに掲載された文書から明らかになった。

カナダ国籍保有者が中国で死刑判決を受けたのは、今回で既に今年2例目。
名前が「ウー・ツィンピン」とされる男性被告も、ファン被告とともに死刑を言い渡されたという。

ウー被告の国籍については説明されていない。さらに、名前が「マーク」とされる米国籍者と、
同じくそれぞれ「レオン」「ペドロ」「オスカル」「カレット」とされるメキシコ国籍者の計5人の外国籍の
被告に対しても、執行猶予2年が付いた死刑や無期懲役の判決が言い渡された。

5人のうち、誰がどの判決を受けたのかは明確になっていない。
今回の裁判では、全体で11人の被告に対し判決が言い渡された。

https://jp.sputniknews.com/asia/201904306213628/

















華為と協力なら機密情報提供しない可能性 米が英に警告 
インディペンデント紙報道
2019年04月30日 17:23

英国政府が次世代移動通信システム「5G」整備に向け、中国・華為技術(ファーウェイ)の製品を利用すると決定した場合、米国は英国への機密情報提供を制限する可能性があると英インディペンデント紙が伝えた。

米国務省のロバート・ストレイヤー次官補代理(サイバー及び国際通信情報政策担当)は29日、オンライン上で開かれた記者会見で「華為や他のあらゆる信頼できない販売事業者については、5G通信ネットワークのどの一部においてもこれらの事業者を受け入れることにはリスクがあるというのが、米国の立場だ」と述べた。

さらに「もし他の国々が、信頼できない販売事業者を受け入れ、自国の5Gネットワークの整備・販売を行わせるなら、現在の形でそれらの国々と情報を共有し関係を保つ能力を我々は見直さなければならなくなる」と強調した。

同紙の指摘によると、今回の発言は、英国の5Gの「非中核部」の整備に向け華為を参入させる計画を同国のメイ首相が承認したとの報道を背景に行われた。英国の5G整備における華為の役割に関する論争は最近の数週間、同国議会で意見が分かれる要因になっているという。

華為については、英国の国家安全保障に対する脅威であるとの懸念がある。

米情報機関の主張によれば、同社は中国の情報機関から資金提供を受けているという。インディペンデント紙は、華為が米国内の政府ネットワーク事業への参入を禁止されているほか、オーストラリアとニュージーランドでも企業活動に対する制限を受けていると指摘している。

https://jp.sputniknews.com/politics/201904306212522/









































¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦
以下プライベート区域です。 記事とは関係ない私的メモ覚書き等。
¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦


[ 2019/05/01 01:47 ] 日常の風景 | TB(-) | CM(-)