FC2ブログ







2019/05/15

[とてもオススメ] 
① Q+ からのメッセージ

ch 国際政経
https://www.youtube.com/watch?v=J2NDEdOB2FM






































私たち、命を狙われました。
これが支配層による口封じの実態です。

KAWATAとNANAのRAPT理論
https://www.youtube.com/watch?v=1QvCpZRqxqs



これはセノリータという背乗李異蛇背乗りの華バアル工作員アクターどもから直接へ事故へみせかけた殺人等を工作されたことがない人でなければリアルだとはみえないし信じられないだろう。

わたしはされたことが何度か在るからこれがマジであることが確信できるということである。

それへどうみてもRAPT氏たちが支配者層へ狙われるへ十分である支配者層へとって不都合である活動をしてきているということからもということである。

目ざめてい無い人から見たら、これはただの事故で偶発的に発生した日常の事故へ映るだろう。
それゆえへこれが偶発的に発生した事故では無く
工作アクターがやらかしてきている個人テロのひとコマであることは決して思考しないだろう。
トンデモ話しやカルトやキチガイや被害妄想のかわいそうな頭がイカれてる人たちがUPした動画だということへするだろう。

だがここでひとつ冷静へ思考してみよう。

この世界を酷く支配している者たちは全てシリアルキラーや宮崎勤や宅間守るや酒鬼薔薇バアル聖斗とそれほど変わらない酷くふざけたイカれた者たちである。


そしてまたもうひとつ大切なことへついて書こうと思う。

というのも、[テロ]とは銃や兵器で武装した者たちがやらかす様な、例えばボストンマラソン爆破事件のイメージでいる人が多いが、テロの本質は囲まれた箱型社会の檻の中で人類をいつも恐怖や畏れている状態へさせてその状態を保ちながら、オレたちが助けてやるからオレたちが必要だろ!という存在理由を常時いだかせて人類を欺き騙し続けて支配を継続していくためへ興されてきているイカれた者たちへよる、イカれた者たちの為のイカレタ世界をつづけていく自作自演マッチポンプ劇場のうちのひとつである。

ここまで話しておいて何であるが、この動画の内容へついて最もおそろしい見解を言っておきたくなったからお話しさせていただくことへします。

それはもしもこの動画へ登場する者たちが実はRAPTの登場する人たち、すなわち救急隊員と警察官と地元人と事故の加害者が全てRAPTの信者だったら?

わたしは冷たく笑えるけれどあなたはわらえますか?
それともゾッとしましたか?

動画コメ;少年ゲリラ



















20150521pic 061





20150521pic 017

























内心「妥協したい~」
しかし国内情勢はヤバすぎる!結局、泥沼

妙佛 DEEP MAX
https://www.youtube.com/watch?v=xjR5VkCcGSI







































モンサントバイエルに対する除草剤裁判が行われている中、
日本は除草剤天国

【NET TV ニュース】2019/05/15 JRPtelevision
https://www.youtube.com/watch?v=4BqJEW1GVo4




































園児の背中たたき、怒鳴る…外国人講師が暴行 
元同僚がSNSで告発 北九州の保育所、市が指導

5/15(水) 9:10配信

北九州市小倉北区の認可外保育施設に勤める40代のカナダ人の男性講師が、施設に通う当時2歳の男児への暴力行為に及んでいたことが14日、分かった。元職員が告発のため、暴行の様子を撮影した動画を会員制交流サイト(SNS)に投稿し発覚。市は同日、施設に対して国の通知に基づく特別立ち入り調査を実施し、口頭指導した。市によると、施設側は事実関係を認めているという。

北九州市の認可外保育施設で男児をたたくカナダ人の男性講師
https://www.youtube.com/watch?v=HWTSQvcTlaM
西日本新聞【公式】




施設は1歳半から6歳までの未就学児が通い、英語を母語とする講師による英会話の「英才教育」をうたう。投稿された動画は、講師が男児の背中を強くたたき、英語で怒鳴る様子が撮影されていた。

施設によると、この英会話講師は常勤で約5年前から勤務。施設は14日から出勤停止とした。

投稿した元職員は講師として勤めていた米国人男性。子どもの口に本を突っ込む様子を見て驚き、他にも複数の幼児への暴力行為が日常的にあったため2~3月ごろ、ひそかに撮影したと説明している。
西日本新聞は、3月18日の日付が入った投稿の元になった動画や、別の日に撮影された動画を入手。講師が幼児の手を乱暴につかみ上げたり、幼児の背後から洋服をつかんで強く引っ張ったりする様子が写っていた。泣きじゃくる幼児をなだめようと駆け寄る女性職員の姿もあった。

市によると、4月に市民から電話で通報があり調査したが、施設側は「不適切な対応はない」と否定していた。今月13日、再び市民から「動画が上げられている」と市に連絡があり、暴力行為が判明した。

問題発覚を受け、施設側は14日夜に保護者向けの説明会を開催。終了後、施設責任者は取材に「顧問弁護士とも相談してしかるべき対応を取りたい」と話した。市保育課は「施設が適切な対応をするよう指導したい」とコメントした。

保護者「ショック」

北九州市小倉北区の認可外保育施設で、英会話を担当する外国人講師が幼児に暴力を振るった問題で、施設側は14日夜、保護者説明会を開いた。

説明会は2時間近くに及んだ。終了後、取材に応じた保護者の女性は「説明で不安は解消されなかった。今後どうするか子どもと考えたい」。1

5日から子どもを通わせる予定という母親は「動画を見てショックだった。マイナスイメージが心配」と声を落とした。施設側からは「管理不足だった」との説明もあったという。

西日本新聞社
https://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/510143/


害人雇ってる場合いじゃ無いという日本やアメリカのリアル社会現実が報道されることはない。
何故こういうことがおこされたか?

ことがおきてから今さらではあるがそれは害人を初調査することでようやくわかるだろう。
そもそもこいつらは薬を使って快楽と脅迫で組織を支配してきていることへも気づけるということである。

記事コメ;少年ゲリラ

























¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦
以下プライベート区域です。 記事とは関係ない私的メモ覚書き等。
¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦
[ 2019/05/15 22:30 ] 羊の剣 | TB(-) | CM(-)