FC2ブログ







2019/11/27

deepmaxlogo
#中国 #香港
オーストラリアのTVで元スパイが60分の長尺で大暴露しました
妙佛 DEEP MAX

https://www.youtube.com/watch?v=M7MvlgzqBwo



#中共スパイ #王立強 #台湾選挙
中共スパイ王立強の諜報活動の手口公開(和訳)
亜細亜新聞CH

https://www.youtube.com/watch?v=nKF5lbHuf3I




















































CO2を地中に封じ込め…国内初成功、苫小牧の海底下に
11/26(火) 8:01配信

 
「日本CCS調査」(東京)は25日、北海道苫小牧市沖の海底の地中に、地上の排出ガスから分離した二酸化炭素(CO2)を封じ込める技術(CCS)の実証試験で、22日、計画していた30万トンのCO2の圧入に成功したと発表した。地球温暖化対策の一つで、大量のCO2の圧入に成功したのは国内で初めて。試験を委託した経済産業省などは実用化を検討する。

 
試験では、隣接する出光興産北海道製油所の排出ガスをパイプで引き込み、ガスの約半分を占めるCO2だけを取り出す。その後、海底に向けて斜めに掘り下げた井戸を通じ、圧縮したCO2を海底下の深さ1100~1200メートルと2400~3000メートルに送り込んで封じ込めた。懸念されたCO2の流出はなく、監視を続ける。

 
送り込む地層は隙間の多い砂岩などからなり、上層の密閉性の高い泥岩が蓋になることから、苫小牧沖が試験地に選ばれた。2012年に施設建設などが始まり、圧入が始まったのは16年4月。当初は今年3月に完了するはずだったが、昨年9月の北海道地震などで作業が停止して遅れた。

 
国内では00~06年度、新潟県長岡市で1万トンを圧入する試験が行われた。地球温暖化対策として期待される技術で、経産省地球環境対策室は「封じ込めの状況を分析し、実用化の道を探っていきたい」としている。

 
日本CCS調査によると、CCSは米国や豪州、北欧などで既に実用化されており、大きな施設では年間300万~400万トンの処理能力があるという。

 
苫小牧市の岩倉博文市長は「得られたデータや知見は今後、CCSの展開の中で重要な役割を果たすと思う。低炭素社会の構築に向け、苫小牧市が先導的な役割を担えるよう、引き続き、市民らの理解促進に努めたい」と談話を出した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191126-00050137-yom-sci


圧力かけたら爆薬と結果的へ同じだろ。

出光興産、日本CCS調査、岩倉博文血族全てOUT!

キチガイどもがまたテロやってると言っておこう。


記事コメ;少年ゲリラ
























自動ブレーキ、新型車で義務化 21年度にも 政府方針
11/27(水) 0:00配信

 
政府は、国内で販売される新車に衝突被害軽減ブレーキ(自動ブレーキ)の取り付けを義務づける方針を固めた。歩行者に反応する自動ブレーキなど、国際基準を満たす性能を求める。新型の乗用車は早ければ2021年度から、既存の車種はその数年後から義務づける方向で調整している。


高齢ドライバーによる事故が相次ぐなか、政府は6月の緊急対策で、自動ブレーキの基準づくりと新車への義務づけについて、年内にも結論を出す方針を示していた。国土交通省が定める告示を改め、新たな基準を書き込む予定だ。義務化で安全性が増す一方、メーカーの開発状況によっては販売価格が上がる可能性もある。

 
義務づけの対象になるのは、乗用車や軽自動車、軽トラックなど。乗用車以外についてもこれから時期を調整する。大型トラックやバスは14年以降、自動ブレーキの取り付けが順次義務づけられている。

 
自動ブレーキの性能については、6月に国連の専門部会で国際的な基準が決まった。

 
この基準では(1)時速40キロで走行中、前に停車している車にぶつからずに止まる(2)60キロで走っていて、前を20キロで走る車にぶつからない(3)30キロで走行中、時速5キロで前を横切る歩行者にぶつからずに止まる、という三つの条件を備えることが求められる。

 
国内でも、昨年3月に始まった自動ブレーキの性能認定制度がある。ただ、前方の車両に対する自動ブレーキ性能だけを定めたもので、▽時速50キロで走っている時に前方で停止している車にぶつからない、またはぶつかるときに20キロ以下になっている▽50キロで走っていても前方を20キロで走っている車にぶつからないといった国際基準よりも緩い内容だった。

朝日新聞社
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191127-00000001-asahi-soci


バイクへさすがへ装着できないよな。
それがわかってるからバイクへは想定して無いんだよな。

4輪乗用車だってドライバーの意へ反して急へ強制的へブレーキかかったらかえってあぶないだろ阿呆!

これはオプションでいいだろうが阿呆!

わざわざ政府が義務化させることでは無いへもかかわらず義務化させるってことは、この装置をつくる会社とエリートと政治家が共謀してひと儲けしようって丸見えだぞ。

もうそういう会社の株はこれすすめた政治家や海外害人も含めたグローバアル企業エリート等が買いあさり済みだろうな。
国連職員も買いしめてるだろう。

不快極まりないな。

で、誰が儲けて、誰がそいつらから金品もらって接待受けてるんだ?

こういう装置が必要だと思わせて欺いて義務化することを正当化させておまえら
大企業エリートが儲けるためへ老人アクター工作員つかって国民をひき殺す事故へみせかけた
マッチポンプテロをあちらこちらでやったということだな。

これ、関わってる下衆ブタども漏れ無くOUT!


記事コメ;少年ゲリラ






































破魔クレア烈風水車斬

破魔です。ご自由へお持ちかえり下さい。