FC2ブログ







2020/03/05

deepmaxlogo
#中国
【この動画の寿命は短いと思います】とんでもない責任逃れが始まった
妙佛 DEEP MAX

https://www.youtube.com/watch?v=JXynSvLvaW8
unnamed (20)
【医師が暴露】
病院閉鎖の真実!日本でも新型コロナウイルスCOVID19の感染が広がるなか、病院の閉鎖による医療崩壊の可能性を大阪の医師が告発。
革命家HIROのひろスタ【有能な生き方研究所】

https://www.youtube.com/watch?v=9TSqL8sIes0











































富山の海中に車、複数人骨 96年に失踪の少女2人か
3/4(水) 18:42配信

4日正午ごろ、富山県射水市八幡町にある伏木富山港の岸壁付近の海底に乗用車があるのが見つかり、車内から複数の人骨が発見された。県警によると、車は、1996年5月に消息を絶った同県氷見市の当時19歳の少女2人が乗っていたものとみられ、県警は人骨が2人のものとみて確認を急いでいる。

県警によると、少女は田組育鏡さんと屋敷恵美さん。
【関連記事】
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200304-00000167-kyodonews-soci
[失踪事件関連動画]

#ぽかり田中 #心霊スポット #未解決事件
富山県の怖い話。
【坪野鉱泉肝試し失踪事件】

https://www.youtube.com/watch?v=FL_nScw_gL0

犯人はもうわかっている。
全ては記録されているからである。
この世界へは息をするようへ嘘を吹く卑しい石屋李氏8ブタ猿がいる。
そして殺人ウイルスをゴキブリへゴキジェットするようへ人類へ撒き散らす下衆がいる。
それは黄色人種や白人や黒人等へも化けて幸福へ暮らす平和へ暮らす人類を妬み羨ましがり、それだけでわたしたち人類へ寄生蟲獣ストーカーしてまとわりついてわたしたちの世界を滅茶苦茶へしてきている下衆である。
これら下衆が正体は中共華李LEEグローバル虞聾原複合企業体である。
だからこいつらが殺したりしてきている凶悪犯罪はいつも未解決であったり、まったく関系が無い人類が犯人として逮捕され絞首刑へされ事実上殺されてきている。
何故なら皇族までハニトラ快楽落ちしている様子であるからだ。

正体があば かれ支配しづらく成って、得意の息をするようへ嘘をついてみせても欺ける人類が少なくなると自分たちが今までしてきている犯罪が人類レイプや虐待や詐欺虐め大量殺戮等・・・とうてい許され無いことを知っていて所業してきているためここまできたら皆殺しだとしてウイルスを撒き散らしたり、奴隷として必要な分だけ確保してから戦争等をおこして所業してきた超兇悪犯罪行為が証拠を人類もろともいっしょへして焼き消そう、焼き殺そう!っていう思考をしているやつらが華李背乗李伊田どもである。
華李背乗李伊田どもは人類へとてもよく容姿は似てみえるが正体は下衆外道害蟲獣市11李LEEであり、人類でも無いし気高い野生狼でも虎でも無いと知りましょう。

記事コメ;少年ゲリラ
























































作成中です・・・。

破魔です。ご自由へお持ちかえり下さい。









































武田、新型コロナウイルス感染症治療薬の開発を開始
3/4(水) 17:32配信

[東京 4日 ロイター] - 武田薬品工業<4502.T>は4日、新型コロナウイルス感染症治療薬として血しょう分画製剤の開発を開始したと発表した。

回復した患者の血しょうをもとにしており、回復した患者の体内にある抗体が、新たな感染者の免疫システムを高め、感染を防ぐことができる可能性がある。

武田はまた、既存の製品の中から新型コロナウイルス感染症の患者に対して、有効な治療薬の候補を模索する考え。取り組みは早期段階ではあるものの、優先順位は高いとしている。
【関連記事】
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200304-00000101-reut-bus_all



グロウバアル製薬企業華李武田!脳梁をあちこちから舐目斬る様子でキィミたちが侵し犯してきている所業を全て視てるぜ!

記事コメ;少年ゲリラ











































¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦
以下プライベート区域です。 記事とは関係ない私的メモ覚書き等。
¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦