FC2ブログ







2020/03/23

破魔未知再会猫鳴村無想転生

破魔です。ご自由へお持ちかえり下さい。





[再掲載]
アルシオンプレヤデス-ビデオニュース
アルシオン・プレヤデスニュース87-2020:
コロナウイルスのパンデミック、水の民営化、孤独、UFO
アルシオン・プレヤデス-ビデオニュース

https://www.youtube.com/watch?v=osFr3Hj05E0

コロナウイルスの原因についてより多く書かれるほど、その書かれた分析はプロパガンダによる恐怖の誇張に曇らされてしまうようだ。
真実にまつわる疑問やウイルスの出所の調査、および それがどういう様子で広められたか、またこれらウイルス兵器とどういう方法で闘っていくかという議論は、大手メディアを支配されているためもあり止めようがないカオスの騒音にかき消されてきている。

だが、この意図されたパンデミックの背後へいる[黒い人々/黒い貴族]が望むのは、人をもろくさせ、人々が操りやすい格好の餌食となるよう、カオスやパニック、絶望に陥らせることではないだろうか?わたしたちは世界の全体主義政府支配構造社会[監視カメラ等インフラも含む]へと導かれているというよりは誘導されている。

これはアジェンダID2020の一端を成す。悪名高いID2020とは何か?これは官民パートナーシップの同盟であり、そこには国連や、デジタルIDのプラットフォームとしてワクチン接種常態化へ誘導するためそれを用いようとする電子ID市民組織が含まれる。このプログラムは生体認証機能とリンクさせた携帯、携行できる持続性デジタルIDを新生児に強制的へ授けるためへ、出生届とワクチン接種を利用して義務化させるものだ。

ワクチンと予防接種のための世界同盟[GAVI]は、WHOの支持をあてにしており、言うまでもなくその主なパートナーおよび スポンサーは製薬会社である。
WHOがパンデミックと呼ぶものの開始に際して、ID2020が実施されていることは単なる偶然だろうか?
それともID2020の多様なすさまじいプログラムを[展開する]ために、パンデミックを興すことが必要だったのか?

しかしながら、暗い雲へ満ちた地平線の先に、小さな光が存在する。
最少必要人数の人々の意識の目覚めが、奇跡的に、全てに終止符を打つことがあり得る。たとへそのような奇跡は程遠い様子へ思えても、わたしたちは皆どこかへ意識の火花をのこしている。

団結や憐れみ、相互の、そしてわたしたちの社会の愛を擁護しましょう。
それが欧米の自己本位的な野心よる社会生活の停滞と破滅へ対抗する唯一の形であり得る。」

ピーター・ケイッヒ
ドイツの経済学者、地政学アナリスト

以上、アルシオン・プレヤデスニュース87動画内字幕より抜粋