FC2ブログ







2020/06/17

unnamed (8)
恐るべき中国の超限戦!
白人警官の逮捕時のトラブルを黒人差別に摩り替え暴動を起こす!
日本も狙われている要注意だ!自治区建国!アガスティアの葉
KoJi,s DeepMax

https://www.youtube.com/watch?v=u5U8x-38zs4



































unnamed (18)
人民日報が豹変!突然アメリカを称賛、香港制裁に幹部ら悲鳴か/
中国人研究者夫婦・カナダから密かにエボラ病毒菌を武漢P4実験室に!
北京第2波の原因は全人代?

https://www.youtube.com/watch?v=7MasuqrhqyY










































[再生リスト]
unnamed (2)
#爆発 #タンクローリー #浙江省
「死者数は増え続けている」浙江省のタンクローリー爆発事故 
~ #千人計画 #スパイ #天滅中共
中共の「千人計画」に参加した研究者54人を解雇 米NIHが調査 
~  トランプ大統領 #卒業式 #中共ウイルス
「正しいことを行う」トランプ大統領 陸軍士官学校卒業式で演説
NTDTVJP

https://www.youtube.com/watch?v=-E96LSrZFk0









































路上で女性に性的暴行か 社会人サッカー選手を容疑で逮捕 警視庁
2020.6.16 20:35社会事件・疑惑


路上で女性に性的暴行を加えたとして、警視庁新宿署が強制性交容疑で、社会人サッカーチーム
「東京ユナイテッドFC」の所属選手、河野哲志容疑者(23)を逮捕したことが16日、捜査関係者へ
の取材で分かった。  

捜査関係者によると、河野容疑者は東京都内の路上で、深夜に帰宅途中の女性に性的な暴行を加え
た疑いが持たれている。今月14日に逮捕された。  チームのホームページによると、東京ユナイテッド
FCは東京23区に拠点を置き、関東サッカーリーグ1部に所属している。

河野容疑者はディフェンダーだった。  産経新聞の取材に、チームの担当者は「事実関係が確認でき
ておらず、クラブとしてのコメントを出す予定はない。ただ、(逮捕の容疑について)本人としては、自身
の認識と違いがあると聞いている」と話している。

https://www.sankei.com/affairs/news/200616/afr2006160022-n1.html










































作成中です、、、。

破魔です。ご自由へお持ちかえり下さい。



























unnamed (8)
なぜ日本の新聞TVが中国超限戦を語らないのか、それはすでに日本のメディアが
中国超限戦にやられてしまっているから!
#アガスティアの葉
KoJi,s DeepMax

https://www.youtube.com/watch?v=3lwznebspYA




































¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦ 
以下プライベート区域です。 記事とは関係ない私的メモ覚書き等。
¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦


[覚書]


和田研究所
Wada Laboratory
和田静郎
人身売買
人身梅甲斐
人身梅李

等関系者極超酷苦痛処刑決定。

以下、ロックオン

https://www.tfm.co.jp/sky/index_pc.php?itemid=80037&catid=1724
https://park.gsj.mobi/news/show/67359

以下、マクマリー 生化学反応機構 ―
ケミカルバイオロジーによる理解―
第2版pdfより抜粋

「生命活動は化学反応によって成り
立っている.だから有機化学を学ぶこと
は,生命を理解することにつながるの
だ」私が大学に入学した当時,初年次の
有機化学の講義のはじめに,担当した教
授が有機化学を学ぶ意義の一つを,そう
定義した.生命現象の素過程である一つ
一つの生化学反応はやはり有機化学反応
なので,確かに煎じ詰めれば,有機化学
を学ぶことは,生命を学ぶことに直結す
る.今となればそれは十分理解できる
が,私は生化学の講義を聴きながら,有
機化学反応に思いをはせる高尚な学生で
はなく,ほかの多くの学生と同じく,フ
ラスコの中で起こる有機化学反応を無機
質に学びながら,その傍らで,生化学反
応に登場する『物質の名前』をテストに
向けて必死に頭の中に詰め込む,そんな
学生生活を送っていた.
有機化学の教科書は,その反応機構を
効率的に理解できるように,反応のタイ
プ別に学習が進むようデザインされてい
る.つまり,フラスコの中で繰広げられ
る「物理法則によって成り立つ化学」を
体系的に理解するために,順序立てて説
明がなされているのである.有機化学の
教科書では,反応が生体の中でひき起こ
される生化学反応と関連づけられること
はまれであり,有機化学の世界は有機化
学の世界として,頭に詰め込まれてい
く.一方で生化学の教科書では,生体内
でひき起こされる物質変換の様子が連続
的な化学反応として示されているもの
の,そもそも電子の授受に焦点を置いて
記載されていない,ないしは物質の名前
が記載されているだけなので,一見した
だけでは,化学反応がどのようにして進
んでいるかを意識することは難しい.
本書ではこのような,有機化学と生化
学という,本来,同じフィールドであり
ながら頭の中に別々の知識として詰め込
まれてしまいがちな学問体系を,相互に
行き来しながら学ぶために最適な教材で
ある.本書では,生化学の反応を有機化
学の反応タイプ別ではなく,脂質,炭水
化物,アミノ酸,核酸,天然化合物と代
謝経路別に章立てしてまとめることで,
生体内で起こっている生化学反応の流れ
を俯瞰的に学ぶ視点をもちながらも,そ
れぞれの素反応が有機化学の反応である
ことが意識できるよう,カラーの反応機
構図入りで,わかりやすく解説されてい
る.このため,これまで学んできた有機
化学の知識を,生命現象の素因子である
生化学反応へとスムーズに還元しやす
い.さらに8章では,生化学反応が反応
パターン別にまとめられることで,生化
学から有機化学へと,またその逆へと,
学問体系の相互的な理解が進むように工
夫されており,深い学びへと誘うアク
ティブラーニングが自然と達成できる教
材となっている.
第2版となる本書では,上述のような
優れた基本的な設計思想を初版からひき
継ぎながらも,反応機構の見直しや新た
な機構の追加により各章の内容がブラッ
シュアップされた.また,酵素触媒反応
の化学的原理が9章として新たに加わ
り,フラスコ内でさえ行うことが難しい
有機化学反応を,酵素が生体内という温
和な条件でいかに戦略的にひき起こすの
か,興味深く解説されている.さらに付
録として,タンパク質の三次元構造を描
写するソフトである PyMOL を使って酵
素反応の活性部位を書き出す方法がわか
りやすく解説されているなど,分子の視
点で生化学反応を考えるうえでの有用な
情報も追加されている.このように本書
は,「化学により生命現象を理解する」
というケミカルバイオロジーのコンセプ
トに基づきながら学問体系の相互的な理
解を進めることで化学の感性が自然と磨
かれる良書であり,有機化学や生化学の
講義を担当する教員に,また多様な学問
を学際的に学び始める学生にも,ぜひ手
にとってほしい1冊である.

(東京大学大学院薬学系研究科 上野 匡)
http://www.tkd-pbl.com/files/mcmurry_seikagakuhannoukikou_2nd.pdf