FC2ブログ







2021/03/06 アルシオン・プレヤデス106:現在と過去のUFO、光と闇の戦い、ニュルンベルク、ペスト、ISSでの目撃 現在わたしたちが経験している医療危機において、ロックダウンと時を同じくするUFOの目撃の増加が起こっている。実際、人々は眠っており、上空からたえず監視されていることに全く気付いていない。というのも、人類の行く末は全面的に、その生きる深刻な状態に私達がどう対処するか次第であるためだ。おそらくはそれゆえ、光の存在は、ある正確な時に出現しているか、あるいは最近見られたように宇宙ステーションの近くに現れているのだ。 カール・セーガンやエーリッヒ・フォン・デニケンのような作家による無数の証言が存在しており、彼らは古代におけるUFOの目撃や、またトゥリ・パピルスのようなエジプトの古代の文献の叙述、あるいは古代インドの文献のバガヴァッド・ギータやドローナの巻、もしくは天上の存在の間の戦いや空飛ぶ船のことを伝える北欧文化の物語について、描写している。またアレキサンダー大王の時代やローマ時代、中世などにおいても、奇妙なコスモスの現象の描写が無数に存在する。 同じく、戦争や、また何世紀もの間、ヨーロッパや世界で人類を襲った無数のペストおよび感染症と関連した目撃についての挿絵や写本が残っている。中でも有名な目撃は、カール大帝のものや、1561年のニュルンベルク上空の戦いなどだ。同様に、中国や日本の歴史家も、無数の民衆が目撃し、大きな災厄と関連付けられた空飛ぶ機械について叙述している。 現在わたしたちを襲うウイルスのパンデミックによる感染者や死亡の増加と一致して、世界中でUFOの目撃が増大しているのは、偶然なのか?目覚め、闇と対峙する緊急の必要性を示しているのか?闇は、何としてもわたしたちを絶滅させようとするのみであり、このことは、有害なHAARPや地球工学、ブルービーム、その他多くの宇宙に関する秘密プログラムといった、エリートの大量殺戮計画に見て取れる。 実際のところ、多くの者が信じなくとも、わたしたちは、闇やそのロボット的な技術と、そして神がわたしたちを創造された通りの、独自の決断と価値を持った、感じ、考える人間である権利との間の、心理、精神、道徳面の第三次世界大戦のさ中にいる。 その隷属を回避するためには、場を明らかにし、この最後の救済活動において、より責任感を持つ以外に選択肢はない。というのも、真の自由を手にするための決断は、わたしたち達の手にあるからだ。ましてや、天を仰ぎ、星々を観察することに、より注意を払う時間がたっぷりある今ならなおさらだ。 以上、アルシオン・プレヤデス106動画説明より抜粋

友冨 新政経
「変幻自在」の捕食者達は政治家や芸能人に成りすまし・・・を狙ってる
友冨 新政経

https://www.youtube.com/watch?v=ru3fzBiVRKc
































作成中です・・・。

破魔です。ご自由へお持ちかえり下さい。

























プレヤデスアルシオン
アルシオン・プレヤデス106:現在と過去のUFO、光と闇の戦い、ニュルンベルク、ペスト、ISSでの目撃

https://www.bitchute.com/video/ZYXrZL0Bxtm9/

****音声入り新フォーマット***このドキュメンタリーは、三部構成になっています***

現在わたしたちが経験している医療危機において、ロックダウンと時を同じくするUFOの目撃の増加が起こっている。実際、人々は眠っており、上空からたえず監視されていることに全く気付いていない。というのも、人類の行く末は全面的に、その生きる深刻な状態に私達がどう対処するか次第であるためだ。おそらくはそれゆえ、光の存在は、ある正確な時に出現しているか、あるいは最近見られたように宇宙ステーションの近くに現れているのだ。

カール・セーガンやエーリッヒ・フォン・デニケンのような作家による無数の証言が存在しており、彼らは古代におけるUFOの目撃や、またトゥリ・パピルスのようなエジプトの古代の文献の叙述、あるいは古代インドの文献のバガヴァッド・ギータやドローナの巻、もしくは天上の存在の間の戦いや空飛ぶ船のことを伝える北欧文化の物語について、描写している。またアレキサンダー大王の時代やローマ時代、中世などにおいても、奇妙なコスモスの現象の描写が無数に存在する。

同じく、戦争や、また何世紀もの間、ヨーロッパや世界で人類を襲った無数のペストおよび感染症と関連した目撃についての挿絵や写本が残っている。中でも有名な目撃は、カール大帝のものや、1561年のニュルンベルク上空の戦いなどだ。同様に、中国や日本の歴史家も、無数の民衆が目撃し、大きな災厄と関連付けられた空飛ぶ機械について叙述している。

現在わたしたちを襲うウイルスのパンデミックによる感染者や死亡の増加と一致して、世界中でUFOの目撃が増大しているのは、偶然なのか?目覚め、闇と対峙する緊急の必要性を示しているのか?闇は、何としてもわたしたちを絶滅させようとするのみであり、このことは、有害なHAARPや地球工学、ブルービーム、その他多くの宇宙に関する秘密プログラムといった、エリートの大量殺戮計画に見て取れる。

実際のところ、多くの者が信じなくとも、わたしたちは、闇やそのロボット的な技術と、そして神がわたしたちを創造された通りの、独自の決断と価値を持った、感じ、考える人間である権利との間の、心理、精神、道徳面の第三次世界大戦のさ中にいる。

その隷属を回避するためには、場を明らかにし、この最後の救済活動において、より責任感を持つ以外に選択肢はない。というのも、真の自由を手にするための決断は、わたしたち達の手にあるからだ。ましてや、天を仰ぎ、星々を観察することに、より注意を払う時間がたっぷりある今ならなおさらだ。

以上、アルシオン・プレヤデス106動画説明より抜粋

































¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦ 
以下プライベート区域です。 記事とは関係ない私的メモ覚書きすぐ観られるように映画動画等。
¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦¦


以下[覚書/継続調査対象/超重処刑対象/保護対象/重要告知/独り言/甲斐[盔]毒を解読/大企業複合体等]
[ 2021/03/06 01:51 ] wake up courage like a fiery blue sunshine ! | TB(-) | CM(-)