FC2ブログ







記事ではありません。深夜の独り言です。スルーしてください。

証拠も揃っていない内から毒ガス使用は現政府側と断定?

国連の調査を待たずに、今の時点でこういう断言は問題発言というものです。

くだらない発言にはマスゴミはつっこむものですが、現時点でのこの問題発言には何の反応もしない。
当然です、それがマスコミの正体ですから。
国民の代表であるはずの国会議員も誰もこれを問題視しない。
当然です、消費税のパネリストと同じく利権買収されているのですから。
している議員さんが一人でもいればどなたか教えて頂きたいものです。

もし裏で確実な証拠がすでにあるのであれば、今行っている4日という短期間の国連の調査もヤラセということになるものです。

物事には順序があるものです。
それが人命に関わることであればなおさらでしょう。
美しい日本を取り戻す?
いつの時代の日本のことでしょうかね。
明治維新前のことでしょうか。
美しい日本を壊した側が取り戻そうとシャアシャアと言っていたりして。


しかし化学兵器を使用して、そのむせかえる被爆者に素手で触れ、目の前でカメラマンが平然と撮影可能な化学兵器とはいかなるものでしょうか。
明らかに被爆して間もない状況なのに付き添いの者たちはマスクさへせずに平然と歩いているものです。
特に撮影用に演技したような役者に見える柱にもたれかかって寄り添うように叫び散らす三人の被爆者は、わたしにはわざとらしい下手な演技を演じる工作員に感じられたものです。


地下鉄サリンの時は運ばれた病院先で被爆者に触れた人が二次被爆したと記憶しているものですが、実際に使われた化学兵器はどのような化学兵器だったのでしょうか。

昨日から今日にかけてニュースで流された映像に限って言えばマスゴミ向けにつくったプロパガンダではないでしょうか。
まあ常にプロパガンダであるものですが。
どんなに優秀な自衛隊を保有していても、上がこれです。
どんなに優秀な選手をそろえたサッカーチームでも、無様に負けるように采配することが監督にはできるものです。
ドンパチ戦争に勝ち負けはないものです。
すべてデキレースなのは歴史が証明しているものです。
対戦中、本土空爆のときに財閥の拠点には空爆はなかったのも偶然ではないと考えるものです。
はじめから戦後の取分、支配権まで決めているものです。

だから日本は負けることにされていた。
経済戦争でも、ドンパチでも負けたら最後、あとは餌食にされるだけ。



何が明らかになろうが、もはや強引に何がなんでも爆撃するのでしょう。
長年夢見た第三次ドンパチ世界大戦に向けて、その向こうに待つ悪魔の世界政府樹立を果たすために。



人類は何回も滅んだというのは本当なのでしょう。
正確に言うと滅んで絶滅したのはその一つ一つの時代のわたしたち下々の大多数の人々ということなのでしょう。
今回もそれになる可能性が大きい。
マイケルジャクソンが言ったとおり、もうどうにもならない時点を過ぎたのかも知れない。
偉い人が言う後戻りできない、改めて改心することのできないカオスポイントを過ぎたという意味なのかも知れないものです。

そうであってもそれは認められないものです。
認めてしまったら終わりだと思うものだからです。


頭のおかしなブログ主の独り言でした、チャンチャン!



覚書;

萩藩・山口藩(長州藩)
総理大臣はほぼ山口県出身ばっかり?



*なおこの独り言には世界中の心在る人々の未来を憂う者の一部仮説、時には妄想が含まれるものです。

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://616kkllxx666250ss036.blog.fc2.com/tb.php/476-47f9b07e